フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

情熱の宇宙へ

 

 

 

「宇宙探索」 というコンセプトアルバムの中でも、その象徴であろう、

オープニングの Navigate から Cosmic Explorer への重厚、壮大な流れを、

ライブでどう魅せてくれるのか…?

 

SFアニメやマンガの隆盛とともに育ってきたオッサンにとって、

並々ならぬ期待感を携えて、ちょうど一年前の今頃、

6th Tour 2016 「COSMIC EXPLORER」 の初日を宮城SSAで迎えました。

 

 

メディアを通してだけですが、他のメジャーなアーティストのライブをチラ見していると、

豪快さとか派手さだけで言えば、

正直、Perfumeより凄いライブ演出をやっているアーティストはいくらでもいる。

まるでテーマパークの中にいるかのような世界を創ってくるグループもある。

だから、

ワタシの単純でアホな妄想によれば、

もしかしたら、

 

 

   Sd_navigate_movie001

 

このような宇宙船を形どった 「乗り物」 をこしらえて、

そこにPerfumeの3人が乗っかって出てくるんじゃないか…? とか、

ライブ中盤の、この超カッコいいムービーを見ている瞬間まで、

そんなことを妄想していたのですが、

今じっくりとビデオで、実際の演出を振り返ってみれば、

そんな野暮ったいことをするはずはなく、

実にPerfumeライブらしい、それでいて一段と進化を遂げたステージングで、

魅せてくれたのでした。

 

そのテーマ曲 Cosmic Explorer のライブ演出について、

アリーナエディション、北米ツアー、そしてドームエディションと、

比較しながら探求したいと思います。

 

 

 

<アリーナエディション (スタンディングエディション) >

 

イントロから ♪Woo~ の歌い出しサビで、

下手側のサブステージが上昇してPerfumeが登場。

 

   Sd_cosmic_exp001

 

そのフロア前端からはスモークが噴出し、足元下を取り囲む円形モニターに映し出される映像は、

まるで宇宙船の発進 → 上昇をイメージしているかのよう。

基本的には、J's系アーティストさんではよく使われている大型のムービングステージですが、

Perfumeが使ったのは今回が初ですね。

四隅にはフレームを組んだオブジェが控え目に配置されてはいるが、

 

   Sd_cosmic_exp003

 

想像していた 「宇宙船」 というよりも、ずっとシンプルな形でしたね。

 

スモークの使用は、2009年直二ツアーの 願い 以来じゃないかなと思いますが、

これも他アーティストさんでは、珍しくない特殊効果でしょうけど、

なんせPerfumeは、緻密な振付けの曲をハイヒールを履いて踊るので、

足元の安全確保はいちばん神経を使うところでしょうから、

 (バミリも見えなくなるわけですしね。)

振付けの少ない曲以外、通常はスモークは使わないのだと想います。

 

そして、1番サビにくるとステージが前進を開始しますが、

天井に据えられた巨大なライティングサークルや、四方八方から照射されるレーザーの効果で、

 

   Sd_cosmic_exp0032

 

まさにPerfumeが、凜として宇宙空間を突き進むかのような光景を想像させました。

 

   Sd_cosmic_exp002

 

当時のライブ会場でも、そして今回のビデオでも改めて、大感動のシーンですね!

 

 

曲の2番に入ると間もなく宇宙船は降下を開始し、

2A'メロからは、センターステージ上を歩行しながらのパフォーマンスになります。

 

   Sd_cosmic_exp0042

          のっち隊長の、なんとカッケーこと!

 

そして2番サビからは、小型のムービングに乗ってさらに花道を移動してゆきます。

 

   Sd_cosmic_exp005

 

これは、2010年の東京ドームで初めて使われた機構ですね。

 

進んだ先の上手側にも小さなサブステージがあり、

大ラスのサビはここでパフォーマンスして、

 

   Sd_cosmic_exp007

   (このあたりの天井ライティングと一体となった演出、映像も

    ホント美しいです。)

 

最後は、光の輪に吸い込まれるように3人がリフターで落ちていき、エンド。

 

   Sd_cosmic_exp008

 

 

 

<北米ツアー>

 

北米ツアーでは、ホールクラスでのライブということで、

アリーナツアーのような大がかりな機構は使えない、

大きく平面移動できるスペースもない、ということで、

国内とは全く違う演出効果がなされました。

 

ステージは3階建ての構成とされており、階段で昇降ができる構造。

水平方向に移動ができない分、高さ方向に移動空間を広げるという発想でしょうね。

US Tourのオープニングを飾ったこの曲で、Perfumeはまず最上階の3階から登場。

 

   Us_cosmic_exp004_2 

 

ただしサンフランシスコとシカゴは、例の、図面と現場が合っていないという事態の発生により、

3階フロアが建て込めず、2階からの登場となりました。

 

   Us_cosmic_exp002_2

          Us_cosmic_exp003

 

1番BメロでPerfumeは階段を降り始め、降り切る手前で一旦停止、

 

   Us_cosmic_exp005

   (この間、シスコとシカゴではどう動いたのかは、映像カット割りが入らず不明。)

 

ここで1番サビの振付けとシンクロして、ドローンが飛行を開始します。

 

   Us_cosmic_exp006

 

ライティングやレーザーに制約がある、海外の小規模のステージで

宇宙観を演出する方法として、Perfumeが放った決定打ですね。

これは国内の大規模ステージでは、逆に埋没してしまって映えないでしょうね。

 

ただし、例の、州の規制により、ロスでは飛行できず。

 (それでも、同じカリフォルニア州のシスコは飛んでいましたので、

  法の取扱いには地域差があるのかも?)

 

 

2番に入ると2階に降り、左右に展開してパフォーマンス。

ドローンも曲に合わせて動いたり点滅したりして、スゴイ制御!

2014年紅白の時よりも、安定感が段違いのように感じました。

 (間近の観客席に飛び込んだりしてはならないですからね。)

 

2番サビからは通常レベルである1階に降りてパフォーマンス。

 

   Us_cosmic_exp007

 

大サビからは再びセンターに集まってエンディングへと、という流れでした。

 

   Us_cosmic_exp008_2

 

 

それともう一つのトピックとして、ラジオでも話されていましたが、

階段の手すりの件。

かなり急な角度で大変だったとのことで、

確かに、ロスではこのとおり、あ~ちゃんは左手を手すりに添えて降りていました。

 

   Us_cosmic_exp001

 

しかしニューヨークでは、前出の画像を見て分かるとおり手すりがセットされず、

ビデオを見ていても、ちょっとドキドキしました。

 

結局、3階建てステージが組めて、階段に手すりがあって、ドローンも飛ぶ、という、

完璧な形でのステージセットが出来たのは、

1ヶ所もなかった、 ということのようです。

改めて、日本とは異なる海外の環境でのライブの難しさが分かりますね。

 

 

 

<ドームエディション>

 

北米ツアーと同様、ライブのオープニング曲となり、

冒頭から最高潮となったドームに登場したのは、

3人の背後に、フレームで構築された大きな造形物が追加されたムービングステージ。

 

   Dm_cosmic_exp001

 

ここが、アリーナエディションから大きく変わったところ。

 

これがなかなか複雑な立体で形作られていて、

正面から見ると、ワタシには、軍艦のレーダーアンテナのように見えますが、

サイドから見ると結構前方に突き出ていて、全体が宇宙船のようにも見えますね。

 

   Dm_cosmic_exp002

 

四隅には、ライブ後半のチョコディスで使うミラーボールもセットされています。

 (ということは、このフレーム造形は後で撤去されるということですね。

  全く気付きませんでしたが、これもスゴイことです!

  逆に言えば、ドームのスペースがあるからこそ、撤去して転換も可能なのでしょう?!)

 

ライティングやレーザーもさらに量が増していて、

 

   Dm_cosmic_exp003

 

この効果そのものが、宇宙船の造形を形作っているように見えます。カッコいいです!

 

この宇宙船が前進を始めるのは1番のサビで、アリーナエディションと同様ですが、

センターのメインステージまでの距離が遠いからでしょう、

2番のBメロまで来て、やっと降下を開始します。

 

そして降り立ったPerfumeが歩き始めるのは、すでに2番の終盤です。

 

   Dm_cosmic_exp004

 

    (このアングルでは、背後の照明のラインが翼のように見え、

     あたかもコアファイターのような… )

 

なので、大サビからエンディングまでは、

センターの巨大なタコ足状トラス構造で囲われた、円形ステージ上でのパフォーマンスとなり、

 

   Dm_cosmic_exp0052

 

    (ステージはドーナツ状で、外円の部分のみ30cmほど上がったところでパフォーマンス、

    この緻密な設定がスゴイし、結構段差のギリギリのところで動く3人も凄い!)

 

 

最後は、さらに外側にある3ヶ所のリフターに分かれて降下し、エンド。

 

   Dm_cosmic_exp006

 

 

 

 

……ということで、

 

アリーナ、北米ホール、ドームと、3つのエディションで披露された

Cosmic Explorer のステージングを詳しくみてみました。

 

 

 

3つを比較して見て思ったのは、

楽曲は同じとはいえ、

(正確に言えば、アリーナ版はアウトロが別バージョンとなっており長いですが。)

ステージングはもう、3つのそれぞれが、それぞれの空間の規模に合わせて、

機構の使い方も違うし、ライティングやレーザーも別もの、3人のパフォーマンスも違う。

一見ほとんど同じに見えるアリーナとドームも、違う点が多少どころではない。

これ凄いことよ、ホント。 一つのツアーでさえ大変だろうと思うのに。

演じるPerfumeは当然のこと、製作スタッフさん、現場スタッフさんの手間ひまも3倍ですわ。

 

 

そして、

機構やセットがどんなに大掛かりになろうとも、

決して、それを見せものの中心にはしていない。

 

つまり、 Perfume3人の姿、 パフォーマンス、 楽曲の世界…

 

それを魅せることを一番に創られていて、

周囲の作り物や演出は、3人がそれに埋没しないようなものに収められている、

そのために、過剰なことまではしない… そう感じます。

なんせ、たった3人で演じているので…

 

…って、ここまで書いていたら、

 

頭の中に瞬時に、先週の 「情熱大陸」 のことが過ぎりました。

 

そう、結局はそう、

この方の素晴らしさ、ですよね!

 

   2017jyounetumikiko002

 

         2017jyounetumikiko005    

 

   2017jyounetumikiko001  

 

 「みんなをよく見せよう、よく見せようとみんなを演出してるつもりなんだけど、

 結局は自分たちの魅力をガーッと出してくれて、

 それを創ったわたしが最後うっとりして見れるって、

 最高に幸せなことだなって思う…」

 

 

そして、こういうマインドはおそらく、

先生のみならず、どの分野のクリエイターさん、どのスタッフさんらも、

みんなおんなじなんだと思います。

 

それだから、こんなに素晴らしいライブステージが創り出されるのだろうし、

 

その思いがあるから、こんなライブビデオが創り出されるのだろうなと、

 

つくづく感じました…。

 

 

 

…なんか、1曲目からすでにまとめの話になってしまいましたが、

 

このライブビデオについては、まだまだ書き足らないことがあります……

 

2017年4月23日 (日)

3枚のお皿に盛られた究極のメニューは、とんでもなく美味だった!

 

 

本当に質の良い食材があって、

その食材や、調理方法のことを本当に知り尽くしている者が調理すると、

そこから創り出される料理というのは、

無限のレパートリーを生み出す可能性を秘めているものだな…

…そう思います。

 

 

 

    Dsc_0398

 

 

 

例えるなら、

DISC1は、

Perfumeという食材を、様々な切り口で切って、様々な調理法で創り分けた、

いわば、フルコースの料理… という感じ。

 

 

対して、DISC2は、

Perfumeという食材を使って、特に味付けを深く追求し、

ソースや盛り付け方にもこだわって創った、

いわば、極上の創作料理… のような味わい。

 

 

そして、DISC3は、

Perfumeという食材が持つ本来のうま味、ナチュラルな味わいを生かした、

シンプルな、基本の料理… という感じ。

 

 

 

Perfumeという食材から創り出された、こんなにもたくさんの料理を食べ終えて、

どれもこれも美味しくて、いろいろな味わいを堪能し、

今はもうお腹いっぱい、心も満たされています。

 

ちなみにワタシは、

2016. CEライブツアーの時系列に沿って、

つまり、 DISC2 ⇒ DISC3 ⇒ DISC1 の順番で食べ進めたのですが、

これはこれで、新鮮な味わいを感じたし、

食べ進めていくにつれて感情の高まりを覚え、イイものでした。

 

今までPerfumeを食べたことがなかった人には、

パッケージングの順番どおり、

DISC1から見始めるのが、一番おいしいかもしれませんね。

 

 

本当においしいものを食べる時、

人は無口になって、無我夢中で食べ続け、

そして食べ終わった後は、ただただ至福の時間。

何も言うことはない。

どの料理の、どこが美味かったのか、頭で整理ができない。

今はまさにそんな状態です。

 

 

そのあたりの感想を書き綴るには、

もう少し時間が要りそうです。

なんせ、料理のレパートリーや味わいが多すぎるよ!

今まで食べたことないものもあったしね。

これはもう、一度二度と反芻して、じっくりと噛みしめながら、

また次の機会にしたいと思います…。

 

2017年4月16日 (日)

形のないものを、形にして運ぶ必要がなくなった時代だけど…

 

 

ゆっくり腰を落ち着ける時間がとれなくて、

Perfume 6th Tour 2016 「COSMIC EXPLORER」 のビデオが、

なかなか見終わりません… 。 (≧д≦)

 

 

 

……

 

 

さて、

「TOKYO GIRL / 宝石の雨」 がリリースされてから早2カ月が経ちました。

毎日毎日、情報が目まぐるしく更新されて過ぎ去っていく世の中にあるので、

TGのことなんて、もうどっかへ逝ってしまった感もあるかもしれませんが、

 

どっこい、

 

実は、まだ結構がんばってたりしてます…。

 

 

Billboard JAPAN が発表する、2017.04.17付け、

ウィークリー国内チャート 「Hot100」 をチェックしてみますと、

TGが、まだ14位という高位置にランクキープしています!     

 

     20170417

 

どう?、凄くないですかっ!?!

 

しかも先週までは、なんと 9位、まだトップテンに残っていたんですよ!

12週にわたりチャートインしています。

いやいやこれ、結構なロングセラーになってると言えるんじゃないでしょうか!?

  (ほしげんさんの 「恋」 4位はさらに凄いですが。)

 

これはビルボードチャートなので、

CDの売上枚数のみならず、ダウンロード数やラジオでのオンエア回数、

YouTubeでの再生回数や、曲に関するツイート数までが加味されているランキングなのですが、

つまり、様々なメディアがあるなかで、

購入数以上に 「聴かれている数・視られている数 = 人々が 「イイね」 と気にしている数」 を

総合的に表している、と言えるので、

Perfume・TOKYO GIRLの人気度かなり高し、 と捉えれば、

これは相当嬉しいことです。

 

確かに、CDの売上枚数のみで言えば、

オリコンの2月のマンスリーランキングによれば、

推定 57,013 枚、ということで、

これ実は、残念ながらポリリズム以降のシングルセールスの

最低記録を更新してしまうと思われます。

 (3月期は50位圏外ですので、これ以上の大幅な増は見込めないと想われます。)

ワタシは相変わらず、初回盤と通常盤の2枚を買っているというのに。

もうこれより下位のシングルは、もはやsweetと近未来3部作とインディーズしかありません。

そう書くと、もう愕然として、「はぁ~…」 とため息が出てしまいそうですが、

でも、ビルボードチャートでは、前記のとおりもう全く違うのです。

 

この結果から見えるのは、改めて、

 

もうディスクの売上枚数だけでは、その曲の人気度は計り知れない、ということですね。

 

今でもまだワタシ的には、

まず第一に、音楽の音質上はディスクに収められているデータの方が上だと思っているし、

また、制作者が手間ひまかけて創った、ジャケットやブックレットを所有してこそ、

得られる価値があるものだ… という観念があるのですが、

音質についてはハイレゾ対応機器が普及して標準的になってくれば、

黙っても対応するメディアに移行していくだろうし、

ジャケットやブックレットに関しては、

それは思い入れが強いアーティストだからそう言えるもので、

そこまでじゃないけど、シンプルに音楽だけを聴きたいと思う曲・アーティストならば、

スマホで1曲数百円で買える選択肢がある時代に、

別に所有してなくても構わないですもんね。

ワタシだって、実際そうです。

 

なので、

もうCDというモノは、

「視聴する前に既に買うことを決めている」 ような固定ファン層に向けたもの、

という位置づけに変わってきた、と捉えるぐらいの方が正しいのかもしれませんね。

あとは、広く一般的な層に向けて、

ネットメディアでの流通量をいかに増やして売上げを少しづつ伸ばすか、

という時代に入ったのでしょうね。

 

世の中のほとんどの人が、限られた音楽、情報を、

限られた手段で享受することしかできなかった時代ではない、のです。

 

…と、今さらながら自分も改めて認識すれば、

オリコンの売上げ枚数に、落胆する必要など全くなく、

(っていうか、オリコン自体が休刊になったのも、そういう時代なのだということの表れですね。)

これからは、

「お~っ!Perfumeの新曲、ビルボード〇位じゃ~ん!」 という点に注目していきたいし、

まだまだPerfumeの人気度は上昇中!ってことが分かって、Hot しているところです…。

 

 

 

 

とはいえ、

CDジャケットやブックレットを時々手にして眺めるのは、

相変わらずボクらに安らぎを与えてくれる、至福の時ですから、

Perfumeさんにおかれましては、

引き続きCDの制作を、よろしくお願いしたいですね!ww

 

 

     News_xlarge_perfume_jkt201701_nor

 

        アクリル板で形作るTOKYOにも、いくつかパターンがあるよ…

 

2017年4月 9日 (日)

のっちさん、洋館で覚醒する。

 

 

本来ならば、東北地方は全域がテレビ東京系列空白地帯ですので、

記念すべきPerfume初の 「本格的」 主演ドラマも、正規な形では視れないのですが、

長年パフュ活をしていて交流が広がってくると、良いこともあるものです。

心優しき友人が見かねて手を差し伸べてくださって、

ブルーレイにコピーしてさっそく送ってくださったおかげで、

ワタシもわずか一週間のディレイで視ることができました。

本当~~にありがたいことです。 m(_ _)m

 

 

 

 

 

ということで、

以下、「パンセ」 の感想を少し書き綴りますので、

まだご覧になっていない方はご注意くださいね…。

 

 

 

 

 

全体的な感想として、ある別の友人は、こうおっしゃっていました。

「連ドラのダイジェスト」 を観ている印象… であると。

まさにワタシもそう感じました。

さらにワタシ的に言うと、

なにか、詩集を読んでいるかのような…

さりげない、けれど意味深いセリフの一つ一つが、いわば詩のようで、

それが静かに穏やかに、連らなって物語が進行していく… 

そして2話全体を見終えたとき、

じんわりと人の背中を押してくれるような、

明日また一歩踏み出そう、という気持ちにさせてくれるような…

大っきな一つの感情が湧いてくる… そんなドラマだったと感じました。

 

そして、例のパスカルの名言ですが、

 

    2017_panse_0012

 

ワタシはむしろ逆に、

 

人はいつかは死んでしまう存在であることや、

ある日思いがけず傷ついてしまった自分に対して、

正面から向き合って、

自分がどれくらい不幸であり無知であるかということを、

毎日もっと意識して生きるのなら…  いや、生きるからこそ

もっともっと、幸せに向かって進むことができるのではないか…

 

そんな風に想いました…。

 

すごく、いいドラマでしたね。 良かったです。

 

 

 

それとですね…

 

ホントに驚きました!

 

 

のっちさんの演技が、素晴らしいです!!!

 

マジびっくりした! 

 

 

 

見ている人を惹き込む、良い演技ってどういうことなんでしょうか。

それにはいろいろな要素があると思います。

それこそ、プロの役者の方々は、

日々そういうことを追求して努力されているのだと想いますが、

ワタシのような素人でも言えるとすれば、ひとつに、

 

目の表情…

 

があると思います。

「目は口ほどにものを言う」 ということわざがあるとおり、

喜怒哀楽の感情の変化は、人の目に表れるものですが、

それが、のっちさんの演技から もの凄く感じられて、

 

ギューッと 心を持ってかれました。

 

    2017_panse_003_2

 

瞳の微妙な動きだとか、感情の動きによって目の輝き方がパッと変化するところとか、

視線をやる方向とか、顔全体の動きと視線を動かすタイミングが一瞬ずれて、

セリフに一瞬、タメがあるところとか、

はては、まばたきの入れ方まで!?

 

    2017_panse_004

 

極端な例では、歌舞伎や宝塚歌劇とかの演技がそうだと思うのですけれど、

そういう表情は、普段の人の日常生活においては、

とても大げさでわざと臭いと感じるものですが、

こと、テレビドラマのような、演出の世界ではそれが必要で、

そういうのが惹き込まれる要素だと思うのです。

 

    2017_panse_005

 

    2017_panse_006_2

  

ファン目線の贔屓目でなくても、のっちさん、

例えば、石原さとみさんや相武紗季さんなんかの中に入って共演しても、

全然見劣りしないんじゃないか!? って思うほどでした。

さらに、セリフの滑らかさや、声のメリハリなんかも良くて、

普段ののっちさんとはまるで別人のようで… ww

いちばん活き活きしてました!

コントのような面白いシーンでの、

ボケツッコミの掛け合いの 「間」 も、のっちさん絶妙でしたよ!ww

 

マジで感動しました。 ファン的にはそこが。

 

 

 

そんな、新たな姿も見れましたし、

冒頭でお話したように、ドラマ全体の一つの大きなテーマも感じられたのですが、

だからこそ、

全2話、1時間弱で終わってしまうのは、ちょっと短いのではと感じました。

もっと、どんちゃん、おかみど、のりぶぅ、

3人のそれぞれが抱えるドラマも見てみたいし、

3人と力丸が、心を通わせていく過程も、

もっと、じっくりと丁寧に描いて見せてほしかったし、

例えば、1話完結とかにして、

毎回様々な問題、悩みを抱える来訪者と絡み合いながら、

3人自身もそれぞれ成長していくドラマ… 

そんなシリーズものとしても 見てみたい気がしました。

 

 

まぁ、基本的には音楽アーティスト活動が軸足にあってのことであることは、

それは言わずもがな、ですが、

アミューズの他のアーティストの方々の様々な活躍ぶりを見ると、

会社的には、決してそこにこだわり過ぎてはいないと感じますし、

ワタシ、最近思うのですが、

やはり、本当に力のあるタレントさんには、ずっといつまでも続けていただいて、

世の人々に影響を与えていく存在であり続けてもらいたい、と思うのです。

 (当人がそれを望まないならば 当然それは別ですけど。)

じゃないと、もったいないですよ。

そしてその可能性を広げるためにも、

今回のような挑戦は時には必要で、実際十分成果があったろうし、

その経験がまた、音楽活動にもフィードバックされるとすれば、

それはそれでイイこと、なんじゃなかろうか、

って思うようになってきていますね……。

 

 

…ということで、

 

でもまぁ、あまり期待し過ぎずに、

次回作もいつかあるとイイな、ぐらいで楽しみにしていたいと思います……。

 

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »