フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

今年もお世話になりました。

 

 

あ~ちゃんさま…、

 

今Perfumeでいることで感じている、とてつもなく大きな幸せが、

どれほどのものであるのかは、一ファンであるワタシには到底計り知れませんが、

何万人ものファンが感じさせてくれる幸せと、1人の男性と結婚して家庭を得ることの幸せとは、

愛情を注ぐ相手との関係性とか方向性において、全然次元の違うものだと思うし、

っていうか、むしろ、

仕事で得る幸せと、家庭生活で得る幸せとは、人生を進むうえで両輪であったりします…。

 

だから大丈夫です。

きっとこの先、「女の人の幸せの象徴」 をつかむ日はやって来ますから、

そういった人生も経験しつつ、

おばあちゃんになるまで、3人でPerfumeを続けていけたらいいですね…

 

… 『ロキノン2月号』 の記事を読んで、オッサンそう思いました…。

 

……

 

それにしても、

『音人1月号』 の記事の中でずっと気になっていることがあって、

それは、大里会長がPerfumeに叶えてほしい 「ずっと持ってた夢、日本人がまだやってないこと…」

それが何なのかって考えると、夜も眠れない… (ウソ ww)

咄嗟に想ったのは 「グラミー賞受賞?!」 ですが、

いや、それならすでに坂本教授が取ってるしB'z 松本さん も取ってる。

ならば全米ツアー? いや、それもB'zさんがもうやってる。

 

では一体何でしょうかね、会長の夢って…? 

 

ところで、

世界の舞台で日本人初ってのも ドえらい目標ですが、その言葉を聞いて想うのは、

Perfumeってやっぱ、日本初っていうか、こんな女性ポップユニットって今までいなかったよなぁ…

って思うことが、いっぱいありますよねぇ… ってことですね。

 

ちょっと思いつくままに、ツラツラと並べてみましょうかぁ…

 

 

△ 小学生の頃に出会った3人で、今もずっと変わらずに活動している。

△ しかもそれぐらい芸能界に長くいるのに、奇跡的にも、3人とも人間的に普通に育っている。

△ 性格も生活スタイルも違う3人がずっと一緒にいるのに、解散の危機がなかった。

△ 自分たちの希望で始めた音楽スタイルでもないのに、誰も脱退しようと思わずに10年間もずっと続けている。

△ 髪形、衣装の基本スタイルを、誰も飽きずにずっと変えないで続けている。(もう多くの人がPerfumeのことを知っているのに。)

△ 誰も前へ出しゃばろうともしないし、誰も諦めようとしなかった。

△ ガチでストリートライブから、ニューヨークライブを行うまで駆け上った。

△ ロキノンにずっと取り上げられているし、ずっとRock'n JAPAN FESに出演してきた。

 

△ スクール時代の先生と、今もずっと一緒に仕事している。

△ その振付けの先生は、ファンからも尊敬されている。

△ ずっと支えてきた事務所のマネージャーも、ファンから愛されている。

△ ついでに、ビジュアルディレクター氏のおもろいおっちゃんも、ファンからとても親しまれている。

△ 最先端の映像クリエイター氏は、ガチでPerfumeファンである。

△ ライブメイキング映像などにしばしば登場する、舞台監督氏の顔と名前をファンなら誰でも知っている。

 

△ 奇跡的にも、3人3様のルックスの子が集まった。

△ 奇跡的にも、3人とも同じくらいの身長に成長した。(のっちは若干伸びすぎたか。)

△ 奇跡的にも、3人ともそこそこ可愛い、そこそこ美人に成長した。

△ 奇跡的にも、3人とも美脚の女性に成長した。

 

などなど……

ほんとたくさんある。キリがない。ww

いや、実際いろいろうまくいかないこともあったろうし、影の努力もあってのことでしょうが、

こういう一つ一つのエピソードが驚きであり、誠実で潔いと感じるし、

 

そして何より、見せてくれるものが楽しいから…、

 

ワタシらファンは愛して止まないのですよねぇ…

 

 

2014年の、ワタシのPerfumeライフも楽しかったですねぇ…。

 

そして1年間、一緒に楽しんでくださいました皆さまに、深~く深~~く感謝いたしまして、

 

2014年の当ブログを閉じたいと思います…。

 

では、皆さま 良いお年を……

 

2014年12月23日 (火)

 Muse

 

 

『Dream Fighter』……

 

2008年にこの曲がリリースされたとき、Perfumeにとって、

 

日本を代表する大きなステージに立つことは 「遠い遥かこの先…」 のことだった…。

 

   Uvs141220005

 

 

 

 

ワールドツアー1stを実現できたとき、

 

世界を代表する音楽エンタテインメントの地のステージに立つことは 「遠い遥かこの先…」 のことだった…。

 

   Uvs141220007

 

 

 

 

そして、ワールドツアー3rdで、

 

ついにその、「遠い遥かこの先…」 をその手でつかんだとき…

 

   Uvs141220004

 

その表情は、Fighterではなくなった…

 

 

 

 

Perfumeのメンバーの中で、おそらく、

もっとも普通の女の子。

 

ポップスターになる人っていうのは、スポットライトが当たった時すでに、

その存在そのものが、人々の 「夢」 であったりする。

けど、かしゆかはそういう存在ではないことを、おそらく自覚していただろうから、

そういう存在になれるように、常に自分の夢を掲げ、

一歩一歩、ストイックに挑み続けてきた人…、なのではないかと思います。

 

 

そして、

自身の夢が叶ったとき、夢はみんなの夢に変わった…

 

「夢はもう叶ったんだけど、みんながまだ夢を見させてくれてる感じ。

 だったらまだまだ、いろんなところを廻りたいな…」 (音人2015.1月号)

 

また新たな、夢の続き…

 

 

新しい 『Dream Fighter』 は、みんなの夢の歌…

 

だから、

 

かしゆかは、みんなに微笑みながら歌う…

 

そして、これからはずっと、そういう歌になるのかもしれない…

 

 

 

かしゆかさん、

これからも、遠い遠い遥かこの先まで…、夢を見させてくださいね…。

 

 

26歳のお誕生日、おめでとうございます!!!

 

 

 

 

2014年12月21日 (日)

ゆか誕2日前に

 

 

2014 年の瀬もいよいよ押し迫ってきましたが、

恒例のPerfumeカレンダー、12月号がいつものx氏よりご提供ありましたのでご紹介。

 

 

   201412

今月号のテーマは 『GAME』。

 

x氏のコメントから抜粋いたしますと、

 「WORLD TOURのアメリカ公演ライブビューイングでもっとも感動した 「GAME」、

 「edge」 以来の感動でした。しびれましたね~この曲。

 ハイヒールの音、ぶりぶりの低音、顔を隠す独特の振り、ライトサーベル…」 

…とのこと。 (^^)b

 

ですよね~…  何だかんだで、やっぱ GAMEとedgeは今でも双璧ですよ、Perfumeの。

フェイキやパ~リィメーカーもバッキバキかっけー系で良いですけど、

でもなんか違うんですよね、GAME・edgeとは。

 

なんかね…  マインドが違う、気迫が違う! …んですよねぇ。

 

遥か遠くを 「カッ!」 と、見つめる眼差しがある…。 

それこそ、今にもライトサーベルで斬り込まれそうな…。

だから聴いてるこっちもノリノリながらも、もの凄く緊張する。

 

やっぱ、楽曲というのは、それをリリースした時の、

アーティストの置かれている状況、境遇とリンクしてるんですよね。

だから、

WT3でGAMEを披露したことに対して、かしゆか曰く、

「内容を更新していきたいから、スタイルが完成されているあの曲をやるのは難しいんですよね…」 (『音人』1月号より。)

という発言の意味がよく分かる。

彼女らにとって、GAMEという楽曲は、基本的にはGAMEツアーでの存在なんでしょうね。あそこで一旦完結したのだと思います。

そこまで楽曲の一つ一つの意味付けを考えているんですねぇ… Perfumeって。

 

「自分らは曲も詞も書いていないから…」 って、いつも謙遜してみせますが、

いやいや、そこまでこだわってセットリストや魅せ方に悩んでいるのですから、

だからPerfumeはRockなわけですよ…!!

 

 

…ですけどね、

ワタシみたいな、もうPerfumeの全てをリスペクトしちゃってるファンにとってはね、

実は、例えば仮に…、 

GAMEの次に水道夏が来たとしても、全然構わないッ! ww

だって、どっちもエレクトロだし、どっちもロックなんですもん。どっちも大好きですよ! 

ワタシにとってはどっちもPerfume、どっちもイイ音楽。選択できない。

…なので、

今や、良い楽曲が一杯増えて、セトリには相当悩ましくなるのでしょうけど、

どんどんいろんなパターンを披露して魅せてくれたら、嬉しいですねぇ……。

 

 

…と思っていたら、

何やら、『たちまち語りンピックせん?年末SP』 において、

来年2015年のメモリアルイヤーの活動について、めちゃめちゃ気にな~る発言が漏れてきましたよ。 (゚0゚)

 

か : 「…来る日によって感じ方が違うライブになります。」 とのこと!

 

おほほほ~ッ!! って感じです。

これは楽しみだ。 期待値すでにMAXです!up

いろいろ妄想はこれからですが、

とりあえず一つワタシの希望を…、

 

「Perfumeのオヤジ☆ないと」 をぜひ!!!

 

 

……

2014年12月13日 (土)

月曜ワイド劇場  ロンドン空港事件簿

 

ウチの中2の娘、

近頃は、学校から帰ってくるやいなや、今日学校で起きた出来事やら、

部活で同級生の子がど~したこ~したとか、後輩の子があ~だこ~だとか、

もう、ず~~っと延々と寝るまでしゃべり続けるのですが、(妻を相手にね。)ww

そんな女同士のおしゃべりってのは、我々男子には全く理解不能で、

かくも女ってのは男と違う生き物なんだなぁ… とつくづく思います。

 

 

西脇姉妹が揃ってラジオでトークする場合も、

もう、仕事だということを忘れるくらいの勢いでおしゃべりが止まりませんね。ww

そしてそういう時は決まって、

姉妹トークならではの、普段なかなか聞けないような、

憧れのアーティストのプライベートの様子が飛び出すので、

ファンとしてはやはり聴き逃せませんね。

 

今週のあ~ラジもめちゃ楽しかったですね。

その中で、

WT3のため高速移動中に起きた、その事件のかなり詳細な様子が分かってきました。

あ~ちゃんの、その登場人物が突然憑依してくる再現トークや、

効果的にブッ込んでくる擬音によって臨場感があふれ、

もうグイグイと話に惹き込まれてしまいます。

ワタシの頭の中にも、その情景がイキイキと想い浮かんできましたね。

そしてそうなるともう、妄想が連鎖反応を起こすわけで、

さらに検証してみたくなったり、逆に新たな謎・疑問点が浮かび上がってきたりします…。ww

 

 

△ 検証① Perfumeが座ったシートについて…

 

あ : 「アタシ、3Aってとこに座ってたんよ…」

 

乗り物大好き、ネットで指定席を予約する際、シートマップを見るだけでめっちゃワクワクしてしまうワタシは、

その座席番号を聞いて咄嗟に 「うわッ、めっちゃ良い席!」 って思ったのですが、確認すべく追ってみました…。

 

 

WT3 LA公演が終わったのは11/9日曜日の夜。そして12日水曜日の夜には 次のLONのステージに立たなければならない。

であれば、一夜明けた10日月曜日にはLAを発ったであろう… と想定して月曜日の便を検索してみました。

 

   Delta_flight_reserve_2

したらば、午前中の便は全て乗継便で、ミネアポリスやNY等で数時間の待ち合わせがあるから、

移動中、3人にゆっくり休んでもらうためにはこの選択はないであろう。

直行便で最も早いのは PM5:15発DL4385便ですが、これはVSとのコードシェア便なので、

オフィシャルエアラインとしてはこの便をPerfumeに提供はしないであろう。

ということで、PerfumeがLONに向けて乗ったのは、

PM8:12発DL34便だと推測されます。

もしそうだとした場合、この便のシートマップは次のとおり。(12月のものですけどね。)

 

   Delta_7673_seetmap

ワタシ、長距離国際線ですから、機材はトリプル(B-777)あたりを想像してたのですが、

意外にもB6(B-767)でした。 今や大量輸送よりも、燃費の良い中型機でフリークェンシー性を重視する時代なのですね。

 

   Deltab767

そしてあ~ちゃんが座ったのはこの機材の 「3A」 とのことですから、

はい、ビジネスクラスでした~。 1-2-1配列の左端の窓側。 

だよね、世界を飛び回るスターですもの、当然ですッ。

(でももっと上のクラスじゃなくて、なんかホッとしました。)

 

 

△ 事件の謎 ① スマホが見つかった座席について…

 

でだ、

この席で見失ったあ~ちゃんのスマホが、なぜか 「3D」 で見つかった、とのことなのですが、

3Dというと全く反対側、右端窓側の席なんですけど、

これが不思議だな~… そんなことありか? と思うのですが、

あ~ちゃん曰く、

「その飛行機、だいぶ長期間上を行っとったから、着陸する時大きな衝撃があった…」 そうで、

それで、「物がガラガラガラ~って前に行っちゃって、なんか飛んでった!」 そうなのだが、www

いやいや あ~ちゃん、

そりゃ確かに国際線は、一段高い高度で飛行していきますが、

着陸する時はね、どんな飛行機でも決められた速度と決められた進入角で降りるのですね。

なので、ペットボトルが飛んでいきそうなぐらいの衝撃ってのは、

それはもう 「重大インシデント」 並みであって、そこはちょっと話を盛ったでしょうかね。

多分、ロンドン上空の天候が悪い等により、降下時に大きな揺れがあったのでしょうね。

着陸時の衝撃程度では、真ん中2列を飛び越えてあっちまではいかないのでは、と思いますね。ww

 

ならばなぜ? 3Dで見つかったのか…

 

乗客が降機後、折り返し便の清掃員もしくはCAは気付かなかったのか?

とすれば…、

あ~ちゃんの後から降機した心無い乗客が、拾って持ち去ったのか…?

そしてそいつは、折り返し便の3Dに座ってまた移動したのだが、

指紋認証であることが分かって そのまま置き去ったのか…

う~ん… あり得ない…。

いやいや、謎ですね…。

 

 

△ 疑問点② なぜSIMカードだけ抜かれたのか…?

 

それとカバーも無くなってた、と。

これもねぇ…  なんでSIMカードだけ持ってった??って最初思いました。

契約権利だけが欲しかったの? 

でもSIMカード持ってったって、持ち主がすぐに再発行すれば回線利用できなくなるじゃん!

なんで本体は置いてったん? って不思議だったのですが、

も少し考えてみましたら、これは多分こうだ。

 

あ~ちゃんのスマホを拾った犯人は、まずカバーを外した。するとそれは限定色の最新型だった。

だから、「これは売れる!」 と思った。(当然 闇で。)

なのでまず、回線が利用してこられないように、SIMカードを抜き取った。

そしてもうその時点で、カバーとカードに用は無いということでポイした、のでしょう。

だけども、いざ起動しようとしたら指紋認証だったので、売ってもしょうがない、っていうか売れない品物だった、

なので諦めた…  ってとこでしょうか。

 

それにしても、なぜ機内に置き去りにしたのか、謎は残ります。

 

…意外と少しは人情のある人だったのかもしれませんね…。

 

 

ということで、

 

ま、何はともあれ、LAでの大事な思い出データが戻ってきて、

あ~ちゃん、良かったですね!

 

……

 

2014年12月 6日 (土)

なぜPerfumeファンはコスチュームを真似るのか…

 

 

12.03 「2014 FNS歌謡祭」、

 

    Uvs141204005

今回のこの、

Perfumeのアイデンティティ、トライアングルのパッチワークのような衣装、

さらに左右アシンメトリーなデザインもアーティスティックで、

こういうセンスがいいなぁ… って感じます。  

左側がモノトーンで右側がカラフル。 陰と陽。

だから一つの曲でも、踊りの瞬間によって見える印象が変わって、

そのギャップがおもしろいですね。

特に背後のセットの煌びやかさに対して、一瞬黒の衣装に見えるとき、

 

   Uvs141204002

ハッ!とさせられて 目を奪われる。

 

 

そしてこのカラフルなサイド、

 

   Uvs141204004

よく見ると、いつかどこかで見たことのある色使い…。

 

これひょっとしたら、

過去のライブ (RIJやサマソニ、リクステやWT1とか?) の衣装で使われた生地の、

切れ端を繋いだものなのではないでしょうか…?。

色合いからどうもそんな気がするのですよねぇ。 1枚モノの既製品生地とは思えない。

もしそうならば、

Perfumeスタイリスト陣は、生地の余りを捨てずにとっておいている、

ということなのでしょうね。

それを繋ぎあわせて、Perfumeが積み上げてきたこれまでの年月への思いを込めたのかもしれません。

結成15年目、メジャーデビュー10年目を迎えて…。

 

 

今やステージ衣装は、その都度ワンオフで仕立てられることが多く、

399円で買ったウサギTシャツを衣装にしてがむしゃらに頑張ってた時代は、

すでに遠い過去の記憶になりつつありますが、

あの日の思いを決して忘れずに、1つ1つの衣装に愛着を持って大事に思う…

そんな気持ちが、チームPerfume衣装班にも伝わっているのかもしれませんね…。

 

そして、ライブに参戦するファンにも…

 

 

2014年12月 1日 (月)

♪地球を回れ ♪7回半回れ

 

 

 

WT1 ~ WT3まで、どんだけ飛び回ったか整理してみたよ!

 

 

 

    2012wt1_way

              2012wt1_way_km

 

 

 

    2013wt2_way 

              2013wt2_way_km

          ケルン → ロンドン → パリ って意外と近いのね。

          国内線感覚。ww

 

 

 

    2014wt3_way

               2014wt3_way_km

 

 

          東京 → ロサンゼルス = 8,800km、

              ロサンゼルス → ロンドン = 8,800km

                 ロンドン → ニューヨーク = 5,600km

          …だって!

 

          そりゃキツイわ!!ww  時差ボケなるわな。

 

 

 

そして、これまでの全飛行距離は…

 

    Wt13_way_km_2!!!

 

なんと、地球を2周以上回ってるぜぇ~!

 

 

Perfume_world_map_001

 

これからもまだまだいくぜぇ~~!!
 

 

 

 

 

 

 

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »