フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月30日 (日)

キモい人が集まる会議に出張せよとの命令が下る!

 

P.T.A.検定試験は なかなか難関でしたが、

ワタシにとっては、

「嫁の了解」 という関門を突破する方が、

 

もっと難しいのです…… (ノ_-。)

 

ということで、

Perfumeにハマってしまっているオッサンと、

そんな亭主のことを決してこころよく思ってはいない、

でも自分は今日から、ジャニーズさんのコンサートを見に行くことは棚に上げている奥さんの会話…

 

 

 オ : 「検定試験受かっちゃったから、9月21日さぁ…  い、行かせてくれないかなぁ?…」

 

 

  (3秒間ほどの沈黙の後…)

 

 

 奥 : 「したってお父さん、ダメって言っても行くじゃん!?  (`◇´*) 」

 

    「毎週毎週、(Perfumeに)時間かけてるもんね~… ε-( ̄ヘ ̄)┌  」

 

 

 

…以上、2言ばかりのイヤミをいただきまして、

 

この短~い会話で、ワタシは(半ば強引に)お許しを得たものと、 勝手に解釈いたしました…。 (lll゚Д゚)

 

 

 

…ということで、

 

 

9月21日 「P.T.Aサミット(昼の部)」 に参戦いたしま~す!!! \(^o^)/

ありがとうございま~す!

 (でも嫁さんへの配慮のため、東北地方から日帰り弾丸です…。(≧д≦) )

 

 

答え合わせしてみたところ、

41問ぐらいは当たっていたものと想われます。

なのでおそらく75点ぐらいだろうということで、ぱーふゅん でした。 ヾ(´ε`*)ゝ

いやぁ、2回公演にしていただいて救われた口ですね。この点数では。

ホントありがたいことです。

 

2010年東京ドームでPerfumeライブ初参戦して以来、

ついに、夢のライブハウスでの初Perfumeライブとなります。

しっかりと最後方から、(オッサンだからムリしないしない。ww) Perfumeを体感してきたいと思います。

そして後で、しっかりとレポしてきたいと思っています。

 

そしてこれで、

9月26日と27日の 「3:5:6:9」 を含めて、

ワタシの 「Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP」 の日程が確定しました。

一つのツアーで、複数参戦するのも今回が初めてです。

いつもよりかはゆっくりと過ごす時間がありそうです。

なので、同日行かれる方、よろしければワタシとお話をさせていただけませんか?

オッサンと話してやってもイイよ!っていう方は、お声をお掛けください。

 

アドレスを入れたコメント、または、

こちら→ https://twitter.com/yswototo43 にDMいただければ、と思います。

 

 

 

      2015pta_samit_cm

 

2015年8月23日 (日)

「Perfume ダンスコンテスト」 とは…

 

…「Perfumeの ダンスコンテスト」 ではなく、

 「Perfumeダンスの コンテスト」 なのだなぁ… って想います。

 

 

いやぁ… まさかねぇ… PSPSの振付けがMIKIKO先生じゃなかったとはねぇ… 。

何気にこれは重大ニュースでしたね、ワタシにとっては。

先生の 「WORKS」 を見返して見ましたら、確かにPSPSは掲載されていないし。

でも言われればそうですね、コンベスが最初に出たのは2006年8月ですから、

先生がNYに留学した頃と重なるんですね。そちらの方が大変だったのでしょうね。

 

しかし、じゃぁ誰なんでしょうか、振付けしたの。

 

確かに言われてみれば、その前後にリリースされた楽曲の振付けとは

ちょっとイメージが異なるというか、前時代的というか、

でも、2013.01.27の記事 にも書きましたが、

この曲も、歌詞のことばを描写する振りがあったり、

音やリズムを体現する振りがあったり、

振付けも含めて 「約4分間の一つの物語」 である、と感じられるし、

その上でテクニカルな面においても、他とは一線を画している点では、

まさにPerfumeだなぁ、と感じていましたので…。

 

…と、そんなことを想いながら、

今日は 「第3回Perfumeダンスコンテスト」 の 「創部門」 1次通過者の全動画を見てみました。

 

創部門はもう、字のごとくそれぞれの創造の世界ですから、

それぞれが感じる、パーフェクトスター・パーフェクトスタイルですね。

もうどこが良いとか悪いとか、優れているかそうじゃないか、とかいう観点じゃないですね。

これも全ての皆さんが一等賞なんだと思います。

なので、今回も同様に、

ワタシの心を捉えたエントリー、こういうの好きだなぁ…って感じたエントリー

について挙げてみました。

 

お題はサビの部分の4フレーズ、

特にワタシは、「♪凍りついた時間が…」 や 「♪逢えないままどれくらい…」

の表現について注目して見てみました。

 

 

……

 

 

香水戦隊オドルンジャーさん

悪の帝王にさらわれたオドルンピンク、それをなすすべく見送る他のオドルンジャー達…。

果たして、オドルンジャーの運命やいかに!!? 

いや~… これは切ない! ハラハラドキドキのストーリー。

香水戦隊の世界とPSPSの楽曲が見事にマッチング!

これは続きを見ずにはいられないですね、やられたっ!ww アイデアの勝利!

 

 

そうでない人ユキジさん

この方はどうしても外せないです、ワタシも。ww

棒が電灯にぶつかってますよ~! 電灯撤去しとけばいいじゃないですか~?!

…ってそんなことは承知の上なんでしょうが、ww

「♪凍りついた時間が…」 のところで、こういう風に1人を中心に2人が公転する動きってのは、

これまでなかったように思います。これはヒントなんじゃないでしょうか…。

あと、「♪手をのばしても…」 のところで腕をウェイブ、これを見ると、

ポリリズムのポリル~プを連想しますが、当時ああいうウェイブの振付けを取り入れたのって、

他のいわゆるアイドルグループで見たことがなくって、

その独特な世界にもう目が釘付けになったから、

あれはスゴイ発想だったんだなぁ、って改めて思いますね。

 

 

ふりかえるとエレキさん

失望感、やるせなさ… それがPSPSのテーマだと、ワタシは解釈しているのですが、

このダンスからはそれがグイグイ伝わってきますね。鳥肌立ちました!

でも現実を受け止めて、そこから立ち上がる希望を見出していく…

中田ヤスタカ+Perfumeの楽曲って、そこが魅力なんだと思いますが、

そこを次の2次審査パートでこのグループがどう演じていくのか、すごく楽しみです!

 

 

ごまのかけたごはんさん

中田ヤスタカ+Perfume+MIKIKO先生 が紡ぎ出す音楽のテーマの1つに、

「時、時間、時計」 ってものがあると思うのですが、

このダンスからはそのあたりの感じが凄く感じられてイイな~、って思いました。

それから 「♪逢えないままどれくらい…」 のところの、このアンニュイさ。

「微笑みの奥に隠された憂い」 みたいなもの、これもPerfumeの楽曲から感じられるポイント。

男性が踊る感じもイイですが、やはり本家Perfumeの振付けでも見てみたい… ですね。

それと、椅子を使った振付けも、久々にまた見てみたい気がしましたね。

出だしの振付けといい、この方々もかなりの濃ゆいファンだな… とお見受けしました。w

 

……

 

ということで、以上です。

 

見終わってみてふと想ったのは、

「創部門」 というのは、それぞれが創造するPerfumeであるから、

そこに新しい表現が生まれたりするのであろうが、

新しいと感じるということは、逆説的には根本を見つめ直すことにつながるわけで、

つまりは、

 

Perfumeの振付け・踊りとは、何なのか… 

 

今回の企画を通して、

それを想う いい機会になったな…

 

…ということですね…。

 

2015年8月18日 (火)

腰を落とすポージングの時の 3人の脚線の違いまでを表現…

 

 

サビの部分のたった4フレーズ、時間にしてわずか20秒足らず…

そこに、Perfumeへの全ての想いを形にするために、

 

何度も何度も、繰り返し繰り返し練習して、

Perfumeの誰役にするかを決めて、それぞれの踊り方のクセまで追求して、

踊るステージを探し手配して、

衣装を考え準備して、

ヘアースタイルを作って、メイクして、

ムービーカメラをセットして、

そして踊って踊って、何度も何度も撮り直して、

 

やっとのことで撮れた渾身の20秒間……

 

よくもまぁ短期間で、

もうそこまでたどり着いただけで、

もう全てのエントリーに一等賞をあげてもいいぐらいですよね……

 

第3回Perfumeダンスコンテスト、

今回は 「P.T.A.検定試験」 と同時進行だったので、

ワタシはそっちに意識が向かってしまい、ダンコンの動向を把握していなかったのですが、

いつの間にか1次審査結果が発表になっていましたね。 (*´v゚*)ゞ

少し遅くなりましたが、栄えある 「極部門」 通過者全組を見てみました。

当然のことながら、もう全てのエントリーがPerfume愛にあふれていて、

感心したり感動したり、微笑ましかったり、素晴らしい方々ばかりですが、

そこはコンテストですから、

たとえ自分は踊れなくっても、Perfumeの踊り・振付けが大好きなファンとして、

出場者に思い入れを込めて、一緒になって応援するのも、

それもまたPerfumeのイベントの楽しみ方なのではないかと…

 

…ということで、

ワタシがその中でも特にイチオシのグループを挙げてみたいと思います。

 
 

 

Natural Flavorさん

混成ユニットで、性別、体形の違う3人なのにシンクロ度高し、キレ度も抜群。

 

ATAさん

完全完璧コピー系の方々の中でも ワタシが№1と思うグループです。

踊る姿をジ~ッと見ていると、表情まで本人のように見えてくるから不思議。

 

市川愛美さん

エレガントさが際立つ 綺麗な舞です。 「♪Jump lightly Jump lightly」 のところはまさに詞のとおり、

まるで妖精のよう…

 

d×dさん

スリーメンユニットの新しい魅せ方の一つだと思う。

男性らしい直線的な振りと、力強さ、男子新体操を思わせるようなシンクロ度で、

(失礼ながら)見た目ゴッツイ男性でもここまで魅せられる!!のだなと感心。

 

C.B.Aさん

完全完璧コピー系の中でも3人のスキル差がなくて、トータルでのまとまり感がイイ。

 

Holiday Girlsさん

また新たな完全完璧コピー系が出現か?!と思っていたら、珍しい中国からのエントリーのようです。

中国の方でもここまで極めているグループがあるのですね。ファンとしても嬉しいです。

国の政治や経済の世界では色々ありますが、Perfume愛に関しては万国共通ですね。

 

ゆっこさん

普段の生活の場所で、ほぼ普段着のままでのパフォーマンス。

一見地味ですが、のっちが大好きで、Perfumeを踊るのが楽しくてしょうがない!って気持ちが凄く伝わってきます。

こういうエントリーが実はワタシ大好きなんです。

 

Nyan! Paraさん

スペインからのエントリーチーム。右3人の女性のスタイルが完璧過ぎですね。 (*´ェ`*)

やはりヨーロッパ人の方には天性のもので敵わないですね。ww

ある意味Perfume以上に完璧なPerfumeとも言えます。

しかも踊りも、混成5人編成でこの完成度、とても美しいです!!

 

10fumeさん

いくら完全完璧を目指そうとも、本物のPerfume3人と同じような体形の3人が揃うのは、

実はそう簡単なことではなく奇跡に近い。

だから、あえてお互いの身長差が10センチずつあることをアピールして、

それを感じさせないくらいクオリティを揃えて仕上げてきたこのグループは、凄い!!

 

<Under16> 猫野みぃさん

体軸がスッと通っていてブレないところが、将来を期待させられます。

 

<Under16> profumoさん

前回の決勝戦で、会場の、そして全国のPerfumeファンに奇跡の涙をもたらしたあのprofumoさんが、

また一段と成長して帰ってきました。(それでもまだ Under16 なんですね。w)

逆光の部屋で踊っているのは演出でしょうか、シルエットがとても綺麗です。

このまま成長して、第2のあ~ちゃんを目指してください…。

 

<Under16> kashirukaさん

ちびっこぱふゅ~むは あ~ちゃん推しでしょうか。もう無条件にかわいいですね。

でもそれだけじゃない、

第3フレーズの 「♪Pick me up Pick me up」 のところの右手の振り、

上下へではなく、左右にフリフリするところが新しい!

これはスゴイ新発想なのではないか…?!

 

……

 

ということで、

第3回Perfumeダンスコンテスト、極部門を見てみましたが、

第1回からの常連さん達も もちろん盤石な仕上がりでさすがですが、

むしろ、ニューカマーの方々の凄いクォリティ、

前へ前へ攻める姿勢が、とても印象的でした。

 

そしてやっぱりワタシは、

Perfumeも大好きだが、

Perfumeを愛してやまない人々のことも好きなのだなぁ…

って、思ったのでした…。

 

 

2015年8月10日 (月)

そういえば確か、あ~ちゃんは言っていたね…

 

 

「受験なんて、人生のうちで何回も経験できるものじゃない。 だから… 」

…なんてようなことをね。

 

 

ワタシは、9日(日)の夜の部に受験しましたが、

ラッキーなことに休日の夜だったので、ワタシ的にはベストの日程でした。

しかしホント終わった瞬間、「フ~ッ…」 って感じでした。 ヾ(´ε`*)ゝ

ワタシらみたいな 「受験偏重世代」 にとっては、どうしてもこういう企画には燃えてしまいますね。ww

疲れました! でもすごく清々しい気分です。

ワタシ的には精一杯を尽くせたのではないか、と思います。悔いなしです!

 

今までまったく聞いたこともない、裏側エピソードからの問題もいくつかありましたが、

でも総じて、P.T.A.事務局さんの優しさというか、

かなり重箱の隅を突くようなエピソードからも出題するかわりに、

その出典がきちんと記載されていたので、記憶していなくても即座に確認しやすく、

全体的には想像していたほど難しくなかった、というのが正直な感想です。

 

それと、事前の試験対策が結構役立ちましたね。

いちばん功を奏したのは、「P.T.A. DVD」 を1から一通り見直しておいたことですね。

ここからの出題が結構ありましたから。

あとは 「P.T.A. マガジン」 を始め、

P.T.A.から贈られてきたモノを手元に準備しておいたことも良かった。

サッと取り出して確認できました。

それと、Perfumeファンによる各検索サイトは開きっぱなしでのぞみましたので、それも活用できたかな。 

しかしPerfumeファンによる検索サイトって、ホントに凄いですよね。

よくぞそこまでまとめられたって、改めて思いますし、

そこから得られた知識も相当あります。

まとめられている管理人さんたちは本当にリスペクトしてますし、

ありがたいことです。

こんなにキモいファンの方たちがついているアーティストって、他にありますか?!!

何てステキなんでしょう!ww

 

まぁ でも、時間的に結構アセりながらだったので、何問かはミスしたろうし、

結局制限時間いっぱいいっぱいかかっちゃったので、

9/21の 「P.T.A.サミット」 は不合格だと思います。

ワタシごときが割と易しいと感じたぐらいだから、おそらく相当ハイレベルな選抜になると思いますし。

 

でもね、合否なんてどうだって良くって、

今回のP.T.A.検定試験は、本当に良い企画でした。

 

ワタシの受験勉強は、一応1カ月ぐらい前からスケジュールを立てて、

最初は楽曲のCD、MVの振り返りを1からやって、

次はライブDVDを全部見直して、

それが終わったらP.T.A.関連のDVDやマガジンを見直して、

それでも余裕があれば、膨大な量の雑誌インタビュー記事をできる限り読み直して…

…って、ここまでやれば完璧! 

 

……のはずでした…。www

 

 

いやぁ、実際はなんだかんだで、

子供らは夏休みってことで、行事がいろいろあって付き添いがあったり、

毎日暑くて生ビールがウマい季節ってことで、飲み会が想定外にたくさん入ったりして、

なかなか勉強がはかどりませんでしたね。ww

結局ワタシがこなせたのは、CD&MVの振り返りが全楽曲中の約半分と、

P.T.A. DVDやマガジンの見直しをサッと一通り… これしかできませんでしたね。w

でもこれだけでもホント、改めてPerfumeの歴史の長さ、深さを感じましたし、

そこにはたくさんの温かいエピソードがあって、

3人の真剣さ、ひたむきさ、頑張ってきた姿、

でもピリピリとストイックすぎることなく、常に笑いながら、楽しみながら…

チームスタッフとファンへの感謝を忘れずに…

 

そんな、Perfumeがくれた宝物を、改めて胸に抱くことができましたし、

 

もっともっとPerfumeを知りたいし、これからもずっと楽しんでいきたいな…

 

…って、そう思いました。

 

それが感じられただけでも、今回の検定試験は、

とっても良企画だったなぁ… って思うのですね… 。

 

 

 

   Booklet0011_2

                       あ~ちゃんが指輪をしていたのは、薬指と小指じゃろ?……

 

2015年8月 2日 (日)

同じブランドのお洋服を3人に合わせるのって結構大変なんだろうな…

 

 

NHK MUSIC JAPAN のMCで、のっちさんって台本を読むとき、

こうやって指でなぞらえながら読むことが多いですよね?

 

    20150727_mj_5min02

 

MJの放送って録画ですから、基本的にはNGが出れば録り直しがきくんでしょうけれど、

収録を観に行った人の話によると、

ライブ感を演出するために、なるべく止めないで、放送の進行どおりに収録が進められるそうです。

テレビ見てて生放送っぽい臨場感が感じられるのも、だからなのかもしれませんね。

 

相変わらず公式ニュースでもその噛みっぷりが伝えられるのっちさんですが、

でも本人は意外と、そのキャラで呼ばれたくないのじゃないかなぁ、

って想いますね。 なんとなくね。

なので、天下のNHKさんの番組ですから、

のっちさんも内心 「噛んだらあかん」 って必死なんでしょうね。

こうやって指でなぞって読んだりしてね。 ( ´艸`)プププ

 

でもその一生懸命さがまた、 かわいらしんだなぁ……

 

 

 

   20150727_mj_mc

   自然の光の下でのお二人も、素敵ですね…

 

 

 

 

 

 

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »