フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月26日 (日)

解けないパズルは 面倒だけど必要で…

 

 

 

Perfumeが発信するコンテンツにはいつも、

どこかこだわりがあって、なんか一ひねり二ひねりして創り込まれているので、

ある意味、ちょっとめんどくさいところがあって、

でもそんなめんどくさいコトを 「何だろ何だろ?!」 ってワクワク探求するのが

実は嫌いじゃない、というめんどくさい人がPerfumeファンには多いんじゃないか、

って思っているのですが、

まさか、

公演チケットのエントリー方法について

読み解くのがめんどくさくなるぐらいの、

これほど多くのハードルが科せられるとは、

まるで謎解きパズルのようですね。

 

ならば、その心は何なんだろう? ということで、

そのエントリー方法を読み込んでみたいと思います。

 

   Snapcrab_noname_20171126_135921_no0

 

 

⊿ 1

   Snapcrab_noname_20171125_153538_n_2

 

これ何でイケナイの?と言えば、

このエントリーだと、Aさんが2公演当たる可能性があるから、でしょうか。

 

 

 

 

⊿ 2

 

   Snapcrab_noname_20171125_153538_n_3

 

これはどうして無効なの?ってことですが、

これだと当然、AさんもBさんも2公演当たる可能性があるから、ってことかな。

 

 

 

 

⊿ 3

 

   Snapcrab_noname_20171125_154029_no0

 

この場合は、Bさんが2公演当たる可能性がありますね。

 

 

 

⊿ 4

 

   Snapcrab_noname_20171125_154029_n_2

 

これも 「えっ?何でアカンねん」 って一瞬思いますが、

Aさんが2公演行ける可能性があるのですね。

 

 

 

 

⊿ 5

 

   Snapcrab_noname_20171125_154029_n_4

 

でだ、これはオッケーなんだ、何で? 1や2と どこがちゃうの??ってなりますが、

この場合、どちらかのエントリーが必ず 「落選」 になると思われます。

言い換えれば、どちらか1日のみが当選となるのだろう、と。

 

 

 

 

最後 ⊿ 6

 

   Snapcrab_noname_20171125_154029_n_5

 

これも 4 と変わらんじゃろ?って思いますが、

この場合も、どちらかのエントリーが必ず 「落選」 になって、

Aさんはどちらか一方が当選になるのでしょう。

おそらく 2/14分が優先されるでしょうが、

高倍率の場合は最悪、Bさんは今回は残念ながら… となる。

 

 

以上、6つのケースが示されましたが、

これらを総合して考えると、

今回のエントリー方法で見えてくることとしては、

これはもう、ライブイベントの趣旨が通常のツアーとは違います、ってことですね。

 

つまりはっきり言って、

「1会員様 1公演につき2枚まで 最大2公演 エントリー可能」 ではあるものの、

それは公演両日間での人数調整のためであって、

基本的に、1会員につき1公演しか当たりませんからね、ってことだと想いますね。

実際それを想定した会場キャパしか確保してない感じですし。

で、複数枚取れるのは必要最小限のペアのみとしますから、

例えば、お友達グループ内で不特定の席を融通し合うことは遠慮してくださいね、ってことなんでしょう。

 

して、その心はと言えば、「FC NEWS」 のご案内本文中にあるとおり、

 

「1人でも多くの会員様にご参加いただくため…」 ということであり、

 

絶対数としてなるべく多くの会員に参加してもらい、

Perfumeと より近い距離で触れ合う機会を…

  (それでも幕張はアリーナクラスのようですが…)

ということなんだと想います。

 

そしてその意向は当然、

Perfume本人の気持ちに沿ったものなのだろうと…。

 

 

いやぁ、

さすが真面目なPerfumeだけあって、P.T.A.スタッフさんらも相当マジメよね。 ( ´,_ゝ`)

っていうか、ホントに誠実によく考えてくださってる。

こういうところを見ると、

 

ファンクラブもまた、タレントを映す鏡、なんじゃないか、

 

って思いますね。

 

