フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« これまでの、そしてこれからのSTORY… | トップページ | かしゆか様、これからも僕らボートを漕いで 天の川を上ってもいいですか?… »

2015年11月 3日 (火)

あ~ちゃん様、これからも僕ら 「STAR TRAIN」 に乗って旅してもいいですか?…

 

 

現代のJ-POPやダンスポップには、多かれ少なかれ電子楽器が使われて、

コンピューターでアレンジされているものがほとんどなのでしょうが、

中田ヤスタカ氏がPerfumeに提供している音楽が 「やっぱ違うな」 と感じるのは、

「機械で創った音を使って、人間が演奏している…」 と感じられるところだと思います。

言い換えると、

奇をてらうように、電気的サウンドを作ること自体を目的としているのではなく、

電子楽器やコンピューターはあくまでも、ツールとして選択しているだけであって、

氏が求めている音楽の質は、生身の人間が、

幾多の楽器を用いて良い音色を響かせようとしているものと、なんら変わらない… 

…と感じるからだと思います。

 

いや、むしろ人間がアナログ楽器を演奏する能力の限界を超えて、

今まで聴いたことがない、味わったことがない新たなサウンドを創り出してさえいる…

そこをとことん追求している…

そこなんだろうと思います…。 シロウトなりにそう思います。

 

 

 

「STAR TRAIN」 … 

中低音域から最低音域までを多用しながら、

ほとんどペダル踏みっぱなしにしてるかのように響き渡るピアノサウンドや、

ブラス感あふれる スルドの (ような) 響きなど、

ここまでグランド感を前面に押し出したPerfumeサウンドはない。

ピアノやギターの音色は、弦の微振動までも伝わってくるような、しびれるサウンドだ!

15・10周年のアニバーサリーにふさわしい、金字塔のような楽曲。

 

そして、A' メロディパートからサビへの短いブリッジで、

中田サウンドらしい、SFチックな音が盛り上がっていく様は、

ここからまた先の未来、光りの差す方向へと飛翔していくイメージか。

 

そして、この重厚で力強いサウンドに圧倒されてない、3人のボーカルの存在感にも驚かされる。

これほどのレベルでボーカルを聴かせるPerfumeはなかったから、

最初はビックリした。 意外だった。

これほどすぐ傍でささやかれるような歌声だから、思いがストレートに伝わってくる。

これほど歌詞が聴き取りやすいPerfumeは記憶がない。

その中で特にワタシのお気に入りは、

「♪ Music is everything~」

 

そしてここの振付け、

 

   St_bzrzm001

Perfumeの楽曲で 「Music」 を表すのは 「耳」! 

これがセオリー… イイです!

 

 

もう一つ、 

「♪線路のない道をゆく…」

 

…そう、ギャラクシーエクスプレス999が、

レールのない空間軌道を走っていたように、

Perfumeの歩んできた道は、まさにPerfumeが切り拓いてきた道だし、

Perfumeの後ろにも線路は決して残らない… 誰も追いすがることはできない…。

 

ここの振付けも、

 

   Stcdtv001

まるで歌詞が視覚からも入ってくるようです。 素敵ですよ!先生!!

 

 

それでも、3人のボーカルはあくまでもキュートだから、

重苦しさやシリアスすぎることがなく、あぁ、やっぱりPerfumeだね… と安心させられる。

「♪ Wow~Wow~…」 のシャウトもなんか可愛らしくて、むしろ微笑ましい感じ。

しかしこの Wow~Wow~ のコーラスも、いくつものパターンで重ねられていて、

のっちちゃんの低音を効かせた Wow~Wow~ が、バックで呼応しているところが、

ハーモニーに立体感を与えていて、So good!

 (いや、このボイスはサンプリングなのかもしれないが、それは定かではない…)

 

 

それから、

こんなにもPerfumeの思いが、歌が、グイグイと伝わってくる曲だから、

これはホント、一緒に歌いたくなる曲。

これまで、ワタシはカラオケなどで、Perfumeを歌ったことはほとんどない。

 (ずっと前のライブのプレパーティーで、仲間の皆さんと歌ったことぐらいしか。)

なぜならば、Perfumeはシロウトが歌っても全くさまにならないからだ。 それぐらい独特の音楽なんだ。

でもこの曲は歌いたくなる。朗々と。

 

で、歌ってみて気付いたことが1つある。

 

ワタシの歌声のキーは、Perfumeとは ほぼぴったり1オクターブ違いだ、ということだ。ww

なので、男の子のワタシが歌っても、女性歌手の曲を歌ってみたときにありがちな、

A~Bメロはなんとか歌えるけど、サビは高すぎて声が出ない… なんてことがなくて、

サビの 「♪ I don't want anything~」 まで気持ちよ~く歌えちゃう… ww。

これはかなり嬉しい発見だが、

1オクターブ違うということは、Perfumeの声はやはり、かなりハイトーンであることが改めて分かる。

 

 

最後に、

今日この楽曲を、映画 「WE ARE Perfume」 を見ながら聴いてきました。

 

場所は 「イオンシネマ天童」、本県唯一の上映館です。

この劇場は2014年にオープンしたばかりで、

「WE ARE Perfume」 は、最新の3Dデジタルサラウンドを装備した 9番スクリーンで上映されました。

この250席を擁する劇場に、上映4日目のある回に集まったのは…

 

12、3人でした!! ( ̄▽ ̄)

 

いや、

4日目でこれだけ集まれば上々ですよ! ウチの県ならば。

だって、ワタシと今日ご一緒したyzさんが早目に来場したときは、

ワタシら以外には、たった1人しか席が埋まってなかったのですから!

うわっ! これはリアルに ↓このシーンの再現か?!

 

   Stsinmv001

…と、嬉しいような悲しいような気持ちになったのですが、

始まる頃にはその4倍もの人たちが集まって、良かったです。w

 

そして、3Dデジタルサラウンド250席のスクリーンを用意して下さっただけあって、

もう素晴らしい音響でした! ライブのシーンでは横から後ろから、L.Aの歓声が響き渡ってきて、

まるで、あの興奮の会場にいるような感覚になりました。

イオンシネマ天童さん、Perfumeを分かってらっしゃる。 本当にありがたいことです!

 

3Dデジタルサラウンドの効果も手伝って、

映画については、期待どおりの感動作でした。ずっと目が潤みっぱなしでした。

そして、最後の 「MY COLOR」 が流れるシーン、

世界中のファンが涙しながら、Perfumeの音楽で一つになる光景を見て、

そこでワタシはもう、抑えきれなくなりましたね……。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 

 

映画の全編が終わって、エンドロールで聴く 「STAR TRAIN」 は…

またさらにさらに重みを感じて、深く深く、心に染み入りました…

歌詞の一言一言が、WE ARE Perfume そのものだ、…と感じました。

 

まさに映画 「WE ARE Perfume」 主題歌と言える、

「人間」 中田ヤスタカに、またしても打ちのめされました……

 

 

 

………

 

 

 

15番線から、「STAR TRAIN」 発車いたします…

次の停車駅は…?

 

 

 

………

 

 

 

 

« これまでの、そしてこれからのSTORY… | トップページ | かしゆか様、これからも僕らボートを漕いで 天の川を上ってもいいですか?… »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。

この「悠久」の感じ、なんなんでしょうかねぇ。

これまでの彼女たちの短くなかった苦難の道のりを表現しているようでもあり、
これからの覚悟をもった未来を暗示しているようでもあり、

飛行機でもなく、船でもなく、自動車でもなく、ましてや宇宙船でもなく、
やっぱ、「列車」の悠久さなんですよねぇ。

それも、皆さん感じていらっしゃるように、その路線は「銀河鉄道」、、、。

このすばらしい名曲だからこそ、敢えて暴言を言わせていただくなら、

15周年記念のシングルとして大々的にプロモーションするのではなく、
例えば、「PSPS」のように、新アルバムの中の新曲の一曲として、

この短い歌詞ひとつひとつの壮大なる背景と意味を感じて涙してしまう
ファンだけが知っている名曲として、ひっそりいてほしかった、、、、

そんなことを思ってしまいました。

私も、STAR号の乗客の一人になれたのじゃろうか、、、、、。

uncleさん、コメントありがとうございます。


うんうん、悠久… イイですね、その表現ピッタリですね! さすがですuncleさん。

雄大とか壮大とかだと、イマイチありきたり過ぎると思っていてワタシも表現しあぐねていたのですが、

「悠久」がイイですね! 

悠久というと、なんか積み重ねてきた長い歴史を感じますよね。

まさにPerfumeアニバーサリーシングルですね。


ニューアルバムを出してその中のリード曲にしても…

なるほど、それもアリだったでしょうね。

ただそうしなかった。 それはなぜかなと妄想してみると、

まず一つに、すでにCD売上げがジリジリ落ちてきている現状があり、

固定ファン層の購入数だけでは今後の海外活動もおぼつかない。

やはりまだまだ一般層の購入もなるべく増やしたい、という意図があるでしょう。


それともう一つ、ライブの観点から、

今回のアニバーサリーライブは、とにかく「すごろく」をやりたかった。

過去を振り返って、多彩なセットリストにしたかった。

だからアルバムを出してしまうと、ライブがアルバムコンセプトになってしまい…

そう想うと、CDリリースのタイミングとかコンセプトというのは、

今や、中田氏次第ではなくて、Perfume側からのコントロールによるところが大きいのかもしれませんね…


今年の楽曲は、RITCといいSTもバラードの歌物に徹した曲作りが、中田さんのperfumeに対する思いを感じられます。
しかしRITCは、忘れられた感が有りライブからも外されましたね。
彼女達は一貫してPMUをライブで披露し続けたのですが、今思うとRITCは名曲でした。
そして、ST。
uncleさんが「悠久」と言ってましたが、まるで、15年を「シルクロード」に喩えた素晴らしい一言です。
私的には、できればアナログ盤でジックリと味わいたい1枚です。

neccoさん、コメントありがとうございます。


RITCは、あれはアニバーサリーイヤーの幕開け、序章をイメージする曲として

なかなかの名曲だと思いますが、ライブセトリには難しい立ち位置なのかもしれませんね。

このままお蔵入りにならないよう祈るばかりですね。


そう言えば、徳間レーベル時代のLP盤が出るようですね。

これは朗報です。ぜひとも聴きたいと思うのですが、今から資金繰りが大変です… (^^;)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/62350984

この記事へのトラックバック一覧です: あ~ちゃん様、これからも僕ら 「STAR TRAIN」 に乗って旅してもいいですか?…:

« これまでの、そしてこれからのSTORY… | トップページ | かしゆか様、これからも僕らボートを漕いで 天の川を上ってもいいですか?… »