フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今年もまた無事にこの日を迎えられることを… | トップページ | 35年越しの夢、ついに叶う! »

2017年9月24日 (日)

2006年 → 2017年へ、再生の歌はさらに進化してゆく…

 

 

 

さあ、今週のパフュ活を始めたいと思います。

 

 

 

⊿ 別宅にて…

 

Perfume 新曲 Iyw のCD予約特典のポスターが、めっちゃ綺麗で気に入ってるので、

ついに初めてフレームに入れて、常時飾ることにしました~! ヽ(´▽`)/

 

 

   Dsc_0461_cp

 

いや~、まじで素敵ですね~!

 

ちょっと最近仕事がキツくてね、お疲れモードのことが多いのですが、

夜、アパートに帰った時、こうして美しいPerfumeが迎えてくれると、
 

疲れがスゥーッと癒されますね~。 ヾ(;´Д`A

 

だけど本宅でも飾るのは、妻の視線が厳しいでしょうから、絶対ムリでしょうね。 (ρ_;)

 

 

 

⊿ 本宅にて…

 

キッチンで皿洗いをしながら、戸棚に掲げていた

「有名人の誕生日付きカレンダー」 を何げなく見ていたら、

 

衝撃の事実を発見!

 

   Dsc_0462_cp  

        Dsc_04622_cp_2

 

いや~ のっちさん、やっぱ持ってるわ~!!! ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

⊿ さて、5日ぶりに本宅に戻ってきたので、

 

月曜日の生放送を見て以来になりましたが、

「Mステ ウルトラFES 2017」 をリピートしてじっくりと振り返ってみました。

 

今回のライゾマさんのテクノロジーは、

「ダイナミックVR × AR」 ということで、

紅白歌合戦でのこれまでのテクノロジー演出で言えば、

2015年の PMU と、2016年の FLASH を合わせたようなもの、ということになり、

つまり、ステージ上の巨大ディスプレイに投影する映像効果と、

それを撮った映像上でさらに映像を重ねる映像効果の両方だ、ということです。

なんやもう、ボクらには訳わからんことですが、

おそらく日本のテレビ放送史上、初の演出でしょう。

実際、

 

   20170918_m_dvrdar001_2

 

このパソコン教室のメガネのお兄ちゃんが操る左のディスプレイを見ると、

複数の映像が並んでますね。

おそらく左上の映像が、スタジオ内で踊るPerfumeを捉えて解析している映像なのではないかと。

 

そしてこれらのテクノロジーで創られる映像は、

昨年のMステウルフェスでの Samt と比べて、

かしゆかの説明では、

「さらにバージョンアップして、より立体的な視覚映像…」

となるとのこと。

で、その立体感のバージョンアップのキモとなるのが、

冒頭のこのシーンで予測できてしまいましたが、

 

 

   20170918_m_dvrdar002

 

背面の大型ディスプレイが、昨年の1面から、左右の2面となって合わせて造られており、

もうほとんどPerfumeを取り囲むような空間になっていることですね。

 

そして楽曲は、なんとまさかのエレクトロ・ワールドということで、

いや、でも言われてみれば 「まさに」 エレワなわけで、

このドンピシャなセレクトは、さすがチームPerfumeであるライゾマさんだからこそ、ですね。

 

 

ではいよいよワタシの感じた凄映像シーンを切り取ってみたいと思います。

 

 

まずは、コンベスバージョンのイントロで、

 

 

   20170918_m_dvrdar004

 

CGのPerfumeから実写のPerfumeに移り変わる。

いきなりVRとARの融合です!

いやいや、何が起こってるんだ?!ホント。

 

 

次は歌い出しのウォーキング、

 

 

   20170918_m_dvrdar005

 

振りに合わせて地面の映像も流れてゆく、見事です!

 

 

そしてPerfumeは、フライングステージに乗って歌い踊ります。

 

 

   20170918_m_dvrdar006

 

画面の側方の空間の広がり、果てしないです!

 

 

 

 

   20170918_m_dvrdar007

 

ステージ下方に広がるキューブ状大地との距離感や遠近感に違和感がなく、

まさに浮遊しているかのような感覚にとらわれる。

 

 

 

 

   20170918_m_dvrdar0072

 

さらに、後方の地平の彼方に広がる、この奥行き感も凄い!

この映像だと、ディスプレイの継ぎ目もほとんど認識されず、カンペキ!

 

 

とにかく、あ~ちゃんが冒頭に言っていたとおり、

「どこで歌っとんじゃろ?ってところにいくので…」 という映像。

そして、昨年のものと比べて、

立体的に見える領域が格段に広がって、かなり進化した映像となっています。

改めて言うが、これはスタジオで歌唱している映像なのである。

 

 

 

さらに今回最大の驚きの映像が、

 

 

   20170918_m_dvrdar008

 

「♪リアリティーが な~い~けど~…」 の詩に合わせ、姿が消えてゆくPerfume…

 

 

 

   20170918_m_dvrdar009

 

そして、「♪ボクは確かに い~るよ~…」 の詩に合わせて、再び浮かび上がる。

 

この消えたり浮かび上がったりする映像演出がもう、テレビの映像を見ている限り、

正直、どっちがVRを撮ってる映像で、どっちがARを重ねている映像なのか、

のっちがベースになっているのかとか、もう全くわからんです。 ヾ(´ε`*)ゝ

 

おそらく、ARで重ねる映像とVRで映している映像をかなりダブらせることで、

両方をシームレスで同調したり、切り替えているしているのではないかと想像するのですが、

 (う~ん、まさに映像技術のシンクロ…)

ぜひこれは、後ででいいので、制作の裏側の技術解説をお願いしたいところですが、

企業秘密のところかもしれないのでムリかな~?

 

 

あとそれと、

 

この 「♪僕の手にひらりと…」 の歌と振りに合わせて、

 

 

 

   20170918_m_dvrdar010

 

光りの粒子が舞い上がるところとか、ホント綺麗だしカワイイし、

ホント、ガッチガチなファンである大度さんの心意気が伝わってくるし、

しかも、 

この曲はもう10年以上も前の曲で、当時は世の中で全然売れなかった曲だよ!

 

そんな曲が今もなおファンに受け継がれ愛されていて、 

さらにこうして、クリエイターさんらの手で、

 

新たな進化を遂げ続けている…

 

これがPerfumeを取り巻く人々のパッションなんだと想うと、

 

マジ感動する…… (。>0<。)

 

 

 

…ということで、

 

今回もテクノロジーの詳しいところは、なに一つ解らなかったのだが、

見たことのない、凄い映像演出のエレワであったことは間違いないです。

 

なので次回はぜひ、

もっと色を加えた映像とか、キュービック空間以外の映像も見てみたいなぁ、と、

勝手なファンは妄想してしまいますね。 (^-^;

 

 

いや、

せっかくテレビではめったにお目にかかれないエレワだぞ、

もっとPerfumeの歌や振付けに集中したかったぞ!

という意見もあるかもしれない。それもそのとおりです。

でもそれは今回のパフォーマンスのテーマではないわけで、

それは、今全国放送で一般視聴者に訴求するものではない、

ということなのだと思います。

 

 

 

あっ、でもオッサンは今回の放送で、

振付けで新たな発見をしたよ!

 

一応、エレワはPerfumeにハマった当初に完コピをしている曲ですが、

 (最近は踊っていないのでだいぶ体が動かなくなっていますが…)

この、「♪振り返るとそこに見えていた…」 のところの振りですが…

 

 

 

 

後ろへ反転から、右へ左へ、前を振り向くのですが、

その時、「♪振り返ると」  の 「ると」  で、右足かかとを トントン

「♪見えていた」  の 「いた」  で、左足かかとを トントン、って、

小さくステップを踏んでいたんだなぁ! 

ここちょっとカワイイ。

いや~、知らなかった! 初めて気が付いた!!!

 

では今度踊る時は、ぜひそこに気を付けてやってみよう… ww

 

(いや、もうそんな機会はないか……)

 

 

« 今年もまた無事にこの日を迎えられることを… | トップページ | 35年越しの夢、ついに叶う! »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

おとと様

「Mステ ウルトラFES 2017」すっかり見逃してました。(>_<)
なんと、エレワでしたか。
Mステでは初かな。
しかも、CBのイントロバージョンでしたか。
イントロバージョンはライブでもなかなか披露しませんが、何故エレワだったのでしょうか。
多分、IYWの対するレトロフィーチャーバージョンだったと思います。
10年以上前の曲ですが、彼女達は、まだ先の未来を観ているのでしょう。

necco様、コメントありがとうございます。


おっと、Mステすっかり見逃していましたか!?

neccoさんそれでもあまり動じてないというか、

いつもどのアーティスト、アイドルグループに対しても

フラットな気持ちで接している気がしますね。

なんかそういうスタンス、さすがだな~、いいな~って思っています。


エレワをセットしたのはおそらくライゾマさん側でしょう。

最新の映像演出に「エレクトロ・ワールド」はハマると考えたのだと思います。

大度さんはガチですから、考えそうなところです。

しかもPerfume史上、重要な楽曲であることも

当然意識してのセレクトだったと想いますよ。

今年も何だかんだいろいろ周年イヤーとなりそうですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/71792657

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年 → 2017年へ、再生の歌はさらに進化してゆく…:

« 今年もまた無事にこの日を迎えられることを… | トップページ | 35年越しの夢、ついに叶う! »