フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Break new ground  Seek new field @OSAKA | トップページ | オッサンの ナゴヤドームライブ参戦記 »

2016年10月29日 (土)

最高の音楽体感する日が、いよいよ迫ってきた!

 

 

 

アルバム 「COSMIC EXPLORER」 の13連の楽曲中で、

やはりなんと言っても、前半の 01.Navigate ~ 05.STORY が病みつきでしょうがない。

中でも、アルバムリード曲である 02.Cosmic Explorer の圧倒的な重厚壮大感は別格として、

本来のPerfumeの王道たるエレクトロダンスポップでいうと、

03.Miracle Worker がワタシにとっては珠玉のナンバーワンだ。

 

 

先日放送された、「関ジャム -中田ヤスタカの音楽の秘密に迫る- 」を、

 

   20161024ystk000

 

大きくうなずきながら食い入るように、激烈感動しながら視た後で、

改めて、この 「Miracle Worker」 を聴き入ってみると、

 

もう、この楽曲の 恐ろしいぐらいの良さと凄さに、 震えてくる…

 

 

まずこの曲は、ボーカルのあるパートが、

基本たった 2フレーズのメロディしかないことに驚かされる。

「♪ What should I do?~」 のフレーズと 「♪ Where should I go~」 のフレーズである。

 (この2フレーズにしてもまぁ、前半2小節は全く一緒ですが。)

ボーカルの入るパートというのは、このフレーズを 2回繰り返して1パートとし、

トータルでは 3パート構成とし、ひたすら繰り返しているのみ、

それだけなのである。

 

なのにそれなのに、全く退屈することなく最後まで一気に駆け抜けてしまうのは…

 

 

最初の 1パート目は導入部ということで、

スローテンポで長く響かせるバスドラと、雨音のようにまろやかなピアノ系シンセが心地よいサウンド。

その後、のっちのカッケー 「雄叫びパート」 と、

ダイナミックでダンサブルな 「歌詞のないサビ」 があって、

その後の 「♪ fu~ uu~…」 がワタシ的には言わば間奏であり、一呼吸おいて、

続く 2パート目のコーラスは、

1パート目のサウンドに加え、「カッ カッ  カッ カッ…」 と、

はっきりとパーカス系のクラップが加えられており、

ジワジワとした高揚感を煽ってくる。

そして後半の2フレーズではさらに、

壮大で分厚い音の波が加えられ、

最後のフレーズでは、強烈なラテン系リズムと

「クゥォーーー!」 というサイレンまで飛び出して、

「そら踊りやがれーーっ!」 と言わんばかりの、最高潮の盛り上がりを誘発する!!

しかもここ、のっちのボーカルパートであることで劇的に増長されるのだっ!

そしてその後のサビはもう飛ぶしかない!ww

ここまで音楽に酔いしれて踊り狂えることにもう、幸せだとしか言いようがない。

しかもここはPerfumeの3人もボーカルがないので、

なんというか、彼女らと一緒に、一心となって踊れるような気がして、

さらに幸せ… である。

 

そして、その後の 3パート目のコーラスでは、

サビからの強烈なピチカートサウンドが続演されながらも、

リズム隊はピタッと鳴り止み、エンディングに向かって穏やかに収束していく…

 

 

…という風に、

おんなじフレーズの繰り返しでありながら、ここまで多彩で変化に富んでいて、

これはまさに、

 

   20161024ystk008

        20161024ystk001

 

であり、

また、序盤~中盤~終盤へとドラマティックにアレンジしていく様は、

まさに、

 

   20161024ystk004

        20161024ystk007

 

であることを、

ヤスタカ氏本人の解説によって、至極実感することができます。

これだから、ボクらは中田ヤスタカ+Perfumeの音楽にしてやられているのだと、

膝をパンッ!と打って合点するしかないですね。

 

 

そしてもう一点、「Miracle Worker」 においても ハッ!とさせられたこと、

それはイントロの冒頭の、「リンリロリンロン…」 という優しいサウンド。

ここのメロディラインは、サビのメロディと同じであり、

これはまさに、

 

   20161024ystk005

 

という、言わばサブリミナルに印象付けられていたのだというワケだ。

音色が全く違うから、そんなこと全く気付かなかったなぁ…  恐ろしい… ww。

 

 

…というわけで、

 

 「少年時代から、バイエルの伴奏を自分の感性なりにアレンジしていた…」

 「中学高校の時は、毎日曲を作っていた…」

 「曲作りの時は、突然曲が降りてくるのではなく、

   必要なときに必要なアイデアを降ろしてくる感じ…」

 「締め切りがないと楽しくて仕事が止められない…」

 

と、そんな数々の非凡人的な発言が次々と飛び出した、

天才音楽家の紡ぎ出すサウンドと、

それをさらに増幅して、世界を広げるファンタジックな振付けと、

それを完璧なまでに美しい踊りと歌で体現する、

ミラクルな3人組アーティストが奏で合う、

 

世界最高峰の音楽を体感する日が近づいてきました!

 

 

ナゴヤドームに集う同志のみなさん、 

 

一緒に楽しみましょう!!!

 

 

 

……

 

ライブウィーク中はこちらでも! 

https://twitter.com/yswototo43 

 

« Break new ground  Seek new field @OSAKA | トップページ | オッサンの ナゴヤドームライブ参戦記 »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

おとと様

関ジャムみのがしたもので、今先ほどネットで見ました。
ヤスタカは、少年時代から感性が「モーツァルト」ですね。
ここの音が何故「ファ」なのかなんて、まさにモーツアルト型の天才です。
突然降りてくる神の啓示ではなく、何時でも降ろせるところが天才すぎる。
蔦谷氏とヒャダイン氏は、痛いほど分かっているサリエリの心境でしょう。
madeon氏が言っている「メロディアスな多様性」
キラキラしたメロディーに、どことなく影あるサビメロの感覚

そんな彼の「Miracle Worker」はミラクルマジックな名曲です。
また名古屋で聴けるなんてたまりません。


YouTubeでおもしろい動画見つけたので紹介します。
外人の東京滞在記の動画ですが、2:23からがやばい。(^^)/
https://www.youtube.com/watch?v=2Mde88PVSLg

世界日本に行きたい人応援団
東京メトロ好きのハンガリーの青年ですが10:22で注目です。
https://www.youtube.com/watch?v=ET5i9j-nw3s


necco様、コメントありがとうございます。 


中田氏はやはり天性の音楽家でしたね。こういう人が楽曲を創っていることに

改めて畏敬と感謝の気持ちですね。中田氏が枯れない限り、Perfumeはこれからも続いていきますよ!

しかし確かに、「♪ファ」でなく「♪レ」の方が、

よりドラマティックで、意外性が感じられるメロディに聴こえます。そこが中田氏の感性なんでしょうね。

 
動画見ました。BGMにFLASHとは、うれしいですね!

このファミリーの「日本旅行記」、主目的は何だったのでしょうかね。

動画に映っているのは、東京のありきたりの日常の風景ですが、

こういう我々にはあたり前の日本が外国人には刺激的だということが不思議です。

2016年7月にアップされているので、まさかCSツアー幕張エディションのために来日した…

ってことはないでしょうね?!


そして2人目の少年!! 彼はガチのPerfumeファンですね。世代的には割と新しめかな。

かつ東京メトロにハマっているとは、日本の文化・風土風習に並々ならぬ興味があるのですね。

イイなぁ、誇らしいですね。

もし彼に会えるとしたら、多分ワタシは彼ととっても気が合うと思いますね。ww

時間を忘れてPerfume談義、そして地下鉄談義も可能かと…。楽しいだろうな~ ww
 
 

仙台にてお話させて頂いたとしぞうです、3日の名古屋が私の今ツアーファイナルです(涙)が全力で楽しむつもりです(^-^)
3日の昼のフライトで名古屋入りしますが多分聖地巡りもせずにドーム周辺で感傷に浸ってると思います(笑)

どこか(喫煙所とかw)でお会い出来たらまた新参者のキモい話にお付き合い下さいね (^人^)

どうも!ゆうです。
名古屋目前ですね!ちょっと仕事がヤバくなってきたけど、そわそわして集中できないww

自分もアルバムCEではやはり「Miracle Worker」にヤラれているかな。
楽曲としての構成、仕掛けの妙は、さすがの中田ヤスタカですからねー。
とか言いつつ、ファンの考察や今回の関ジャムのような解説を聞くまでは
何か特に良い感じの曲、としか表現できない残念な音楽知識の感覚派ですww
CEツアー初日から「Miracle Worker」は他と違う爆発力が感じられましたよね。
みんな初見で振りなど判らないけど体がかってに動き出すのを止められない!って感じ。
宮城以降、更に成長した「Miracle Worker」をまたライブで体感できる!
たまらんですね!
そしてCEドームエディション大阪をチェックして愕然!(基本ネタバレOKな私)
行かない(行けない)予定だったドームエディション、参戦決めてよかったー!
名古屋11/3参戦の皆さん、現地でお会い出来たらヨロシクです!

としぞうさん、コメントありがとうございます。


お~っと!としぞうさんもナゴヤ初日ですか!

やりましたね~。何だ、皆さん行ぐんだべずぅ。ww

他にも5月の仙台でお話した面々が一緒ですよ~!

これは3日の山形空港は、ちょっとしたパフュ祭りだな!

まるで「飛行船Perfume号」と化するな、こりゃ。

お見かけしましたらお声かけますよ! DM下さればお返ししますね。

あと、3日はお泊りでしたら、よろしければライブ後のオフ会もどうですか?
 


ゆうさんどうも! コメントありがとうございます。


そうそう、構成の秀逸さと仕掛けの妙なんですよね~。

だから楽しい、いつ聴いても新たな発見があって、また聴きたくなる。

これが中毒性の正体かなと、本人のコメントでより具体的に解った気がしますね。

>みんな初見で振りなど判らないけど体がかってに動き出すのを止められない…

ホントそうでした! ワタシもそう。

思えば、宮城初日の我々のあの盛り上がりが、全ての始まりだったのですよ…

なんつってね!!!ww

いよいよ11/3、またあの曲で踊れる!って想像するだけで胸躍りますね!

現地でお会いできれば声かけますね! DM下さいね。
 

オフ会のお誘いまでありがとうございます

新参の熱くてキモい感じ(笑)で参加させて頂きたいのですが朝イチに帰らなくてはならないもので終演後に伊丹空港まで移動して宿泊なんですsweat02 残念…

そういえばMWは私も一番ハマりました、技術的なことはなんも分かりませんが…ドームエディションのCMで初めて知ったんですがのっちさんの決めにウィンクあったんですね、指先チョンからのウィンク……最高です(笑)

京セラでは来るってわかってても曲が始まったとたん記憶が飛んで確認出来ませんでした、名古屋でも騰がりまくって無理ですね(笑)


お会い出来るのを楽しみにしています、
DMとかよくわからないデジタル音痴なおっさんですがまたお話させて下さいませ(^人^)

としぞうさん、再コメありがとうございます。


ザンネンですね~、やっぱ金曜日は1日休めないので、

強行軍でいく方って結構いるようですね。その辺りは社会人はツライところですね。
 
またの機会を楽しみにしていますよ!


ぐぁ゛~~っ!なんてのっちらしいさりげなさ過ぎるウィンクなんでしょう!

しかもめったに見られないシーンだから、余計カワユ過ぎる… ワタシも一発でやられちまいました… ww


おっと、大阪にも行ったのですね! スゴーい!やりますね~。

としぞうさん、ワタシ宮城でも初対面ですぐ思ったのですが、

あなた、すでにもうガチすぎるパフュヲタですよ! ご立派です!ww


3日には会えるとイイですね。(空港で会えるんじゃないかな?)

あと若い振りこいてスミマセン。DMとは、ツイッターのダイレクトメールのことですね。

1対1とか、グループ内での会話ができる機能です。ネットでやり方とか調べてみてくださいね!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/68167290

この記事へのトラックバック一覧です: 最高の音楽体感する日が、いよいよ迫ってきた!:

« Break new ground  Seek new field @OSAKA | トップページ | オッサンの ナゴヤドームライブ参戦記 »