フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ボクらの特等席 | トップページ | オジキャッチ~… ♪21 <Relax In The City 編> »

2015年4月29日 (水)

哀しい歌…

 

きゃりーぱみゅぱみゅは、「もんだいガール」 で、

 

♪ただ恋をしてるだけなの

 機械みたいに生きてるわけじゃない

 あたし もんだいガール

 退屈したくないわいわ

 普通になんてなれないでしょ…

 

と歌うが、

 

Perfumeは 「透明人間」 で、

 

♪誰も気付いてくれなくて

 自由のせい 自由のせい

 同じ照明を 浴びたいのに

 too many pains…

 

と歌う……

 

 

突き抜けていっそのこと消えてしまいたい… と思っている人の葛藤と、

風のように走り抜けていってしまったがゆえに、

その背中が見えなくなってしまいそうな人の哀しさ…

 

そのどちらも生きにくい世の中…。

 

日本の社会って、

日本人って、

何でこうなんだろう……

 

って、想います。

 

 

中田ヤスタカさんという人は、

かくも、そのアーティストのパーソナリティを通して、

人に訴えかけるのか…

もう、とてつもない音楽プロデューサーだなと、つくづく感じます…。

 

そしてその哀しさを、日本人である中田さんの感性で表現するから、

サウンドに殺伐感がない。 コード進行が泣かせる。

そこにPerfumeの歌声がノッかりまくっていて、…良い!

やっぱアメリカで装飾される音楽とは、根本が違う。

 

ただ、

ただですが…

 

インスツルメンタルも繰り返して聴いているのですが、

こっちは珍しく、ホントにワタシにしては珍しく、

それほど 「鳥肌が立つような」 サウンドがないかな… って感じてます…。

 

「WAVE RUNNER」 を聴いても思ったのですが、

中田さん、最近はこっちのがキテるんだろうか…。

 

 

 

……

 

 

 

このサウンドを、次のライブ空間で 「グゥワ~ン…!」 って鳴らしてくれるはずであった、

あの姐さんが…、 急逝されたそうだ……  信じられない…。

チームPerfumeは、とても大きな存在を失ったと思う…。

 

心よりご冥福をお祈りいたしますが、

この悲しみを、きっと乗り越えてくれると、

信じています……

 

 

     Nhk2010dometyousenn001

 

« ボクらの特等席 | トップページ | オジキャッチ~… ♪21 <Relax In The City 編> »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

どうも、ゆうです。

シングルの3曲、
まだ聞き込んで2日3日な訳ですが、RITCが妙にお気に入り、でもふと頭の中で鳴り響いてるのはPMU、「透明人間」想像してたよりバキバキ、インストは歌入りとかなり印象が違う、まんまEDM!?といった最初の感想です。
フルの振り付けやライブで見るとまた印象が変わったりするんですが。
RITC以外は何か哀しさ、せつなさが見え隠れする感じがしますね。
どなたかがこの3曲はPerfumeの現在・5年前・10年前を表しているのではとの解釈もありましたが、そう考えて聞くとなるほど納得、皆さんの解釈が興味深いです。


そして、佐々ふみ姐さん、まだ40歳の若さだそうで、、、
驚きと喪失感、ただただ残念でなりません。
ご冥福をお祈りいたします。
そして、そんな最中の新曲・シングルのプロモーション、
チームPerfume、Perfumeの3人の心中を想うと・・・


x68kです

私も今日他の方のブログで知りました。

まだまだお若いのに・・・Perfumeにとっても大事な大事な存在であったと思います。ご冥福をお祈りいたします。

Perfumeファンの方って、こういった裏方さんのことや振り付けの先生、マネージャーさんのことまでちゃんと記憶に残っていることがすばらしいと思います。

新曲注文したと思っていたのですが、勘違いでまだ聴いてません (ToT)

どうもゆうさん、コメントありがとうございます。


透明人間、ワタシも歌入りとインストの印象がだいぶ違うと感じます。

たま~にありますよね、そういう曲。で、それが何でなのかを今考え中です。

基本的に、インストはインストで、歌入りとは違うものとして聴けるのがPerfumeなんだと思っているのですが、

透明人間はインスツルメンタル音楽として聴いても、

いつものミラクルさ、「楽しさ」がないように思います。

歌入りの方はスタイリッシュなメロディと歌詞の深さがかなり良いのですけどね。

ただこれも、振付けついてライブで見れば豹変するかもしれませんね。


佐々さんの悲報はショックでした。喪失感、ワタシもまさにそんな感情です。

1510アニバーサリーイヤーを最も楽しみにしていたスタッフさんのお一人であったに違いないですから、

さぞご無念だったことでしょう。 そしてまさかの新曲リリース時期に… ということで、

なによりPerfume3人の心中を想うと胸が締め付けられますね…。

x68kさん、コメントありがとうございます。


Perfumeファンがスタッフさんのことまでひっくるめて愛しているのは、

Perfumeの3人が常にスタッフさんに感謝し尊敬し、それを公言してきたからでしょうね。

そしてそんな娘たちだから、スタッフさんもさらに応えようとより良い仕事をしていく、

その正の連鎖、「みんなでPerfume」の気持ちが、ファンの心を暖めてくれますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/59819760

この記事へのトラックバック一覧です: 哀しい歌…:

« ボクらの特等席 | トップページ | オジキャッチ~… ♪21 <Relax In The City 編> »