そしてこのエントリー方法は、2月幕張公演だけでなく、

5月ホール公演についても、基本的に同じになるのではないかと想像しますね。

申し込み可能公演数もかなり絞られるかもしれませんね。(個人的な想像です。)

 

なのでワタシは、

今回の 「“Perfumeとあなた”ホールトゥワー」 については、

基本的に1人1回きりよ、って受け止めて、腹くくりたいと思います。

幕張公演は、会員数割合が最大勢力であろう関東圏の方々のためのもの、って思うので、

まろやかにスルーしたいと思います。

 (P.T.A.発足時からの会員じゃないしね。)

ということで、こちらの地元の隣県の会場へエントリーすべく、

2月までもうしばらく待ちたいと思います……。

 

2017年11月19日 (日)

テクノポップが国民のお茶の間に10年居続けるって凄くないですか?!

 

 

子供の頃に見てた 「NHK紅白歌合戦」 の印象としては、

ポップスやロックの曲が多く登場する前半は楽しいけど、

父親が好きな演歌や歌謡曲が続く後半あたりは、

全然面白いとは感じなくて眠くなったりして、

でもオレも大人になったら、演歌とか歌謡曲なんかが好きになるのかなぁ…

なんて漠然と想っていたのだけれど、

いざ、あの頃の父親以上の年齢になってみても、

今だに相変わらずポップスやロックの方が好きなので、

音楽の嗜好ってのは、歳とはあまり関係のないものなのだなと思いますね。

 

そしてそういう、様々な趣味嗜好をまんべんなく反映させながら、

今年一年を締めくくって、新しい年を賑々しく迎えるための 「国民的番組」 であるが故に、

出場者選考の当落の悲喜こもごもが、毎年のように繰り返されますね。

 

そもそも何を基準に選考されとん? ってとこが毎年のように疑問としてあるわけですけど、

番組HPをのぞくと、実はちゃんと公開されていたのですね。

 

    Snapcrab_noname_20171118_165746_n_2

 

 

これ見ると、さすがに公共放送の役割を担っているから、

客観性、透明性はちゃんと示されているようです。

このデータの集め方ならば、公平性は保たれているように思いますね。

 

それじゃぁボクらのPerfumeを振り返って、今年どんな活躍をし支持を得たのか、

ざっくりと照らし合わせてみましょうね。 ( ^ω^ )

 

 

今年Perfumeは、シングルを2枚リリースして、

売上枚数・ダウンロード数もウィークリーTOP10入りをキープ、

収録曲は、テレビドラマ主題歌や大手企業のCM曲に採用され、

Perfume自身も出演しました。

そしてこの新曲リリースを軸に、各種大手メディアにも出演し、

Perfumeフェス開催や大型音楽フェスへの出演など、

ライブステージも意欲的に活動。

そのステージ演出においては、最先端映像技術との融合をさらに更新し、メディアも注目しました。

昨年のリオ五輪閉会式での 「チームPerfume」 の活躍以降、

その流れは今年もさらに進化継続中で、

紅白においても、最先端映像演出は今年も期待されているところだと想います。

「NHKのど自慢」 出場者の選曲やカラオケリクエスト数については、

得意とするところじゃないでしょうけど、

NHK番組としては、「Rの法則」 や 「内村五輪宣言」 などに出演し、

共感や注目を得たのではないでしょうか。

あ、あと他局ですが、ドラマ初主演を果たし活躍を広げた、ってのもありました。

 

 

…ってな感じで、ザッと振り返ってみますと、

Perfumeの紅白出場 「10年連続10回目!」

を果たしたことについては、

これはもう、十分納得できる結果だと言えるのではないでしょうか。

ひいき目なしで見てもね。

 

そう、このひいき目なしでも、ってところが大切だと思うのですが、

でも実際は、選考にあたって全国から集めたデータってのは、あくまで 「参考にした」 のであって、

決定したどの出場者が、何ポイント獲得したかという結果は全く公表されないわけで分からない。

なのでやはり実際は、

業界のいろんな裏事情やしがらみとか、視聴率をいかに上げるかとか、

あとそれと大事なのは、「清潔感」 なんてのもあるでしょう。

NHKであってもそっちの要素の方が強いんだろうな… と勘繰りつつ、

ま、 どっちであってもPerfumeは評価に問題ない存在だと思いますし、

この流れは、いよいよマジで、2020年東京五輪の年まで続くだろうと思えてきましたし、

 

何より、

 

今年もまたボクらは、楽しくて素敵な年末年始を迎えられそうで、

 

ほんと、幸せなことでございます! ヽ(´▽`)/

 

     Snapcrab_noname_20171118_17211_no_2

2017年11月12日 (日)

Perfumeの掟 2017

 

 

最先端技術を駆使した映像コンテンツの公開が続いていますね。

 

 

世界を股にかけて、3つの都市に散らばった3人が、

一つの曲を同時にパフォーマンスする、

おそらく世界で初めてであろう試み、

 

FUSION」、 凄かったですね! もの凄かった!

 

何から何まで、全てが凄かった。

激烈にカッコ良かった!!!

 

まずこのパフォーマンスのために書き下ろされたのであろう、

「FUSION」 はめちゃめちゃクールで、

どことなく和テイストの旋律も感じられて、最高だ!

おそらく今回は、真鍋大度氏から 「こういう映像パフォーマンスに合う音楽を…」 と、

事前リクエストがあったのではなかろうか?

 

そしてその曲と見事に FUSION した映像パフォーマンスの完成度は、

もはやボクらには言葉で表せない、想像を遥かに超えたレベル。

 

けど、オッサンにはオッサン流の、伝えたい気持ちがあるから、

いつものように、やっていきますよ。 ヾ(´ε`*)ゝ

 

 

まず、3人の踊りの同調性の凄さ、それが分かる瞬間を。

 

 

   20171108_futureexperiment_vol01_001

 

凄い! ヤバい!

 

で、

同じ立ち位置でのアングルを並べるだけなら、映像的にはこうなるが、

Perfumeはそれだけにとどまらない。

さらに凄いのが、こういう映像。

 

 

   20171108_futureexperiment_vol01_002

 

遥か1万キロ離れている3ヵ所にいるはずの3人が、

まるで同じ1つのステージ上にいるかのよう。

通常の、3人そろってのパフォーマンスと全く同じに見える。

 

これは3人がそれぞれ、

正確に 「1-0-1」 のポジショニングを取ることで成し得る凄ワザ。

 

もちろん映像をピタリと合わせながら、

さらに複雑にアングルを移動させる処理技術も、超絶過ぎる。

 

 

そして、ポジショニングと動きの正確さが もっと見える瞬間を。

 

 

   20171108_futureexperiment_vol01_003

   20171108_futureexperiment_vol01_0_2

   20171108_futureexperiment_vol01_004

 

もう、超ヤバいんですけど! キモチ悪いぐらいだ。

 

一発勝負のライブ映像でここまで合ってる~っ!!!

 

 

さらにもっと凄いのは、

全く違和感なく、3人のフォーメイションチェンジをやってのけたところ!

 

 

   20171108_futureexperiment_vol01_005

   20171108_futureexperiment_vol01_0_3

 

他のメンバーの気配を感じながら、その場で微調整するなんてことは

絶対にできない状況なのに、です。

どの位置からどの位置まで、どれくらいの距離をステップしていくのか、

空間を完璧に把握するスキルがないとできないことでしょう。

 

 

そして、今回最大の映像技術は、終盤のここだろう。

 

   20171108_futureexperiment_vol01_006

   20171108_futureexperiment_vol01_0_4

   20171108_futureexperiment_vol01_007

 

かしゆかとのっちが時空を飛び越えて、

あ~ちゃんのところへ現れた!?

 

 

これも3ヵ所のライブ映像ですよね?!

何がどうなっているのかもう…

 

まさに、距離がなくなった瞬間…

 

 

 

……

 

 

 

おそらく、

あ~ちゃん、かしゆか、のっちには、

見えていたのだろう… 他の二人が。

 

心の目で、

17年間共に信じ合ってきた心で、

息を合わせれば、

想像を超えて、時空を超えて、

 

まるで一緒にいるかのように、

 

しっかりと見えてくるのであろう……

 

 

 

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »