フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 全体の美しさは、ディテールの美しさがあってこそ | トップページ

2017年12月23日 (土)

最近、かしゆかの書く文字が大きくなったと思いませんか?…

 

 

 

2017年ももうすぐ終わろうとしていますが、

今年のかしゆかさんが発した言葉の中で、

ワタシがいちばんグッときたのは…

 

 

 「実質的な距離は側にいられなくても 

  音楽や違う形でみんなの側に寄り添って 応援したいなと思っているよ…」

 

 

…これでしたね。

 (MEMBER BLOG 2017.09.02 より。

 

   …このブログに辿り着いて来られた方々は、

    皆さん 酸いも甘いも知り尽くしたオトナな方々ばかりだろうという前提で、

    F.Cサイトから引用しております。)

 

 

楽曲の良さや踊り・振付けの良さ、ライブパフォーマンスの良さ、

先端映像技術との融合と革新、

そして3人のパーソナリティの良さ…

Perfumeの魅力に気付いた方がどんどん増えて、

それによってメディアに登場する機会も増え、

またその相乗効果でさらに大きくなって…

それはアーティストとして、最高の道を歩んできたのだろうと想います。

 

そしてそんな姿を見ることは、ファンにとってもこの上なく嬉しいことで、

なんか自分まで誇らしく思えたりします。

 

 

 

しかしそれは同時に、

個としてのファンとの、物理的距離が遊離していくことを意味します。

 

「どんどん遠くなって行くね…」

 

そういう、アーティストの活躍とファンとの距離感…

っていうのは、いつも永遠の課題なんだろなぁ、って思います。

それはアーティスト本人側にとってもそうだし、

ワタシらファンにとってもそうです。

ファンのために、アーティストのためにと、お互いが取る行動が、

うまいこと行った場合、それが返って、

逆にお互いを遠ざける結果になってゆく…

 

…永遠のジレンマですよね。

 

 

けれど、

その 「物理的距離感」 って、そもそも何の距離だろうって考えれば、

「音楽的距離」 のことなんだとワタシは思います。

言い換えれば、ステージとの距離感。

つまり、音楽が届く距離とか、音楽を感じる距離、とでも言いましょうか。

そしてそう考えたとき、

それは必ずしも、アーティストとの 「空間的距離」 のみによるものではない、と思います。

今の世の中、いろいろな手法を用いて伝えることで、

「音楽的距離」 を縮める =音楽を感じることはできる。

そのことを、アーティストとファンの双方が解かり合えば、

その関係は、この先もずっと、 

もっともっと良好に続いてゆけるのじゃないかな、って思います。

 

 

「ボクらは、Perfumeの何を聴きたいのか、何を見たいのか…」

 

 

そこなのかな、って思います…。

 

 

 

…と、

ついいつものクセで、そんなことを深読みしてしまいましたが、

でも、

かしゆかさんが発してくれた、この わずかな短い一文には、

なにかそういう、深い意味を考えさせてくれるし、

なにより、

ボクらとの 「距離」 について、

そうやって今も考えてくれてるんだなぁ、ってことが、

本当に嬉しいことだなぁ、って思いました…。

 

 

 

 

 

…ということで、

 

かしゆかさん、29歳のお誕生日、

 

おめでとうございま~~~す!!!

 

 

 

    20170327_p6ykaj08

 

 

 

    20171218pf87u3n_07
 

 

        それは自信の表れ、なのでしょうね…

 

« 全体の美しさは、ディテールの美しさがあってこそ | トップページ

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。


昔は、アーティストやアイドルとの間には「物理的距離感」が
存在するのが前提だったような気がします
(「おっかけ」とか「グルーピー」のように、強引にその距離を
縮めようとする人たちはいましたが、ごく稀な人たちだったように
思います)。

それが、「会いに行けるアイドル」という革命的なコンセプトを
考えた人がいて、ちょっと変わってきた感じがしています。

今、callmeのライブに行って、実際、握手や写真撮影や短い会話を
するのは楽しみではありますが、それが目的ではないし、
次回からはもういいかな、とさえ思います。でも、そうしたふれあいで、
音楽そのものをもっと好きになっていく感じはいいな、と。


ゆかちゃんの今年の私的なハイライトは、どうしても最近の出来事に
なってしまうのですが、

IYWの、久しぶりにしっかりエフェクトのかかった、ハイトーンな歌い出しと、
Docomoさんの、オープニングのLondonでした。

どなたかも同じようなことを書いていらっしゃったのですが、
私には、「商社マンのご主人の転勤について行ってロンドン在住になった
セレブの若奥様」に見えたのです。

学生さんの語学留学でもなければ、OLさんのロンドン旅行でもなく、
セレブな若奥様、イメージは今井美樹さんかなぁ、、、

私はロンドンは1泊2日しか行ったことがないので、偉そうなことは言えないの
ですが、ロンドンは、あ~ちゃんでも、のっちでもなく、ゆかちゃんだ!と
(単に、時差のキツイ順から、体の丈夫な人が担当になった、のだとは思いますが)。

年齢からみれば当然の発想なのですが、自然にそう感じてしまったことが、
自分的には衝撃的でしたね。

そういえば、Docomoさんのテーマも「距離をなくせ」でしたね。
一応、コメントとしてのオチがついた、ということで。

ファンクラブツアーでは、もうさすがに、「生JKかしゆか」は
ないのだろうな、、、、


uncleさん、コメントありがとうございます。


忌々しきことに、晩婚化が一層進行している日本とはいえ、

29歳といえば、世の多くの女性がパタパタと結婚する年齢だと思いますが、

ロンドンのかしゆかの映像、なるほど、確かにセレブ妻感ありますね。

シックだけどオシャレのツボを押さえたファッションがそんな感じです。

いやぁ、おそらく2020年以降になるのかな、現実になるかもしれませんね。

ただワタシ的には、商社マンというよりは、

現実的には芸能界関係の人となんじゃないかなぁ… 

そしてそこから15年後の「Perfume2世」誕生へ向けて、

壮大なPerfume第2章の物語が始まるのですね。( ^ω^ )


JKかしゆか、もはや伝説ですね。ワタシらはビデオでしか見たことないから、

次のトゥワーで見たいものですね。

熱狂的な若いファンの皆さんが、「ぜひ見たい!」って、

P.T.A.とかにリクエストしてくれませんかね~! (^.^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/72523042

この記事へのトラックバック一覧です: 最近、かしゆかの書く文字が大きくなったと思いませんか?…:

« 全体の美しさは、ディテールの美しさがあってこそ | トップページ