フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ライブ後の牛タン定食は、ヤバいほど美味かった…  | トップページ | やっぱり、どこか昭和なカオリがするんだよなぁ… Perfumeって。 »

2015年6月 6日 (土)

てやんでぃ! こちとらPerfumeが1位だぜぃ!ww

 

『日経エンタテインメント』 誌にて、年1回発表している、

「タレントパワーランキング」 の2015年版が出ましたね。

 

このランキングは、東京・千葉・埼玉・神奈川に在住する 「登録モニター」 から、

10歳~59歳までの4,400人を抽出し、

そのタレントさんについて 「知名度=知っているかどうか」 と、

「関心度=見たい・聴きたいかどうか」、という観点でアンケート調査をして、

総合的にポイント付けしたもの、だそうです。

地域性には偏りがあるようですけど、ま、統計学的にはこの地域の人口だけで標準的数値を捉えられる、

ということなのでしょうね。

また判断基準はあくまでも 「知名度・関心度」 であるから、

そりゃぁ、マスメディアへの露出頻度が大きく影響するでしょ!ってところなんでしょうけど、

「見たい・聴きたい」 と思われることは、結構音楽の本質を突いているところだと思いますので、

これはこれで一つのバロメーターとして 「あり」 なんだと思いますね。

 

で、その結果、

Perfumeさんは今年は 27.8 ポイントということでした。

これは残念ながら、全タレント総合100位には入っていません。

ちなみに総合1位は嵐さんで 49.1pt、100位は松嶋菜々子さんで 32.0ptで、

100位には少し届かなかったようです。

うん、まぁ総合では音楽系は不利ですよね。露出度の面でね。

そしてその音楽系に絞ったランキングでいきますと、

 

Perfumeさんは 23位 にランクイン!   

 

   Dsc_0468_2

はい、なかなかです!

上位のそうそうたる顔ぶれをみると、この位置でも十分嬉しいことですね。

やはり、CD売上枚数とかライブ動員数とかには比例していなく、イメージ先行って感じのランキングですが、

Perfumeにとってはむしろこれが功を奏して、数よりもいい結果が出ていると言えるのではないでしょうか。

ただ、2014年は 30.4 ptで20位でしたから、若干下げてます。

これ以上下がらないよう、この辺でストップしておきたいところです。

今後のCDとかビデオのリリース具合が鍵となるんじゃないでしょうか。

 

そして、女性グループアイドルランキングでいきますと…

 

   Dsc_0457

Perfumeさん 堂々1位!! やった~!ww 

 

しかも、2013年に 28.3 ptを獲得して1位になって以来、3年連続のトップです!!

2位以下に差を詰められることもなく、安定感が光ります!

 

Perfumeが今もここにグルーピングされていることに違和感を感じつつ、

でもそこがまた、Perfumeのこれまでなかった絶妙の立ち位置の現れであるし、 (どっちの美味しいところも味わえる…)

なんか、この位置にPerfumeが君臨しているからこそ、

逆に、日本のアイドル界をビシッと 引き締めている感じがするし、

並み居る国民的アイドルグループを従えてトップにいることは、

素直に気持ちがイイものです! 

2015年アニバーサリーイヤーの活躍で、来年もがっちりキープしていきたいところです。

 

そしてPerfumeのポイントで特筆すべき点は、

この得点分布図を見ると分かるとおり、

 

   Dsc_0459  

  (上を拡大→) Dsc_0461

 

認知度も関心度も 両方とも高いということです。

つまり、知っているし かつ聴いてみたい、という回答の人がほとんどで、

知ってはいるがもう聴きたいとは思わない、とか、

知っている人は少ないが聴きたい度は高い、ということでもなく、

ブレイクしてから7年ほどたった今もなお、「今が旬」 のゾーンに入っている、ということです。

このキープ力はかなりスゴイことなんじゃないでしょうか。

このゾーンにいる他のタレントさんの顔ぶれを見ると、

ここにPerfumeさんがいること、正直意外ですらありますが、

これぞ、常に前に進み進み続けてきた… 証なんだと想います…。

 

そして、意外とコアなファンが想っている以上に、 世間一般的には人気者なんですね。ww

 

 

これからも話題性だけに頼ることなく、

音楽性をしっかりとアピールしながら、たまには別のところで話題を提供したりして、 

ワタシらを魅了し続けてほしいですね!!

