フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« あの大きな玉ねぎの下の屋根は、サーカステントのようにも見えるね… | トップページ | 今宵も甘い香りに誘われて… »

2016年1月30日 (土)

好きな心は 止めどなく…

 

およそ2万人の会員が受験したという 「P.T.A.検定試験」。

その中から 2015.09.21 day1  「P.T.A.サミット」 に参加できたのは1,000人、

つまり確率5%、20人に1人という関門に、

残りの人生の全ての運と集中力を使い果たし、

ワタシもなんとか滑り込みセーフで参加させていただきました。

 

 

渋谷O-WESTのフロアーの奥行き長さは、舞台幅よりも短い感じ、

 

   2015p10_d1_001

 

つまり横長な長方形で、再後端からステージまでは15mほどしかないのではないでしょうか。

なので、最後方の壁に張り付いていたワタシからでさえ、視界はまさに、

こんな感じでした。

 

2015p10_d1_002_2

 

これはワタシのすぐ左隣で構えていたカメラさんからのアングルかと思われます。

 

そのスペシャルライブは、ポリリズムブレイク以前の楽曲を中心に10曲、

実質的には1時間強のライブでしたが、

もう絶対に叶わないだろうと想っていた夢、

ライブハウスで、最高のテクノポップである旧曲に酔いしれてみたい…

それが実現できて、本当に本当に嬉しかったです。

 

改めて、Perfumeに深く深く感謝… です。

 

ビデオ 「Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP」 のDISC2に収録された 「P.T.A.サミット」 の映像は、

ダイジェストと呼ぶにもあまりに短かくて、

参加者としていつまでも忘れたくないという思いと、

参加できなかった他の数万人のP.T.A.会員のためにも、

もっと多く収録してもらいたかった… のが本音としてありますが、

 

「その日その場所でしか味わえないからこそライブなのである…」

 

という理念を貫き通し、

だからこそ、一つ一つのライブを全力で創り上げる…

その潔さがPerfumeだから、

それはワタシも納得しないといけないのでしょうね…。

 

それでも、一瞬のカットでも、あの日のフロアーの熱狂が伝わりますね。

あそこにいた500人は、ホントもの凄い猛者たちだった。

「Perfumeと共に歩んできました!」  オーラに満ち溢れた人ばかりでした。

そして、「Perfumeの全てを受け入れます!」 という、濃密な空気に包まれることが、

とてつもなく心地良かった。ワタシには。

音楽に合わせて狂喜乱舞するフロアー… Rockなノリが、サイコーに気持ち良かったし、楽しかった。

隣の人になんにも気を使う必要がなかった。 だって、ワタシなんかよりも激しい人ばかりだったんだもん!www

 

あぁ… あんな経験はもう……

 

 

そして、あの極めて重要なワンシーンを収録してくださったのは、最大のトピックですね。

 

それは 「ファンデーション」 における、「かしゆか散歩」 …

 

「1st Tour GAME」 のビデオを改めて見返すと、実はアップのシーンが多くて、

 

   2008_1stgame_fande001

 

その動きがよく分からなかったんですよね。

なんとなくかしゆかが 8の字に歩き回ってるんだろうな… 程度しか。

それが今作のDISC2収録で、全容が明らかになりましたね。

 

はいドン!

 

   Kasiyukasannpo_rutozu_2
 

…ということのようです。ww

カラクリ時計のお人形さんのように、結構クルクル歩き回ります…。 

 

   2015p10_d1_0033

 

 

そして、かしゆかと言えば、

day3 「第3回 ダンスコンテスト ~魅せよ武道館!~」 終了後の、「ミュージックステーション ウルトラFES」 生中継で、

会場大団円の中、歓喜のポリリズムでのこのシーン…

「公約を成し遂げる女…」 の、完璧なポリジャンプ…  

 

   2015p10_d3_001

 

あ~ちゃんと同等の高さ… 素晴らしかったです…!

 

しかしさぁ、

こんだけジャンプした後、何ごともなくスッと着地して即、

次のステップに移るんですから、

 

すごくないですか!?!

 

一瞬のぐらつきもせずに、ピンヒールで… ですよ!!

 

次はのっちさんもぜひ…

 

 

……

 

 

…ということで、

こうして、P.T.A.サミットに参加できたことなど、ライブビデオでしみじみと振り返ってみると、

改めてワタシ、「Perfume バリ好きじゃけぇ!」 って思いますね。

 

そして好きが高じ過ぎて、Perfumeについて たくさん語りたくて語り合いたくて、

 

ブログを書き始めてとうとう、丸5年になりました…。

 

これまで読んでくださった皆さま、コメントしてくださった皆さま、

本当にありがとうございます。

 

今、ワタシが書き始めた頃に比べて、界隈さんの状況は変化していることをワタシも実感していますが、

相変わらずPerfumeが、ワタシには最高の存在なので、

相変わらず、6年目も書きつづっていきたいと思っています。

 

よろしかったらどうぞ……

 

 

« あの大きな玉ねぎの下の屋根は、サーカステントのようにも見えるね… | トップページ | 今宵も甘い香りに誘われて… »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

丸5年、おめでとうございます。

いつも更新を楽しみに寄らせていただいております。
毎回、「うん。うん。」「そっか~!」「は~なるほど・・・」「あははっ!Pefuバカですね~(^^)」などと、ついついニヤニヤしています。

uncleです。

あらっ、ま、丸5年ですか~。
おめでとうございます!!!

なんか、「もう4年ですか~」的なコメントをしたのが
つい昨日のようです。

それだけ、濃密な1年を過ごさせていただいたということでしょうか。

また、おっしゃるんでしょ、「uさんのおかげです」とか、、、。

いいんですよ、私の方が遙かにお世話になっていますから。

ホントに、今日までPerfumeについて深く考え、楽しんで来られた
のも、おととさんあってのこと、と心から思ってますから。

恥ずかしながら、おととさんアニバーサリーは全く意識なかったの
ですが、「uncle Servide Sweet」、ちょうどよかったですね。
明日投函します。

ちょっとした「プロデューサーごっこ」。
選曲と曲順はそれなりに考えました(って言うか、それが楽しい)。

自分で並べたはずが、ほとんど忘れていて、車の中で聞きながら、
「いやぁ、そう来ますか~」とか「いやいや、このあとにこれはバッチリ
ですな」とか、ブツブツ言いながら、一人悦に入っております。

「かしゆか散歩」

コアなファンの間でこれほど伝説になっていることを、
ご本人たちが知らない、ってとこがいいじゃないですか~。

「かしゆかジャンプ」

ゆかちゃんキックにしても、negiccoさんのラインダンスの時にしても、
運動音痴と言っていながら、結構素質があると思います。

でも、着地した時の捻挫が心配です。

という訳で、「ウザイ」と言われようが、「長い」言われようが、
今後ともついていかせていただきます。

くれぐれも無理をなさらず、マイペースで、
私たちを楽しませてくださいませ。

x68kです。

音楽のこと、映像のこと、振り付けのこと、丁寧に解説されて、Perfumeを愛する心がますます深くなっていくのを感じます。

これからも楽しみに読ませていただきます。

私はPerfumeとの衝撃の出会いからファンになってもうすぐ5年です。
Perfumeを通して皆様に出会えたことをうれしく思います。


地味(^^ゞ局さん、いつもどうもありがとうございます。


初めてお会いしたのはライゾマ展でしたが、なんかもう懐かしい感じがしますね。

月日の経つのは早いですね。年々早くなっている気がします。

お互い「Perfu大バカ」になるまで、がんばっていきましょう!!ww

uncleさん、コメントありがとうございます。


5年も続けている割に記事数は他の方々よりずっと少ないと思うので、

実質3年間ぐらいなものなんでしょうけど、

多分ですね、ワタシの記事数ほぼイコールuncleさんのコメント数、なのですよ!

いやいや、ここまで書いてこれたのもひとえに、「uさんのおかげです!」マジで。ww

そしてここまでキモいコメンテーターもなかなかいらっしゃらないかと… 

振り返ってみると、

出会いはミラクル・ヤンさんのブログですよ。

彼の、パフュ愛にあふれた、ストレートで赤裸々で、

かつ鋭い視点で滾々と書かれている記事にすっかり魅了され、

そこですでにuさんが、理知的で洞察に優れたコメントを長々~~… っと書かれていたのを読んで、

それはもう、他の数々のパフュブログさんとは一線を画す独特な雰囲気だったわけで、

「あ!、こういうブログとコメントもありなんだ!!」って、光明を得たのです。

そしてワタシも引っ張られるように、そちらに書き込み始めたのが全ての「スタートライン」でしたね。

改めて、Perfumeとの出会い、そしてPerfumeファンとの出会いに、感謝感謝… ですね。


さて、ゆかちゃん関連ですが、

ファンデーションの散歩、ライブ当日の本人たちのリアクションやDISC2の副音声の感じでは、

これほどファンに期待されているシーンとは思ってなかったようですが、

セトリに入れてきたということは、先生とかスタッフさん経由で

なんとなく人気があることは知っていたのではないかと推測します。

これまでファンの間で囁かれてきたことが、表沙汰になることが最近多いですが、

嬉しくもあり、また秘密の合言葉がなくなってしまうようで寂しくもあり… ですね。


そうそう、ワタシもゆかちゃんは言うほど運動音痴ではないと、常々思っていますね。

ただ、SRのPVのあのボールの突き方は… あれはヤバイですね… ww
 


x68kさん、コメントありがとうございます。


ワタシのブログでは一頃、x68kさんの「Perfumeカレンダー」を寄稿していただきました。

2~3年間ぐらいやったでしょうか?!

言わば商業デザインのプロの方のセンスにいつも感心し、

またそこからPerfumeに対する考察を深めて、記事を膨らませてもらいました。

あれで相当の回数を食いつなげました!ww 本当にありがとうございます。


x68kさんもファン歴5周年おめでとうございます!

奥様も理解のある貴重なおじさんファンとして、これからも続けてくださいね!
 


おとと様

ブログ5年目達成おめでとうございます。
コンスタントに書き続けるおととさんに敬服いたします。
私、漸くアフターパンフレットを手に入れました。
ここ一連のおととさんの記事を解く鍵はパンフの座談会ですね。
パンフレットを読んだあとBRを観るとまた違った感覚で観賞することが出来ます。
「Perfume ライブ示方書」てところが、おととさんらしい。
流石にリフターで歌うPMは安全帯をしてましたね。
PTAサミット
「その日その場所でしか味わえないからこそライブなのである…」
そうなんですよ。
たとえば「ファンデーション」ですが「ゆか散歩」はライブでは一瞬の出来事で、DVDのように表情まで脳裏に焼き付くことありません。
しかし、喩え一瞬でも彼女達と同じ空間を共有できるという快楽があり、ライブの醍醐味があるのです。
サミットに参加できた人しか得られない徳ですね。

「ゆか散歩ルート図」を見て「のっち散歩」だったらどうだったのか。
そんなこと考えているこの頃です。(@@;)

これからも気長に続けていただければ幸いです。

Perfumeブログ6年目突入おめでとうございます!
どうも、ゆうです。
自分と同じ頃にファンになった同年代のご近所さん(笑)
これからも熱い記事を楽しみにしています!

DISC2のダイジェスト、短いですがあの時の空気感が鮮明に想い出されますね。
PTAサミットでおととさんと一緒に体験した開演前のサプライズもw
Mステ中継は、中継前にPerfumeが皆と一緒にTV画面を見ながらあーだこーだ言ったり、
歌ったり、それが皆で合唱になったりww
諸事情でカットされていますが、
あの楽しい空間こそ特典映像にしてファンのみんなと共有したかったな。

necco様、コメントありがとうございます。


neccoさんと言えば、ワタシら田舎人にとって貴重な「都会の方々との橋渡し役」であり、

今までも、neccoさんを通じて砦の皆さまや、さらにそこから有名なファンの方々に

つながる機会を作っていただいたり、改めて感謝感謝です!

そしてGAMEツアーをリアル体験されている重鎮として、当時のお話を聴ける貴重な存在として

リスペクトしております。

つい最近もファン交流イベントに参加されているようで、その行動力も羨望の的であります。

今度そのお話も聞かせてくださいね。


3:5:6:9のアフターパンフレット、傑作ですね! ここまでライブの裏側を解説したパンフはないですね。

もはや技術書のレベルです。ww

ライブに参加してライブを見た、聴いた、楽しんだ、その経験そのものは、

その日のその時間が終わってしまえばそこでおしまい、それで良いのでしょうね。

後で出てくるDVD等の映像コンテンツは、確かにあの日のライブのことなんだけれども、

あの日経験したことと同じじゃないんですね。また別のものとして楽しむもののような気がしますね。

アフターパンフレットを読んでDVDを見ることで、あの日のライブ体験とはまた違った楽しみ方を、

さらに深めることができる… それもPerfumeならでは、ですね!


のち散歩ですかぁ?! のっちがおどけた顔でコケティッシュに歩き回る姿がにわかに想像できんが、ww

いや、どうなるのか見てみたいですねぇ…  夢がまた一つ増えましたね!

 

ゆうさん、どうもコメントありがとうございます。


いや~ 2014年~2015年のゆうさんとの出会いは、ビッグな出来事でした。

地元から2人でP.T.A.サミットへ、改めて思い返すとめちゃめちゃあり得ないことでしたよね!?

そしてO-WEST下のローソン前で体験した、おそらく、あの時あの場所に居合わせたたった5、6人だけが目撃したであろう、

それはそれは夢のようなあり得ない出来事… 

ゆうさんとワタシだけの、忘れられないエピソードとなりましたね。

(とはいえ、忘れていくんだろうな… と想うと恐ろしいですが…)


Mステ生中継のあの素晴らしいライブ映像も、その前段にダンコン決勝戦があって、

さらに中継前の会場のファンとの交流があったからこそ、なのでしょうね!

行けなかったワタシも見てみたかった気もしますが、

ディスクの容量的な問題もあるでしょうし、

それもまた「ライブに参加した者だけのもの…」であり、

あえて出し過ぎないのが、Perfumeのやり方なのかもしれませんね!
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/63701431

この記事へのトラックバック一覧です: 好きな心は 止めどなく…:

« あの大きな玉ねぎの下の屋根は、サーカステントのようにも見えるね… | トップページ | 今宵も甘い香りに誘われて… »