フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 宇宙旅行の最終章にやってきた 「太陽と星」 | トップページ | 最高の音楽体感する日が、いよいよ迫ってきた! »

2016年10月22日 (土)

Break new ground  Seek new field @OSAKA

 

 

♪ 現実味のない距離 超えていく…

 

 

 

♪ 線路のない道をゆく 想像を超えて進みたい… 

 

 

 

 

 

 

 

⊿ 2004.04.03  「モノクロームエフェクト 発売インストアイベント」  ディスクピア梅田店 

 

⊿ 2006.08.19  「Perfume~Complete Best~ 発売記念イベント」 アップルストア心斎橋店、タワーレコード難波店 

 

   2006_ap012

 

⊿ 2007.03.24  「Fun service bitter 発売記念イベント」 HMV心斎橋店、タワーレコード難波店 

 

⊿ 2007.11.01   「感謝! 感激! ポリ荒らし! 〜あらためまして、Perfumeです〜」  大阪MUSE …キャパ : 約350人

 

⊿ 2008.04.27   First Tour 「GAME」 Zepp Osaka …キャパ : 約2,000人

 

⊿ 2009.10.10,11 Second Tour 「直角二等辺三角形TOUR」 大阪城ホール …キャパ : 約16,000人

 

⊿ 2012.03.27,28 3rd Tour 「JPN」 大阪城ホール

 

⊿ 2013.12.07,08 4th Tour in DOME 「LEVEL3」 京セラドーム大阪 …キャパ : 約36,000人

 

⊿ 2014.08.19,20 5th Tour 「ぐるんぐるん」 大阪城ホール

 

⊿ 2016.10.22,23 6th Tour 「COSMIC EXPLORER Dome Edition」 京セラドーム大阪

 

  (参照元 : 「Perfumism」様、 Perfume official HP より)

 

 

インストアライブ (≒バンドで言えば 「路上ライブ」 )
   ↓
ライブハウス (小規模) 
   
ライブハウス (大規模)
   
アリーナ 2days
   
ドームスタジアム 2days
   
アリーナ 2days 2回目!
   
ドームスタジアム 2days 2回目!

 

 

こうして振り返ると、大阪での この奇跡の軌跡も凄まじいですね!!

 

 

ライブハウス アリーナまで とか、

(カネとコネで) いきなりアリーナ スタジアム

というパターンですら、限られた者しか成し得ていない世界で、

インストアライブ → スタジアム をガチで駆け上がって、

しかも今なお、前回を凌駕し続けているという、

 

こんなアーティストは本当、後にも先にも、Perfumeしかいない…。

 

 

 

 

 

………

 

 

 

 

 

意外にもPerfumeのファンカムによるものは上がってないみたいで、

これは鉄っちゃんの方によるもののようです。

 

  

 

一世代前の駆動制御方式、GTO-VVVFインバータによる

「ヒュ~ン ヒュ~ン…」 という、SFチックな 「宇宙船サウンド」 が、

 

「COSMIC EXPLORER」 のイメージによく合ってます…。ww

 

« 宇宙旅行の最終章にやってきた 「太陽と星」 | トップページ | 最高の音楽体感する日が、いよいよ迫ってきた! »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。

大阪のアップルストア、ごいっしょさせていただきましたねぇ。

そういえば、東京でも、ラクーアでしたっけ?あそこのイベントステージから
ドームまで上り詰めたアーティストはいないんじゃない?
みたいな話もありましたね。

Twitterのファン情報は、ある種「大本営発表」みたいなところがあるので、
気持ち9割ぐらいで見ないといけないとは思うのですが、

でも、じゃぁ、興味のない人の意見が参考になるかというとそうじゃなくて、
やっぱり大大大好きな人の感想だから、同じ立場の自分にとって参考に
なる訳で、

で、何が言いたいかといいますと、つまり、今回も、凄そうですね!ってことです。


あと10日ですか、

伏字だらけの温かい情報に想像力を膨らませながら、その日を待ちたいと思います。

一応私もファンとして、この8年間、自分の「想像を超えて進んで」来ています。
皆さんそうですよね?


一部、Twitter上で煽りが見られたような、

●おととさんは否定的でした「起こせミラコー!」の大コール
●USAファンにならった、PMUの「スリー・ツー・ワン」の大コール

はあったのでしょうか?
どうでもいいのですが、それだけがちょっとだけ気になっております。


uncleさん、コメントありがとうございます。


大阪ドーム2days終わったようですね。

アリーナツアーの焼き直しでは決してないことが伝わってきていますね。

これはもう11月3日の期待度はMAXです! いつもおっしゃっていますが、

やはり「万難を排して」でもPerfumeライブは行くべきなんだなと。

いよいよNext stageとなりましたから、あとはもう心安らかに粛々と準備です。色々とね。


ワタシの感じている「ライブ」というのは、基本的には音楽を楽しむ場です。

まずは、大好きなあの曲やあのサウンドを、巨大な空間で爆音で体感することが第一。

そのエモーションのリアクションとして、心の向くままに踊り狂うこと、大賛成です。

ワタシも踊りまくりますし、コールもしますよ!(ご存じのとおり。 (*´v゚*)ゞ )

でもですね、

いわゆるお約束的な、合いの手を打つかのような、「囃し立てるような」コールとか、

音楽の妨げになるようなレスポンスは、

USAのような海外のファンが見せるような、ストレートな感情表現を爆発させるのとは、

ちょと違うのじゃないかと思うのですね。

 
…などと、相変わらずこめんどくさいこと言ったりしますが、

「このさ~きまで!」は、ワタシのテーマソングなので、絶対にお約束どおりコールするのですね。www

あ~、早く一緒に飲みながら語り合いたいですね!
 

おとと様

お久しぶりです。
今ライブの大阪はパスするつもりでしたが・・・・・(^-^;
ダメですね。
最後の最後にチケット手に入れて行ってきました。
Twitterでも呟きましたし、ブログにも上げましたが
久しぶりに超興奮したライブでした。
おととさんが、このライブを体験したら分かると思います。

大阪は、何処にも行かず即帰ってきたのですが
心残りがあるとすれば「炙りみたらし」を食べたかった。

名古屋は、東京からもかなり遠征しに来る人がいるでしょう。
すごく、たのしみにしています。

福岡は、かなり大々的なキャンペーンを行っていますが
チケットが伸び悩んでいるのかなと,勘ぐってしまいます。

PerfumeSubway、これペイントしてあるのでしょうか?
ぜひこれにも乗ってみたいですね。

では、名古屋でお会いできるのを楽しみにしています。


neccoさま、コメントありがとうございます。


大阪京セラドーム参戦お疲れさまでした! 3会場制覇、素晴らし~。(拍手)

neccoさんのような猛者でも超興奮だったということは、もう間違いないということですね。

ワタシは知っておきたい派なので、その他知り得る全てのサイトで情報収集しています。

心の準備は固まりました。あとは体調と荷物の準備を徐々に作っていくのみです。

名古屋では(毎度ですが)ゆかりの地巡りも画策していますので、

もしスケジュールよろしければご一緒できるとイイですね!


やっぱそう勘ぐってしまいますよね?! ワタシもそう思います。

地下鉄ラッピングもそうですし、(あ、ペイントではなくラッピングとのことですね。)

ラジオキャラバンものっちの福岡が一番出演数が多かったように思いますし。

ま、実際まだ残席あるようですし。今回は首都圏がなしですから、仕方ないかなと思います。

中高生やファミリー層は、おいそれと遠征できない方も多いでしょうからね。

でもワタシは、少な目の席数でSOLD OUTして見栄を張るよりも、

多少空席が残っても、行きたい人がもれなく行けるような販売数にしてもらう方が

ファンに優しいのじゃないかな、って思いますね。

それで多少単価が上がったとしても、

Perfumeのライブはそれを裏切らない内容で魅せてくれるでしょうからね。


ぜひ千秋楽福岡の感想を後で聞かせてくださいね。

まずは次回名古屋でお会いしましょう!
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/68069773

この記事へのトラックバック一覧です: Break new ground  Seek new field @OSAKA:

« 宇宙旅行の最終章にやってきた 「太陽と星」 | トップページ | 最高の音楽体感する日が、いよいよ迫ってきた! »