フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 何にも似ていない | トップページ | さぁ! いよいよアニバーサリーが始まるよ!!! »

2015年9月13日 (日)

♪ さあ 流星に乗って 銀河大陸横断鉄道…

 

中学1年生の頃、

2コ上の部活の先輩が、山口百恵のアルバムを大事に抱えて帰るのを見かけたことがあって、

今でもその情景が記憶の中にあります…。

 

その頃のワタシは、ピンクレディの方が断然好きで、

百恵さんについては、特にファンというほどではありませんでしたが、

百恵さんの楽曲の中で、いちばん大好きだった曲があります。

 

1978年2月にリリースされた曲。

 

  

 

鉄道好きでもあったワタシには、当時この歌詞に心打たれたのですが、

今改めて聴いてみると、メロディも歌詞も、アレンジも演奏も、そして歌唱も…

とにかく音楽の全体の質が、現代のポップスと全然違うものだと気付かされます… 

素晴らしい……。

 

一曲の楽曲に、一音一音に、創っている人々の真摯さが伝わってきます。

 

そしてこの曲と同世代には、この曲もリリースされています。

 

1977年7月のリリース。

 

      

 

 

……

 

Perfume期待の新譜、

「STAR TRAIN / TOKIMEKI LIGHTS / イミテーションワールド」

このタイトルラインナップを見るたびに、

ワタシの頭の中を、この音楽が巡り巡るのです…

 

 

« 何にも似ていない | トップページ | さぁ! いよいよアニバーサリーが始まるよ!!! »

MUSIC」カテゴリの記事

コメント

おとと様

「乙女座宮」は知りませんでした。
こんな曲を彼女が歌っていたとは、じっくり聞くといい曲ですね。
70年代は生バンド演奏が当たり前で、アイドルも歌唱力が問われる時代でした。

「イミテーションワールド」を「イミテーションゴールド」とダブらせるとは。
実は私も、語呂が似ていたので曲を思い出しました。
70年後半はピンクレディーが人気を席巻してましたね。
しかし、70年代のアイドルで唯一カリスマ性を持っていたのは彼女だけです。

イミテーションワールドですが何故今になって再リリースなのでしょうか。
ファンが再録を望んだ曲ですが、彼女たちが望んだのかもしれませんね。
私はこの曲を歌謡曲(生バンド)として再録してもらいたい。
これはちょっと無理ですね。(゚ー゚;


いよいよ来週からPerfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPPです。
もしかして今度のO-WESTで初披露されるかも。(*^_^*)

neccoさん、コメントありがとうございます。


いい曲でしょ、乙女座宮。

この動画の音源はおそらくレコードから。映像のテレビ番組の音声ではありませんね。

レコードもテレビ番組も全て生演奏の時代でしたたし、編集技術もアナログだったですから、

人ひとりひとりの技術力や感性がものを言う時代だったのでしょう。手間ひまかけていた。

だからこそ、聴いてて良いと感じるのだと思います。


思えば、歌唱の生再現力はそれほど求めない代わりに、

曲に合わせた振付けが占める比重を大きくした表現スタイル、

これを始めたのはピンクレディだったのだと気付かされますね。


ほんと何でイミテがきたのか、訳を知りたいですが、

ジューシーフレグランスは別として、Perfumeオリジナル曲の中で、

楽曲のデータがあってCD音源未発表の曲で、いちばん人気だからでしょうか…

ワタシ的には、カウンターアトラクションの方が好きなので続編を期待です。

しかしまさか、未発表曲をリテイクして出すとはねぇ…

メジャーデビュー後の3部作やPSPSあたりを今のPerfumeでリテイクしてくれないかな、って思ってたもので。

さて、O-WESTで披露となりますか?! ドキドキですね!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/61591582

この記事へのトラックバック一覧です: ♪ さあ 流星に乗って 銀河大陸横断鉄道…:

« 何にも似ていない | トップページ | さぁ! いよいよアニバーサリーが始まるよ!!! »