フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ついに 「COSMIC EXPLORER」 の序章が始まった…?! | トップページ | 最初はワタシも、 「ん? あやか と あやかぁ?」 って思った… »

2016年3月27日 (日)

う~ん… 先生は確実に、リオ五輪に向けて何かを…?

 

 

テレビ東京系列 「JAPAN COUNTDOWN」 が放送されていない、地方の同士のみなさま、

一緒に見ましょ! ヽ(´▽`)/

 (早速あげてくださったUP主さま、ありがとうございます。)

 

  

 

これが先月の 「Pa! と楽しく遊ぼうライブ! Vol.8」 生配信の、

当日朝まで撮影していたという、それですね。

 

「戦うPerfume 壮絶バトル」 といっても、

「メンバーの中で誰が一番であるかを競う」 なんて、全くそんなことじゃなく、

 

これまでよりもさらに進化したダンス、

一瞬のズレも許されないギリギリのフォーメイション、

 

全ては、 最高にカッコいいミュージックビデオを創り上げるために、

3人で、チームのみんなで挑戦し続ける姿… なのであります。

 

言葉を失うね… ほんと、 感動で言葉が出なくてただただ、胸がドキドキする…!

 

 

でもこのシーンには、マジでヒヤッとしました。違う意味でドキドキしました。

 

   Jcdflashmaking001

 

自称 「運動音痴」 のかしゆか、

でもPerfumeでいる時は、最高のパフォーマンスを求めて、自分の極限まで頑張り続ける…

期待に応えて正確にやり遂げる人だから、

ダイナミックに移動するポジションをいつも任される…。

今回のアクシデントも、そんな最中の出来事だったようです。

大ケガにならなかったようで、なによりでした…。

 

そして、つまづいて飛ばされたかしゆかに、

すぐさま駆け寄って気遣うのっちと、

そんな壮絶な現場だからこそ、悲壮感を出さずに笑顔で場を和ませるあ~ちゃん…

 

人としてどうあるべきか…  人とどういう関係を築いていくべきか…

 

Perfumeからいつも教えられるね…。

 

 

だけどこのシーン、3人の足元を見ると、

あ~かしは黒のスニーカーっぽい靴を履いていて、

のっちはそれすら脱いで、ソックス姿(足袋?)のように見えるから、

これはリハーサルの時だったのでしょうか。

だとすると、本番は当然のごとく全編ダンスヒールで?!

…これは完成版MVが出た暁には、ぜひチェックしなければ!

 

 

あとそれと、

撮影終了直後、背後でチラッと覗いたこのゴールド髪の方、

 

   Jcdflashmaking003

 

   誰ですか?!

 

もっさん??  …にしては服装がちょっとオシャレ風に見えるし(失礼お許しを!)、

背格好雰囲気が違う感じ…。

 

まさか?!

 

ystk氏?!?   

 

…んなわけないか!? 

 

 

撮影現場に来るわけないよね… ww

 

« ついに 「COSMIC EXPLORER」 の序章が始まった…?! | トップページ | 最初はワタシも、 「ん? あやか と あやかぁ?」 って思った… »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
FLASHはLEVEL3以来の傑作で、今年の紅白は早くもこれで決まり!というオオカミ少年的なコメントを最近あちこちでしております。

先日、配信で入手したのですが、まず歌詞が良い。「はーなのいろが、かわれるほどの、なーがいときの」は見事に和歌の7音節。「密度に近くて」は漢語が入るから8音節。どこで七五調を使うか、論理的にキチッと考えて作っています。
メロディも単純だけど、「火花のようにFLASH」で静から動に急展開する。語尾に母音がないから、スパッと切れるんですね。一時期、めちゃくちゃに英単語を差し込む歌詞がJPOPに流行しましたけど、そういうのとは質が全然違います。

なので、楽曲は間違いなしだから、あとは踊りだなーと思っていたら、やってくれましたね!
これってカンフーでしょ?「ちはやふる」とどう関係あるの?という方も多いでしょうが、これぞ正統派Perfume。
というのは、Perfumeの踊りは歌詞内容とズレがあって、それが表現の真骨頂だからです。

ファンの大好きな曲でedge-Δmixがありますが、
「ああそっかで 話きいてないのね」
「I know. oh yeh! say loving you yeh!」
ここの振り付けは「いないいないばあ」なんですよ。ことばで、sey loving you と言っていても、全然別のところに心が行ってしまっている。言葉と身体、建前と内面とのディスコミュニケーションが主題にあって、だからこそPerfumeは「口パク」でありつづけるわけです。
(口パク批判で凄く怒るファンもいますが、こんな事を批判すること自体、表現の本質が見えていないので無視しましょう。)

いまはshort-ver.しか公開されていないので、全体像を把握してからになりますが、今回の曲では自分も久しぶりにいろいろ考えることが出来そうです。思うところあれば何か書いてみます。
ではまた。


おひさまさん、コメントありがとうございます。


えぇっ?!もう紅白の話ですか?! それはまた刹那的ハイスピードで一直線ですね!ww


ホント、歌詞凄いですね!

中田ミュージックの定石で、今作も、音やリズムに合う詞(ことば)をはめていってる感じなのですが、

なおかつ歌詞だけを詠んでも、見事に「ちはやふる」のあの絵、物語の世界を描いている…

ここまで主題歌として物語に沿った歌詞もあまりなかったように思います。もう凄すぎて言葉を失います。

本人もライナーノーツで「サントラが好き」と言っていますが、

例えば、オペラを最先端エレクトロでアレンジした壮大な楽曲なんて創ったら、もの凄いものが出来るだろうな… と思うのです。


踊りも攻めきってますね。カッコいい!

Perfumeの凄いところは、ちょっと真似ごとしてみました、的なもんじゃなく、

本格的に武道、武術の動きのようにやって見せてしまうところですよね。

しかも彼女ららしいダンスとしてのエレガンスさも所々にあって…。 これぞPerfumeですね。


edgeのあの振りは「いないいないばぁ」ですかぁ…。 それは面白いですね。

「言葉で言ってよ!」という強いメッセージを発する曲ですが、

でもそれは同時に「結局、言葉では伝わらないのだよ…」という逆説を感じますね。

そういうマインドを表した振付けなのかもしれませんね。


ワタシPerfumeの音楽を理解するようになってから、口パクという言葉すら思考から捨て去ってますけどね。

口パクって言った時点ですでに、凄く狭い了見でしか音楽をみてないわけです。

あえて、「Perfumeって、しょせん……でしょ?!」っていう愚問に対しては、

「いいえ、ちゃんと歌ってますよ!」と応えます。

その心は…

これを語り出すと朝までかかっちゃいますから、いつかお会いした時にでもゆっくりと… ね!


変なタイミングでuncleです。


ご親切な、どなた様かのおかげさまで、
TV初ON AIRを観させていただきました。

やっぱ、ゆかちゃん始まりの曲ですよ、これは。

あ~のち始まりの画を想像してみましたが、
なんかしっくりこない
(って、ゆかちゃん始まりの曲はすべてそう感じるんじゃろが!)。

3人がバラバラの動作なのに、なぜか高度なシンクロ感を感じる、
というPerfume振り付けの極致ですね。

それぞれが、自分のポジションを守っているから、
いつものような目まぐるしいポジションチェンジはなく、
多分、間奏に入ってからが最初のポジションチェンジ。

「光と影」にプラスして、だから「静と動」。

だから、高度な演舞にも見える。

でも、2番からは、ライトセーバーならぬ「ライト棍」の
戦いの様相になってくるらしい、、、。

そこで、激しい動きとポジションチェンジとが出てくる訳ですか。

そういえば、ベビメタちゃんも「KARATE」ですか。

MIKIO先生、格闘づいてますね。

「KARATE」のPVも観てみましたが、もちろんコンセプトが違うので
簡単な比較はできませんが、さすが、お姉さんたちはしなやかで妖艶です。

でも、「空手」と「カンフー」って?

「極真」と「ブルース・リー」の違いですか?
よくわかりませんが、でも、2つのPVを見ると、
「なるほどね」っていう違いが感じられます。


余談:neccoさんへ

期待の「のっちの延髄蹴り」は出なかった感じですね。
大学時代、プロレス研究会会長だった私から申し上げるなら、
正式には「延髄斬り」でございます。失礼しました!!


uncleさん、コメントありがとうございます。


ゆかちゃん始まりしかないでしょ! この曲は。

いつも冷静キャラさんなのに、ちはやふるの話題になるとあんだけ熱血になるんですから。ww

しかし、映画の試写会で初めて自分始まりになったことを知ってしまうなんて、

つくづく中田氏とPerfumeの関係性って面白い。

プロデューサーとアーティストとして一見つながりが希薄のように見えて、

でも出来上がった楽曲は、ちゃんとキモチワリュイほどPerfumeの内面性を捉えている…。

心は通い合っていますよね。そこがファンとして何よりうれしい。
 
 
そう、3人がバラバラな動きをしているのになぜかシンクロしている…

Perfumeの振付けというのは、3人全体の一瞬の造形を連続的に動かして見せていますよね。

今曲では特にそれが強いですね。

おっしゃるとおり、まさに演舞。こういうのワタシら好きなんですよね~。

まさに胸を一突きされてしまいました!ww


そうそう、KARATEもそうでしょ、あと椎名林檎さんとタッグを組む、ということで、

リオ五輪閉会式の演出に向けて、先生はPerfumeとBABYMETALの今曲の演出を足がかりに、

こういった路線でニッポン、アジアを表現することを画策しているのかな… というのがワタシの妄想ですね。ww



コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/64676195

この記事へのトラックバック一覧です: う~ん… 先生は確実に、リオ五輪に向けて何かを…?:

« ついに 「COSMIC EXPLORER」 の序章が始まった…?! | トップページ | 最初はワタシも、 「ん? あやか と あやかぁ?」 って思った… »