フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ぴったんこたる者は… | トップページ | このままでいれたら って思う瞬間まで »

2017年1月22日 (日)

TOKYO 熱帯魚

 

 

2010年「ねぇ」が初めてでしたね。

 

 

   001

 

 

それから2013年「未来のミュージアム」ときて、

 

 

   001_2

 

 

そして今回の「TOKYO GIRL」と、

 

 

   News_xlarge_perfume_jkt201701_lim02

 

ま、大体 3、4年周期でやってきております。

 

今回は、スタイリッシュでアヴァンギャルドな街、東京のイメージでしょうか。

このモードなデザインの帽子が、TOKYOを象徴してますね。

いろんなファッションアイテムがある中で、

帽子があると、これだけでオシャレ感、華やかさが格段に違います。

 

その姿はまるで、 

TOKYOという名の、大きな水槽の中を着飾って泳ぐ 熱帯魚…

 

いつもながら、Perfumeのシングル盤の衣装は、

曲のイメージをデザインしてきますね。

こういうところも楽しい一面です。

 

そしてドラマでは、オシャレなTOKYOの風景をバックに、

このオシャレなエンディングソングが流れ、ドラマティックに演出されますが、

そんな風景とは裏腹に、物語で描かれる 「女の子」 たちは、

毎日悩んで、必死にもがいて、

カッコ悪いところをさらけ出して泳いでいる。

2020年の東京オリンピックを独りで迎えたくない、なんて、

そりゃそうだ! それは切実な問題だ。

 

その対比が面白くて切なくて、

 

TOKYO GIRL も結構大変なんだなぁ… 

 

 

« ぴったんこたる者は… | トップページ | このままでいれたら って思う瞬間まで »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。

なるほど!
ガラスのセットも、熱帯魚感を出してますね。


ライブで帽子をつかった振り付けを披露したのは、
「直角」の「Kiss and Music」でしたね。

当時は、曲調と相まって、背伸びした大人っぽいイメージ
だったと記憶していますが、その後、帽子を使った
振り付けはやられてないかも?


「タラレバ」、榮倉さんがいいですね。

普段、おっとりしたひたむきな頑張り屋さんを演じることが多いので、
今回の役どころはちょっと新鮮。でも、やっぱ、縦にでかいんだな、と。


私が最初にPerfumeと遭遇した「BcL」からこの冬で9年が経ち、
ファンクラブ入会はそれからだいぶたってからなのですが、
いわゆるファン歴というのも、10年目に突入といったところです。


思えば、「FLASH」のPV撮影で、寝落ちしそうな、あ~ちゃんが印象的
だった昨年のPTA TVで、サンドーム福井の2DAYsが発表され、
腰を抜かしたんでした。

遠い昔のような、あっという間のような。

今年も、1年の活動スケ的なものが発表されるか、楽しみです。

uncleさん、コメントありがとうございます。


着飾って日々頑張る、TOKYO GIRL の姿が、まるで水槽の中を泳ぐ熱帯魚であると…

中田氏の飛び抜けたセンスの良さが、今曲でも感じられますね。

多分、衣装もこのジャケット写真も、そこをイメージしてると思います。

ガラスのオブジェは水槽のようにも見えるし、TOKYOのビル群の様にも見えますね。

それぞれのクリエイターがそれぞれのセンスでイメージしたものが一つにまとまって、

アートですね…。


ですが、ドラマの方はまだ初回が終わったばかりで、今後どうなるかは期待するところですが、

ワタシ的には、榮倉さんはですねぇ… いまいちかな…。

プライベートが幸せ絶頂期であることが頭の中をチラつくし、外見もキレイ過ぎて、

どうも物語のテーマである、ザンネン感が感じられないんですよねぇ。

あと、原作をチラッと読んでみると、大島さんも原作のキャラとはなんか性格が出てない感じです。


お~っと、ベイビーは1月のリリースでした。もう9年ですか、長くなりましたね~。

10年近くどっぷりファンのままでいることって、なかなかないですね。

自分の気持ちの持続もそうですし、アーティスト自身が持続してること自体が希有なことで。

これはどういうことなのか、語り出したら朝までかかっても終わらないですね… (^^;


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/69339984

この記事へのトラックバック一覧です: TOKYO 熱帯魚:

« ぴったんこたる者は… | トップページ | このままでいれたら って思う瞬間まで »