フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« TOKYO 熱帯魚 | トップページ | Perfumeの鬼 = 福の神。 »

2017年1月28日 (土)

このままでいれたら って思う瞬間まで

 

 

 

記念すべき、最初のタイトルバナーです。

 

   1_2

 

映像元は、2010年 @東京ドーム。

 

この衣装は良かったですねぇ。

グリーン系色のグラデーションとか、

フリフリではあるけれど、黒色使いとか装飾のシルバーのアクセントが大人っぽくて。

 

この振付けは、スターティングポーズから歌い出しのところですね。

3人のポージングを組み合わせ、一つの造形を作るところがカッコいい。

もう、音が鳴り始める瞬間から…  いや、始まる前から、

曲の世界に惹き込まれてしまうところが、イイんです。

 

 

 

2代目 タイトルバナーです。

 

   2

 

映像元は、2012年 3rd Tour JPN。

 

なんせ、こんな片足立ちをしてフリフリする振付けが衝撃的です。

目を奪われます。 しかもピンヒールで、です。

スッとバランスをとって、膝が最高点に達する時の姿勢が、

なんたって美しいです。

 

あ、それとこの時はアンコール曲でしたので、

かしゆかさんも汗をかいて、イイ具合にわけゆかになっているあたりが、

なんか、「いいもの見たな…」 って感じです。

 

おっと、のっちさんの前髪がハラリと顔に掛かるあたりもね。

 

 

 

3代目 J-SOUL バナーです。w

 

   3

 

映像元は、2012年 WT1。

 

ついにPerfumeが、本格的に世界へ飛び立ち始めたとき。

不遇の時代の苦労を共にしてきたレコードレーベルを離れるという、大英断をして。

そんな強い気持ちをこの曲にのせ、

真っ直ぐに指し示すのっちさんの立ち姿、 震えますね。

そしてその思いを受けとったアジアの仲間たちは、

終演して幕が下りてもなお、この曲を歌い続けたのでした…。

 

 

 

4代目はこれでした。

 

   4

 

映像元は、2013年 WT2。

 

ヨーロッパの国旗の代名詞、トリコロールカラーを配した衣装が印象的です。

あと、外側に纏う黒色のオーガンジー、これがなんかエプロンっぽくて、

ワタシの好きな衣装の上位に入ります。(=´Д`=)ゞ

 

そして映像のロンドンのステージでは、

明るさをグッと抑えた照明、ブルーを主体とした照明が、

他のライブとは雰囲気が違い、異色だと思いました。

多分これは、英訳詞を映したバックの大型モニターの照度が若干暗めだったので、

それをはっきりと見せたいがための演出だったのでは、と想います。

ボクらが洋楽を聴くとき、歌詞を辞書で調べたりはしますが、

頭の中で翻訳しながら聴くことはまずなく、

基本、英語は英語として耳に入れるように、

外国のファンも、日本語の歌詞を、それはそれとして聴いているのではないかと想いますが、

でもモニターに訳詞が出れば、やっぱりそれはより明確に理解できるでしょうから、

Perfumeのストイックさを、最も強く打ち出したこの歌に込めた思いを、

異国の地で、ぜひとも伝えたかったのでしょうね。

 

そして暗めの照明とすることにより陰影が際立って、

踊るPerfumeの、妖しさも感じられる美しさに、ゾクッとしますね。

あえて照明を当てないのにそこがまた魅力に映る…  

…もはやアイドルの方程式ではないですね。

 

 

 

そして5代目のタイトルバナーです。

 

   5

 

映像元は2014年 WT3です。

 

「♪生きている証拠だから~」 のフレーズの、

ドクン ドクンと、心臓の鼓動を表現した振付け、

これも最初はホント、見たこともない衝撃を受けたものです。

さらにお腹のあたりをウェービングして、

生々しいまでのストレートな表現。

サウンドと融和するよう、感情を乗せないボーカルだからこそ、

こういった人間的な動きの振付けから、体ごと歌が伝わってきます。

 

そしてこの時の衣装もブラック系で、とてもシック。

対照的に、裏地の蛍光グリーンが鮮やかで、

踊りの動きでヒラヒラと目に入ってくる、そのチラリズムにハッとさせられます。

このパターンはレザビから始まったと思いますが、

裏地のヴィヴィッドカラーとスカート裾の非対称カット、そしてオーガンジーと、

これぞ今や、Perfume衣装の 「3種の神器」 …  (←古っ!)

 

 

「Dream Fighter」 …

 

この曲は、Perfumeが大きな夢に向かって進んでいるとき、

そして夢を叶え、また新たな目標に向かい始めるとき、

いつもPerfumeの傍にあり続け、歌い継がれる。

そしてその姿にワタシは心を打たれるから、

これからも心に留める一曲として、

またこの曲を聴き、ライブで感じていきたいと思います。

 

 

……

 

 

今日、このブログを始めてから6周年となり、なんだかんだ、で7年目を迎えましたので、

タイトルバナー画像を更新しました。

ただテンプレートのデザインは、5代目のものがお気に入りで、

今回はそのままテイクオーバーしましたので、6代目とは言えず 「5.5代目」 ですね。

これまで書き綴った記事数は、今日まで497件。もうすぐちょうど500件です。

更新頻度としては、約4.4日に1回になります。近年はだいぶ気まぐれ更新になってきていますが、

振り返ってみればワタシ的には、結構書いたなぁ、と思います。

Perfumeが前へ前へと進み、夢追い人= Dream Fighter であり続けるから、

ワタシもこれまで書いてこれました。

 

そして、今もPerfumeの音楽、ライブ、その人間性に共感し続け、

また新たな感動ももらっています。

それが人一倍楽しいと感じているから、ファンであると自認し、

その楽しさを誰かに向けて発信したいから、

これからも、楽しいことをMAX妄想するブログを、

続けていきたいと思っています…。

 

 

 

« TOKYO 熱帯魚 | トップページ | Perfumeの鬼 = 福の神。 »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。


7年目突入、おめでとうございます!!!

恥ずかしながら、あまり意識しておりませんでしたが、、
バナー画像も6代目ですか~

こうして改めて拝見しますと、
おととさんのブログの変遷でもあり、
DFを通した、Perfumeの歴史でもありますね。

一番印象に残っていますのは、2代目の「バランス版」でしょうか。

でも、これだけ、衣装も、ステージも変わっているのに、
なんとなく頭の中でつながっているのは、曲が同じだからなのかもしれませんね。

それにしても、毎回クオリティの高い500もの記事を書かれるおととさんも
すごいですし、それだけの発想を提供し続けてくれるPerfumeもスゴイですね。

あと、なかなか、画像を取りにくいのかもしれませんが、
機会がれば、「こぉぉのままでぇいれたらぁ~」の、ぴょこぴょこゆかちゃん
のところもぜひ、バナーとしてご検討いただければ幸いでございます。

それでは、今年も楽しみにしております。
私も、勝手に、乗っからせていただきます。


7周年目おめでとうございます。いや~ほんと凄いです。

当方、kogeji 様の『Perfume 10代の君へ【MAD】あ〜ちゃん』が大好き。

uncleさん、コメントありがとうございます!


そうですよね~、Perfumeの歴史の証人と言える楽曲、他にもたくさんありますね。

歌い継がれていく度にPerfumeも成長し、またその歌も深みが増して成長していく感じですね。

時代のスピードが速すぎる今の世の中で、こんなアーティストもなかなか巡り合えませんから、

つくづくPerfumeと遭遇できたこと、幸せに思いますね。お互いにね。


いや~、uncleさんには開設当初からずっと読んでいただき、コメントもほぼいつも頂いて、

ホント、感謝し尽くしても足りないですね。ありがとうございます。

あなたもワタシ以上にスゴイですよ、 継続する力!

 
これぐらい書いていると最近はもう、結局は本質の部分は同じことを言っているのですが、

とにかく魅力を語れる切り口が多彩だし、(←これもいつも言っていることですが。^^;)

更にそれを常に更新し続けるPerfumeの進む道の凄さ、ですよね~。

だからこそワタシも続けている、そうなんでしょうねぇ。


ぴょこぴょこゆかちゃんのところ、あそこもDFの魅せ場として外せない部分ですよね。

思案するPerfume… これもならではな部分ではないかと。

そしてそういうフレーズではかしゆかが前へ出る…

あ~、このネタでまた一つ書けそうだ!?ww


ということで、これからもよろしくお願いします!
 

コメントをくださった誰かさま、ありがとうございます。

 
Perfumeが叶えてきた夢の数とは、

のっちの笑顔の数と同じであり、

かしゆかの苦悩の数と同じであり、

そして、あ~ちゃんの涙の数と同じですね… 

とってもいい動画を見せていただきました。

ありがとうございました。

これからもどうぞとろしくお願いします!
 

コメントをくださった誰かさま・・・『なんだかなぁ?このPerfume漬け!』の地味(^^ゞ局 でした。
ま~ったく入力せずポチってしまい大変失礼いたしました。

図らずも、PTA試験にも合格したおととさんがご存知なかった動画を紹介でき、なんか嬉しいです(^^)。

当方、この動画や、『道夏大陸』・『著名人の Perfumeぴったんこ集』で、姫達に魅了されてしまいました。

お~っと! なんだかなぁ?このPerfume漬け! さんでしたか!

コメントいただきましてありがとうございます!

お久しぶりでございます。m(_ _)m

そして今もお読みいただいているとのこと、本当にありがとうございます!


いや~、改めて思うのは、Perfumeにとって投稿動画の力ってスゴイですよね~。

しかもどの投稿も素人離れした良作品ばかりで、(いや、実際プロの方もいらっしゃると思いますし。)

見始めると、もう時の経つのも忘れてしまいますね。気付いたら深夜になってたり。(^^;

これからも、お互いに体調を気遣いながら、Perfumeを追っかけていきたいですね!
 


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/69407168

この記事へのトラックバック一覧です: このままでいれたら って思う瞬間まで:

« TOKYO 熱帯魚 | トップページ | Perfumeの鬼 = 福の神。 »