フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 20年後、~Perfumeに癒されているジイさんのブログ~ を書いているのか?! | トップページ | 人はPerfumeグッズで、どこまで暮らせるのか… という検証は誰かにお願いするとして。 »

2017年6月17日 (土)

子供のころ、回る洗濯機の渦を、じ~っと見ている子でした…<訂正追記しました>

 

 

PanasonicのP~ は、 PerfumeのP~!

 ということで、Perfumeさんを起用させていただきました~!」

 

…なんてことは1mmもないと思いますが、

 

とにかく、2014年5月の 「4K VIERA」 (曲 : DISPLAY) 以来、3年ぶりのパナソニックCMです。

再びPerfumeとコラボということで、パナソニックさん、一見さんじゃぁなかったということですね。

そのパフュ愛が嬉しいっすね。キモくてね。( ̄ー+ ̄)

 

 

しかし2014年の時は、

 

 

 

 

何の前ぶれもなく、いきなり本気度MAXのMVを仕立ててきたということで、

ボクらも狂喜乱舞した記憶があります。

 

 

 

そして今回は 「泡洗浄 洗濯機」 (曲 : Everyday) ということで、 

 

 

 

 

またまた、ガッツリのMVを公開してきました!

 

ライゾマさんも関わっているとのことで、

フワフワ飛んでいる 「泡」 は、おそらくドローンを使っていて、

本日、STAFF BLOGで見ましたところ、上から吊っていたようですね。

  訂正して追記します。 (^^; )

動きとか点滅は全て音楽とシンクロしてコントロールされているのでしょうねぇ。

 

 

 

しかしなんつうか、パナソニックさんって、

こういうアプローチがお好きなんですね。

 

つまり、

4K VIERA の時は、その高精細さや鮮やかな色彩を、

泡洗浄 洗濯機の場合は、泡がフワフワ包み込んで回る様子を、

つまりその商品の機能性やアピールポイントを、

 

Perfumeのミュージックビデオ(=曲とダンスと映像)そのもので 見せてきますね。

 

見ていると、あたかも、

その電気機器の中に、Perfumeが入り込んでしまったかのように感じます。

電気機器をそのままPerfumeが演じている、ってすら思います。

 

ここが面白いですよねぇ!

 

そしてこういう見せ方だからこそ、Perfumeがドンピシャにハマる。

 

おそらく、そこを解ってらっしゃる方がパナ社内にいらっしゃるのではないか?

 

そう想うと、

 

いや~、キモいっすねぇ、パナソニックさん! キモかっけ~!www

 

 

 

 

さらにこの曲 「Everyday」 がめっちゃイイ!!!

 

中田さん、今曲もしっかりCMイメージに乗っかって、

詞もサウンドもめっちゃシャレてるし!

そして振付けも映像演出のマッチングもスバラシイ!

動画の最後に初めて、商品の映像とタイトルロゴが出てきますが、

そこへのつながりが めっちゃ違和感ない、 というか、

洗濯機も楽しそうに踊っているように、一瞬見えちゃう。

 

これ、洗濯機のCMですよね!?ww

かつてこんなオシャレな洗濯機のCM、ありました?!?

 

…って感じですね。www

 

 

 

 

やっぱねぇ、

Perfumeの音楽は、こうやって、

最初からきちんとしたソースで、しかも踊りも映像も合わせた状態で出てくると、

ボクら的にはもう言うことないですね! 間違いないです!

最高です!!!

 (まぁ、そのぶん、最初はいまいちピンとこなくても ⇒ 音源を聴いて ⇒ 振付け見ていくごとに良くなっていく!

  …という過程を楽しむことはできないですけどね。)

 

 

 

…と、そんな 「♪ A WA~ A WA~」 ですが、

ひとつザンネンなことが。

 

前回の 「DISPLAY」 の時、

MVは一般向けには、海外の店頭上映とWEBサイト上のみの公開だったように、

今回の 「Everyday」 も、今のところWEBサイト上のみ公開ということで、

国内一般に向けてのアピール度は、少ないのだろうなぁ、ってことですね。

国内の家電製品の購入動機って、まだまだTVCMによるところが大きいと思うので。(特に主婦層は。)

だってさ、ウチなんて前の洗濯機買った時なんて、

「やっぱ、嵐の翔ちゃんがCMしてる、あれにしよ!」 てな感じでしたからね。ヾ(´ε`*)ゝ

 

でもあれか、逆に言えば、パナソニックみたいなグローバル企業にとって、

国内マーケットなんて、さほど重要じゃないのかもしれませんね。

やはりワールドワイドに売り込むにはWEBサイトのみで充分だし、効率的なのでしょうね。

 

そのあたりは、今同時にCM展開されている 「サンスター Ora2」 さんが、

TVCMをしっかりと打っているのと対照的ですね。

 

Ora2さんのCMでは、ハミガキ用品の機能性そのものというよりは、

それを使う生活シチュエイションをイメージして、

それを使うことで変わるライフスタイルを提案する… って感じですよね。

そのあたりは、

普段何気なく購入する日用生活品と、数年に一度よく吟味して買う家電製品とでは、

広告のアプローチが違うのだなぁ、と感じますね。

 

でもどっちのCMも、

Perfumeの音楽と踊りを見せてくれるので、

そこはボクらにとって、一番嬉しいところです。

もうそれを見るだけで、まじテンション上がります!

 

そしてPerfumeとのこの関係性をさらに深めていただいて、

 

ぜひ、次の大きなライブイベントにつなげて頂けたらな… と、

 

妄想は広がるのですね……。

 

« 20年後、~Perfumeに癒されているジイさんのブログ~ を書いているのか?! | トップページ | 人はPerfumeグッズで、どこまで暮らせるのか… という検証は誰かにお願いするとして。 »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。


そうですか、Web上だけの公開なんですね。
「Display」の時も、まぁ、もったいないな、と思ったんですが、
おととさんの解説を読ませていただいて、なるほどなぁ、って納得しました。
それに、TV上の時間枠を買うのって相当コストもかかりますしね。

これが新しいマーケティング手法なのでしょう。

ただ、「フォーチュンクッキー」や「恋ダンス」的なことを狙っている感じが
ちょっとだけ、なんだかなぁ、とは感じますが、
おかあさんと小さいお嬢さんが、いっしょに踊っているところをYou Tubeに
UPしてくれることになれば、それはそれで楽しいですかね。

いっそのこと、これを課題曲にして、ダンコンやったらいいのになぁ。


でも、その戦略のおかげでひとつ良かったことが、、、

おそらく覚えやすくシンプルにするためなのか、1分間ポジションチェンジなしで、
しかも、ゆかちゃんが1分間ずっとセンターって、これはなかなかないこと。

でも、でも、この商品イメージだと、センター据え置きは、ゆかちゃんではなく
あ~ちゃんだと思うのですが。

そのあたりの意図を、ご担当の方にお聞きしてみたいものだ。


さまざまな女優さんやタレントさんが、CM女王とか言って、
TVに出ていらっしゃいますが、多くは、その好感度や可愛さで、
商品イメージをUPさせるために起用されていると思うのですね。

それに比べて、Perfumeの場合、車、飲料、家電、生活用品、等々
あらゆるジャンルの商品に対し、こうなんていうか、Perfumeの持つ
圧倒的な数の引き出しを手段に使って、商品の機能性までを
イメージに昇華させていく。

うまく言えなくてスンマセン。
要するに、クリエーターの皆さまからすると、「今度は、この3人でどんな
ことをしようか?」っていう創造意欲を湧き立たせる存在なんだろうな、と。
もちろん、それは、チームの神々がいるからこそでもありますが。


uncleさん、コメントありがとうございます。


あ、いつもお褒めいただいてホントありがたいのですが、

解説というほどのお話ではないのでね、どっかに正解が書いてあるわけじゃないし、

いつもお断りしてますがただの個人的妄想ですからね、あんまり信用しないでくださいね。(笑)


この振付けは狙ってますかねぇ? 

ワタシが想うに、Perfumeの振付けって、

ずっと以前からそういうところを意図して創られてきたのではないかと。

今たまたま、というかようやく、世間一般の目がMIKIKO先生やPerfumeの振付けに注目し始めたから、

なんか「ダンス真似するブーム」に乗っかっちゃっているように感じますが、

(いや、当人たちはそういうブームをむしろ喜んでいると思いますが。)

ボクらアタシたちは、もうずっと前からPerfumeの振りコピを楽しんできたじゃないですか!?

(踊る方も、見る方もです。)だからね、今さら狙ってますぅ? と思いますね。


かしゆかゼロポジ前で固定、これは一大事ですね! おそらくこういうパターンはなかったかと。

これはかっしかしには悶絶でしょうなぁ~ww  

見た感じが凄く新鮮ですよね。Perfumeの新たな一面かも。

ただですよ、あくまでまだたったワンコーラスですから。

この曲これで絶対終わりじゃないことは、uncleさんも当然お察しかと思います。

Aメロ的なフレーズもあるでしょうし、間奏から後半は音楽が変化するでしょうから、

ダンスフォーメイションもおそらく変わるでしょうね。


そうなのですよ、俳優さん女優さんやバラエティタレントさんが商品CMキャラをする場合、

基本、ルックスの良さと好感度・人気度を利用して

人の目を引くことに主眼が置かれていると思います。(極端に言えば、誰でも良い。)

Perfumeの場合、その部分もありますが、何かそれ以上のアピール、表現、

つまり音楽と踊りのパフォーマンス、

Perfumeそのものを当てはめることをテーマにしている思いますね。(チョコラBBは異例だったかな。)

そう、おっしゃるように、何か面白いこと、凄いことを創り込んできますよね。

CMまでも、Perfumeらしさを感じられるところがイイですね!


おとと様

PerfumexPanasonicのCMは、商品CMとかなり異なっていますね。
「Everyday」はAWAだけは日本語ですが、あとは英語で歌われてます。
「DISPLAY」もですが、商品のCMより機能のCMで、TVCMになり得ないように思われます。
何故、PanasonicがPerfumeに機能のCMをやらせるのかは、多分彼らの最も優れた技術を彼女達に託したのではないでしょうか。

最も気になるところが、この楽曲が今度の新曲の1曲なのかと言う事でが、
英語表現の楽曲からすると、これだけのスポット楽曲の可能性もあり得ますね。

個人的な意見として、テクニクスのアナログプレイヤーに起用して貰いたいです。

necco様、コメントありがとうございます。


うん、そうっすね~、TVCMっぽさはないっすよね~。

そうそう、歌とダンスで家電の技術を表現する、

ってのがこのCMのテーマなんでしょうね。

そのイメージとしてはやはりPerfumeだと。納得ですね~。

ならばこそ、あえて意表をついてこれをTVCMで流したら、

ちょっと世間一般の話題さらいそうですね!

いや、意外とマジであるかもよ!期待しましょう。(*^-^)


あ、あとこの曲はですね、ワタシは次のシングルには入ると思います。

でもAサイドではないでしょうね。Perfumeってのは、

そんなベタな売り方はまずしてこないですからね。カップリングじゃないでしょうか。

そしてシングルVer.はアレンジ・サウンドも変えてくるのでは?と。


お~!テクニクスのCMですか!イイっすね~、似合いそうですね~。

しかも同じ「回転系」ということでプレーヤーですか。めっちゃオシャレじゃないですか~!

x68kです。

新曲見たとき聞いたとき、何時も思うのですが、
最初聞いたときは・・
変な感じでPerfumeのイメージと違う!と思ってしまいます。

2回、3回聞いていくとなじんできて、やっぱPerfume!
ダンスもそう。
なんだか奇妙な動きと、あ!これ以前見たことある、と思い
だんだん見ていくとカッコイイ! あ!この瞬間カワイイ!と。

なんて思っていて、ユッキーさんのぶろぐを見たら(泡ダンスがかっこよすぎる件)

どんぴしゃで、かわいい写真や、この振りいい!って思ったところが一緒!

泡の振り付けがなんともいい!
のっち、あ~ちゃんの笑顔がすんごくかわいい!
ゆかちゃんお人形みたい!

なところです。


本題と外れますが、Perfumeさんの脚のきれいさには芸術的と思えるほどです。
おそらくストッキングをはいているせいもあるのでしょうが、明らかに
お人形さんの脚です。

一般的にはAKBさんのような脚は、生々しくてみてられないし、
女の子で筋肉の「筋」がみえてしまうのが私的には一番残念なことです。

いままでさんざんPerfumさんの脚の映像を見てきましたが、一度も残念と思ったことがなく
最高の脚線美だと思っています。
それも3人揃っていて、奇跡です。

細すぎず、太すぎずちょうどいい感じの脚ですね。

以前福山さんもおっしゃっていましたが、
「アスリートの脚です」

それも美しさを備えた、最高の芸術品です。

x68kさん、コメントありがとうございます。


最初変な感じで、イメージと違う!って、

実はそこ凄く重要なんじゃないでしょうか?!

それって裏を返せばつまり、中田さんが創るPerfumeの音楽は「常に新しい」、

以前どこかで聞いたことがある感じ、ではない、ありきたりじゃない、ってことなんじゃないでしょうか?!

それでも何度か聴いているとなじんでくるということは、

やはりPerfumeサウンドが好きだということ、それプラス、

根本的に、良い音楽だということなんじゃないでしょうか?

そこに関してはワタシも音楽のプロではないので、論理的に説明できないのが、

いつも歯がゆいところなのですが、

なじみやすい音楽というのは、長続きしない危険性をはらんでいると思います。

人間って、すごく順応性の高い生き物なので。慣れというのは、すぐに「飽き」につながるんです。

そう考えると、、いまだに「変な感じ」と感じることができること、

それって創り手も凄いし、聴き手の感性も凄い、ということなのではないかと、思うのですね。


あとそれと、脚線美のお話。

もうこれはx68kさんのおっしゃること全て同意であります!ww

もうホントそのとおりですね。

まぁ、あまり他の人とあからさまに比較するのはあれですけれど、

なんて言うんでしょ、普通のそこらへんの女の子にいくらだっているレベルが多過ぎる。

Perfumeの美しさ、それは長年、陰で努力してきた賜物なんじゃないでしょうか?!

だって、小学生の頃からず~っと、そこに全てをかけてきたんですから。

ビーチで日焼けすることも、部活で鍛えることもせずにやってきたんですから。

その賜物なんだと思います。ひたすらに踊り続けてきたことで出来上がった美しさ、

なんだと思います。


久しぶりにPerfumeの根源的な話ができて、楽しかったです。ありがとうございます。

そうなんですよ、イイものはいつまで経ってもイイんです。

なのでワタシもいつまでも「イイッ!」って書き続けたいと思いました。

思いを新たにすることができました!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/70891098

この記事へのトラックバック一覧です: 子供のころ、回る洗濯機の渦を、じ~っと見ている子でした…<訂正追記しました>:

« 20年後、~Perfumeに癒されているジイさんのブログ~ を書いているのか?! | トップページ | 人はPerfumeグッズで、どこまで暮らせるのか… という検証は誰かにお願いするとして。 »