フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

2017年9月20日 (水)

今年もまた無事にこの日を迎えられることを…

 

 

 

一昨日のパフュロク、「夏限定モテ女子結果発表」 では、

あなた、ず~っと女子生徒さんの 「日焼け跡」 ばかり注目してましたね~。( ̄ー+ ̄)

で、

あ~かしから 「おじさん出てます」 って、散々いじられてましたけどねぇ、

ここのガチなオッサンは、のっちさん正しいと思うな~  ヘヘ

 

いや、オッサン小学生の頃から女子の日焼け跡にドキッとしてたし、

逆に女子だって、日焼けしてる男子が好きだったでしょうよ!

みんなそうでしょうよ!ww

 

で、

あの日焼け跡って、なんでドキッとするんでしょ?

 

小麦色に焼けてる部分は、  

健康的で精かんなイメージ、力強いとか感じると思うのですが、

だから、そこだけじゃぁダメなんでしょうね~。 (←なにがダメじゃ?!ww)

 

あれたぶん、

焼けてない 白い部分 とのコントラストがあるから、

ドキッとするんだろなぁ…。

 

白いところとは、

つまり、

 

服とか水着とかで覆われている部分ですよ。

 

そ、

つまり隠している部分…

 

 

見られちゃいけないところ……

 

 

 

その部分を妄想してしまうから………

 

 

 

………………

 

 

 

だからなんだな!!www

 

 

それは人間の正しい感情だと思うな!

 

 

ですがまぁ、

そんなキモい理屈はさておいて、

 

のっちさんの場合はおそらく…

 

ASHに入って、そしてPerfumeに入って、

あ~ちゃんとかしゆかと共に、スターになることを夢見はじめてから、

今までず~っと、

美しい肌を維持するため日焼けしないようにしてきたし、

ましてや、学生時代にグランドで部活に打ち込むってこともなかったから、

どこかそういう、

 

自分の夢のために叶わなかったことへの、

あこがれの感情が出ちゃうんだろうな、と…。

 

そしてそういう、

 

人としてありのままの感情を、素直に出してくれるところ、

 

のっちさんの一番の魅力だな~!

 

のっちさんのそういうところは、みんな大好きです。

 

かっしかしの人もぴったんこの人も、

みんなのっちさんのことが大好きです。

 

 

そして、

そんな、心のまっすぐなのっちさんが、

 

Perfumeの3人の中で、 いちばん最初に誕生日を迎えること、

 

これって、すごく大きいことなんじゃないかって、最近思います。

 

なぜなら、

人って、経歴も年齢もどんどん積み重なってくると、

誕生日がまたやってきて歳を一つとる時の節目に、

自分の中の感情が動いて、何か行動に変化を求めたりすることがあると思いますが、

Perfumeがこれまで、活躍のステージが劇的に変化してきた中で、

 

Perfumeは ずっとPerfumeであること、

 

その根幹の部分が、揺らがずに続いてこれたのは、

年に一度の誕生日を迎えて、一つ歳を重ねるという節目の時に、

3人の中で先頭を切るのっちさんが、

 

いつもPerfumeに対して、

純粋にまっすぐに向き合う感情を表してくれるから、

 

その心が、また次の1年間のPerfumeを、

ギュッと束ねてくれるからなのではなかろうか…

 

と、そんな風に想うのです…。

 

 

 

……

 

 

さて、いよいよ29歳とのことですが、 

もうね、あれですよ!?

29歳は 「アラサー」 ではありません。

だって例えば、「もうアラサーだからさ~」 なんて話す時って、

実は人の心理として、「まだまだ20代はあと数年あるよ」 って余裕がある時ですよ。

確実に若く見られたいのだから、ね。

 

なので、29歳はね、なんと言うかというと、

 

 

「ほぼ30」 です!!ww

 

 

いや、いよいよこれからですね!

 

女はねぇ…

っていうか、人はね、

30歳からが本番ですよ!!!

仕事をするにも、プライベートを楽しむのも、一番充実する年代です。

「はぼ50」 のオッサンはこれまでをふり返ると、ホントそう思います。

 

なので、これからもますますPerfumeを楽しんで、

ボクらを楽しませてもらえたら嬉しいな~

って、思います!

 

 

…ということで、

 

 

のっちさん、29歳のお誕生日、

 

おめでとうございま~す!!!

 

 

 

     20170911_p5hgfs17

 

 

2017年9月17日 (日)

Everyday Perfume Art Museum 開催中

 

 

 

秋の夜長に…

 

この台風が過ぎ去るのを待ちながら…

 

 

静かに浸ってみたいアートがあります…。

 

 

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_000

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_0002

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_022

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_0003

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_001

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_002

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_004

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_023

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_014

 

 

 

 

Evrdy_mv_006

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_008

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_031

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_015

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_026

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_018

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_009

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_025

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_024

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_029

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_027

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_012

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_011

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_019

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_030

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_017

 

 

 

 

Evrdy_mv_013

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_016

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_032

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_033

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Evrdy_mv_021

 

 

 

 

 

 

 

泡のようにはかなく、  

 

 

 

過ぎゆく時の流れ…。

 

 

 

 

 

光と影…

 

 

 

 

 

陰と陽… 

 

 

 

 

 

 

そして、 

 

 

 

 

吊られる姿が、  う、 美しすぎる……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田中監督が描く Perfume は、

 

 

 

どこかはかなく、 せつない……

 

 

2017年9月 9日 (土)

Iywに懸ける思いの強さは、MVからも…

 

 

 

⊿ A.D 2006

 

 

目覚める時… 

 

 

   Elewormv002

 

 

この世界を打ち破り、

 

立ちはだかる扉の向こう側にある、

 

 

   Elewormv004

 

 

新たなる世界へと突き進む…

 

 

   Elewormv005

 

 

   Elewormv003

 

 

エレクトロ・ワールドは、

 

「破壊 → 終焉」 の予兆だったのではなく、

 

「打破 ⇒ 未来への発進 = 再生」 の歌であったのだろう…。

 

 

 

 

⊿ A.D 2007

 

 

この世界の森羅万象は、

 

誕生 → 成長 → そして開花し、やがて老いて無くなっていく。

 

 

   Poli_mv001 

 

 

   Poli_mv004

 

 

しかしそのエネルギーは、また来世へと受け継がれ、

 

めぐりめぐり、新たな誕生へと繋がっていく…。

 

 

   Poli_mv003

 

 

ポリリズムは、

 

「輪廻転生」 の歌であろう…。

 

 

 

 

⊿ A.D 2017

 

 

そして10年後の今、現状に安住することなく、

 

 

   Iyw_mv001_2

 

 

ここからまたブレイクスルーし、

 

 

   Iyw_mv003_2

 

 

   Iyw_mv005

 

 

更なる新たな世界へ、その先の光りを求めて、

 

前へ進む波動を…

 

 

   Iyw_mv002

 

 

   Iyw_mv004

 

 

If you wanna もまた、

 

「リスタート、再生」 の歌であろう…!!!

 

 

 

 

Perfumeは、その先の未来へ向かって、

 

挑戦し、打破してゆくことで、

転生を繰り返し、 前へ前へと進んでゆく…。

 

 

これからがまた楽しみになってきた…!

 

2017年9月 3日 (日)

Perfumeが再びブレイクする日を…

 

 

Perfumeの楽曲というのは、

いつも、新鮮な驚きからくる感動を伴ってやってくる。

 

いつも、

「え~っ!?」、 「ほ~っ!」、 「ひゃ~」、 「ふぁ~…」

という、言い表せない感情が湧きあがる。

これが楽曲の出だしの一音、一声から襲ってくるのだから、

もう楽しく楽しくてたまらない! 感動の怒涛です。

そしてこのビッグウェイブは、曲の進行とともに変化しながらうねり、

最後の一音、一声まで続くのです。

 

 

「Future Bass」…

ワタシも今回、Perfumeを通して初めて知ったワードでした。

そして片っ端からいろいろググッて聴いてみました。

 

そしたらば、なんて言うんでしょう、

ベースラインは大きくうねって変調していきながら、

乗っかってくる主メロのサウンドは、結構ライトでシンプル。

キラキラ弾ける感じのものが主体で、フワフワ幻想感がある、

そんな特徴がある音楽であるように感じました。

以前のEDMの潮流のように硬質で高圧的ではなくて、スゴク軟らかで心地良い。

ポップさが際立っている。

 

オレこういう感じも、好きだな~!

 

いやいや、だってこういう風に言葉で並べてしまうと、

それこそ源流をたどれば、

Yellow Magic Orchestra だってそんな感じだったよ?!

 (なんて言っちゃうと、「いや、昔のそれとはまた違うよ!」 って、

  エレクトロミュージックの変遷に詳しい人からツッコまれそうですけどね!(;;´Д`)ゝ )

中田さんがこれまでPerfumeやKPPに創ってきた音楽(特に初期の曲)も、

基本そういうテイストを入れ込んできた曲が多かった気がするんですけれど、

でも明確にカテゴライズすると、構成の新しさが違うんでしょうね~。

 

はぁ~ 勉強になるな~、 音楽って楽しいね!

 

 

そしてそういう 「にわか知識」 を入れたうえで、「If you wanna」 をまたかけてみる。

 

 

いやぁ、なるほど~… フューチャーベースだ!ww

 

ボコーダーを強く入れたイントロから、

曲の前半は、キラキラして 「ノンノノン♪」 とした可愛いサウンド、

中盤はスピード感を増しながら上昇していくが、

続く後半は、一転スローダウンして大きくうねるベース。

ブリブリな音色で重厚感を聴かせるところは、Perfumeらしさでしょうか。

この変調するリズムがカッコいいですね~!!

先日のフェスでも、ワタシ人目を気にせず音に酔ってしまいました! ヾ(´ε`*)ゝ

 

この前半のサウンドの感じと後半の変調する感じを、

ガッツリ入れてきたところが、フューチャーベースたる所以、でしょうか。

 

ですが、主メロを唄う3人のヴォイスは意外とほとんどナチュラルで、

このあたりはもう、最近の中田さんのPerfumeに対する音創りの変化なんだと思います。

どんな新しいサウンドを取り込んできても、

Perfumeが唄うからPerfumeの音楽であるのだと、

そこは揺らがないですね。

歌い出しのかしゆかの 「♪願いを込めて~」 のハイトーンヴォイスは、耳から離れないし、

曲エンドの、「♪ Uh~」 の、

あ~ちゃんの (かな?) 吐息のような艶っぽいボーカルなんて、

ゾクゾクっとします。最高じゃないですか!

 

 

そして続く 「Everyday」 へ…

 

 

 

最初聴く前、てっきりね、

あの洗濯機のCM動画のダンサブルな感じの入り方だろうと、

信じて疑わなかったわけです。

それで脳が準備してたわけですよ…。

 

 

そしたらなんだ! それがあれですよ!!

 

ピアノが♪ポロロン、って、

 

「えっ? 何何?!、何が始まったの!?!」 って思った瞬間、

 

「♪あ~ たりまえの~ ことぉなんて~ えぇ~」 ですから!!!

 

ワタシもう、この 「♪えぇ~」 のところで、

 


涙腺が一気に大崩壊を起こしてしまいました!!!

 

 

そして 「♪あぁ るような 気がしてしていたの~おぉ…」

「♪あぁ」 の節回しで、第2波が押し寄せてきました…

 

 

全く無意識の内に自然と涙が溢れ、オエツオエツでした…。

 

 

こんなことって、なかなかないです!

 

もうね、のっちさんのこの歌い出し、

初めての衝撃、感動、癒し…

 

「あぁ、こうだったんだ!、こうだったんだよね!!」 て、

 

とにかくもうね、

のっちさん、

 

この胸のトキメキをどうしてくれるんですか!? ゚゚(´O`)°゚

 

そして中田さん、

 

 

あなた なにをやってるんですかっ!?ww

 

 

 

のっちさん、

 

 

あなたの歌、可愛いですっ!!!

 

 

 

そしてのっちさん、

 

 

あなたの歌、 確かに SPEEDさんでしたよ!!!

 

 

 

たぶん、全世界中のPerfumeファンがあなたの歌に、

ポロポロ泣いたと思います…

 

はぁ~…

 

なんなんですか、このAメロは…

 

とんでもない隠し玉でした…。

 

 

 

   Evrdy_mv_noc_001_2

 

 

 

そういえば、今思うと、「Everyday」 については、

パナソニックさんのCM動画が始まった後、最近話題が出なかった。

新譜のAサイドが Iyw になったことで、

話題はそっちのサウンド、リズムのことばかりだった。

そうなんです、そっちの話題を優先し、

あえてカップリング曲については語らず…。

Perfumeが黙している時って、実は何か隠し玉がある。

嘘をつけない娘たちでしょうから、言えないことは黙っている。

今までもそんなことは幾度もあったよね。

 

いやぁ、ホントPerfumeって、ドSだわ~ やられた!ww。

 

 

そして、歌声だけじゃない、

歌詞もすごく良いよ!

