フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 999日後のトーキョー夜七時に、みんなと会いたいね… | トップページ | テクノポップが国民のお茶の間に10年居続けるって凄くないですか?! »

2017年11月12日 (日)

Perfumeの掟 2017

 

 

最先端技術を駆使した映像コンテンツの公開が続いていますね。

 

 

世界を股にかけて、3つの都市に散らばった3人が、

一つの曲を同時にパフォーマンスする、

おそらく世界で初めてであろう試み、

 

FUSION」、 凄かったですね! もの凄かった!

 

何から何まで、全てが凄かった。

激烈にカッコ良かった!!!

 

まずこのパフォーマンスのために書き下ろされたのであろう、

「FUSION」 はめちゃめちゃクールで、

どことなく和テイストの旋律も感じられて、最高だ!

おそらく今回は、真鍋大度氏から 「こういう映像パフォーマンスに合う音楽を…」 と、

事前リクエストがあったのではなかろうか?

 

そしてその曲と見事に FUSION した映像パフォーマンスの完成度は、

もはやボクらには言葉で表せない、想像を遥かに超えたレベル。

 

けど、オッサンにはオッサン流の、伝えたい気持ちがあるから、

いつものように、やっていきますよ。 ヾ(´ε`*)ゝ

 

 

まず、3人の踊りの同調性の凄さ、それが分かる瞬間を。

 

 

   20171108_futureexperiment_vol01_001

 

凄い! ヤバい!

 

で、

同じ立ち位置でのアングルを並べるだけなら、映像的にはこうなるが、

Perfumeはそれだけにとどまらない。

さらに凄いのが、こういう映像。

 

 

   20171108_futureexperiment_vol01_002

 

遥か1万キロ離れている3ヵ所にいるはずの3人が、

まるで同じ1つのステージ上にいるかのよう。

通常の、3人そろってのパフォーマンスと全く同じに見える。

 

これは3人がそれぞれ、

正確に 「1-0-1」 のポジショニングを取ることで成し得る凄ワザ。

 

もちろん映像をピタリと合わせながら、

さらに複雑にアングルを移動させる処理技術も、超絶過ぎる。

 

 

そして、ポジショニングと動きの正確さが もっと見える瞬間を。

 

 

   20171108_futureexperiment_vol01_003

   20171108_futureexperiment_vol01_0_2

   20171108_futureexperiment_vol01_004

 

もう、超ヤバいんですけど! キモチ悪いぐらいだ。

 

一発勝負のライブ映像でここまで合ってる~っ!!!

 

 

さらにもっと凄いのは、

全く違和感なく、3人のフォーメイションチェンジをやってのけたところ!

 

 

   20171108_futureexperiment_vol01_005

   20171108_futureexperiment_vol01_0_3

 

他のメンバーの気配を感じながら、その場で微調整するなんてことは

絶対にできない状況なのに、です。

どの位置からどの位置まで、どれくらいの距離をステップしていくのか、

空間を完璧に把握するスキルがないとできないことでしょう。

 

 

そして、今回最大の映像技術は、終盤のここだろう。

 

   20171108_futureexperiment_vol01_006

   20171108_futureexperiment_vol01_0_4

   20171108_futureexperiment_vol01_007

 

かしゆかとのっちが時空を飛び越えて、

あ~ちゃんのところへ現れた!?

 

 

これも3ヵ所のライブ映像ですよね?!

何がどうなっているのかもう…

 

まさに、距離がなくなった瞬間…

 

 

 

……

 

 

 

おそらく、

あ~ちゃん、かしゆか、のっちには、

見えていたのだろう… 他の二人が。

 

心の目で、

17年間共に信じ合ってきた心で、

息を合わせれば、

想像を超えて、時空を超えて、

 

まるで一緒にいるかのように、

 

しっかりと見えてくるのであろう……

 

 

 

« 999日後のトーキョー夜七時に、みんなと会いたいね… | トップページ | テクノポップが国民のお茶の間に10年居続けるって凄くないですか?! »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。


技術面を始めとして、本当の凄さは実は自分には
わかっていないんだろうな、と思いつつ、
界隈の皆さまがそれぞれの言葉で絶賛されているので、
私なんぞがもはや付け加えることもないと思います。

ただ一つ言えることは、本編はもちろん、そのあとの3人のトークもまた
見どころなんだ、ということですかね。

ファンならみんなわかっていることですが、これがあってのPerfume、と言いますか。

適切な例えではないかもしれませんが、〆の雑炊を食べるために鍋を
する、みたいな感じでしょうか。

私はリアルタイムでは観てはいないので、本編の後の映像は、心ある皆さま
のご厚意で断片的に観ただけだと思うのですが、特殊な技術を解除した後の
「3人あわせてPerfumeです!」が、当然最初ズレましたよね。

あそこで「まだ駆け出しのアイドルみたい」という、あ~ちゃんのコメントには
唸りましたが、もう一回やったじゃないですか。

もう一回やろう!って言うこともスゴイですが、そう言ったからには、
きっと、2回目は修正できそう、って思ったんだと思うのです
(なぜそう思ったのも大した根拠はなく、単なる勘だと思うのですが)。

そして2回目は、ちょっとだけずれただけで、ほぼ完ぺきな合わせ方でしたよね。

のちかしはその場にいないから1回目のズレ方を確認できない訳じゃないですか?
でも、3人の皮膚感覚といいますか、何かそんなものが以心伝心で合わせに
行ったんだと思うのです。

おととさんの言葉を借りれば、「心の眼」で時空を超えた瞬間がここにもあった、
というのは、少々穿ち過ぎ、深読みしすぎでしょうか?

なので、Perfumeファンでない方にこそ、アーカイブだけではなく、
全部がPerfumeなんだ、って感激してほしいな、と思ったのです。

どうも、お久しぶりです。ゆうです。

もともとPerfumeの振りの同調性、シンクロ率の高さが凄いのはファンなら周知の事実。
個人的に同調性として印象が強いのは、某動画サイトの心斎橋apストア[引力]、[DISPLAY]のMV(の制作舞台裏)でした。

今回はその同調性を前面に出したパフォーマンスでしたが…
圧巻でしたね!凄いとしか言いようがないw
その規模といい難易度といい、今後Perfumeの振りの同調性を語る時の代表作となりましたね。
しかし、実は自分はこの[FUSION]のパフォーマンスが始まる前、三人が立ち位置に着くまでの同調性に一番ゾワっときました!
曲すら始まってないのに衣装の揺れまで同調してる!
恐るべしPerfume!と震えて観てました。

そして、新曲[FUSION]もカッコイイ!
コレ、OTONOKOで披露しないかな?
Perfume×中田ヤスタカでコラボパフォーマンスしたら凄いよね!
ってことで、OTONOKO参戦予定です。

uncleさん、コメントありがとうございます。

レス遅くなりましてすみません。


アーカイブ映像ではPerfumeの技術面以外の部分が伝わらないと。

ですね、そのとおりですね。Perfumeの良さの神髄はその人柄であったり、

グループの長い長い経歴、絆に裏打ちされたものである、全くおっしゃるとおりですね。


一方で、Perfumeがさらなるファン拡大に向けて、

(いや、Perfume陣営って、実際はそんなガツガツした売り方は

 するつもりもないのかもしれませんけどね。)

世間一般に訴求するために、何を見せて聴かせていくか?

と考えた時に、やはり音楽(これにはダンス・振付けと映像技術も含まれます。)

なのだろうと。

Perfumeがブレイクして、海外公演も成功させるまでになった根幹はそこだろうと。

で、人柄や過去の経歴は、音楽にまず惹き込まれた人が、次のステップに進んだ時、

自分でライブコンテンツやネット投稿などを漁っていく中で、知っていけば良いのではないかと。

ボクらがずっと以前にそうしてきたように。ボクらの入り口はいつも、コンベスだったり、GAMEだったり、

⊿や、JPN、LEVEL3、COSMIC EXPLORER、であったのではないでしょうか。(ライブ映像も含め)

ルックスが良いとか性格が良いとかなら、他にもたくさんいるし、新しい者が次から次へと出てくる。

けどそこから入ったファンはやがて飽きていくものです。年齢と共にね。

なのでワタシ的には、今回の挑戦もこれぞ最新のPerfumeと端的に示せたことで、

また一歩も二歩も先を行く存在としてアピール出来て良かったのかな、と思いますね。

アーカイブ映像の編集の仕方も、そこを意図してのことなんじゃないかな、って思いますね。

あ~ちゃんの「まだ駆け出しのアイドル~」とか「事務所に組まされて~」とか軽く毒を吐くところも(笑)、

あれ、ある意味、相変わらず自分たちを追い抜いてゆくような存在を育てられない業界に対する、

サジェスチョンなんじゃないかなと、深読みしてしまいますね。(^^;

ゆうさんどうも! しばらくです。

コメントありがとうございます。レス遅れてしまい申し訳ありません。


あ~~っ!そこね! 

> 三人が立ち位置に着くまでの同調性に…

なるほど~ 確かに。そこからシンクロは始まってますよ!と。凄いな~!

ホント、歩いていってステージに上がって、

そして振り返ってピタッと合わせて位置に着くところ、シビレますね。 w(゚o゚)w

多分そういうところから、3人は息を合わせることが、

心の中で共通意識として染みついているのでしょうねぇ。

ゆうさんあ~た、さすがですね、目のつけ所がキモすぎます!ww


そしてOTONOKO行くのですね! イイな~ マジで。うらやましいわ~。

ワタシも超行きたかったのですけど、12月はお仕事多忙の時期なので断念です。

Perfume×ヤスタカ なんてコラボ、もう最高の夢ですよ。

おそらくこの先二度とないかもしれませんね。

ぜひ行って来てください! 後で感想をお待ちしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/72193617

この記事へのトラックバック一覧です: Perfumeの掟 2017:

« 999日後のトーキョー夜七時に、みんなと会いたいね… | トップページ | テクノポップが国民のお茶の間に10年居続けるって凄くないですか?! »