フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Lighting Lighting 照らして | トップページ | そのPerfumeは、とても爽やかだった… »

2017年3月12日 (日)

ぱくっと一飲みに…  「オジキャッチ~ランキング!(ミニ)♪24 <TOKYO GIRL 編>」

 

 

 

 

TOKYO GIRL のキャンペーンテレビ出演が一通り終わったようですね。

今回はいつもの番組に加え、「Rの法則」 とか 「歌コン」 など

通常営業とはちょっと異なる客層の番組出演もあり、

新たなアピールができたのではないでしょうか。

ワタシも計6つの番組を収めることができましたが、

これだけあると、各局各番組の作り方、Perfumeをどう見せたいか、

カメラ割りや照明やスタジオセットなどに違いが見えたり、

一つの振付けに対して、違う角度から見ることができたりして、

すごい面白かったなぁ、と思います。

 

 

ということで今日は、

ワタシもあなたも大好き、Perfumeの振付けの、

ここがヤバい!ってな瞬間を、ネチネチと探ってみようという企画、

 

「オジキャッチ~ランキング!(ミニ)♪24 <TOKYO GIRL 編>」

 

をお送りしたいと思いまーす!

 

 

 

ではさっそくいきます、

「TOKYO GIRL (テレビサイズ) 」の振付け、オッサンにキャッチーだったところ、

ランキング第 7 位はここです!

 

 

イントロ部、あ~ちゃんの 「♪ Uh Uh~」 のハミングの後、

左足を一瞬、パッと開くところです。

 

 

   Tg_intoro_kaikyaku002

 

イントロ部の振付け全体が、シリアスで重厚なサウンドに沿うように、

コンテンポラリーな… とかしゆかは称していましたが、

まさに、身体の動きだけで何かを伝えているかのような、

「舞踊」 的要素を取り入れた動きが続いて、グイグイ惹き込まれますね。

中でもこういう一瞬パッと展開する振りに、

 

   Tg_intoro_kaikyaku003

 

ワタシの心もハッと動かされます。

 

 

 

 

そして第 6 位も、同じくイントロから。

 

 

この、3人がクイクイクイッと、前へ素早く歩み出てくるところです!

 

 

   Tg_intoro_seridasi_005

 

肩をしなしなと揺らすこの感じも、コンテンポラリーダンス表現にありそうな感じで、

なにかこちらに迫りくるような圧倒されるパワーで、 息をのみますね。

 

 

   Tg_intoro_seridasi_003

 

 

 

 

 

はい、そして続いては、第 5 位!

 

 

Bメロの最後、 「♪めいっぱいに手を伸ばして~」 で

ゆっくりと3人が手をあげた後、サビまでの間奏部で、

ここで凄いフォーメイションチェンジが入ります!

 

 

3人が斜めに縦列した状態から、正三角形に隊形を転換しますが、

 

 

   Tg_kansou_fmcg014_2

 

左あ~ちゃんだけが前へ出るのではなく、

センターのっちと右かしゆかが入れ替わるのですが、

単純に2人が直線で動いてはぶつかってしまうところですから、

まず後ろへ下がるかしゆかは、後ろ向きのまま、

つまりブラインドで直線的に走ってゆき、

 

   Tg_kansou_fmcg015

 

そしてそれを避けるように、前へ出るのっちが右に少し迂回して走っていきます!

 

   Tg_kansou_fmcg016 

 

       Tg_kansou_fmcg017

 

           そして見事に収まりました! 

 

図示するとこうです!

 

        Tg_kansou_fmcg_zu

 

もうね、この交錯がスゴイです! スリリングです!

のちかしのお互いの腕はほとんど触れるぐらいです!

おそらく実際、衣装の袖は一瞬かすってると想われます。

それほどギリギリのタイミングなのでしょう。

 

そして、

かしゆかとのっちの 「見えてなくても、絶対にぶつからない」 という、

 

お互いの信頼感があってこそできる、 この動き…

 

感動的ですらあります… ゚゚(´O`)°゚

 

 

 

 

 

さぁ、次は第 4 位です!

 

 

曲のエンディング、最後のスネアが 「パァーーン…」 と打ち鳴らされ、

その余韻が長く響き渡るのに合わせて、

熱帯魚の泳ぎを模した腕の振りを、ゆっくりと収束していくところ…。

 

 

   Tg_end_003 

 

        Tg_end_004

 

 

ここが美しいし、カッコ良い!

 

前作 「FLASH」 のエンディングように、

「カッ!」 とポージングして終わる、あれも良かったけど、

今作のように 「シュ~ン…」 って、しなやかに妖艶に終わるのもイイ。

この変幻自在が Perfumeの武器、ですよね。

 

 

 

 

ではいよいよトップスリーの、第 3 位です!

 

 

サビ部第2フレーズ、 「♪ 色とりどりの恋~」 の、

この、腕を振り 左右にステップするところです。

 

 

    Tg_sabi_irotoridori003   

 

         Tg_sabi_irotoridori005_2 

 

              Tg_sabi_irotoridori006

 

 

「とりどり」 という詞 (ことば) に合わせ、

手で左右に何かを 「取りに行く」 のですが、

このリズム取りがもう驚きですね。

っていうか、サウンドのリズムには全然ハマってなくて、

歌詞の 「と・り、ど・り、」 のリズムに合わせて踊ってるんですよね。

歌の 「音」 に合わせています。

なので、あ~ちゃんのよく言うアドバイス、

「歌いながら踊ると良い」 のかもしれませんね。

 

MIKIKO+Perfumeの振付けならではの、

単純な動きに見えて実は難易度高い…

 

そんな振付けだと思います。

 

 (いやぁ、ワタシも「恋ダンス」を送別会の余興でこの前やりましたけど、

  細かいリズム取りが難しい難しい!ww …ホントそんな感じでした。)

 

 

 

 

 

さぁいよいよ第 2 位です!!

 

 

これもサビ部前半の振付けです。

「♪ Let us be going!going!BOY」 のところ、

左サイドへ、キュッ キュッとツーステップする、

 

 

    Tg_sabi_sidestep002_3

 

ここが綺麗でカッコよくて、キュートでもありイイですね。

3人全員が脚がキレイで、

しかも動きが揃ってるからなお、美しいと感じるんですよね。

 

やはりね、Perfumeのこういう、脚線美を魅せる振付けのところは、

 

    Tg_sabi_sidestep003_2

 

ちゃんと全身を映してもらわんといけんよね、そうよね。ww

 

 

 

 

 

 

それではついにきました!

 

「TOKYO GIRL(テレビサイズ)」 オジキャッチ~ランキング!(振付け)

第 1 位は!!!

 

 

Aメロの後半、第3フレーズ、

「♪ 平凡を許してくれない水槽で~」 のところ、

両腕をフワ~ッと 上げてから、

 

 

   Tg_amero_heibon008_2

 

途中クックッと 止めを入れながら、ヒラヒラ~ッ と下げていく、

 

   Tg_amero_heibon012_2

 

この、水槽を泳ぐ熱帯魚な動き、イイですね~!

 

魚ってそうですよね。ゆったりと泳いでいたと思ったら、

急にクッと素早く逃げたりしますよね。

その動き、例えば 「ベタ」 のような、ヒレの長い熱帯魚を連想させる、

 

   Tg_amero_heibon013_2

 

         Tg_amero_heibon014_2

 

 

優雅で滑らかな動き、振り付け、もうサイコーです!!

 

 

 

 

……

 

 

 

…ということで、

一応、順位はつけてみましたが、

今曲の振付けは、全体的に素晴らしいと思いました。

どの部分も甲乙つけがたい、それぞれ素敵です。

なんていうか、

Perfumeの振付けの特徴、卓越さ、美しさ、カワイさ、独創性…

それらが全て含まれているなぁ、と感じます。

 

さらに新しい動きの要素もあって、既視感がほとんどない。

MIKIKO先生の創造の引き出しが、まだまだあることに驚きです。

とどまることを知らないですね。 そこが嬉しい限りです。

 

そして、表現して魅せるPerfumeも、

 

どんどん魅力が増していくばかりで…

 

 

この思いを、 どうしたら伝わるか考えて、 

今改めて、こうやってクドクドと(あえて)理屈っぽく書いていますが、

 

実際テレビで見ているその時はね、 そりゃぁ もうね、

 

「オッ! オ~ッ! オーーーッ!」 ってビックリして、

「ハァ~… ヘェ~… フゥ~…」 ってため息ついて、

 

そして見終わった後は、「ジ~ン…」 って感動して…

 

ただただ、それだけなんですけどね…。 (*^-^)

 

 

 

 

…ということで、

 

以上、

「オジキャッチ~ランキング!(ミニ)♪24 <TOKYO GIRL 編>」 でした!

 

 

 

 

 

 

 

        Tg_pakupaku001

 

« Lighting Lighting 照らして | トップページ | そのPerfumeは、とても爽やかだった… »

Perfume「オジキャッチ~ ランキング」」カテゴリの記事

コメント

uncleです。


出ましたね!おととさんの大好物「フォーメーション・チェンジ」。

私は「好き」というより「印象に残っている」ところなんですが、
「Kawaiiと駆ける未来」の、腰を上げてのフリフリ、でしょうか。

ん~、3人も、この歳になると、さすがに「ぶりっ子」感が?
って、一瞬思ったのですが、うまく言えないのですが、
もちろん「かわいい」を表現しているんでしょうが、
ストレートに、「かわいいでしょ?」って感じじゃないといいますか、、、。

これを幕張でフルで観られるであろうおととさん、うらやましいです。

そして、「宝石の雨」も観られるんでしょうから、さらにうらやましいです。

私の中では、なんとなく、「ナチュ恋」によく似た感じの振り付けを想像
しているのですが、「雨」だけに、傘なんて小道具を使ったりして、と
妄想してます。

ちょうど季節は梅雨。

となると、アスマート商品開発顧問「のっち」先生は、
ツアーグッズで、「宝石の雨・折り畳み傘」など、製作したりして、とか。

途中から、どんどん、本題から離れ、脱線してしまいました。

いつものことながら、スンマセン、、、

uncleさん、コメントありがとうございます。


♪Kawaiiと駆ける未来~ の直後の ♪ピポパポ というファニーな音に合わせてお尻フリフリ、

あの振付けを今やってしまっても痛さを感じないところが、

つまり、そうゆう系統オンリーじゃなくて、全体の中のほんの一瞬のエッセンスで

散りばめられているから「一瞬クスッ!」で終わるんでしょうねぇ。

そのへんもMIKIKO先生のマジックでしょうね~。

それは中田サウンドにも同じようなことが言えます。

で、なおかつ猫の手みたいな仕草ですよね、あれはかしゆかに向けたイメージなのかな?!


幕張のフェスでやりますかねぇ?! フルで披露だと嬉しいですが、

なんとなくショートバージョンで終わりそうな気がしなくもないですね。フェスなので。

同様に宝石雨も期待度半々ってとこですが、

おっしゃるように傘を小道具に… って、それイイですね! 新しいっ!

今までも小道具ってほとんどないですもんね。ライトセーバーかハットぐらいなもんでした。

もしくは、フシガのように「エアー傘さし」のような振付けでもイイかもしんない。


そしてそれをモチーフにツアーグッズとして折りたたみ傘もイイですね。

今までなかったし、なにかと荷物が増えるライブ参戦で、

不意の雨の時に重宝しそうですね。最高です!

さり気ないデザインならワタシも欲しいなぁ~。
 

x68kです。

来ましたね、オジキャッチ。

今回はどれをとっても見入ってしまう振りでした。
1位の振りもリズムにぴったりで、最初に感動したところです。

ブログ最後の写真 ぱくぱく は8位ですかね?

最初の印象は、ちょっとおかしかったですが
これもPerfumeにしかできない表現だと思います。
面白いですね~。

魅力満載のTOKYOGIRLです。

x68kさん、コメントありがとうございます。


ぱくぱく… この振付け、ワタシも何度見てもニヤリとしてしまいますね。

おもしろいですよねぇ。でもなんか可愛らしい。

そこがPerfumeの振付けの特徴ですね。他の誰もマネできない世界ですね。

多分ね、多くのPerfumeファンに聞いたら、この振付けが1位になるんじゃないでしょうか!?

えぇ、もちろんワタシにとっても…
 
 
 
 
 
もうダントツの、第1位それ以上の別格、「神レベル!」ですね!
 
 
 
 
なので、

あえてランク付けせずにコメントも入れずに、

ただ、記事タイトルに入れたわけです、ハイ…。ww
 
 


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/69897499

この記事へのトラックバック一覧です: ぱくっと一飲みに…  「オジキャッチ~ランキング!(ミニ)♪24 <TOKYO GIRL 編>」:

« Lighting Lighting 照らして | トップページ | そのPerfumeは、とても爽やかだった… »