フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Everyday Perfume Art Museum 開催中 | トップページ | 2006年 → 2017年へ、再生の歌はさらに進化してゆく… »

2017年9月20日 (水)

今年もまた無事にこの日を迎えられることを…

 

 

 

一昨日のパフュロク、「夏限定モテ女子結果発表」 では、

あなた、ず~っと女子生徒さんの 「日焼け跡」 ばかり注目してましたね~。( ̄ー+ ̄)

で、

あ~かしから 「おじさん出てます」 って、散々いじられてましたけどねぇ、

ここのガチなオッサンは、のっちさん正しいと思うな~  ヘヘ

 

いや、オッサン小学生の頃から女子の日焼け跡にドキッとしてたし、

逆に女子だって、日焼けしてる男子が好きだったでしょうよ!

みんなそうでしょうよ!ww

 

で、

あの日焼け跡って、なんでドキッとするんでしょ?

 

小麦色に焼けてる部分は、  

健康的で精かんなイメージ、力強いとか感じると思うのですが、

だから、そこだけじゃぁダメなんでしょうね~。 (←なにがダメじゃ?!ww)

 

あれたぶん、

焼けてない 白い部分 とのコントラストがあるから、

ドキッとするんだろなぁ…。

 

白いところとは、

つまり、

 

服とか水着とかで覆われている部分ですよ。

 

そ、

つまり隠している部分…

 

 

見られちゃいけないところ……

 

 

 

その部分を妄想してしまうから………

 

 

 

………………

 

 

 

だからなんだな!!www

 

 

それは人間の正しい感情だと思うな!

 

 

ですがまぁ、

そんなキモい理屈はさておいて、

 

のっちさんの場合はおそらく…

 

ASHに入って、そしてPerfumeに入って、

あ~ちゃんとかしゆかと共に、スターになることを夢見はじめてから、

今までず~っと、

美しい肌を維持するため日焼けしないようにしてきたし、

ましてや、学生時代にグランドで部活に打ち込むってこともなかったから、

どこかそういう、

 

自分の夢のために叶わなかったことへの、

あこがれの感情が出ちゃうんだろうな、と…。

 

そしてそういう、

 

人としてありのままの感情を、素直に出してくれるところ、

 

のっちさんの一番の魅力だな~!

 

のっちさんのそういうところは、みんな大好きです。

 

かっしかしの人もぴったんこの人も、

みんなのっちさんのことが大好きです。

 

 

そして、

そんな、心のまっすぐなのっちさんが、

 

Perfumeの3人の中で、 いちばん最初に誕生日を迎えること、

 

これって、すごく大きいことなんじゃないかって、最近思います。

 

なぜなら、

人って、経歴も年齢もどんどん積み重なってくると、

誕生日がまたやってきて歳を一つとる時の節目に、

自分の中の感情が動いて、何か行動に変化を求めたりすることがあると思いますが、

Perfumeがこれまで、活躍のステージが劇的に変化してきた中で、

 

Perfumeは ずっとPerfumeであること、

 

その根幹の部分が、揺らがずに続いてこれたのは、

年に一度の誕生日を迎えて、一つ歳を重ねるという節目の時に、

3人の中で先頭を切るのっちさんが、

 

いつもPerfumeに対して、

純粋にまっすぐに向き合う感情を表してくれるから、

 

その心が、また次の1年間のPerfumeを、

ギュッと束ねてくれるからなのではなかろうか…

 

と、そんな風に想うのです…。

 

 

 

……

 

 

さて、いよいよ29歳とのことですが、 

もうね、あれですよ!?

29歳は 「アラサー」 ではありません。

だって例えば、「もうアラサーだからさ~」 なんて話す時って、

実は人の心理として、「まだまだ20代はあと数年あるよ」 って余裕がある時ですよ。

確実に若く見られたいのだから、ね。

 

なので、29歳はね、なんと言うかというと、

 

 

「ほぼ30」 です!!ww

 

 

いや、いよいよこれからですね!

 

女はねぇ…

っていうか、人はね、

30歳からが本番ですよ!!!

仕事をするにも、プライベートを楽しむのも、一番充実する年代です。

「はぼ50」 のオッサンはこれまでをふり返ると、ホントそう思います。

 

なので、これからもますますPerfumeを楽しんで、

ボクらを楽しませてもらえたら嬉しいな~

って、思います!

 

 

…ということで、

 

 

のっちさん、29歳のお誕生日、

 

おめでとうございま~す!!!

 

 

 

     20170911_p5hgfs17

 

 

« Everyday Perfume Art Museum 開催中 | トップページ | 2006年 → 2017年へ、再生の歌はさらに進化してゆく… »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。


おととさん、珍しくエロモードで、、その領域は私に残しておいて
ほしいものだと、、、

それはそうと、29ですか。
ますます私たちの年齢に近づいてきますね。喜ばしい限りです。

でも、30となると、今までのパフォーマンスレベルが維持されるのか、
また、肉体的に無理は来ないのか、など、ベテランアスリートに抱くような
心配をしてしまいますね。


のっちのこの1年を思い返しますと、ハイライトは、
本業以外になりますが、パンセでの女優開眼でしょうか?

あとは、「起こせミラコー」と「AWA」の歌いだしなど、シンガーとしての
存在感でしょうか。


私的に一番印象に残っているのは、どこかのライブのMCで、ゆかちゃんが、
オフの日にのっちと街ですれ違って、でも、お互い声を掛けなかった、という
エピソードです。

そう、この距離感なんです。

あ~、かし、のち、の3辺の距離感が、すべて微妙に違う、でも、心の底で
信頼し、繋がっているという、「仲良し」などという、ありきたりな言葉では
とても収まりきらない関係性、それが良く出た話で、いいなぁ~、って思ったのです。

特に、「のっち-あ~ちゃん」、「のっち-かしゆか」、の関係性はいまだによくわからない
感じもあり、そのことが、のっちの個性を表わしているとも言えるような気がします。


あ、あと、のっちに期待したいことが一つ、、、、

今年は、あ~、かし、に続いて、のっちにも、ぜひ、胸元の大胆な解禁を!
白のTシャツや、黒い服ばかりで、完全防御せずにですね、、、、
(uncleのエロモード、失礼いたしました)。


X68Kです。

小麦色の肌。

中学か高校の頃は魅力的でしたね~。
その頃のアイドルも写真集では小麦色の肌をしてましたね。
私も好きでした。

それと、女性の「うなじ」。
なんであんなに色っぽいんでしょ。
小さな子供ですら色気を感じてしまいます。

男性のうなじでは絶対ありえないんですがね~。

uncleさん、コメントありがとうございます。


あ、あの~、

ワタシ、のっちさんの飾らない自然な感覚について言いたかっただけで、

決してエロネタを書きたかったわけではないんだけどな~ (^^; 伝わらなかったか!_| ̄|○


いや、いよいよ三十路が近づいてきましたPerfumeですね。

肉体的な懸念については、ワタシが想うに、もうそんな問題はとっくにあったでしょうね。

なんせ、ハイヒールで10年近く踊ってるんですよ! もう尋常じゃないでしょ、それだけでも。

なのでいろいろ対策してきて今まで続けてこれた、ということでしょう。お金もかけてるはず。

でもそこに関しては、ワタシらが懸念してみたところでどうしようもないですね。

頑張ってもらえるのなら引き続き支持するし、もうだめで辞めるならばワタシらはただ受け入れるだけ、

それだけのことですね、はい。 音楽は永遠です。その人の中ではずっと残っていくもの。

話は横にそれますが、今回の安室さんのニュースで、イモトさんのコメントが一番的を得ていた。

ああいう人こそが、真のファン、なのだと思いますね。


あ、すみません、もとい。

3人の絶妙な距離感、確かにそうですね~。

おそらく、スター芸能人にもなると、買い物とか食事で行くところって、大体決まってるんじゃないでしょうか。

ある程度プライバシーが守れるようなお店とか限定されるでしょうし。

なので、休日にかち合うこともあるのでしょうね。

で、そいうときに、あえて声を掛けないとか、ホントにお互いのプライベートを尊重してるんでしょうね。

仕事では常に3人一緒なので、そのあたりは余計に気を使ってるというか、それもメンバー愛の深さ、なんでしょうね。

「のっち-あ~ちゃん」、「のっち-かしゆか」、の関係性はいまだによくわからない…

ということは、あ~かしの関係性だけですね!わかってるのは!ww 

いや、もしね、のっちの個性があ~かしに近かったならば、

初めは良いとしても、だんだん3人が常に1対2になろうとする力が働き始めて、

うまくゆかなくなるかもしれないですね。


あ、あと、のっちさんへの期待ですが、

そうですね~、鎖骨すっごい綺麗ですからね~

でもそこは本人的には、今でも「ボーイッシュ担当」なんで、許さないんでしょうかね~ ww 
 


x68kさん、コメントありがとうございます。


あ、皆さんあの、話の視点がどうもそっちばかりにいかれるようで… (^^;

いや、マジメな話、日焼けした写真集を出すとか、

そういう画一的で音楽の本質とは異なるプロモーションをしてこなかったから、

Perfumeは今の立ち位置を確立できたのでしょうね。


あと、うなじの魅力がなんでかって?

それはx68kさんが妄想を働かせてくださいな!ww


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/71766313

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もまた無事にこの日を迎えられることを…:

« Everyday Perfume Art Museum 開催中 | トップページ | 2006年 → 2017年へ、再生の歌はさらに進化してゆく… »