フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月17日 (土)

子供のころ、回る洗濯機の渦を、じ~っと見ている子でした…<訂正追記しました>

 

 

PanasonicのP~ は、 PerfumeのP~!

 ということで、Perfumeさんを起用させていただきました~!」

 

…なんてことは1mmもないと思いますが、

 

とにかく、2014年5月の 「4K VIERA」 (曲 : DISPLAY) 以来、3年ぶりのパナソニックCMです。

再びPerfumeとコラボということで、パナソニックさん、一見さんじゃぁなかったということですね。

そのパフュ愛が嬉しいっすね。キモくてね。( ̄ー+ ̄)

 

 

しかし2014年の時は、

 

 

 

 

何の前ぶれもなく、いきなり本気度MAXのMVを仕立ててきたということで、

ボクらも狂喜乱舞した記憶があります。

 

 

 

そして今回は 「泡洗浄 洗濯機」 (曲 : Everyday) ということで、 

 

 

 

 

またまた、ガッツリのMVを公開してきました!

 

ライゾマさんも関わっているとのことで、

フワフワ飛んでいる 「泡」 は、おそらくドローンを使っていて、

本日、STAFF BLOGで見ましたところ、上から吊っていたようですね。

  訂正して追記します。 (^^; )

動きとか点滅は全て音楽とシンクロしてコントロールされているのでしょうねぇ。

 

 

 

しかしなんつうか、パナソニックさんって、

こういうアプローチがお好きなんですね。

 

つまり、

4K VIERA の時は、その高精細さや鮮やかな色彩を、

泡洗浄 洗濯機の場合は、泡がフワフワ包み込んで回る様子を、

つまりその商品の機能性やアピールポイントを、

 

Perfumeのミュージックビデオ(=曲とダンスと映像)そのもので 見せてきますね。

 

見ていると、あたかも、

その電気機器の中に、Perfumeが入り込んでしまったかのように感じます。

電気機器をそのままPerfumeが演じている、ってすら思います。

 

ここが面白いですよねぇ!

 

そしてこういう見せ方だからこそ、Perfumeがドンピシャにハマる。

 

おそらく、そこを解ってらっしゃる方がパナ社内にいらっしゃるのではないか?

 

そう想うと、

 

いや~、キモいっすねぇ、パナソニックさん! キモかっけ~!www

 

 

 

 

さらにこの曲 「Everyday」 がめっちゃイイ!!!

 

中田さん、今曲もしっかりCMイメージに乗っかって、

詞もサウンドもめっちゃシャレてるし!

そして振付けも映像演出のマッチングもスバラシイ!

動画の最後に初めて、商品の映像とタイトルロゴが出てきますが、

そこへのつながりが めっちゃ違和感ない、 というか、

洗濯機も楽しそうに踊っているように、一瞬見えちゃう。

 

これ、洗濯機のCMですよね!?ww

かつてこんなオシャレな洗濯機のCM、ありました?!?

 

…って感じですね。www

 

 

 

 

やっぱねぇ、

Perfumeの音楽は、こうやって、

最初からきちんとしたソースで、しかも踊りも映像も合わせた状態で出てくると、

ボクら的にはもう言うことないですね! 間違いないです!

最高です!!!

 (まぁ、そのぶん、最初はいまいちピンとこなくても ⇒ 音源を聴いて ⇒ 振付け見ていくごとに良くなっていく!

  …という過程を楽しむことはできないですけどね。)

 

 

 

…と、そんな 「♪ A WA~ A WA~」 ですが、

ひとつザンネンなことが。

 

前回の 「DISPLAY」 の時、

MVは一般向けには、海外の店頭上映とWEBサイト上のみの公開だったように、

今回の 「Everyday」 も、今のところWEBサイト上のみ公開ということで、

国内一般に向けてのアピール度は、少ないのだろうなぁ、ってことですね。

国内の家電製品の購入動機って、まだまだTVCMによるところが大きいと思うので。(特に主婦層は。)

だってさ、ウチなんて前の洗濯機買った時なんて、

「やっぱ、嵐の翔ちゃんがCMしてる、あれにしよ!」 てな感じでしたからね。ヾ(´ε`*)ゝ

 

でもあれか、逆に言えば、パナソニックみたいなグローバル企業にとって、

国内マーケットなんて、さほど重要じゃないのかもしれませんね。

やはりワールドワイドに売り込むにはWEBサイトのみで充分だし、効率的なのでしょうね。

 

そのあたりは、今同時にCM展開されている 「サンスター Ora2」 さんが、

TVCMをしっかりと打っているのと対照的ですね。

 

Ora2さんのCMでは、ハミガキ用品の機能性そのものというよりは、

それを使う生活シチュエイションをイメージして、

それを使うことで変わるライフスタイルを提案する… って感じですよね。

そのあたりは、

普段何気なく購入する日用生活品と、数年に一度よく吟味して買う家電製品とでは、

広告のアプローチが違うのだなぁ、と感じますね。

 

でもどっちのCMも、

Perfumeの音楽と踊りを見せてくれるので、

そこはボクらにとって、一番嬉しいところです。

もうそれを見るだけで、まじテンション上がります!

 

そしてPerfumeとのこの関係性をさらに深めていただいて、

 

ぜひ、次の大きなライブイベントにつなげて頂けたらな… と、

 

妄想は広がるのですね……。

 

2017年6月10日 (土)

20年後、~Perfumeに癒されているジイさんのブログ~ を書いているのか?!

 

 

 

縁あってPerfumeが出会い、関わりを持ってきた、

総勢13組もの人達からのコメントとクェスチョン、

その中でもやはり、一番近いところでPerfumeを共に創り上げてきたクリエイターの方々の言葉に

とても興味深いものが多くありました。

 

 

 

⊿ 1

 

大都さんからのクェスチョン : テクノロジーを使った演出で、大変だったチャレンジは?

 

関さんからのクェスチョン : 今まで一番(撮影が)イヤだったMVは?

 

Perfumeの映像演出を創ってきたお二人が、

奇しくも似たような質問だったのが興味深い。

つまり、常に新たなクリエイションに挑戦していく中で、

時にはPerfumeに、いろんな負担をかけていることを気にかけていたんだな、

ということがうかがい知れます。

とてもPerfume愛に満ちていらっしゃいますね。

そしてそういう大変な現場を、

共に乗り越えて成し遂げてきた関係だからこそ、

今だから聞けることなのだろうと、思いますね。

で、それに対するPerfumeの答えがまた、

まるで困難な状況を楽しんでいたかのように振り返り、

そして最後は、そんな経験も 「良かった、好き」 という結論に達してしまうという…。

 

ここが、希有の存在なんです。

 

ここがね、オッサンがPerfumeのことを、

マジで憧れ続けている理由の一つなんですよ。

こういう風な人間になりたい、っていつも思うんです。

 

 

 

⊿ 2

 

Perfumeが成長したところは? というクエスチョンに対する、

MIKIKO先生のコメント :

 

 夢を次々と叶えてきた後、いつまで続くんだろうという辛さが出てきただろうけど、

 それを、続けられることの喜び に切替えられるようになった…  

 

もう親兄弟のような言葉ですよね。

いや、Perfumeに関しては、実の親兄弟よりも解っていらっしゃるのだろう、と。

そしてこの言葉は、Perfumeのように夢を与える商売でなくても、

一般のボクらの仕事や生活でもそうであって、

普段当たり前のように過ごしているとなかなか気付かないのだけれど、

今続けられていること、というのは、

自分の意思だけじゃなくて、続けられる環境があって、

必要としてくれる人がいるからなんだ、ということ。

そこを思い出させてくれる。

そしてそのことに、弱冠28歳ですでに気付いていることがまた尊敬なわけです。

 

そしてその結果、今や、 

 

   20170528_collaboration_001_2

 

って思えているのだと…。

 

凄いね…。 

 

そしてこの言葉に、なぜかワタシの心は安らいだ。

 

これこそ、真の 「アイドル」 なんじゃないか?

 

聖子ちゃんや安室ちゃん、偉大な先輩達がすでに、前を走り続けていますね。

 

 

それから、

先生からのクェスチョン : Perfumeをやっていて 「最高!」 と噛みしめる瞬間は? 

に対する3人の答えも、ボクらを熱くさせるものでした。

 

 のっち : 先生の振付けを踊ってて楽しいな、って思った時、もう最高って思う

 

 かしゆか : 海外などでライブがスタートした瞬間に、「夢が叶ってる!今」 って思う瞬間

 

 あ~ちゃん : 舞台の最後で、「それでは~ Perfumeでした~ ありがとうございました~」 ってお辞儀する時、

 うわぁ、Perfumeでいれて良かったって思う

 

これもスゴイ!(ってか面白い。) 

だって、

かしゆかが 「ライブの始まり」 が最高で、

のっちが 「ライブしてるその時」 が最高で、

あ~ちゃんが 「ライブの終わり」 が最高、って感じてるんですよ!

つまり、ライブのどこかで誰かが 「最高!」 って感じてる。

だから、3人合わせればもう 「ライブ全てが最高!」 ってなるわけです。

 

この感情が失われない限り、

Perfumeは3人でずっとライブしてくれる、ということですね。

嬉しいことです。 

 

 

   20170528_collaboration_003

 

 

 

 

⊿ 3

 

ついに、公式の場で初めての対談が実現。 ボクらも待ち望んできた Collaboration。

その「神」中田さんが、Perfumeと出会った頃のことを振り返って、

 

 グループをプロデュースするという、その「習わし」みたいなものを知らなかったし、

 純粋に聴いた音楽をかっこ良くする、ってことだけを考えてやってた。

 そういう段階の時期があったことが、凄く良かった。

 

 

   20170528_collaboration_004

 

つくづく、これだなぁ… と、深くうなずきますね。

ここですよ。 最初からこうだったのだから。

こうだったから世界に羽ばたくまでの存在になれた、そうですよね。

でも、実のところワタシ、Perfumeにハマる以前は中田さんなんて知らなかったし、

ハマって以降もしばらくは、ただ楽曲をプロデュースしている人、ぐらいの認識しかなかったのだが、

でも、そんな知名度や裏話なんてなくったって、

音楽に対するそういう信念は楽曲に表れ、

そういう音楽だから、ボクらの感情を震わせ、世界に伝わったのだということを、

改めて追記するのですね。

 

けどだからと言って、中田さんは決してワールドワイドに受け入れられるような音楽創りを

してきたわけではなく、創作の本拠地はあくまでも日本であることにこだわって、

 

 どこから生まれたか分からない音楽は作らないようにしている。

 地名がジャンル名になっている音楽がいっぱいあるし、

 どこで生まれたか、が凄く大事。

 

と考えていることがまた凄く深いし、唸ってしまいました。

 

それは、

グローバル化が進んでいくの中で、

万国共通で売れる、どこの国・文化でも普遍的に馴染める音楽を目指すのではなく、

あくまでも母国のドメスティックな音楽の良さ・特徴が、

そのまま世界で認知されて、受け入れられていくのが一番良いことであって、

そういうものが良い音楽である、と解釈できるし、

それは、取りも直さず、中田さんがこれまで日本国内でやってきて、受け入れられてきた

音楽創りと何ら変わらないものだな、と思うのですね。

 

 

 

……

 

 

…ということで、

Perfume FES と Amuse FES の宣伝企画としては

あまりにも豪華すぎるスペシャルプログラムでしたが、

総じて、Perfumeの音楽の最も要の部分を担うクリエイターらが、

変わらず未来のことを見据えていて、

ずっとPerfumeと共に創っていく気持ちでいることが分かって、

それがなによりも嬉しかったですね…。

 