 

« ライブ後の牛タン定食は、ヤバいほど美味かった…  | トップページ | やっぱり、どこか昭和なカオリがするんだよなぁ… Perfumeって。 »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
最近自分はネタがなくて、他人様の意見の紹介ばかりのコメントになってしまうのですが…ついでにめちゃくちゃ長文なんです。すみません。m(_ _)m


タレントパワーランキングでは、去年慶応大学の小幡績先生がこれを題材に講演をされました。日経ビジネスに当日の内容があります。
(長文なので、時間のあるときお読みください)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20140715/268696/
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20140728/269349/

内容は賛否両論あると思うのですが、Perfumeが1位になれたことの理由として「嫌われないこと」を挙げているんですね。それだけを読むと消去法的な理由かとも思うんですが、毒を使わないということは凄いことだと自分は思っているんです。

アイドルといえば聞こえはいいですが、使い捨て文化の象徴の側面もあって、少女の儚げな運命をファンは楽しむという非常に悪趣味な心理が影にあるように思います。


ちょっとジャンルが違うのですが、岡田斗司夫さんが萌えアニメについて言ってたことで、「萌え」の心理にはパターンとして、

「あまりにも純粋すぎてほとんど白痴に近い女の子が、重病になったり酷い目に合ったり死んだりするところを泣きながら観る」

というのがあるというんですね。

これはどういうことかというと、ファンは少女に対して「自分はそこまでピュアになれない」という引け目を感じているから、憧れの対象にする。
でも、一方では「俺は損得を考えない生き方をするほど馬鹿じゃない」という差別心がある。だから、ファンの二次創作(いわゆる同人作品ですね)では、やたらとエッチな描写がある陵辱モノの作品が氾濫すると解説してました。


そこをPerfumeは萌えという毒を使わずに乗り切ったんですね。
あ〜ちゃんの広島弁丸出しの生活感もよかったし、のっちのほとんど男子の暮らしぶりもよかった。唯一残るかしゆかは頭脳明晰ですから、萌えになりそうでならないし。

これが幸運なのか戦略なのかはわかりませんが、このままオバさんになっても頑張ってくれというのが自分の願いですね。森高千里さんという大先輩も昔そんな歌をうたってました。

おひさまさん、コメントどうもありがとうございます。


小幡さんの言っているPerfumeのケース=「有機栽培プロセスにより育てられた偶然の産物」というお話、

なるほど良いお話だと思いました。納得させられますね。教えていただいてありがとうございます。

ただ、どこまでが戦略でどこからが偶然だったかということについては、

真実は中田さんや事務所やレーベルの担当者に直接聴かないと分からないところですよね。

彼らもエンタテインメントビジネスのプロたちであり、常に一か八かで仕事してるわけありませんからね。

でも結果的に偶然が重なってきたから現在の立ち位置を獲得できた、という点はやはりそうだと思いますし、

それがエンタメ業界の面白さであり、また大変なところなんでしょうね。


それから岡田さんの「萌えの心理」も面白いお話ですね。 なるほどとうなずきました。

自身もそっち側の部分もありながら、一方で客観視して論じられるところがイイですよね。

うん、ワタシも「悪趣味な…」に同感です。 ただまぁ、全ての業者がそうではないでしょうけどね。

これをテーマに深く書く気はないのですが、この日本独特の文化って、

日本人の封建社会、女性蔑視の歴史が形を変えて現代社会に表れているもの、なんじゃないかな…

って、ワタシは思っています。 ま、これ以上は書きません。(^^;)


そうそう、「萌え」を売りにせずに乗り切った… ほんとそうですね。確かに。

そしてさらに思うのは、

あ~ちゃんは、2008年武道館ライブのMCでもあったように、

その「萌え~」を「世間で流行りのツール」的な使い方をすることで、

むしろ自分らとは距離を置いて客観視してきたところがあるし、

(それが戦略だったのか本性からなのか分からないところが、彼女の恐ろしいところですが。)

のっちは本当にこちら側のものの見方をしてみせるし、

かしゆかは最も「萌え」要素が高いですが、時折、人間誰でも持っている「黒い部分」をチラ見せることで、

いわゆる既成の路線に乗っかることなく、抜きん出ることができたのじゃないか、って思いますね。


最後に、

森高は凄いですよね…  理想形ですよね。w

おひそしゅうー・・・いや、おひさしゅうーのこんぱんわ

忙し忙しなので、こつらにちーとも来れませんで。
いやはやなんとも、春だしねぇ。

さて。。perfumeさんの人気度ってばすごいのですな。確かにテレビとかの露出度はかなーり低い。新曲がでると、何週間は出てますが、それ逃すと、出てこなくなる。まあーCMなんかにはでてますがつーか流れてますが。

何によってその人たちが印象が残っているのか。実のところ、MJのMCはずっとやってるし、紅白もここんところずっと出てるし、一応ラジヲもやってる。というと案外ちろちろと出てるわけですねぇ。
CDとかの年間の売り上げとか、人気の度合いとか、年末にやったりしてますが、ほとんど嵐とAKBばかり。これってーすげー売れてんでしょうけどなにがそうにるのか謎ですね。ここ数年ずっとですからねぇ。

でもCDTVとか復興のコンサートとかも出てますしねー。細かいこと言うと、いろいろ出てくるなあ(笑)やっぱりいろいろでてるじゃーあーりませんか(笑)ということでいろいろ出てるからゆーめーということで(をぃ)(笑)

で、先に発売になっております、新曲ですがー

とーめーにんげーーんあらわるあらわるー と、言ったのは、かの有名なピンクレディですが。わたくし中学生くらいかな(笑)ちなみに、みーちゃんファンでした(笑)

透明人間つーことでは同じなのに、内容的にはちっとも似てないし。しかも曲調がまるで違う。この曲の間奏の処理の凄いこと。ぉっ、こーくるかっってなぐあい。あの返ってくる様な音の処理、好きだなあ、あれ最高です。

それから、ぴっくっみっあっっっ ですが(笑)

とにかく耳に残る残る。みあっぷっっ って(笑)
しかも、すぱっすぱっと、さわったら切れるんじゃないかというぐらい、切れ切れぱすぱすのダンス。すごいですねぇ、あれは。しかもBメロの最初は、Aメロと入り方が違ってクラップ音が入って、雰囲気がガラッと変わって曲に突入する。あれはうはーとすげと思いました。

最近は、このCDの3曲ばーーかり聞いてまして、他の曲が聴けないっ(笑)どーしましょうか(シルカッ)(笑)

しかし、ももくろZって強いですねー。AKBと競うあたりはすごいですな。ってperfumeのおねーさん方も凄いのですよ、そーゆーいみでは(笑)

とういうことで(ナニガダ)夜も更けてきました。雨も降っているし。ということでおやすみなさい(笑)

ではまた( ̄0 ̄)ノ゛゛゛゛゛~~~~

とらんさん、コメントありがとうございます。


いやはや、もう夏の暑さが来てますよ!


さて、とらんさんが挙げて下さったものを見ると、結構ありますね。

そうなのですよ、しょっちゅう出てるわけじゃないのに、

要所要所は出てるんですね。しかも紅白連続出場中というところが大きい。

なのでそう考えると、実はAKBさんとジャニーズさんの露出が異常であって、

それを除いたらPerfumeあたりは売れてる方であって、

音楽系アーティストとしてはとてもまっとうな活動ペースなのでしょうね。


透明人間の振付け、ワタシは密かにピンクレディの振付けのオマージュがあるかな、

って期待してるのですがどうなりますかね。

MIKIKO先生はもちょっと若い世代だから知らないかな?。

ちなみにワタシもミー派でしたよ! 


今度のシングルについてはだいぶ聴き込んできました。

ワタシもそろそろ透明人間について書こうかなと思ってたところですよ。

実はワタシ的にはこの曲は、諸手を挙げてオッケーグー!… ではありません。

でもそこはやはり中田+Perfumeサウンドです。ジワジワと良さが感じられるようになっています。


間奏の返ってくる感じ、ですか、四方から反響してくる感じでしょうか?!

この空間的広がり感が、現在の最もイケテる潮流である「ダブステップ」っぽさを取り入れているのかなぁ? って想ってるのですが、

この曲、サウンド的にはかなり中田さんの趣味が強いと感じます。そこが意見が分かれるところ、なんだと思います。


東北地方も昨日の晩から今日の朝までは恵みの雨でした。

そうそう、「In The Rain」(from『STEREO WORXXX』)がピッタリと似合うような…

そういう音楽が好きなのですよ…


おとと様

この情報は全く知りませんでした。
ありがとうございます。
ご指摘通りperfumeは安定した人気ですね。
得点分布図はなかなか興味深い内容です。
これを見ると安定的にTV出演しているタレントが今旬ゾーンに居るように感じます。
(あまり詳しくないので根拠があいまいですが)
私的には分布図の「今旬ゾーン」はベテランも含めて「好感度安定ゾーン」に感じました。
perfumeがこれだけ好感度を保つ秘訣としてMJに出続けていることが大きいと感じています。
冠番組こそありませんが、NHKの番組に出演し続けるのは異例と言っていいでしょう。
かなりトップ役員連中も彼女達は公認の司会継続だと思われます。
メイン司会は変われどperfumeがこれだけ使い続けられるのは「毒」が無いからでしょう。
なにせNHKは全国区ですからね。

そのMJなんですが
MJ5minで最初はゆうすけさんと3人で出演者の紹介をしていましが、この頃の視聴者お悩み相談では一人の出演になりました。
楽屋インタビューも今はロビーで一人か二人でおこなってますね。
これは暮れに向けて各人のインタビュースキルUPだと思ってます。

necco様、コメントありがとうございます。


MJ司会の継続は異例ですよね。

こんなに続くなんてワタシらファンも想定してなかったですよ。

やっぱりNHKはブレイクに直接関わりましたし、かしゆかのご家族との繋がりもあり蜜月の関係ですね。

おそらくPerfumeの活動に大きな変化がなければこのままずっと、の可能性もありますが、

世間一般の目もあるでしょうからそれほど長くはない… とも思います。

司会進行のスタイルも今年から変わって、だいぶPerfumeの存在感が増してきました。

が、まさかそれが「暮れに向けて」ですか?!

いやいやneccoさん、それはそれは大胆不敵なご妄想を!ww

でも夢は大きく、ですね。期待しましょう!!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/60278398

この記事へのトラックバック一覧です: てやんでぃ! こちとらPerfumeが1位だぜぃ!ww:

« ライブ後の牛タン定食は、ヤバいほど美味かった…  | トップページ | やっぱり、どこか昭和なカオリがするんだよなぁ… Perfumeって。 »