フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 宇宙船Perfume号の旅は、これからも続く… | トップページ | 「夢を歌おう」 »

2016年11月20日 (日)

代表的な日本のアーティストは、実はそれほど日本の代表ではない…

 

 

2016年 CE Tour の北米サンフランシスコ公演は、

「大阪以上の盛り上がりだった!」 とのことですが、

この例え話はボクらファンにとっては、

過去最大級の盛り上がりだったことを意味します。ww

大阪と言えば、かつては2009年直角二等辺ツアーで

カツ丼2杯食わされた場所ですし、

ワタシ自身も、2014年にぐるんぐるんツアーで初大阪した時も、

ちょっと東日本の人々とは、次元の違うノリの激しさだったと記憶していますから。

例えばね、曲が終わって一旦暗転した後、少し間が空く時ってあるじゃないですか。

そのわずかな時間帯で、他の場所だと拍手が終わった後一瞬シーンとなったりするんですが、

大阪の場合は、会場がザワザワザワザワし続けるんですね。

そして3人を呼ぶコールがあちこちで上がったり。

もうね、熱量が凄かったのを憶えています。

 

対して、

今回のCEドームエディションで行った名古屋ですが、

ここは初期の頃にラジオレギュラー番組をやっていた縁もあることから、

初日のMCであ~ちゃんが、「名古屋は第二の故郷」 と言っていました。

そしてそういうよしみもあってか、

「名古屋のお客さん(の雰囲気)は優しい」 とも言っていました。

確かに、ワタシもそんな感じがしましたね。

全体的に、ギャンギャン声を上げる感じは少なかったんですけど、

でもみんなが、Perfumeに気持ちを集中して、

温かく見つめているような感じ、を受けました。空気がほんわかしてた気がします。

これ、おそらくその土地土地で歴史や文化の違いで人々の気質も違うから、

ということもあろうと思います。

名古屋はやっぱり 「尾張名古屋は城でもつ」 と言われる地、城下町であるから、

人々の奥ゆかしさ、体面を重んじる気風が受け継がれているのかもしれませんね。

 

対して大阪は、港町気質、商人の街。

商売繁盛のためには、自分を前に前に出さないと商機を逸してしまう。

そんな風土、気質が人々の心に生き残っているのかもしれませんね。

 

そういえば、こちらの地方にもそういうところがあって、

ワタシの住むS市は港町で、人々の気質はチャキチャキしてるところがあって、

対して、お隣のT市は城下町で、おっとりしてる人が多いんですよ。

距離的には わずか20キロほどしか離れていないのに全然違うんですね。

…そんなことを思い出しました。

 

ということで、

Perfumeはよく 「ライブではその場所場所で、雰囲気が全然違う」 と言われますが、

会場客席にいるワタシらも、いろいろ遠征してみると実感できるなぁ… 

というお話でした。

 

 

………

 

 

北米ツアーの話題をも一つ。

 

開幕のロサンゼルス公演では、カリフォルニア州の条例、

「人が集まるところでは飛行禁止」 (かしゆか氏の解説より)の制定により、

本番のステージでは、無念にもドローンが飛ばせなかった、とのことでした。

日本のドームエディションでは、ワタシは 「飛ばすかもしれないな」 と最初は期待していたのですが、

結果、飛びませんでしたね。

これはおそらく、巨大なステージ・空間では、ドローンの演出は映えないだろう、

として 「なし」 にしたのであろうと、想像してきたのですが、

改めて調べてみれば、昨年制定された 「ドローン規制法(改正航空法)」 によれば、

すでに日本では、「人(第三者)又は物件との間に30m以上の距離を保たなければならない」 のだそうで、

なので、お客さんやステージセットとの距離の関係で、

ドームライブでは採用できなかった… のかもしれませんね。

 

一昨年の紅白のステージではすでに成功させていましたが、

世の法律よりも 一歩先行く Perfume… ですね。

 

 

………

 

 

さて、もう一つ話題を!!!ww

 (なんせ、更新が気まぐれなブログなもんでね、話題が溜まってしまうのです。c(>ω<)ゞ )

 

オリスタが毎年行っている、「音楽ファン2万人が選ぶ“好きなアーティストランキング”」 の、

2016年版が発表されました!!!

 

そしてなんと、

 

     2016_top20_2

 

Perfumeが、総合13位にランクインしました~~~!!!

おめでとうございま~す!

 

 

ちなみに、これまでの順位を振り返りますと、

2015年は18位、 2014年は15位、 2013年は15位、

2012年は14位、 2011年は20位(この年に初ランクイン!)、 2010年は28位…

ということで、

 

今年、過去最高の順位となりました!!!

 

これはめっちゃスゴイことですっ。

ポリリズムから9年、いまだに上げているのですよ!

 

そしてさらに、「世代別ランキング」 がとても興味深い。

 

 

   2016_top10_2

 

なんと、10位にランキング入りしたのは、20代のみなんですね。

20代の方達のおかげで、総合ランクを押し上げた というところでしょうか?

このあたりは最近のライブ会場を見回しても、この傾向どおりという感じがします。

次のボリュームゾーンでしょう、30代では、残念ながら10位には入っていませんが、

おそらく、11~12位あたりに付けたのではないでしょうか?

 

そして我が40代を見ると…

 

ん? おかしいなぁ…   Perfumeは何位ぐらいなんでしょうかね?

 

ま、実際のライブ会場の傾向から見れば、まぁ寂しくなってきていることは確かです。 (。>0<。)

 

YMO世代、 どうしたよ!? 

 

いまだに昔のグループを聴くのもイイが、(良い音楽は永遠… それも大事だが、)

 

もっと  「音楽いろいろ聴こうぜ!」 …と、言いたい…

 

そして、それ以上の世代の方は…  アンケ対象外なんて…

そりゃないだろ!! (p_q*) 

 

そこ入れてくれたら、Perfume、12位だったかもよ!?! っつって。ww

 

 

…ということで、なんにせよ、

Perfumeより上位のそうそうたる顔ぶれを見れば、

この位置でも相当スゴイことだなと思います。

人気、実力とも不動の方々が占めてますよね。常連さんばっかだ。

そして、楽曲の印象からすれば、

やはり相変わらず、

「歌モノがほとんどだなぁ…」 って感じですね。

誰にでもイイと思わせるメロディ、普遍的で良い歌詞、そして良いボーカリストが並びますね。

バンド・グループにしても、メインボーカルが目立っている方々ばかり。

それぞれはみな、独自の音楽性があるからこそ抜きん出ているのでしょうけど、

決して異端ではない。 ある種、一定のツボを押さえている方々…

と、ワタシには感じられます。

 

だからこそあえて、 Perfumeがこの位置に居続けていることの意義…

 

そして、

このアンケは、「オリスタを読んでいる2万人が選んだ」 という前提条件が付く、ということですね。

「あれ? あの話題の人気者は入ってないのね?!」 っていうのが結構あるし、

売れてる 「数字」 で測ってるわけでもない。

なので、例えば 「ロッキンオンが選ぶ」 とか、「ワッツインが選ぶ」 となれば

また違う結果が出るでしょうし、そうであっても、

おそらくPerfumeは、どこでアンケをやったとしても、

大体同じぐらいの位置にランキングされるのではないでしょうか?

 

そう想わせる、そこがまたPerfumeの真価なんじゃないかな、

って、思うのですね……

 

« 宇宙船Perfume号の旅は、これからも続く… | トップページ | 「夢を歌おう」 »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。

>距離的には わずか20キロほどしか離れていないのに

私も今回同じようなことを感じました。

福井の人って、朴訥で素直ないい人が多いんです。
サンドームのライブ2日目は、おそらく地元比率が高くて、
3人の最後の挨拶の時、爆発的な拍手というより、
サワサワと永遠に続くかのような、感謝と「終わって欲しくない」って
感じの入り混じった拍手の波がとっても印象的でした。

それに対し、金沢って、百万石のプライドがちょっとあって、
新参者は入りにくいけど、でも、中に入ってしまうと人間味があって、
古いものがいっぱいあるけど、でも、新しもの好きで、
外タレのライブはさっぱりだけど、中田さん関連のものはやたら
盛り上がる、という。


>総合TOP10

私が福井に来て3年半の間に、Perfumeより上位のアーティストさんの内、
ほぼ半分が、サンドーム福井で、2DAYSやってます。

やっぱり、地方の1万人規模のアリーナで、2DAYSできる人って、
限られているんだな、と改めて実感しました。

というより、ん?サザンと福山さんより、上っていうこと?
ということは、アミューズさんの中ではNo1.ってことですか?
もちろん、社に対する収益上の貢献度とは全く別物ではありますが、
あの、か弱い双肩に過度な負担をかけないでぇ~、とちょっと
思ってしまいます。


>年代別

10代ではなく、20代ってとこが、なんか、なるほどな~、って思います。

各アーティストさん別に、ライブ会場での、
「男女別」「年齢別」の円グラフを作ってくれたら面白いのに、って思います。
私の仕事上の感覚では、Perfumeって、他のアーティストさんと比べて、
驚くほど、ファン層が広いんじゃないかと思います。

それに、ファンってアーティストさんに似ます。

先日は、GENERATIONS from EXILE TRIBEさんのライブがあって、
基本、マイルドヤンキーじゃないですか、なので、やんちゃなお客様が
多いのかな、って心配していたんですが、とってもキュートで、礼儀正しい、
おにゃのこ、たちばっかでした。

>40代

多分11位ですね、、、。

こんなデーターを見るにつけ、40代以上の限定ライブ、やってくんねえかな~。
右を見ても左をみてもおやじだらけ(ちょっとだけ、妙齢の奥様あり)。

コスプレーヤーなし。3人、客いじりできず。
でも、ライブ自体は盛り上がりまっせ~。
でも、体力的問題があるので、セトリは工夫要!

どんな感じになるんか、興味あるなぁ~。

スンマセン、いつにもまして、どーでもいいことの
駄コメントでございました、、、。


uncleさん、コメントありがとうございます。


金沢人の趣味、おもしろ~い!

海外アーティストはダメでヤスタカさんはオッケーなんて。

音楽性からすれば、ある意味世界の最先端ですよ!?ヤスタカさんは。

海外アーティストもリスペクトするぐらいですから。

これも地元愛の強さゆえ、なんでしょうね。


ね!?、アミューズのヒエラルキーからすれば、これは大先輩を差し置いて、

というランキングですよね。

だからこれはあくまでも、「オリスタ読者が選んだ」結果、なのでしょうね。

なんぼ2万人言うても、それなりに偏りのある母集団でしょうね。

それでも、Perfume13位はご立派です!


すでに20代がメイン層になっていますが、

それでもPerfumeファンは、年齢層は幅広い方だと思いますね。

それは実際の現場を見ても分かります。少なくなってきているとはいえ、

ワタシらも別に肩身を狭くして観に行ってる感じはありませんからね。

これが極端な例ですと、ワタシが娘の付添いでジャニ系さんライブに行ったときなんか、

もう完全に別世界に迷い込んでしまった人状態でしたから!ww

音楽の趣味嗜好は千差万別であるべきですが、

そこは本来、年齢や性別で極端に別れるものじゃないはずなんですね。

そこが日本の音楽文化の奇異なところ、ですね。


いつかはきっと来ますよ! Perfumeが30歳過ぎても続けてくれているならば、

例えば、

マカロニ、BcL、願い、23:30、時の針、575、カオリ、ハバスト、前のめり、DL、HYH、ST …

そんな、年寄りにもPerfume当人たちにも、とても優しいライブが来る日が…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/68513220

この記事へのトラックバック一覧です: 代表的な日本のアーティストは、実はそれほど日本の代表ではない…:

« 宇宙船Perfume号の旅は、これからも続く… | トップページ | 「夢を歌おう」 »