フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 曼荼羅という宇宙へ… | トップページ | う~ん… 先生は確実に、リオ五輪に向けて何かを…? »

2016年3月20日 (日)

ついに 「COSMIC EXPLORER」 の序章が始まった…?!

 

 

Perfumeの楽曲のネット配信っていうと、

真っ先に思い浮かぶのは、ケータイの配信スタイルがまだ 「着うたフル」 だった時代の、

2006年 TSPS が最初でしたが、

その後ワタシがファンになってから以降も、

NF とか ポイント とか 1mm とかちょこちょこありましたが、

基本的には、NEWシングルやNEWアルバムの先行プロモーション的意味合いであって、

しっかり音に拘っているPerfumeは、その後ちゃんとCDに収録してくれるので、

今まではあまりダウンロードには乗っからなかったワタシでした。

なのですが、今回のFLASHでは、

ちはやふる作者末次さん描き下ろしのスペシャルジャケットが付いてくるということで、

「これはもらっとこう!」 と思い、乗っかってみました。

 

で、今回購入してみて今さら気付いたのですが、

ダウンロードってのは、当然ながら、

 

売り切れ!ってことがない! のですね… ww

 

それと、1回購入すると無料で再ダウンロードが可能である、 ということ。

これは結構便利、効率的なんだなぁ…。

 

で、例の、2015年アニバーサリーライブ3:5:6:9を彷彿とさせる 赤い衣装のPerfume、

3人の顔の雰囲気をよく捉えた (でもなぜか瞳の色はグリーン… )

淡いタッチの、綺麗なイラストのジャケットをいただきました。

 

でもやっぱり、ディスプレイ上だけの画像というのは、

ワタシら、モノを手に入れることに喜びをヒシヒシと感じてきた世代にとっては、

どうしても (文字どおり) 物足りなくて、

 

自分で作っちゃいました! 

 

   Dsc_0106

 

裏ジャケットはネットニュース画像から拝借しまして、

ディスクラベルはマンガの表紙から…。

 

   Dsc_0107

 

う~ん、やっぱモノがあると落ち着くなぁ~… ww

 

 

でもさ、

CD-RとかCDケースとか、ジャケットやラベル用紙とか、

プリンターのインクとか、材料だけでも費用が \1,000 近くかかるわけで、

実際にレコードレーベルから販売されるCDならば、

それに加えて著作料やらデザイン料やら広告費やら諸々あるわけで、

そう想うと、

世の中の 「モノの価格」 っていうのは、大体巧く出来てるんだなぁ… って、改めて思うし、

ましてや、その利益で何十人もの人の生活の糧を生み出すには、

やはりそれ相当の 「数」 が売れなければ立ち行かないのだなぁ…

って、思うのですね…。

 

 

ともあれ、 肝心の新曲 「FLASH」 です。

一足早く、ビットレート320kbpsで聴きました…。

 

 

いやいや、不思議だなぁ… Perfumeの楽曲は。

 

ホント毎回感じますが、

最初にCMでチラッと聴いた時から、

次にFMラジオ電波で聴いて、

そしてダウンロード版を聴いて、

同時に歌詞もネットに上がっているので、

 ( http://www.uta-net.com/song/203491/ )

歌詞も見ながら聴いていくと、

どんどん印象が変わっていきますね!

これ、 ジワジワと良くなってきました!!

 

歌詞全体のストーリー観は、競技かるた部を舞台にした映画に沿ったもの、と想わせます。

勝負の瞬間の緊張感、札の読手が発する 「音」 に意識を研ぎ澄ませ、

そして次の刹那に放たれる 電光石火!!!

 (しかし、この歌詞の音割りの斬新さ、カッコ良さはなんなんだ!?)

 

そして、

サウンド的には、歌い出しの Aメロ こそ、いにしえの雅な世界をイメージさせるも、

続く A'メロ 以降からサビへの広がり、浮揚感、飛翔感、煌めき…

 

これはなんだ!?

 

それはもはや、競技かるたの世界感からどんどんと離脱していって、

 

これはそう…

 

これは間違いなく、まだ見ぬ 「COSMIC EXPLORER」 のギャラクシー…

突き進む宇宙艦隊の一翼を担っていることを連想せずにはいられない…!

 

いにしえの和の世界から、 無限のコスモスへ…

ありえないスピードで連鎖していく…

 

 

いや~… これはますます、

CD版フル音源と、さらに Album-mix にも期待が膨らみますし、

そして振付けも合わせて聴いて、さらにその先のライブへと…

 

これだからPerfumeは、やめられない!……

 

« 曼荼羅という宇宙へ… | トップページ | う~ん… 先生は確実に、リオ五輪に向けて何かを…? »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。


さっき、観てきました、「ちはやふる」。

「モテキ」すら劇場では観なかった私が、

まぁ、単に、長澤まさみさんには今一つ食指食がわかないが、
(ファンの皆さま、ごめんなさい)
広瀬すずさんなら、、、ってこともありますが、

FLASH聴きたさで何度も繰り返し観た予告編にどっぷりはまったこともあり、
もともと、青春群像的な映画が好きだったこともあり、


普段だったら、ギリギリにしか席につかないのに、
今日はかなり早めに入って、館内にリピートする主題歌に
心地よく体を揺らしながら、


いやいや、歳とって涙もろくなったじじいには、
広瀬すずさんの、無邪気な笑顔や、一瞬の美しさや、
スイッチ入った真剣な表情や、とにかく、いちいち涙しておりました。


原作は読んでおりませんが、内容的には、よくある展開の「文科系部活
青春ストーリー」なのですが、それに、三角関係要素が絡んでいるところが良く、

私が、現在日本でNo.2キュートだと思っている広瀬すずさんなので、
(No.1はもちろん、、、)、53のじじいが、太一君に感情移入してしまい、
「なぁ、太一よ、つらいなぁ、、、」なんて思って、また涙してしまう始末で、、。


そして、帰宅後、速攻で配信購入しました!

当初、どうしようかなぁ、と思っていたのですが、
映画版、配信版、アルバムMIX、と3種類あると聞けば、
買わない訳にいかない。

そして、さっき、おととさんのおっしゃるように
歌詞を見ながら、繰り返し聴いて、
映画のシーンを思い出しながら、またまた目頭を熱くしております。

正しいサントラの聴き方です。


古風な百人一首の世界に、電子的音楽って、どうなん?

なんてことは全く感じさせないすごさは、
さすが中田さんの節操のなさ、です。

かるたを取る動作を「FLASH」に例えるあたりが
(ほかにも掛けた意味があるのかもしれませんが)、
まぁ、なんとも絶妙で、正に、この映画における
最も印象的なところでもあり、
(そういえば、capsuleのベスト盤も「FLASH」でしたっけ?)
Perfumeの魅力の一つでもある「緩急」につながる部分でもあります。


主題歌ということで、エンドロールと一緒に流れる訳ですが、
惜しむらくは、劇中歌として、クライマックスシーンでも
流れてほしかったな、と。

そのように使われたとしても、全く違和感のない、
非常に優れた映画音楽であります。

調子に乗って、随分な、駄文・長文でした。
スミマセン、コメントも「FLASH」を心がけねば、、、、。

X68Kです。

私は忙しさもありまだ見ていません。
映画、仕事がもう少し落ち着いてから見に行こうと思っております。

私はNETで漫画の「ちはやふる」15話まで観ました。
夜中に2時ごろまで一気に見てしまいました。

見たことのない世界で面白かったです。

広瀬すずさんもこの映画の予告を見てから好きになりました。

「まぶしいほどの情熱に! 一途な思い!」

この言葉だけでも胸が熱くなります・・・。

ところでこの「FLASH」の歌いだし・・・♪花の色が・・・

誰の声? あ~ちゃんですか? のっちですか? まさかゆかちゃん?

私わかりません。教えてください。


uncleです。

ちょっと、割り込みさせていただきます。

そういえば、そのことも書こうと思っていて忘れておりましたので。

歌いだしは、一瞬、あ~ちゃんかなと思いますが、
実はゆかちゃんです。

最近、あ~ちゃんスタートが多かったので、
久しぶりのような気がします。

ゆかちゃんも、とても喜んでいましたね。
なにせ、原作を一番愛していたのはゆかちゃんでしたから、
よかったなぁ、と。

まぁ、私も、ゆかちゃん始まりの曲はすべて好きですが、、、、。

uncle様

そうですか~ゆかちゃんでしたか。
じっくり聴いても何度聴いてもゆかちゃんの声とはちょっと違うような気がしました。
でも・・・

あ~ちゃんでもない・・・のっち・・・でもないような・・・

うーーーーーーん。やっぱりゆかちゃんかな?

と思い始めていました。

uncleさん、コメントありがとうございます。レス遅れましてスミマセン。


映画見られたのですね~。確かにuncleさんは青春ものお好きでしたね。

ワタシまだなんですね~、実は。我が家は今年ダブル卒業&進学なもので、

3月は土日も大忙しで、ヒマなしです。 (;;;´Д`)ゝ

それと、ちはやふるはワタシはマンガから入りましたが、

大体今までは、実写映画は原作を超えることがないようなイメージがあるので、

(マンガ・アニメは究極のファンタジーですから。)

そのこともあって迷ってますね。

原作はそれほど恋愛要素は多くなくて、競技かるたのコアな部分をかなり描いているマンガなので、

なんか、映画だとムリに恋愛要素加えてるんじゃ…、とか、勝手に悪妄想してます。 ( ̄Д ̄;; 

そしてやっぱりFLASHはエンディングのみですかぁ…。それも予想どおりですね。

そんな感じで、映画に行くのはも少し悩むことにしまして、

この曲は、マンガのイメージだけでもしっかりとシンクロしますね。さすが神です。ww

それでいて、ニューアルバムにも入るということで、宇宙探検的要素も想定しているように思いますね。


いえいえ、uncleさんのコメントは一手一手が(=一行一行が)フラッシュ!(ごとき切れ味)ですから、

どんどん繰り出してくださいませ!!ww


x68kさん、コメントありがとうございます。レス遅れました~。m(_ _)m


アニメ版はワタシもネットで少し見てます。(消されていないものだけですけどね。)

アニメ版のイイところは音楽や効果音が足されて、

ちはやふるは良いBGMがついていてそれが感動をプラスしますね。

あと色がつくところがイイですね。


そしてFLASH、歌い出しはuncleさんおっしゃるとおり、かしゆかですね~。

いや、でもx68kさんのお話を読んで、また聴き直してみたんですけど、

確かにこの曲のかしゆかは低音パートが多く、鼻声かかってる感じがしますので、(風邪気味だった?)

あ~ちゃんっぽくも聴こえるし、のっちっぽくも聴こえます。同感です!

なんだろぅ… もう15年も一緒に歌ってると、歌声まで似てくるのでしょうか?!


ともあれ、かしゆかを歌い出しに持ってきてくれた神ヤスタカさんの、心意気、ハートフルさに、

それだけでも胸熱… ですね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/64553104

この記事へのトラックバック一覧です: ついに 「COSMIC EXPLORER」 の序章が始まった…?!:

« 曼荼羅という宇宙へ… | トップページ | う~ん… 先生は確実に、リオ五輪に向けて何かを…? »