フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« PENTATONIX × Perfume | トップページ | いざ 亜米利加へ、 香水侍見参! »

2016年8月13日 (土)

♪ ロンドンドンドンドンドンドンドン……

 

 

2014年10月~11月に行われたWT3では、

約半月の内に4か国5都市を巡ったということで、

特に後半の LA ⇒ LON ⇒ NY の行程はかなりの強行軍だったので、

Perfumeのみんなは、体調管理はだいじょぶじゃろかと、

当時、エア参戦していたボクらもなんとなくドキドキしてみていましたが、

映画 「WE ARE Perfume」 で時系列に沿って、各国各空港への到着の様子を見ると、

改めてPerfumeさんたちは本当に、世界を飛び回る人気者になったのだなぁ… 

って、しみじみと思っちゃいますね。 (u_u。)

 

で、その到着時の際の映像が、

もうすっかり WAP のイメージソングとなりました(?) 「Expectation」 (=「期待」) に乗せて流れますが、

輸送機械や交通インフラにも執着しているオッサンは、

心の中でニンマリしながら見ていたのですが、

ビデオ副音声では、「あの飛行機は、実際Perfumeが乗っていた便を撮影したもの」 であったことが明かされ、

まさに、 

 あ : 「普通の素材でいいものを!」 ww のとおり、

佐渡監督始め、制作スタッフさんらのご努力と

細かすぎるこだわりがハンパないことに、驚きましたね。 w(゚o゚)w

 

 

でだ、 

こちとら細かすぎるマニアとしましては、

「それホンマかいな!?」 って思っちゃったもんですから、

例のごとく、ちょっと探ってみました…。

 

 

 

基本的に航空機は、

 か : 「外に何便って書いてないじゃん?」 って、相変わらず的確に指摘されているとおり、

電車・バスのように、車体前面や側面に行く先の表示板があるわけではないし、

航空会社の共通デザイン、カラーリングはあるにしても、

路線や種別ごとに異なるわけではない。

また、

 あ : 「大体ここから入るじゃろって…」 って言っていますがホントそうで、

航空機の離発着は、その時の風向きやトラフィックの混み具合などで、

使う滑走路や到着時刻なんてのは、ガラガラ変わっていくものですからね。

マジでちゃんと押さえようとしたら、機材型式を判断できる知識や

航空無線を傍受できる装備や知識が要るでしょうね…。

 

 

はい、ということで、

ではまず、

2014.10.31の台湾公演に向かう、東京 ⇒ タイペイ の便から。

映像に映る航空機はこれですね。

 

 

 

   1b787_taipei001_2


この機材の特徴は、

もうまずなんといっても、「操縦席窓の形状」 ですね。

これだけでもう決まったようなもんです。

この一体的で滑らかな感じは唯一ですから。

それと、「主翼の先端の形状」 とその 「しなり具合」。

ダメ押しは、ランディング・ギア主脚の車輪が4個ずつであること。

 

…ということで、

これはボーイング社製の 「B787」 で決まりですね。

 

そして次に便名について。

映像では、到着出口でお迎えのファンに手を振る3人の背後に、

到着便を示すサインボードが見えます。

 

   2b787_taipei002

 

これを見ると、Perfumeが乗ってきたのは、

羽田発 全日空1187便か、長栄航空2177便のどちらかで間違いないでしょう。

 

   2b787_taipei0022

 

でどちらか?

長栄航空とは いわゆるエバー航空のことで、台湾の航空会社ですね。

そして先ほどの機材の映像を見なおしてみると、

機体の下面はグレーかシルバー系の塗装であると見えます。

対して上面は一見すると水色系統のカラーに見えますが、

エバー航空のB787であるとすると、通常のカラーリングは、

 

   2151015_78710_eva_016402

 

このように下面はグリーン系色で ノーズ先端よりも上部まで塗られていて、

かつ細い赤色帯が巻かれているから、

この映像の機体はエバー航空ではなく、全日空であると推測されます。

本来全日空機の上面のカラーリングは、白地にブルーのラインですが、

映像の機体上面の水色は、おそらく澄み渡る空の色が反射していたのであろうと想います。

 

じゃあ、乗ってきたのは ANA1187便 であるとすると、

その機材は何だったかということで、当時の時刻表を紐解いてみますと…、

 

   1141002_ana_in_jikoku_imgs00042

 

確かに、タイペイ着15:50のNH1187便の機種は、「788」 (=B787-800型という意味) とありましたので、

照合できました!ww  結果、

 

「あの映像に映る飛行機に、Perfumeは実際に乗っていた!」 

 

…と立証できました。 わ~い!ww

 

 

 

さて次です。

 

次は本来、11.02シンガポール公演ですが、この時の空港での映像は収録されていませんでしたので、

その次の、11.09ロサンゼルス公演へ向かう、東京 ⇒ ロス便をみてみましょう。

 

この飛行機ですね。

 

   3b777_to_la002

 

これももう、マニアな方にとっては一発必中ですね。

この、明らかに大型機であることを感じさせるオーラ、

機体先端上部の 「おでこ」 がシュッと下がっているところ、

機体の後端 「お尻」 が角ばっている形状、

そして、ランディング・ギア主脚の車輪が6個ずつであること、

…という特徴から、

 

これはボーイング社製 「B777」 で良いでしょう。

 

しかも主翼より前方部が短いことから、客席定員の少ない 「B777-200型」 ですね。 

そして航空会社はカラーリングから、Perfumeのオフィシャルスポンサーとなった、

デルタ航空であることは明らかですね。 スゲ~、カッケ~な~!

 (でもザンネンながら、以前妄想したような、Perfume特別ラッピング仕様ではなかったですね。)

 

次に便名の特定ですが、

この時の到着便のサインボードの映像を見ると、

 

   4b777_to_la003

 

このように、東京から来たデルタは DL636便であったと推測できます。

映像の風景からも、日が傾き始めている時間帯な感じですので間違いないかと思われます。

そうしますと、また便名と機材を照合してみます。

デルタの当時の公式時刻表にたどり着けなかったので、

代わりにこれは、ある航空ファンサイトのページから拝借したのですが、

 

   3dl636_201411_jikoku

 

これによると何と、DL636便の機種は B777-200 ではなく、

B767-300 という表示でした!

これはムムム…? ですね。

B767-300というのは、B777よりも一回り小さい機種で、

B777とは共通部品が使用されていたり、全体の雰囲気は似ているが、

上記の特徴はないから、映像の機体はB777で間違いない。

 

ではなぜ違ったのだろうか…  妄想を膨らませてみる…。

 

ひょっとすると、

DL636便は、通常はB767による運航であるが、

この日は 「Perfume WT3 ご一行様」 が初めてご搭乗されると。

チームの皆さんも一緒に乗るとすると、搭乗する人数も数十人単位で多くなる。

そしてなにより、Perfumeの3人が長旅でもゆったりとくつろげるように、という心遣いから、

通常のB767よりも大型で新しい、B777を仕立て上げた…

ということだったのかもしれませんね…。

 

 

 

では次の旅程です。

 

実際はロスの次は、一旦帰国せずにそのまま 11.12のロンドンへ、ですが、

ここも映画には収録されていなかったので、

その次の11.15のニューヨーク公演へと向かう、ロンドン ⇒ ニューヨーク の便です。 

通常的には、ロンドンの国際線はヒースロー空港発、

ニューヨークはJFK空港着であろうという前提で進めます。

 

まずは映像の飛行機から。

 

   5a320_tony001_2

 

これはなかなかムズいですねぇ。

あたりは暗闇で機体がはっきり見えません。

でも航空会社は、識別灯に浮かび上がる尾翼のデザインとカラーリングから、

スポンサーであるデルタ航空であると断定できます。やはりここでもご提供頂いたようです。

 

そして機材ですが、

機体全体と各翼の長さとのバランス、

主脚の車輪が1個ずつであることから、

小型機であることが推察されます。

とすると選択肢としては、ボーイング社製 「B737」 系列か、

あるいはエアバス社製 「A320」 系列のどちらか。

で、さらに目を凝らして視る…。

 

と、 まず垂直尾翼の底部の形状、

それから、機体後端部 (テールコーン) の長さ、

そして、主翼取付位置がなんとなく前寄りにあるような雰囲気から、

 

これは、エアバス社製 「A320」 である、と推測されます。

 

客席数は約160程度、通路が1本の小さい機材です。

ですが、そうだとすると、

この小型機を、ロンドン-ニューヨークという、

世界でも屈指の重要路線で使用するのであろうか…?

という疑問が湧いてきます。

確かに、例えばANAでも、

東京-アジアの国際線では小型機のB737系列を使用している路線がある。

でもさすがに、大西洋横断路線では、小型機の航続距離ではキツイのではないだろうか…。

客席数だって、Perfumeチーム全員が乗るには、ちと少なすぎるか…

 

そんなことを想いながら、便名の確認をしてみる。

 

   6a320_tony002

 

空港の到着モニターの映像に映っていたのは、デルタ航空DL3便でありました。

この番号を見ても、この路線が最重要路線であることが推察できますね。

 

そして時刻表の確認をする。 これも航空ファンサイトから拝借。

 

   4201411_lony_dl3_timetable

 

すると、

到着時刻は20:45ということで、確かに映像でも夜であったから、この便で当たりであろう。

 

そして使用機材であるが、DL3便の予定機種は 「B767-300」 であった。

 (ちなみに、winglets とあるので、燃費を向上させた国際線用機材であることが分かる。)

やはり小型機ではなく、効率性を上げるため近年国際線でも使用されている中型機であった。

これはこれで、異論のないところですね。

 

…となると、

 

あの映像の飛行機が、Perfumeが本当に乗っていた便であるかどうかについては…

 

 

 

謎となりました!!ww

 

 

 

これ以上は追及しません。

 

はは、ははは…

 

 

 

……

 

 

 

ということで、

 

Perfumeは 探求すればするほど、

うわっ!スゲーな! って気付くことがあり、 と同時に、

また新たな疑問が湧いてくるものだなと…

 

 

あ~、なんて楽しい!!!www

 

 

 

 

 

    5fda_e175_gold2_2

    これに乗っていきたいな~!

 

« PENTATONIX × Perfume | トップページ | いざ 亜米利加へ、 香水侍見参! »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

なんと、マニアックな記事でしょうか。
私なんぞは、旅客機は皆同じに見えますけど、さすがジャンボだけは分かります。
ここに掲載された、旅客機は映画に写っていたものですよね。
わざわざPerfumeの乗った飛行機を撮っているとは思えませんが。

巷では、国民的グループの解散劇で騒がしいのですが、何とも日本的な「お家騒動」ですね。
Perfumeはそんな「お家騒動」とは別次元だと感じますが、彼女たちが同じことを言い出したらどうなるでしょうか。
なんて、記事と関係ないバカな事を考えているのと、オリンピックで熱くなっている、この頃です。

それと、大阪も行く事にしました。
とことん、アホだな。

neccoさん、コメントありがとうございます。


今回のテーマの出どころは、映画のDVD&BDの副音声でPerfumeが「佐渡メモ」として、

「あの映像の飛行機は、実は実際にメンバーが乗っていた飛行機である」

というコメントがあったからなんですね。わざわざですよ。

で、ワタシも「そこまでやるかぁ!?」と驚愕したと同時に、

若干疑問があったので掘り下げてみた次第です。(笑)

で、結果的には最後の一つは「??」、判断不能となりました。

飛行機の映像もしくは到着モニターの映像に撮り違いがあったかな… とふんでいます。

ま、それ以上は追及しませんけどね。


SMAPの件、やっぱどうしたって「もしPerfumeだったら…」って一瞬よぎりますよね。

Perfumeって、人気度からすると、いわゆる国民一般的な人気者ではなく、

それほど多くはないが、本当に深く好きでいるファンに何とか支えられているぐらいの人気だと思うのですね。

あとは、世間一般的には、女性「アイドル」は年齢を重ねたら「卒業する」もんだという、

全く悪しき固定観念がありますから、(音楽性で語られないからです。)

ここまでの騒ぎにはならないと思いますね。

ま、それ以前に、彼女らがP.T.Aを始め、ガチなファンに向けて何も説明なしに

そういう発表をすることは100%ない、と思っていますけどね!


大阪いいですね! 終わった後でまたお話聞かせてくださいね。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/66986833

この記事へのトラックバック一覧です: ♪ ロンドンドンドンドンドンドンドン……:

« PENTATONIX × Perfume | トップページ | いざ 亜米利加へ、 香水侍見参! »