フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Perfumeのトリセツ (…今後も改訂予定あり。) | トップページ | 好きな心は 止めどなく… »

2016年1月26日 (火)

あの大きな玉ねぎの下の屋根は、サーカステントのようにも見えるね…

 

 

 

「近ごろ人気急上昇中のPerfumeさんですが、

 

ファンの方々というのは、そのライブビデオを、少なくとも5回は見るのだそうです…。

 

まずPerfume3人の全体に視線を配って見て、

 

次はあ~ちゃんの動きや表情に注目して見て、

 

それからかしゆかに視点を集めて見たり、

 

また のっちを追いかけながら見たり、

 

そして、ビジョンに映し出される映像やレーザー、

 

機構などの演出全体を見渡しながら見るのだそうです。

 

さらに、時折映るお客さんの様子まで凝視して6回目を見る人もいるそうですが、

 

その見る順番は、人それぞれお好みがあるようです。

 

 

 

とにかく見所がいっぱい、とても一言では言い表せないのがPerfumeのライブビデオ、とのことです…。ww」

 

 

……

 

 

⊿ 正八角形の日本武道館アリーナの真ん中にメインステージを据え、

自身初の、客席がぐるりと取り囲む、常時360°視点でのライブとなった 「LIVE 3:5:6:9」 、

今回のビデオは、その特徴が存分に発揮された映像作品だと感じました。

例えばカメラアングル、

ワタシがいたday5の1F東スタンドのすぐそばにも1台いましたが、

カメラが四方八方に配置され、どのカメラからもステージが近くて、しかもその距離が均等だから、

3人のアップのアングルも、引いて全体を映すアングルも、どれもクリアで質に差がない。綺麗。

特にこのような、

 

   2015_p10_3569_001_3

        2015_p10_3569_001_5

 

3人をサイドから狙ったアングルで、これほど手に取るようにクリアな映像はなかったように思う。

舞台袖という、撮影の自由度からすれば障害となるようなものがないがゆえ、ですね。

こういうアングルに、Perfumeを象徴するようなカッコよさ、美しさが表れていて、ワタシは好きです。

 

また、ライティングやレーザーの演出も、

四方八方から近距離かつ等距離でステージに照射されるからか、

一つ一つの光源、色彩が鮮やかでかつ質に差がなく、全体の一体感を感じます。

特に今回は、パープルや濃いイエローが印象的でしたね。

 

   2015_p10_3569_pm001

        2015_p10_3569_pm003

 

一体感と言えば…、

四方八方から飛ばされるライティングやレーザーが、対面のスタンド面まで届いていたり、

逆にセンターから外側に向け四方八方に飛ばされていたり、

銀河や花や図柄などのプロジェクション映像が、意図的にドーム型の天井に映し出されていたり、

とにかくなんかもう、武道館の内面の壁と床、全部を使って、

ステージと客席が一つのま~るい映像空間になったような、

ものすごい一体感を感じるライブだったと感じます。

これまでのアリーナライブやスタジアムライブの感じとはまた違う、

2008年の武道館ライブとも違う雰囲気、空間…

 

これって…  そう…

 

これが サーカスのような… ってこと?!! 

 

かな?! あ~ちゃん!

 

 

⊿ あ~ちゃんといえば…、 いや、あ~ちゃんのみならず、

今回のPerfumeのお三方について、

以前のライブだと、トレーニングやリハーサルで根詰めるからか、はたまた緊張感からか、

ライブ序盤は、体調が心配になるぐらい  「ちょっと落とし過ぎなんじゃぁ…」  と感じる状態が多かったですが、

今回の映像を見ると、

あ~ちゃんの頬のこけ具合や、

のっちの太ももの締まり方や、

かしゆかの肩から上腕にかけての筋の入り方などから、

3人とも若干ふんわりした感じ、 ほど良い 「まるみ感」 があって、

まさに 「脂がのった状態」 のようで、

今回のライブは凄くリラックスできていて、心身ともにとても良い状態だったのかな…

…なんて想いました。

 

 

      2015_p10_3569_010

 

 

……

 

 

…ということで、

ブルーレイ 『Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP「LIVE 3:5:6:9」』、

ようやく1回目を見終えましたが、

今作もまたもやライブビデオのBestが更新されました。

もうすでに、心がウルウルに潤っていますが、

2回目、3回目…と、さらに見て楽しんでいきたいと思います…。

 

« Perfumeのトリセツ (…今後も改訂予定あり。) | トップページ | 好きな心は 止めどなく… »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです

私もDISC2から観たクチですが、
本編も、いつものことながら、
あの時の感動がよみがえり、新たな発見もあり、
「はじめまして」感も満載で、
随所にウルウルしながら、の鑑賞でした。

確かに、横からのアングルには、ハッとさせられました。
な、なんと、美しいんだ、、、、!

下から照射されるレーザーも新鮮でした。

あ、あと、思ったことをひとつだけ。

これは、ライブの現場で思ったのですが、
PMUの2番の声を張るところは、のっちじゃなくて、あ~ちゃん
なんだ、って今更ながら思ったのですが、

確か、Perfumeの場合、3人ともとりあえず一通り歌を録るん
でしたよね。

ということは、ゆかちゃんの「アワナメークマイラー」も音源音としては
存在する訳で、、、

う~ん、聴いてみたい、、、、、。

他にも、私事を絡めていろいろ書きたいこともあるのですが、
止めどもなく長くなりそうなので、今回はこの辺で。


どうも、ゆうです。
遅ればせながら、今年もよろしくお願いします!

ということで、BD 『 Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP「LIVE 3:5:6:9」 』
とりあえず1回真剣に見た後、さらに何度か鑑賞、その前にWOWOW版もじっくり見てる訳ですがww
何度見ても飽きない!見所が沢山!そしてただただ楽しい!
DISC2もあの時々の気持ち、状況が思い出され自然に顔が綻んでしまうw
私もBest DVD(BD)が更新って感じです。

今回のライブは、Day1・2・3・5・6と短期間で多数参戦した思い入れの深いイベントのライブ、
まして周年記念ライブなのでその辺が特別なのは当たり前としても、
何か今までとは違う雰囲気をライブ中から感じてました。
いい意味で程よく力が抜けていて、
いつも以上に3人とも本当に楽しんでいる感が伝わってくるライブ・・・
ただでさえ観客との距離が近く感じる日本武道館で、360°ファンに囲まれているってのも大きいのかな?
年齢的な落ち着きやキャリアからの自信、スタッフとの信頼関係がとてもいい状態なんだろうなと思ってましたが、なるほど、見た目の「まるみ感」もあったのかww

今年は春にアルバムとライブツアーが予告され大きな楽しみが待っていますが
詳細発表までまだまだ 『 Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP「LIVE 3:5:6:9」 』を
楽しみ尽くしたいと思います。

uncleさん、コメントありがとうございます。


今回のライブビデオも美しい映像が満載でしたね~。

そもそも画質自体が日進月歩良くなってるので、

Perfumeの本来の美しさに改めて気付かされますね。

横からの映像の美しさは、3人のハイヒール立ちの姿勢、立ち振る舞いの美しさがよく分かるからでしょうね。

背筋からヒップを通って脚線、そしてヒールへのライン、

長年踊り続けているからこそ身についている美しさですね。

それと振付けの手の所作や振りが揃ってる美しさも、横からのアングルだと際立ちますね。


PMUでは歌詞の強さ、グイグイ上がる感が、これはのっち曲なんでしょうねぇ。

かしゆかが唯一張ってるところは、2番の「♪ bright my life~~」のところでしょうかね。

頑張ってますけど、やっぱちょっとイメージじゃないな、感がありますね。


「私事」がとっても気にな~る 気にな~る…ですが、

それはまたの機会ででも… !


ゆうさん、どうも、明けましておめでとうございます!


今作はWOWOW版のカット割りと結構違うと言われていますが、

ワタシはまだ見比べていないのですが、どうでしょうか?

あれですね、今回は円形ステージを中心にカメラがぐるっと囲む形でしたから、

アングルを入れ替えるのも自由自在だったのではないでしょうか?

今までだとWOWOWとDVDは ほぼ同じことが多かったので見比べるのも楽しみですね。

 
2015年のアニバーサリーイベントは東京と広島限定でしたから、

地方の中高生のようなファンにはハードルが高かったと思うのですが、

その分、結集したファンというのは思いの強い人たちが中心だったのではないでしょうか。

なので、ファンとの心の距離感も近かったのでしょうね。

もちろん武道館360°のステージ演出もそう感じさせましたし、

年齢や海外での大舞台の経験を積み重ねての自信、余裕感みたいなもの、

そういう部分が彼女らを大きくさせて、それが「距離が近い感」…

に繋がるのでしょうねぇ…  ほんとワタシも同感です。


では、今年もどこかへ参戦ご一緒できると良いですね!
 


x68kです。

DISC1も2も楽しさがはじけてましたね!
いまさらながら「サーカスみたいな・・・」なるほどそういうことかと思いました。

私は3回ぐらい見ました。やはり今までで一番いい感じがします。
画像もとってもきれいですし。音もいい感じです。

FAKE ITだったかな・・・ゆかちゃんがイントロでフライングして歌ってしまったような口の動きがありましたが・・・違うのかな?

x68kさん、コメントありがとうございます。


良いビデオですね!、今回も。

ステージが真ん中でカメラが全方向から撮れる、ということがかなり効いていますね。

なんかですね、全部のカメラがメインで撮ってる感じがしますね。

そうそう、そしてラインスピーカーも真ん中から四方八方に向けて均等に響かせるので、

もともと音響の良い武道館ですが、さらにレベルアップして良かったですね。


お~っっと! 確かにイントロ、っていうか、出だしサビ後の短い間奏のようなところですね。

マイクを当てたゆかちゃんの口が動いているような感じがしますね。あの部分はコーラスもないはずですが、

Aメロの入りを間違えたのかな?!

いきなりアゲアゲの曲でオーディエンスも一気に盛り上がりますから、

彼女らも圧倒されてミスることもあるのかもしれませんね…。
 


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/63639161

この記事へのトラックバック一覧です: あの大きな玉ねぎの下の屋根は、サーカステントのようにも見えるね…:

« Perfumeのトリセツ (…今後も改訂予定あり。) | トップページ | 好きな心は 止めどなく… »