フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 事実は小説よりも感動なり… | トップページ | 「Pokémon GO」 と 「OK Go × Perfume」 は、なんか似てないか?       …ないっ! ww »

2016年7月18日 (月)

ステージには魔物が棲んでいる… w(゚o゚)w

 

 

2014.11.12 に行われた、Perfume WT3 ロンドン公演で、

またもや のっちさんの身に降りかかった事件…

 

その事件については、当時のリアルタイムにおいては

ワタシが記憶する限りでは、ネット上にもそんな話は全く伝わってこなかったから、

まさか、そんなハプニングがあったなんて、

それこそ、映画 「WE ARE Perfume」 で大公開しなければ、

ボクらは永遠に知ることもなかったでしょうね。

 

でもその結果、これ相当の反響があったのでしょうか?、

今回のビデオの副音声では、

のっちさんの けなげな、そして必死の(笑)弁明がありましたので、

この件につきまして、オッサンも大マジメに検証したいと思います。

だって、公式映像作品でこんなシーンを究明できる機会なんて、

今後はもう、そうありえないことでしょうから! ね。

 

 

では始めます。 

 (忙しくて「WE ARE Perfume」のビデオをまだ見てない方はご注意ください。)

 

 

 

 

のっちさんの弁明によれば、結論から言うと要するに、

Handy Man を披露したのは 「ぐるんぐるんツアー」 以来のことだった、とのことで、

 (いや、そうりゃそうでしょうよ!ぐるんぐるんは2014年の夏でしたから。ww)

その時のステージの、2番からの記憶が体に入っていたから… ということで、

このへんの表現が、天才のっちさんらしいところですが、

つまりこの、のっちさんが客席から見て右へ移動してしまったシーンが、

 

   Handy_man_nocchi_mistake0032

 

ぐるんぐるんの2番の動きであるという。

 

ということで、ぐるんぐるんの H.M をリプレイしてみますと…

 

確かに1番は 「Cling Cling」 のMVを再現した、あの円形ステージ上でスタートしており、

 

   Guruguru_hm100

 

 

そして1番が終わるまでは、一貫してずっとのっちさんがセンターで踊ります。

 

   Guruguru_hm101_2

 

 

1番が終わると最初の間奏に入り、その間に3人は円形ステージを降り、

メインステージへと移動します。

 

 

その後、2番も引き続きのっちセンターで進行していくのですが…

 

   Guruguru_hm1012

 

 

2番の A'メロの 3フレーズ目、

 「♪ なんだか うまくいかないのは…」 のところで、

 

ついにのっちさんが、右へとポジションチェンジするのですが…

 

   Guruguru_hm102

                > Guruguru_hm103

 

ぐるんぐるんのビデオでは、残念ながらちょうどここで、

引きのアングルになっているため、なかなか見えずらいのですが、

コアなファンである皆さんには、確かにのっちさんの移動が確認できると思います。

 

で、そのつもりでロンドンでも のっちさんは右へずれたものの、

 の : 「あ~ちゃんが真ん中へ来ないから…」

と、ひょこっと一旦元に戻ったようですが、

ぐるんぐるんのビデオをよく見ると、ここのポジションチェンジというのは、

あ~ちゃんとのっちがセンターを交換するのではなくて、

あ~ちゃんを固定し、後方の のちかしが右へ移動することで、

結果、あ~ちゃんがセンターになる、という動きをしているので、

のっちさんのぐるんぐるんの記憶の半分がすでに……   のようです。ww

 

そしてぐるんぐるんでは、そこからサビへは か : あ : の のポジションで進行し、

 

   Guruguru_hm105

 

 

サビ後の2回目の間奏では、

 

   Guruguru_hm107

 

センターのあ~ちゃんと両サイドののちかしは タイミングずらして踊ることになるため、

 

ここでどうしてものっちさん、

「このままアタシがセンターにいたらマズイ!」 ってことになったのでしょう、

 

結果、

 

 

   Handy_man_nocchi_mistake0012

 

このビミョーに移動してみる… ことになったのでしょうね。

 

でもあ~ちゃんは相変わらず真ん中にいかない…

それどころか、逆に、

 あ : 「このままじゃこの素材使えなくなるけぇ、一旦ずれた方がイイよね」 って、

あっちへずれてっちゃうし…    えっ?! (lll゚Д゚)

 

そしてついに、

ここでようやくのっちさん 「2番の間奏と違う…」 と気付いて、

 

   Handy_man_nocchi_mistake0034

 

…となりました。 

 

ですが、不幸中の幸いと言いますか、

さすが、これまで数々のピンチを切り抜けてきたのっちさんは、やはり持ってるものが違う。

つまり、結局のっちさんが2番の間奏と思っていたのは、実は1番の間奏だったわけで、

そこは本来、のっちさんがセンター張ってるべきところだったので、

結果、そのままそこで、奇跡的に踊りに復帰できることになり、

 あ : 「あ、戻ったわ、良かった良かった」

ということで、後半は持ち直すことができたという… 

こういうところも、さすが天才のっちさんたる所以、です。

 

 

…と、これがこの事件の顛末、のようです…。

 

 

 

しかしこうして、そこまで見せることで、

その本番中と、舞台裏で彼女らがどう対応したか、

歌い踊りながらも、あ~かしが異常なまでに冷静さを保っていたことや、

そして彼女らの人となり、

理由を聞き入れて気持ちを分かち合い、

冷静に状況確認し合いながらも、

変に落ち込まないように、笑い飛ばすぐらいの寛容さ…

そういった姿勢が改めて浮き彫りとなって好感をもったし、

逆に言えば、これまでの長い間一貫して、

ストイックなまでに細部に拘った、

完全無比なステージングを積み重ねてきた実績、自負があったからこそ、

こうして 「やらかしちゃった」 シーンも披露できるのだろうし、

Perfumeでもこういうこと、あるんだね、って、

微笑ましく受け入れられるのだな、と思ったのでした…。

 

 

そして、そう考えていると、

今までずっと謎だったことや、また新たな疑問がフツフツと湧いてきます…

 

例えば、

じゃあはたして、

 

「Perfumeはこれまで、ライブ中にガチでコケちゃったことって、ないのだろうか?」 …ということ。

 

不安定であるハイヒールで、あれだけのパフォーマンスをこなすというのがPerfumeの真骨頂であるが、

彼女らも生身の人間、100%完璧に踊り続けることは不可能であろうと思うし、

仮に彼女らが完璧だとしても、

靴のヒールが何かの拍子に折れたりしたことはなかったのだろうか…?

 

ちなみにワタシは、ライブでも映像でも見たことがありません。

 

 

それから今回、H.M を確かめてみて思ったのが、

 

「Perfumeのフォーメイションチェンジっていうのは、一体どれくらいのパターンがあるのだろうか?」

 

…ということですね。

 

これまで発表している曲が、もうすでに100曲を超えており、

その1曲1曲の中でも、目まぐるしいフォーメイションチェンジが行われていますが、

はたして、そのバリエイションは如何ほどあるのか……

もうそれは、宇宙の広さに匹敵するほどの、永遠の課題だと思いますが、

これはワタシのライフワークとして、これからじっくりと、

死ぬまで (笑)

探求してみたいなと、思いましたね……

 

 

 

      Guruguru_hm108

 

« 事実は小説よりも感動なり… | トップページ | 「Pokémon GO」 と 「OK Go × Perfume」 は、なんか似てないか?       …ないっ! ww »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/66562931

この記事へのトラックバック一覧です: ステージには魔物が棲んでいる… w(゚o゚)w:

« 事実は小説よりも感動なり… | トップページ | 「Pokémon GO」 と 「OK Go × Perfume」 は、なんか似てないか?       …ないっ! ww »