 

 「あたりまえのことなんて そうないのに あるような気がしていた」

 

毎日が当たり前にやってくるのではなく、

それは、人がそうありたい、と思って生きているからからであり、

そうやって時を重ねるから、毎日があるのだと…

 

そして2番では、

 

 「足りないものなんて そうないのに 見失いそうになる」

 

今の世の中、モノや情報に溢れ、生きていくのに何一つ不自由ないようだけれど、

でもやっぱり、人は一人では生きてゆけない。

毎日、誰かと支え合って、笑い合ってゆくことが大切なんだよと…。

 

スケールの大っきな、深い愛の歌だなと、感じます。

 

毎日、それは時の積み重ね、Hour… 

♪AWA~とは、Hour のことだったなんて、相変わらずシャレも利いてるし!

 

 

 

サウンドも一段と多彩で、新しい音も一杯。

 

一つ一つの音たちが丁寧に丁寧に、練られて練られて創り込まれていることを感じます。

イントロ冒頭の、軽やかで美しいピアノは言わずもがな、

Aメロの4フレーズから入るベースが、「ベンベンベン」 と弾ける感じもイイ。

Bメロから 「ダーン ダーン!」 と響き渡る、ブラス系ドラムも荘厳で好き。

この曲のサウンドテーマの一つであろう、Bメロからサビへかけてフレーズ間を彩る、

アジアンテイストな管打系サウンドが、

「カランコロン」 踊る感じが、とっても爽やかで心地良い!

 

それから、フレーズ間で時折 「ヒャー!」 って何か、

ライブでの人の歓声のようなサウンドが入ってるのは、何なんだろう?

歓声を使って、「Party」 や 「Happy」 を表しつつ、

洗濯機の回る音も表現… ってな感じだろうか。

 

そのほか、たくさんの名もなきサウンドたちがピンポイントでアクセントに鳴ってたり、

 

もう語り尽くせないので、このへんで止めときます。

 

 

 

…という感じで、

 

なんだ、

またしてもPerfume 「珠玉のBサイド曲」 の誕生じゃないか!

 

そしてそうなのよ、

変調リズムが 「攻めた」 Aサイドと、珠玉のBサイドの組合せって、

これってそう、

 

まるで 「ポリリズム/SEVENTH HEAVEN」 と一緒じゃないか!?

 

曲調は違っているけど、

7天 のイントロのピアノサウンドや、歌い出しのキュンキュンさは、

今回の Everyday のイメージとカブって見える。

 

 

思えば、

2007年のポリリズムのリリースから、今月の12日でついに10周年を迎えます。

 

そしてあの時中田さんが、

ポリリズムのリリースをアミューズスタッフさんに直談判したように、

今回の If you wanna のリリースにあたり、絶対に Perfume がやってほしい、と説得があったのだそうだ。

 

このエピソードの共通性は、単なる偶然には想えない。

 

ひょっとしたら、

中田さんの胸の内には、10年前のあのシーンが去来したのではないか…。

 

 「あの時必死な思いで、それこそ 「崖っぷちPerfume」 で、

  新しいものに挑戦したからこそ、

  思いがけず成功を手にし、そして今があるのではないのか。

  その気持ちを今改めて思い起こし、また次の10年に向かっていって欲しい…」

 

そんな、厳しくも愛があふれるメッセージを込めて、

 

今回、この2曲を手掛けたのではないか……

 

 

そんなことを妄想しながら、また 「If you wanna/Everyday」 を回してみる…。

 

 

 「♪願いを込めて… そういつだってキレイでいたいわ… If you wanna love me…」

 

 

 「♪あたりまえのことなんてないのに… 時を重ねて… みんなで笑い合えるように…」

 

 

するとそこには、さっきとはまた違う、

 

Perfumeへの、遠い遥かこの先に向けてのメッセージが、

 

確かに見えてきた……

 

 

     S05t 

 

     71rcewlwysl__sx355_

 

« 2017年8月 | トップページ