フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ♪ もうすぐ は~る ですねぇ~ | トップページ | ついに 「COSMIC EXPLORER」 の序章が始まった…?! »

2016年3月 6日 (日)

曼荼羅という宇宙へ…

 

 

 

女性の唇、女性のふくらはぎ、女性の目…

女性の髪、女性の指、女性のネイル…

女性の肌、女性の腕、女性のハイヒール…

 

女性のパーツ全てが美であり、

女性の身に纏うものが美であり、

女性の存在そのものが美である……

 

 

 

無知とは恐ろしいもので、

Perfume NEW ALBUM 「COSMIC EXPLORER」 のジャケット写真を最初に見た瞬間は…

 

 

   Cosmicexplorer_limited_2

   Cosmicexplorer_nomal_2

 

「ギョッ」 とした…

 

 

吉田ユニ氏…

何者だよ?!って、猜疑心を抱きながら

彼女のアートワークサイトを覗きに行ってみたら…

 

 

 

 

   Img022_2

 

   Img072_3

 

   Img10_3

 

   Img112

 

スゲェ! ヤベェぞ!! この人。

 

 

そこにあるエキセントリックなアートの数々に、

ブルブルブルブル震えた!…

 

女性のパーツを使って記号化したり、

あるいは、衣装を身に纏った女性全体を一つのパーツとして、

全体のグラフィックにはめ込んでアートにする…

女性そのものをアートとして捉え、

さらに女性の在る構図、空間をアートする…

 

 

そして、吉田氏の 「COSMIC」 の表現とは、

 

Perfumeを美しい星々として捉え、

内なる宇宙 = 曼荼羅 に散りばめた…

 

…そんなイメージでしょうか……?

 

 (そういえば、のっちはそういう図柄が好きだ、と言っていましたね…)

 

 

これまで関さんが描いてきたPerfumeの美しさは、

もうボクらの直感に響くもので、ハズレのない確かなものだが、

今新たに、吉田ユニ氏という、関氏や中田氏や真鍋氏らとも同世代の、

恐っろしく先鋭的な感性を持つ女性アートディレクターと繋がったことによって、

これまでとまた違う、Perfumeというアートの可能性を魅せてくれたな…

って感じましたね…。

 

 

そう思うと、今回のジャケット、

むしろ、もっと 「やり込んでも」 良かったのでは… とも思えてくるのですが、

そこはあくまでも、Perfumeの音楽作品であり、

彼女らそのものの存在感、

彼女らが培ってきたシンプルな美しさやクリーンさや、

ポップさに主眼に置いて、

最終的にはPerfumeらしい世界観も感じられるものにした…

…のかもしれませんね…。

 

そしてこれが、「COSMIC EXPLORER」 のミュージックが描く世界とどう繋がっていくのか、

また、吉田氏とのタッグによって、ファッション系ブランドとの怒涛のタイアップを予感させるし、

 (ま、地方のオッサンは蚊帳の外でしょうが… )

 

俄然楽しみになってきました…。

 

 

« ♪ もうすぐ は~る ですねぇ~ | トップページ | ついに 「COSMIC EXPLORER」 の序章が始まった…?! »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。

このところのPerfumeのキーワードといえば「World」。

それが、「STAR TRAIN」で「遥かなユニバース」ときた時に
ちょっとだけ違和感を感じて、でも、銀河鉄道だから、いいのか、
って思ったのですが、

今回「COSMIC EXPLORER」と聞いて、
「World」を飛び越えて、次は宇宙な訳ね、
って、なんとなく腑に落ちて、

でもその時、イメージとして浮かんだのは、
私も当時好きだった、ELOのこんな感じ

https://www.facebook.com/Perfume.global/photos/a.369369783088135.91159.369369099754870/1203110579714047/?type=3

ジャケットは、宇宙服を着た3人が、宇宙船につながれて、
宇宙遊泳をしている、といった、まぁ、漫画のような絵を想像しまして
(なんと、乏しい発想力、、、)。

しかしながら、こうきましたかぁ、、、、

宇宙は宇宙でも、天文学的な宇宙というより、宗教的な精神世界の宇宙、

世界を広げていくというより、逆に内なる世界に深く深く入り込んでいく
というか、それを「探検者」として探索していくわけですね。

曼荼羅でもあり、万華鏡のようにも見える。

Perfumeの「万華鏡世界」はいままでも、十分に感じてはいますが、
今回さらにその深化した万華鏡を期待したいと思います。


uncleです。

スミマセン!

先のコメントで、なんか貼り付けを間違えました。

貼り付けたかったのは、ELOの「アウト・オブ・ザ・ブルー」
というアルバムのジャケット写真です。

訂正させていただきます。

uncleさん、コメントありがとうございます。


Electric Light Orchestra、存在は知ってましたが、

楽曲は特に好みということもなかったので知りませんでしたが、

ワタシも COSMIC EXPLORER のジャケットは、スターウォーズ系のSFチックなものだろうと想像していまして、

見事に今回も想像を超えてきましたね。

Perfumeは決して、ワタシらが容易に想像できるような回顧主義的なものは出してこないですね。

して、これが宇宙か?! ってのが初見の感想だったのですが、

よくよく見ていると、これ宇宙に見えてきました。

背景はブルーだし、散りばめられているのは、Perfumeのアイコンをモチーフにした星々ですよ、恐らく。

かしゆかなんて、宇宙に向けて発射してしまってますよ!? ww そう見えません?

記事に貼った画像以外の作品も見てみてください。今回のジャケットと共通するイメージの作品がたくさんあり、

まさに吉田ユニ流のPerfume・COSMIC EXPLORER ですね。
 
ま、でも、これが好きかどうかについては別の次元の話ですけどね… (^-^;


ともあれ、パッと見よく分からない、でも分かる人には分かる、

分からない人でも、よく調べて考えてみると「!」って気付く奥深さ、

それがPerfumeですね!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/64309472

この記事へのトラックバック一覧です: 曼荼羅という宇宙へ…:

« ♪ もうすぐ は~る ですねぇ~ | トップページ | ついに 「COSMIC EXPLORER」 の序章が始まった…?! »