 

   20170528_collaboration_006

 

 

 

2017年6月 3日 (土)

ったー。 きてるねー!。

 

 

 

おとといの夜、眠っているとき、

 

相当久しぶりに、何年振りかで パフュー夢 を見ました。 ( ̄▽ ̄;)

 

パフュー夢を見たのはこれで2回目ですね。

1回目の時は のっちさんが出てきましたが、

さて今回の夢のお話は…

 

 

 

 

 

場所は、見たことのないどこかの温泉レジャー施設みたいなところ、

屋外にはでっかいプールみたいな温泉があって、

そこにワタシが遊び行くのですが、

海パンに着替えて、 おもむろに扉を開けて、

その屋外の温泉ブール入っていくと、

そこで目に飛び込んできたのは、 なんと!

 

 

かしゆかが 数名のスタッフと遊んでいる姿、でした!! (屮゜Д゜)屮

 

 

かしゆかは、(残念ながら) 普通に水着姿ではなく、

なんていうか、花柄のドレス風の水着というか、ムームーみたいなものを着ていたので

ほとんど水着姿に見えない感じ。

そしてワタシは、とにかく突然夢のような光景が (いや、夢なんですが w) 目の前に現れたもんですから、

もう焦りまくって、それ以上かしゆかを見つめることもできず、

気にしないふりをしてそそくさとその場を去って、

更衣室に戻って着替えて、そして帰ろうと廊下を歩き出したところ、

すぐ途中にはレストランみたいなスペースがあって、

そこのボックスシートには、 なんとまたしても、

かしゆかチームがいるじゃありませんか!

そしてゆかちゃんが、 

2016 CEツアーグッズの 「CREW JACKET」 を着ていたワタシを見つけ、

 

なんと!…

 

 

 

あ~!着てる人いるじゃ~ん!」 

 

と声を上げたのですよ!! ( S っぽく )  (/ー\*) www

 

 

 

その声を聞いたワタシはもう、最高に恥ずかしくなって、

答えるどころか 振り向くこともせず、

いそいそと、その場を後にしたのでした…。 

 

 

 

そしてそこでワタシ目が覚めて、

尿意を感じてトイレに立ったのでした。  4:30 のことでした… ww

 

 

 

 

 

それにしても ゆかちゃん、 なんでだ?! なんで夢に出てきた!?ww

 

 

 

あ、 そういえば…

 

前の晩に見た、アスマートのフェスグッズ紹介動画、

 

あの思わずドッキリなお衣裳、

 

あれか? あの印象が強烈に目に焼き付いたからなのか!? ww

 

 

そして、 あ~ちゃんだけがまだ夢に出てきてくれないなぁ…。

 

あ~ちゃん、 出てきてくれんかの~……

 

 

 

……

 

 

 

全く関係ないですが、

 

つい最近ワタシの中で、

Perfume MV における、「ベストゆかちゃん」 が決まりました!

 

今まで、ベストあ~ちゃん と ベストのっち はずっと不動で、 

「この瞬間!」って、パッと思い浮かんでいたシーンがあって、

ゆかちゃんだけは、抜群な印象のものがなかったのですが、

ついに決まったので、貼っておきたいと思います。 (^^;

 

 

 

 

まず ベストのっち。

 

 

 

 

   Lezabi_mv_nocchi_001 

 

 

 

 

 

次は ベストあ~ちゃん。

 

 

 

   2010_dome_575mvac001

 

 

 

 

 

そして ベストゆかちゃんが決まりました!  

 

 

 

   Tg_mv_0052_2 

 

 

 

 

いやぁ、

このところ、 なぜかゆかちゃんがきてる、

 

そんな今日この頃です…… 

 

 

 

 

« 2017年5月 | トップページ