フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 最高の音楽体感する日が、いよいよ迫ってきた! | トップページ | 宇宙船Perfume号の旅は、これからも続く… »

2016年11月 6日 (日)

オッサンの ナゴヤドームライブ参戦記

 

 

ライブ参戦の時は、ワタシ普段のメガネではなく

コンタクトを着用して行くのですが、

なんせもう若くないので潤いが不足しているものですから、

街の中では目がカワカワになるので目薬が必需品なのですが、

いざ、ライブが始まると、

もうずっと感激しっぱなしで目がウルウル状態になるので、

その間は目薬差す必要など全くなく、快適でイイです。 ( ̄▽ ̄)d

しかもウルウル目になると、光の屈折の関係からか、若干視力が上がって

視野がよりくっきりするのでイイです…。 (゚0゚)

 

 

そして今回ワタシは 11.03 ナゴヤドーム に参戦してきましたが、

とてもありがたいことに、

 

   20161103nagoyadometike

 

このようなもったいない席を頂いたので、

もう余計に涙のレンズ効果が増幅しまして、

しっかりハッキリとPerfumeを見ることができました!

ちなみに、これまでの参戦歴の中で、

アリーナライブでは幸運なことに、かなり前方の席を頂けることが多かったのですが、

過去2回のドームライブにおいてはスタンド席だったので、

ドーム3回目にしてワタシ史上初のアリーナ席となり、

感激もひとしおとなりました!

ご一緒したパフュ友達もすごく喜んでくださって、良い記念のライブとなりました。

P.T.A.スタッフ様、先の短いワタシ達に愛の手を差し伸べてくださり、

誠にありがとうございます! ww

 

 

 

ということで、

ここからは今回の 「CE Dome Edition 11.03 ナゴヤドーム」 遠征を終えて

ワタシが感じたこと、思ったことをお話したいと思います。

まだ次週には、いよいよ千秋楽の福岡ヤフオクドームが控えておりますから、

例のごとく、ライブのセトリや演出に関わることについては、

来週以降に改めてじっくりと、思うところを書き綴ることにしまして、

今日はそれ以外の事にとどめたいと思います。

 

 

 

では…。

 

 

 

先に書きましたとおり、今回もステージにかなり近い位置から

Perfumeのパフォーマンスを見ることができました。

全体の真正面から、ややのっちサイド寄りの位置から見上げるような感じでした。

アリーナツアーの時とは違う角度からの視界でしたので、

また違った見え方ができて新鮮でした。

ただ、これぐらいの至近距離だと、視界はステージセットで一杯になり、

正直、アリーナツアーを見ているのと同じ感覚でした。

後ろを振り返らない限り、ドームスタジアムで行われていることを忘れてしまう感じでした。

なので、巨大な空間ならではの、全体のスケール感はこの位置では味わえなかったですね。

そこは仕方ないですね。 うん。

 

で、実際後ろも振り返ってみたところ、

スタンド席2階は、ステージ見切れエリアを除いては、

びっしりのオーディエンスが腕を振る様子が見え、

「うわっ!やっぱドームだわ!これだよこれ!」 という迫力に圧倒されました。

 

スタンド3階席以上のエリアは、びっしりとはいかなかったようですが、

でもワタシが思うに、「SOLD OUT」 って言葉はカッコいいけれど、

見方を変えれば、それはチケット買えなかった人が少なからずいるということ、ですよね。

だから、当日券がまだ少しあって、

どんな境遇の方でも最後まで入れる余裕があるくらいの方が、

ファンに優しいのでは、と思うのですが…

でもビジネス的には、ドーム公演は2Daysを売りきらないと採算が合わない、

と、以前どこかでコメントされていたから、

やるからには一杯にしたい… という思いはあったでしょうね。

 

…とはいえですね、

ワタシのいたアリーナ最前エリアの皆さんの盛り上がりは最高でした!

もうね、なんというか、みなさんもう 「手慣れている!」 感じがしました。 ヽ(´▽`)/

Perfumeライブの猛者ばかりという雰囲気。それぞれのノリ方で踊ってました。

実際ワタシの隣にいたカップル (ご夫婦?) も、ワタシと同じくらいの参戦歴だそうで、

特に女性の方 (美人でした!(*´Д`*)) は振り付けもよく分かっていらっしゃって、

ワタシも負けていられんと、踊らさせていただきました!

遠慮する必要がなくて助かりました。

 

また、斜め後ろには、ワタシよりもかなりご年配の女性。

お孫さん(かな?) と一緒に来ているようでしたが、

ツアーTを着て、足腰もしっかりとスタンディング、

楽しそうに手拍子を送っていました。最高でした!

 

その一方で、かしゆかの 「今日初めての人~?!」 の質問に手を挙げた人が、

このエリアにもチラホラいました。1割弱ぐらいはいたでしょうか。

ワタシの真後ろの若い女性連れもそのようでしたが、

でもその方々も、序盤から 「すご~い!」 って囁いていましたし、

「あ~、このコーナーってこういうことだったのね!」 っていう風に、

十分、初めてのPerfumeライブの楽しんでいたようでしたよ。 v(^.^

 

っていうか、いまだにこうやって新規ファンを増やし続けていること、

これ凄いことだな、って思いました!

Perfumeがたゆまず進む姿勢、その共感の輪は広がり続けています。

 

 

次にライブの音響について。

今回の席は位置的には、巨大なラインスピーカーのほぼ真下でしたので、

音量音圧は相当のものでした。

遠いスタンドの奥まで届けるためですから、そうなりますよね。

なので正直、サウンドの細かいニュアンスまでは聴こえませんでしたね。

なんせ、背後のスタンドからの歓声とか、ほとんど聞こえないレベルでしたから。

なので、今回はアリーナとスタンドとのタイムラグがどうだったのか分からなかったのですが、

どうだったでしょうか? 進化していたでしょうか。興味があります。

 

 

 

そして、11.03 ナゴヤドームのトピックは、最初のMCでのことですね。

いつもの斬り込み隊長のっちのトークの後、

かしゆかが登場して間もなく発見したのが、レフト側スタンド最前にいた

ビタドロコスを着た、かなり若目の女の子3人組。

 (しかしかしゆかさんも、よ~見とるな~!ww)

まるで当時のPerfumeを思い起こさせるような年代の子たち、

あ~ちゃんも合流して声を掛けられ、当然のごとく感激のあまり泣きだすビタコスたち。

にもかかわらず、昔の自分を思い出したからか、鬼教官のっち先生が、

「3人合わせて、Perfumeです!やってみて!」 とムチャ振り。

あ~ちゃん、「スパルタでごめんね、うちのショートカットがね。」 とフォローするも、

のっちさんは 「涙はステージ降りてからだよ~!」 っと、お構いなし。ww

ビタコスたちは、よほど感激したからなのか、

はたまた、のっち先生がよほど怖かったからか、ww

大号泣しながら、なんとか 「Perfumeですっ!」 をやり遂げたのでした…。 (p´□`q)゜o。。

その様子に、ボクら会場全体も、心温まる感動に包まれたのでした… ゚゚(´O`)°゚

 

それにしても、

ドームライブで 「客いじり」 したこと、いままであったかなぁ?

もう以前のドームの記憶はほとんどないし、ビデオ作品にも収録されていないから、

多分初めてのことじゃないかなと思うのですが、

ワタシはそのこと自体が凄く嬉しかった。

最近、ライブのコンパクト化が進んでいるように思うのですが、

いまやPerfumeも、影響力のあるビッグアーティストであることや、

会場との使用契約時間との兼ね合いとか、

いろんな事情があるから仕方がないことなのでしょうが、

でも、こういう大きな会場であっても、ファンとのイチャイチャシーンが見られると、

物理的距離の大小にかかわらず、ファンのこと見ててくれてるのだなと、安心しますね。

 

あとそれと、のっちさんがライブ最後にあいさつした後、

いの一番にハケていくのは、

やはりそういうことなんだなと、改めて、漢のっちさんの心意気が知れて、

思わずニンマリ… ですね。 ( ̄▽ ̄)

 

 

そのビタドロコスの子たちからのつながりで、

MCの話題は名古屋の 「オアシス21」 での思い出話に移るのですが、

あ~ちゃんのトークの内容は、

 「ビタミンドロップのあの衣装を着て、真夏のステージで踊った。

  お客さんは水着なのに、自分らは灼熱の中、

  背中にビッショリ汗かいて、

  テレビ撮影が入っていたのに、アイドルにあるまじき汗染みが…」

  そして、ライブ後は衣装を木にかけて干した…」

…ということで、

どうやら、オアシス21でのイベントのことではなく、

同じ愛知県でも知多市にある、「新舞子マリンパーク」 での、

いわゆる 「Perfume3大アウェー」 の一つのステージのことでしたね。

 

そして、そのMCに影響されたわけではないのですが、

今回初めての名古屋遠征でしたので、名古屋市内の聖地巡りをしようと決めていたので、

明くる11月4日、オッサンは2人のパフュ友さんと一緒に、

オアシス21を始め、各所を巡ってきました。

 (残念ながら、時間の関係で新舞子まではムリでした。)

 

まずはその 「オアシス21」。

 

当時のテレビ番組の出演シーンと同じアングルを探して撮ってきました。

 

   Dsc_03112

   Dsc_03142

 

ワタシら以外にも見に来ていたファンが何組もいました。

 

 

次は、「感謝感激ポリ荒らし…」 ツアーが行われた

ライブハウス 「E.L.L」 に行きました。

 

   Dsc_03202

 

かなり由緒ある、伝説的ライブハウスの趣を感じました。

ガチでこういうステージを踏んできたかと思うと、シミジミしてしまいました。

 

 

最後は 「山本屋 大久手店」 に行って、味噌煮込みうどんをいただいてきました。

ワタシら以外にも次々とPerfumeファンが来店してました。

 

   Dsc_03272

 

そして一生の不覚、ワタシ興奮のあまり、

あ~ちゃんお薦めの、お餅を入れるのをすっかり忘れてしまいました。

こちらの地元ではまず食べられないうどんですね。

麺は思っていたよりも太めで、手打ち風のコシが強烈で、

味噌ベースの汁も思っていたよりもクドくなくて、

麺王国県民であるワタシの好みにも合っていて、とても美味かったです。

さらに、

その日の深夜にライブを終えたPerfumeが来店したというニュースを知り、またビックリ…!

 

しかし、Perfumeの素晴らしいところは、

そうやって、ご当地でお気に入りのお店などを自ら発信しながら、

ライブの合間に気さくにまた訪れているところですね。

さすがに、ファンと居合わせるような時間帯では行かないですが、

でも、つい数時間前までは大勢のファンらが詰めかけてた店ですよ!

当然お店のご主人も、そのことを報告されているでしょうし、

そうやって、直接触れ合うことはないけれど、

Perfumeがいた同じ場所の空気を吸って、想いを馳せるというファンの思いと、

その思いをまたPerfumeも受け取って、思いをさらに重ね合っていく…

そうやって、どんどん心のつながりが強くなっている気がして、

それがすごく嬉しいことだなと、思いました…。

 

 

……

 

 

ということで、

だんだんと話がライブと関係のない方に逸れてしまいましたが、

いや、そこも含めて、今回の名古屋遠征を終えて感じたのは、

PerfumeとPerfumeファンとの熱い関係… 

そしてファン同士の心のつながり… 

みんなPerfumeのことを凄く想っていること、

経歴の古い新しいとか、長い短いとか違いはあるけれど、

でも思いの熱さ、強さには全く差がない、みんなおんなじ。

みんな語り出すと、目がキラキラとして止まらない!

そう、

今回も多くの方とお話しました。

一番古くからのお付き合いが今も続いているお友達、

そしてその方からつながったお友達、

さらに、ここ最近のライブで新たに増えたお友達、

そして、今回のライブでお声をお掛けした人達…

ほんとにもう、皆さんと楽しいお話ができてイイ旅となりました!

 

改めまして、皆さまに感謝したいと思います。

ありがとうございました! m(_ _)m

 

これでまた次のライブまで、日常生活を頑張っていける力が湧いてきました。

 

また皆さまに会える日を楽しみにしています!

 

« 最高の音楽体感する日が、いよいよ迫ってきた! | トップページ | 宇宙船Perfume号の旅は、これからも続く… »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です!行きの飛行機飛ぶかどうかでやきもきさせられましたが… 数日前から風邪拗らせてたので飛ばなかったらそれはそれで寝れる〜って思ってました(笑)、仙台でのキモさがなかったのは体調悪かったせいですすみません(^人^)

結果的に行って正解でした!!スタンド33列目でツアー中で一番遠かったですが周りが熱かった!大阪はジャンプ禁止の建前が足引っ張ってましたから…アリーナの盛り上がりも一望出来ましたよ
暫くは虚脱感に苛まれそうですが年末には放送もされるでしょうからそれを楽しみに日々過ごしたいと思います、またお会い出来たらよろしくお願いします

会場でゆうさんともお会い出来て楽しい時間過ごすせたことこの場をお借りしてお礼させて下さいませ、ありがとうございました

uncleです。

お疲れさまでした!!

ドームエディションも今回のツアーの一会場とするならば、
CEツアーは、2日連続参戦も初めてで、一ツアー中3会場参戦、
というのも初めてだったことに、さっき気づきました。

この名古屋は私にとって、早(まだ?)11回目のライブでして、
そろそろ数えるのがあやふやになりそうな頃、
思えば、直角の金沢以来、ライブに臨む気持ちや、
終わった後の気持ちや、いろいろなことが変化してきたな、
と感じる訳ですが、

ただ、3人が登場した直後の
「あ~、また、この3人に会えたんだぁ~」という喜びと、
「この時間を過ごすために、俺は毎日頑張ってるんだ
(もちろん、家族のため、もありますが、、、)」という感慨は
変わることはなく、今回も、その想いを確認できてよかったな、
と思うのであります。

また、今回初めてお会いしました50前後のおやじたちも、
人間味あふれる素敵な方ばかりで、
今回の遠征をより一層意義深いものにしてくださいました。

自宅からすぐに行けるところでライブがあるというのは
確かにうらやましいですが、
我々地方民は、必ず遠征がついてまわる訳で、
お金と時間をかけるプレミア感、といったものも、
価値のあるもののように思います。

さて、来年はどんな感じになるのか、今のところ想像もつきませんが、
またどこかで、3人と、そしてアグレッシブなおじさまたちにお会いできることを
楽しみに、偽りの世界での生活を頑張っていきたいと思います。


としぞうさん、コメントありがとうございました!


行きの飛行機がまさかの到着遅れで、マジでハラハラしましたね。 (;;;´Д`)

でも最悪、としぞうさんが駅まで送ってくださるということだったので、

不思議と行けない選択は考えなかったですね。何としてでも行ってやる覚悟でした。

しかしとしぞうさんも風邪気味だったとは、こちらはそんな感じは全く受けず、

宮城の時の印象と全く変わらないパワフルさでしたよ! 凄いお方ですね。


スタンドも盛り上がってましたか!それは何よりでした。

やっぱ全体を見渡すにはスタンドの方が良いですね。2日以上行けるのなら、スタンドからも見たいですね。


喫煙所でゆうさんとバッタリ会ったそうで、それもまた凄い巡り合わせですね!

ワタシは結局、飛行機が遅れた影響で、その後のスケジュールが結構キツキツになってしまい、

ゆうさんとはお会いできなくて申し訳なかったなと思っていたので、

としぞうさんがつながっていただき、ありがたいことだなと思っています。


次回はいつになるか、それまでは少し寂しくなると思いますが、

今回のMCでも、Perfumeは夢へ向かってまだまだ頑張るということを言ってました。

そう遠くはないはずです。そのときはまた一緒に楽しみましょう!
 

uncleさん、コメントありがとうございます!


このたびは大変お世話になり、ありがとうございました。

もうuncleさんと、ステージ間近の席でPerfumeの美しさを拝見できるのは何回目のことでしょうか?

もう回数も忘れそうなくらいですね。ありがたいことです。幸せです。

やはり、あれこれ手を尽くすよりも、

「行ける公演に、行ける人数分をエントリーすること」このあたり前のことが一番大事なことなんだと、

人間、欲張ってはいけないのです。改めて思います。

そして、遠征だからこそ、その1回のライブにかける思い入れの強さは負けませんし、

それが価値ある経験にするのだと思います。ホントおっしゃるとおりです。


来年のPerfumeはどうなるのか、おそらくファンの想像の斜め上を超えてやってくるでしょうが、

いつだってPerfumeは、Dream Land に我々を誘ってくれる。

一寸先は闇である、この偽りだらけの世の中で疲れた心の洗濯をしに、

我ら、またどこかに現れる Perfume World に集おうじゃぁありませんか!
 


おとと様

お疲れ様でした。
あれから数日が過ぎましたが、名古屋の風景が忘れられません。
ドームライブでは贅沢なほどの神席で、彼女達をジックリと鑑賞できる至福感。
大阪はほぼ単独行動、しかし名古屋では永遠とも思える時間を過ごした至福感。
東京・福井・山形と異なる地からオッサンが集まるという求心力は、perfumeがもつ異様な磁力が成せるワザでしょう。
客いじりは、久しぶりだと思います。
あの3人に、どさ回りしてたビタドロ時代がチラリと蘇ったのかもしれません。
いじられた、3人は一生忘れられないでしょう。

そして、聖地巡りありがとうございました。
おととさんの事前のリサーチがあってこその聖地巡りでした。
オアシス21ですが、てっきり後の建物の事だと思っており今更ながらイベント広場とは思いも寄りませんでした。
今回のおととさんの最大の功績は、山形の新人様。
彼らとは2日目に、とことんお付き合い出来ました事に感謝しております。

また来年、絶対に会いましょう。

名古屋遠征お疲れ様でした!
残念ながら現地でお会いできませんでしたねー。
先のコメントのとしぞうさんとはしっかりお話できましたよ。

飛行機も悪天候で遅れた様ですが、こちもゆっくりと寝ながら列車で・・・の予定が、強風で止まったり徐行したり、予定の新幹線に接続出来ず、代わりの新幹線で今度はドア開閉の異常で暫し停車し遅れ、ゆっくり気分ではなくちょっとハラハラしながらの初の名古屋行きでした。

今回座席はのっちサイドほぼ真横のスタンド2階?最上段にほど近いトコでしたが、
全体を俯瞰できるし、音も思ったより悪くない、ナゴヤドームってちゃんと野球の試合できるの?ってくらい狭く感じました。
ただ一般でとったチケットだったので周りも一般のライトなファンが多かった?Perfumeのライブ初めての人~の質問で周りの人8割くらいが手を挙げてたような?
周りは若干大人しい感じでしたが、だんだんPerfumeライブに染まっていくのも感じれたし、
自分は通路端の席だったので新規さんの迷惑にならずにしっかり楽しめましたwww

CEの次はどんなライブになるでしょう?また一緒に楽しみたいですね!

necco様、コメントありがとうございます。


今回のナゴヤでは約1年ぶりの再会となり、

ライブにオフ会に聖地巡りに、濃密なオヤジ時間を過ごさせていただき、ありがとうございます!

neccoさんと聖地巡るのは意外にも初めてだったでしょうか。

オアシス21で、動画サイトに上がっている昔のシーンと同じ場所、アングルを探り当てたときの

あの感動、快感ったらないですね!!そこが聖地めぐりの醍醐味ですねぇ、楽しかったです!

これも、浮かばれなかった時代を乗り越えてスターになったPerfumeならではの楽しみです。

後からきたファンも追体験できる、まさにパラレルワールドなわけです。

しかも、今回またPerfumeは山本屋大久手店にお忍びで来店し、新たなサインを書き記していったそうです。

そうやって歴史をさらに更新していくから、ファンの楽しみもまた増える… 

全くもう飽きることがない。もちろん、音楽アルバムが枯れることがないことも重要なことです。


今回はワタシから新たなお友達をお連れしました。皆さんの輪が広まってくれたなら嬉しいです!

何でワタシがそうするかと言えば、neccoさんやuncleさんがワタシをド田舎の街から引っ張り出してくれて、

ワタシ自身が楽しい時間を与えてもらったからです。だからワタシのお友達にも同じ思いをしてもらいたい、

そこですね!(^-^;  今後ともよろしくお願いしま~す!
 

ゆうさん、コメントありがとうございます。


いやぁ、今回はお話しできませんでした~。m(_ _)m

ワタシも物販に並んだり、Ora2コーナーを見たりとか、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

しかもナゴヤドームって、エントランスゲート周辺のスペースも狭くないですか!?

なんか人混みがハンパなくて、それで余計にオロオロしてしまったところもありますね。

そうそう、新幹線もトラブル続きだったそうで、お互いハラハラな遠征でしたね。


お~!そうですか、狭い感じでしたか。それなら音響も悪くなかったでしょうね。

設計が新しいから、コンサート向けにも作られているのでしょうしね。

ドームスタジアムでも音が悪くないということは、今後も行きたいと思いますね。


スタンドの周りはライトな方が8割とは、それまた多かったですね。へぇ~!

それは貴重なお話ですね、ありがとうございます。

まだまだ新しいファンが増えてることが、実感できたのではないでしょうか。

すごいな~、Perfumeは。まだ伸びる。

そういう意味では、やっぱりチケットは若干残っている方がファン層が広がりますね。


ではまた、今度はどこかでご一緒できるとイイですね!
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/68285289

この記事へのトラックバック一覧です: オッサンの ナゴヤドームライブ参戦記:

« 最高の音楽体感する日が、いよいよ迫ってきた! | トップページ | 宇宙船Perfume号の旅は、これからも続く… »