フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月28日 (日)

今年も早、1/2年の瀬を迎えようとしています…

 

昨日は、「TBSテレビ60周年特別企画 音楽の日」 →

MUSIC ON! TV 「METROCK2015 ダイジェストスペシャル」 →

「CDTVスペシャル!音楽の日朝までライブ」

と、Perfume祭で楽しい休日となりました。ヽ(´▽`)/

1日で3つの放送があるのもこの時期にしては珍しいですね。

 (夜中ウトウト見ていたら、一瞬年末かと錯覚しそうになった…w)

 

ま、ともあれ、ホントありがたいことです!

 

   2015metrock_pmu01

       2015metrock_pmu02

 M-ON 「METROCK 2015」 の方は まさにダイジェスト版でした。

 7/19放送の本編に期待!ですね。(ま、でも本編もこの2曲かな…。)

 

でですね、

昨日のこの3番組に出演した歌手・アーティストの延べ総数は、約130組あったのですが、

改めて見ると、この日本のポピュラーシーンの多様さ、多彩さを感じましたね。

もちろん、この130組でさえほんの一部であって、テレビやロックフェスのステージに上がっていない方々が

他にもゴマンといるわけですが、そのそれぞれがみな異なるメロディ、異なる歌詞、

異なるサウンド、スタイルで、音楽を創り届けている…。

日本人の創造性の豊かさと、それを受け入れる土壌があること、スゴイことだな って思います。 

 

そしてこの3番組、それぞれが番組のコンセプト、ターゲット (すみ分け) があるわけで、

出演者リストを見比べると分かりますよね。

 

   20152

       2015_cdtv_sp_2

           2015metrock_2

 

同じTBS系でも 「音楽の日」 と 「CDTV SP」 はだいぶ違う。

 ( Perfumeの選曲にも表れていましたが、

  いっそのこと音楽の日にSamtを持ってきたら…

  とも思いますが、そこをあの3人は 「場をわきまえる」 のだなぁ… )

 

で、そんな中、

 

Perfumeだけが、この3番組全てに出演している

 

のですよ! Perfumeただ一つだけですよ!

これは本当に凄いこと。 

 

楽曲、サウンド、踊り、衣装…

そのどれもが独創的で、アーティスティックでテクニカルで…

それらが融合し補完し合うことで、新たな音楽を (価値観をも) 生み出した…。

そしてそれを体現するのは、(対照的にも)

人のいい、いつまでたっても朴とつとした、3人の綺麗な女性…。

いろいろな要素に魅力の切り口があるから、幅広い層に波及していく…。

ここまでのアーティストは本当に数少ない。

多彩な日本のポピュラーシーンの中でも、さらに唯一無二の存在、立ち位置…

いろいろな境界線 (← 「しがらみ」 とも言う…) を越えていく…

…だから海を越えて世界でも求められる。

それでいて今も、メジャーなようでメジャーな感じがしない。

かと言ってマイナーかというとマイナーでもない、

(メジャーとかマイナーとか 一体何なんだ?! って話もありますが…)

 

今もって摩訶不思議なグループ… ですね。w

 

 

……

 

さて、

「Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP」 の後半戦、

日本武道館+広島GAでのワンマンライブのタイトル 「LIVE 3:5:6:9」 がアナウンスされてから半月ほど経ちますが、

このタイトルの意味については、オフィシャルには沈黙されておりますので、

ほれ、よ~く考えて当ててみんしゃい! ってことですね。ww

で、思い出すたびに考えているのですけれど、

オッサンの老化脳はなかなかひらめいてくれませんね。┐(´д`)┌ 今回はかなり難題…。

 

まずなんで、3,5,6,9 とか、3・5・6・9 ではなくて、

3:5:6:9 なんだろうって思いますよね。

3.5.6.9でもないし。

「:」 だから、割合なんですよ、 そして分母が23。

23分の3である何かと、23分の5である何か、

そして23分の6であるものと、23分の9である何か…

 

23歳…  23年…  23曲…  23枚…

なかなかピッタリくるものがないなぁ…。

 

あるいは、3,5,6,9に4分割できる何か…

4つにくくれる何かか…  節目節目…?

3枚、5枚、6枚、9枚…

 

それとも、

メジャーデビューから数えて、2007年、2010年、2011年、2014年… に何かが…?

3枚目、5枚目、6枚目、9枚目、に…?

 

っつーか、読み方は

3対5対6対9…

3コロン5コロン6コロン9コロン…

サ・ゴ・ ロ・ク……

 

あ~ だめだこりゃ!ww

 

2015年6月21日 (日)

エアコンのリモコンもすっきり収まります!

 

日曜夜、24:05~の 「MJ 5min」 の方が、

24:10~の 「MUSIC JAPAN」 本編よりも平均視聴率が良いそうです…

 

   20150615mj5min02

…笑っちゃいました。ww

 

Perfumeファン的心理を妄想すれば…

 

 ⊿ 「5min」 には、毎週必ずPerfumeが出る。MCだからね、当然ですっ。

 ⊿ だから、また明日からの鋭気を養うためにも、Perfumeの笑顔を拝んでおきたい…。

  (今は毎週一人づつしかお目にかかれませんけどね。)

 ⊿ 特にテレビ露出の少なくなるリリース端境期には、週に一度の貴重な癒されタイム…。

 ⊿ ただ、正直他のJ-POPSは全部見たいわけでもない。

 ⊿ だから、「5min」 を見て他に好きなアーティストが出なければ、

  本編は見ないで寝ちゃおうかな…。 本編見終わるともう1:00近くになっちゃうしね、

  明日から仕事だし…

 

…ってところでしょうか?!

 

そんなPerfumeファンが大勢いるから、

「5min」 の方が、本編よりも平均視聴率が良い… のかもね…?。

 

 

……

 

 

さて、

秋にやってくる 「Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP」 については、

あと一つのイベントの詳細がまだ出ていないので、

遠征組としては、まだ参戦計画が立てられない状況ですが、

 

グッズの方は早くも到着しましたっ!ww

 

ワタシはお小遣いのやりくりもありますので、まずはショルダーバックとスマホポーチを買いました。

 

ショルダーバッグですが、これは優れモノです!! 

いや~、ワタシもライブ用のバッグって悩んでたところで、

できればコンパクトに軽く収めたいのだけれど、

意外と持ってきたいものってたくさんあるんですよね。 いろいろ緊急事態に備えて。

オッサンなんてね、「携帯酸素缶」 なんてのも一応持ってくんですから、笑っちゃうでしょ!ww

(結局使ったこと一度もないですけどね。)

あと、意外とどこに入れようか迷うのがチケットね。 

紙製のホルダーは長いし軟らかいし。

だからどうしても思ってたより大きめになりがちなんですが、

今回のショルダーバッグによって、お悩み一気に解消!となりそうです。

ジャパのっちさんが力説されていたとおり、

小さく見えてかなり大容量!

 

   Img_1085

ほら、500ml ペットボトルも横にしてちょうど収まります! これは頼もしい。

 

ポッケもたくさんあって、チケットも財布もP.T.A会員証も個別に入れておけそうだし、

そしてなんつーか…、縦横比が絶妙な大きさです!

これ一つあれば、多分現場はこなせちゃいそうです。

これは重宝しそうで嬉しいですね。 ( ̄▽ ̄)/

 

そしてスマホポーチですが、

ワタシのスマホはだいぶ旧式で小さいので当然収まりましたが、

 

   Img_1086

新しい機種ならばちょうどピッタリな感じですね。

 

そしてケースに入れたまま画面操作ができるとのことで、さっそくやってみましたが、

 

…う、うん、  う、動きますね…  なんとか… (^-^;

 

ワタシの旧式のスマホでは、だいぶ反応が鈍くて、かなりグッと押さないと動かなくて、

スクロールしようとすると、あらぬところでエンターされて飛んでしまったり… でした。ww

 

ま、エアコンのリモコンならば、確実に作動できるでしょう!

 

でも、バッグにいちいち出し入れしなくていいのはありがたいですね。

これも使えますね! ( ̄▽ ̄)/

 

そしてデザインもシックでありながら赤がアクセントで、これなら普段使いできそうですね~。

 

でも実際は、もったいないから使わな~いっ!ww

 

……

 

2015年6月13日 (土)

やっぱり、どこか昭和なカオリがするんだよなぁ… Perfumeって。

 

今週のMJは、オープニングでちょっとしたハプニングがあって面白かったですね!

 

ステージ袖から駆け出てきたユースケ+Perfume。

どこまでもテキトーなユースケさん、立ち位置がちょっとズレて隣ののっちと肩が触れる。

 

   Uvs150613001

 

あくまでもちゃんと進行したいのっちは

「ちょっとユースケさん、も少しそっち行って!」

と言いたげに突っつくと、

ユースケさんは 「あ、わりぃわりぃのっち!」 と言いたげに腕を…

 

   Uvs150613002 

 

それを見ていたあ~ちゃんは…

 

   Uvs150613004

 

そう突っ込まれたのっちはちょっとキレ気味に…

 

   Uvs150613003

 

てへへ…

(この感じは台本じゃなくマジハプニングだな。)

 

で、

このやりとりを見て思いました…。

 

まじめで照れ屋なのっちちゃんと、

それを承知で突っ込むあ~ちゃん、

そしてその様子を、ゆかちゃんは温かく見守る…

この3人のコンビネーションは絶妙に面白いね。

 

それと、

思春期の頃、「他の子といるところを好きな子にからかわれると、なんかムカつく」

なんてことがあったものですが、そんな感じが見えて、

 

のっち、やっぱ あ~ちゃん大好きなのね… ww

 

 

……

 

 

「Relax In The City / Pick Me Up / 透明人間」、だいぶ聴きこなれてきました…。

 

透明人間、この曲は CMタイアップの制約がなかったからか、(チョコラBBは曲入替えただけだしね。)

とにかく前の2曲とは異次元で、中田さんの解き放たれた突き抜け感を感じますね。

まず、主メロディと曲構成の斬新さがヤバイ。

メロディパートが2パートしかなく、しかも2つ目のパート= 「♪透明人間 透明人間……」 が、

はたしてBメロなのかサビなのか、よく分からない。 Σ(゚д゚;)

これはサウンドが強く盛り上がっていく感じではなく、

Aメロの延長線上で、フワフワと連続していくことによるものと感じますが、

むしろその後の間奏部の方が、サビっぽい明快なパンチがある。

いやはやなんとも不思議で、かつオシャレな構成。

このつかみどころのない浮遊感が、これが 「透明人間」 なんだろうと、想います。

こんな曲、当たり前のJ-POPSならば、アルバム収録ですら冒険的と評されるところ、

シングルカップリングでサラリと入れられるところが、Perfumeのスゴイところ。

また、RITCとPMUからの流れがあるからこそ透明人間が活きる、とも言えるでしょうね。

 

ただその反面、

そのフワフワとした連続感を演出するサウンドは、Instrumental Ver. になると、

とたんに面白くなくなる。(あくまでもワタシの感覚です。)

数あるPerfumeの Instrumental Ver. で、こんなにエモーショナルさがないのは、

「GLITTER」 シングル版 以来かもしれません。

ボーカルVer.の方は、聴くほどにジワジワと良くなっているのに、

インストVer.の心躍る感のなさ、そのギャップが激しいです。

その理由としては、

構造的には複雑でさすがなのですが、音色自体が硬い。そこがワタシはあまり好みじゃないです。

そしてもう一点、

このインストVer.には、主メロが全く弾かれていないから、なのかなと思います。

PerfumeのインストVer.って、メロディの入り方にいろいろなパターンがあって、

主メロが入ったり、裏メロが入ったり、フレーズごとに複雑に変わったり、

3人のボーカルを裏打ちするようにピンポイントで遠くで鳴っていたり、

それによって、3人の踊る姿を想い描けるから、そこがイイところ…

と感じるのですね。

単純にダンスミュージック的に聴けば、体だけは踊れるんですけれどね…。

 

とまぁ、そういうところもあるのですけれど、

3人の歌が入るとまたガラリと変わって、キモチ良さがジワジワと出てきましたね…!

 

 

……

 

 

AppleやLINEで、定額制音楽配信サービスを始める、というニュースがありました。

 

デジタルコンテンツのお手軽さがどんどん進んでいますね。

お値段もどんどん安くなっていく。

お手軽でお安いから、音楽の間口が広がり、

シェアし合ったりして新しい音楽に触れる機会も増えるだろう…

そんなメリットがあるとのことです。

 

ですがその一方で、CDはさらに売れなくなるだろうし、

配信1曲の単価がどんどん安くなると、制作側に入る印税も安くなる。もうけが薄くなる。

となれば、

制作側は、制作にお金を掛けなくなって、

例えば、

ジャケット写真やミュージックビデオに、手間ひまをかけなくなり、

味もそっけもないものになる… かもしれないね。

 

そうなったらいやだな……。

2015年6月 6日 (土)

てやんでぃ! こちとらPerfumeが1位だぜぃ!ww

 

『日経エンタテインメント』 誌にて、年1回発表している、

「タレントパワーランキング」 の2015年版が出ましたね。

 

このランキングは、東京・千葉・埼玉・神奈川に在住する 「登録モニター」 から、

10歳~59歳までの4,400人を抽出し、

そのタレントさんについて 「知名度=知っているかどうか」 と、

「関心度=見たい・聴きたいかどうか」、という観点でアンケート調査をして、

総合的にポイント付けしたもの、だそうです。

地域性には偏りがあるようですけど、ま、統計学的にはこの地域の人口だけで標準的数値を捉えられる、

ということなのでしょうね。

また判断基準はあくまでも 「知名度・関心度」 であるから、

そりゃぁ、マスメディアへの露出頻度が大きく影響するでしょ!ってところなんでしょうけど、

「見たい・聴きたい」 と思われることは、結構音楽の本質を突いているところだと思いますので、

これはこれで一つのバロメーターとして 「あり」 なんだと思いますね。

 

で、その結果、

Perfumeさんは今年は 27.8 ポイントということでした。

これは残念ながら、全タレント総合100位には入っていません。

ちなみに総合1位は嵐さんで 49.1pt、100位は松嶋菜々子さんで 32.0ptで、

100位には少し届かなかったようです。

うん、まぁ総合では音楽系は不利ですよね。露出度の面でね。

そしてその音楽系に絞ったランキングでいきますと、

 

Perfumeさんは 23位 にランクイン!   

 

   Dsc_0468_2

はい、なかなかです!

上位のそうそうたる顔ぶれをみると、この位置でも十分嬉しいことですね。

やはり、CD売上枚数とかライブ動員数とかには比例していなく、イメージ先行って感じのランキングですが、

Perfumeにとってはむしろこれが功を奏して、数よりもいい結果が出ていると言えるのではないでしょうか。

ただ、2014年は 30.4 ptで20位でしたから、若干下げてます。

これ以上下がらないよう、この辺でストップしておきたいところです。

今後のCDとかビデオのリリース具合が鍵となるんじゃないでしょうか。

 

そして、女性グループアイドルランキングでいきますと…

 

   Dsc_0457

Perfumeさん 堂々1位!! やった~!ww 

 

しかも、2013年に 28.3 ptを獲得して1位になって以来、3年連続のトップです!!

2位以下に差を詰められることもなく、安定感が光ります!

 

Perfumeが今もここにグルーピングされていることに違和感を感じつつ、

でもそこがまた、Perfumeのこれまでなかった絶妙の立ち位置の現れであるし、 (どっちの美味しいところも味わえる…)

なんか、この位置にPerfumeが君臨しているからこそ、

逆に、日本のアイドル界をビシッと 引き締めている感じがするし、

並み居る国民的アイドルグループを従えてトップにいることは、

素直に気持ちがイイものです! 

2015年アニバーサリーイヤーの活躍で、来年もがっちりキープしていきたいところです。

 

そしてPerfumeのポイントで特筆すべき点は、

この得点分布図を見ると分かるとおり、

 

   Dsc_0459  

  (上を拡大→) Dsc_0461

 

認知度も関心度も 両方とも高いということです。

つまり、知っているし かつ聴いてみたい、という回答の人がほとんどで、

知ってはいるがもう聴きたいとは思わない、とか、

知っている人は少ないが聴きたい度は高い、ということでもなく、

ブレイクしてから7年ほどたった今もなお、「今が旬」 のゾーンに入っている、ということです。

このキープ力はかなりスゴイことなんじゃないでしょうか。

このゾーンにいる他のタレントさんの顔ぶれを見ると、

ここにPerfumeさんがいること、正直意外ですらありますが、

これぞ、常に前に進み進み続けてきた… 証なんだと想います…。

 

そして、意外とコアなファンが想っている以上に、 世間一般的には人気者なんですね。ww

 

 

これからも話題性だけに頼ることなく、

音楽性をしっかりとアピールしながら、たまには別のところで話題を提供したりして、 

ワタシらを魅了し続けてほしいですね!!

 

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »