フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 3年越しの夢だった… | トップページ | Perfumeが主婦ュームになっても、ずっと聴いていきたい… »

2014年10月13日 (月)

To that far,far, way beyond place…

 

 

先々週リリースされたライブビデオ 『Perfume WORLD TOUR 2nd』 を見て改めて感じたのは、

Perfumeのライブビデオは、

 

見終わった時、幸せすぎて疲れるっ…!ww

 

『4th Tour in DOME LEVEL3』 ビデオのリリースからまだ約半年しか経ってなくて、

あのビデオはPerfume史上最高傑作だ、と思っていたのに、

今回のWT2で、もうそれが更新されてしまった… って感じです。

 

ドームやアリーナでの、大がかりなセットや映像演出は、

それはそれで、見る者を異空間へといざなう素晴らしいものですが、

WT2のライブビデオを見ると、

やはりPerfumeというのは、楽曲と振付けとパフォーマンス、そして3人のパーソナリティ、

その良質さが根幹であって、それだけでも十分見る価値がある!、って思わせてくれます。

それが顕著に分かるのが、今回のビデオであると思います。

おそらく、

当初からHD映像で出すことを前提とした、しかもステージの3人から極めて至近距離で捕えたという点で、

初めてのビデオ作品なのではないでしょうか。

その、クリアーで至近距離からの映像から、

Perfumeのステージのカッコよさや美しさ、正確さ、繊細さ、圧倒される表現力、

それらが改めて… いや、今まで思っていた以上に凄かった!

ということが感じられました。

 

3人の踊りで言えば、

腕を 「サササッ!」 って振る時や、手指を折ったり開いたりする時や、

振付けと振付けのつなぎで、何げなく腕を 「クルクルッ!」 って回す時の、

そのスピードや、しなやかさ、揃っているところ。 そして全く手抜きがない! ということです。

 

ヨーロッパ初上陸のツアーであったので、

かなり気合の入った攻めのセットリストで、これぞPerfumeたるダンスビートのたたみ掛けで、

ワタシらにはこれまで国内ライブで見慣れていた楽曲も多いですが、

このビデオで、今新たに分かったことも結構あります。

中でも一番なのは、「SEVENTH HEAVEN」。

ワタシの所有する7天の映像って、代々木DDDと直二ツアーぐらいしかなくって、

代々木DDDはあの距離感で鮮明度が低いし、直二ツアーはあの 「臨場感あふれる」 映像だから、ww

じっくりと見れる映像としては今作品が初めてかも、と。

なので、7天について印象深かったことを2つ3つ、あげてみます。

 

まず全体としては、

7天の踊りというのは、意外とダイナミックでカチッとした動きも多いのだなぁ、ということ。

やはりPerfumeサウンドの根底には重厚なダンスビートがありますからね。

そして、ラブリーな歌詞世界に合わせた軟らかでしなやかな振付けと、

そのコントラストが魅きつけられますね。

 

次にワタシらしく、細かいところを。

 

まずは、 「♪おでこを撫でるの ああ」 のところ、

 

   Uvs141013001

右手をおでこからお腹のあたりに持って行って、前後する動き…

これ、今まで気付かなかった振付けなのですが、

これは…

背の高い彼氏が彼女のおでこを撫でる時の、

彼氏目線の手の動きを表現しているように想え、

なんかすごく、胸にジ~ンときました… 

 

いやぁ… やっぱすごいな、 Perfumeは…。 (u_u。)

 

 

それから間奏の部分、

例の、3人で輪になって踊りまくるとこ。ww

ここの踊り始め、

 

   Uvs141013002

ほんの一瞬止まって態勢を整えてから、改めて 「せーの!」 で踊り始めることが分かりましたね。

つまり、自由に踊っているように見えて、

実は、ちゃんと次の振りのフォーメイションを考えて、

回るタイミングを合わせているのでしょうね。

 

 

もう一つ、

「♪近づけないけど ああ」 のところ、

ここの振付けも今まで全然印象になかったのですが、

 

   Uvs141013003

こんなにうなだれるくらい、

切ない思いがこもった振付けがあったのですね!

 

いやぁ、びっくりした。 新たな発見でした…。

 

 

 

その他、

お着替え&小休止タイムの、HMインストVer.に合わせた、

まるで万華鏡のようなアーティスティックな映像が素晴らしく目が奪われるし、

ロンドンに集まった人々、

様々な国籍、人種が入り乱れていましたが、

その熱意、興奮、笑顔! みんなワタシらとおんなじだ、って思いました。

(いやいや、何年も待っていただけあってワタシら以上!ですね。)

お客さん同士がハイタッチしているシーンが特に感動的でした。

最後にはロンドンっ子も泣いてましたよね…。

 

そして、Perfumeの3人… 

初めてのヨーロッパツアー、初めてのロンドンということで、

もう全力感、全開感が画面からビシバシ伝わってきて、

もうただただ懸命に、でも楽しもう、楽しんでもらおう、とする気持ちがあふれていて、

そんな姿が、と~っても良かった! 感動でした。

 

ワタシもPerfumeへの思いを新たにすることができましたし、

多分、Perfumeもまた新たな気持ちになったことでしょうね…。

 

 

……

 

 

…ということで、

 

『PerfumeWORLD TOUR 2nd』、 またいいビデオ作品がリリースされ、

うれしいですね!…

 

…って言ってる間に、

WT3がもう迫ってきました!

ワタシもまたLVで見届けたい気持ちが俄然湧いてきました。

 

…が、

家族とスケジュール調整をしないといかん……  フゥ~

 

« 3年越しの夢だった… | トップページ | Perfumeが主婦ュームになっても、ずっと聴いていきたい… »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。

最初、「なんで今になってWT2ndのDVD?」って思いがあって、ほんの一瞬購入を躊躇したのですが、
でも、結局は、「やっぱ、買って、そして観て、よかった~」って感じです。

確か、xさんと2人で金沢の映画館で観たはずなのに、日が経っていることもあってか、
いつもの「はじめまして感」が今回はさらにUPした感じでした。

7天の再発見、なるほどなぁ、と読ませていただきました。

私は、おととさんにとっては「今更ながら」、でしょうが、
「ポリって、ほとんど立ち位置が変わらないのね、」ってのが新発見でした。

あのいつものめまぐるしいポジションチェンジが少なく、
8割方、3人がそれぞれのサイドを守っている感じ。

そういえば、「初めまして感」の中で、この4曲目のポリが、最初の「あ~そうだったなぁ」でした。
それだけ、4曲めに来たことに意表を突かれたというか。

でも、Perfumeライブにおいて、このMC前の4曲目、って大事だなぁ、と思うのです。

最初のドームの時は、なんとも言えぬ緊張感を、チョコディスで解き放した感じがありましたし、
「ぐるんぐるん」でも、どちらかというと、マイナーコードで淡々とした3曲が続いたあとの、
「レザビ」で、一気に、JPNからのファンを惹きつけた感じを覚えました。

なので、初めてのヨーロッパで、ここにポリを持って来た3人の思慮遠謀を感じたのです。

あとは、DFの歌詞が翻訳されて映像になったことですねぇ。

私たちが大好きなこの歌詞を、ロンドンの皆様にもわかってほしい、そしてその思いを共有できる、
という感じで、映画館でも、今回もウルウルしてしまいました。

そんな訳で、最初は、まぁ、しゃないな、ぐらいの感じだったのですが、
東京行きのため、NYライブが観られないのが激しく残念な今日この頃です
(次男のたっての希望で、日米野球を観に行くのです、、、、)。

家族と別行動で東京の映画館に一人行く、という手はあるのですが、
東京の映画館はどこもプラチナチケットだろうしな、、、。

そんな訳で、今回は、おととさんの渾身のライブレポで我慢することにするか、、
楽しみにしております!!


こなさん、みんにちわ(爆)

わるゅどつうあああ2番目でいぶいでー

まだみてないのですよおおおお(汗)

物はあるんですけどねぇ。いろいろいそがしくてぇみれないのです。そかーそかーいいなあ、みたいなあ。でもー時間がんがんが(笑)

そもそも、見たいものは結構あるのに、どうも時間がとれにゃいので、みれないという。困った状況。こういうところなどの書き込みや、見たり読んだりっての時間もいるしー
だいたいにおいて、こないだの代々木くるんぐるんに行く前にドームツアーのライブdvdみたくらいなのでっ(遅)

しかるに、ゆきだるまっには対応できましたが。
(くりひろいっには対応できなかった(笑)

、「SEVENTH HEAVEN」って曲。皆さん好きな方多いですねー。こないだの代々木でも歌ってましたねー。

じぶんが好きなのは曲は GLITTER が結構好きです。
あれのpvも好きですねー。あのナチュラルなビデオ。
三人がすごーく綺麗で可愛く撮られている。
ほとんど飾りがないところで踊っているあの自然なのが好きなんです。最後の方の鏡できらきらさせている三人がでてきますが、表情がなんともいえない。代々木で歌っていました。生GLITTERで見れてよかったー(笑)

ああ、れーざびぃぃむ(笑)が、ばっと出た時、会場全体が
うおーーーれざーびーーむっっ(ロボットアニメ風に爆)

だあああああうおおおーって、おおもりあがり。あれもすごかった。それこそ、キターーーーーーーーーーーーー
ですか(笑)

ていうか、全曲好きですが(笑)←前提(笑)

ライブビューイングですかー。いそがしいんじゃーは行け
ないんじゃー(レンジャー物風に言ってみました爆)
自分はperfumeのcdのいろいろな曲をいろいろごちゃまぜにして別のcdに焼きなおして、聞いてるのですけど
(現物はほとんどかけない、出さないのでピカピカ(笑)
でもそれの編集用のソフトが調子悪くて格闘しています。

しょうがないので、あいぽっとにいれてスピーカが聞いてるという(笑)はよーなおさないと(笑)

ちなみに、らいぶビューイングの
素敵なこんしんのれぽと おまちしてます(笑)
では。。。。。

追伸:7天ってなんか不思議な天ぷらみたい(笑)
    perfumeの楽曲って約されますねー
    pspsとか、dfとか。あーtspsってのもあったな。
    最初のころ、なんじゃろか と思いましたとさ(笑)

では、また(◎´∀`)ノ゛゛゛

uncleさん、コメントありがとうございます。

レス遅れてゴメンナサイ。


そう言われると確かにポリってポジションを大きく飛ばしたりってないですね。再認識ですね。

想像するに、ロボット感をかなり前面に打ち出したかったのもあるでしょうし、

サビはMIKIKO先生振付けじゃないことも全体の印象に影響してるかもしれませんね。

そうそして、4曲目に来ることもかなり意外でしたね。

国内ではもはやメモリアルソング的な位置付けですから、終盤に来ることがほとんどですが、

初公演の海外では、皆が知っている代表曲で盛り上がる、ということで序盤のMC前に持ってきたのでしょうね。

そんなPerfumeらしい思慮深さ、ツアーごとにすごく考えられていることが興味深いところですね。


DFの歌詞、映していたことワタシ全然記憶にありませんでした。(^^;) 

いやぁ良いですね。英文だとまた新たな感動があります。やっぱDFですっ!


お~、日米野球ですか。それはビッグイベントですね。ということは東京ドーム?

観戦中、uncleさんだけPerfumeライブを思い出して感慨にふけってしまうかもね?!

それはそれでまた楽し… ですよ!

とらんざるぷさん、コメントありがとうございます。

レス遅れましてすみません。


そろそろ見られましたか?

でもワタシも最近忙しくって、なかなかゆっくりビデオ見る時間がないですよ。

WT2はやっと見ましたが、一緒に買ったWT1BD版はまだです。(^^;)

なんかあれですよね、Perfumeのライブビデオって、

流し見したり、途中で停止したりしたくないんですよね。じっくり最後まで見たい。

なので、なかなか時間が取れないのですね。 見るためには結構気合が要る。ww


グリタのMVは良いですよね~! ワタシもかなり好きです。

あのMVは関さんの作品。シンプルに3人の一番輝いている表情を撮らせたら、関さんの右に出るものはいませんね。

長年チームとしてやってきただけありますよね。3人も心開いてるからこそ。

このMVの魅力はワタシも以前、2011/11/19の記事でも書いてますので、よろしかったらどうぞっ!ww


とらんさんはいそがしいンジャーですか!ww LV行けないのは残念ですね。

ワタシは土日は仕事は休みですが、子供らの部活や大会などでいそがしいンジャーですね。

なので、1人で遊びに行くために妻との調整が大変ですよ。 それがいつも精神的によくないですね。ww


曲名の略称はヲタッキーですよね。正式に書くのがめんどくさいからなんでしょうけど、

ネット上の書き込みで評判が広まっていったPerfumeらしいっちゃぁらしいですよね。

ワタシもこういう世界に入り込んだのはPerfumeファンになってからですからね。

以前はいつも、ネット上の誰かがどんな略称を付けだすか、ワクワクして追っかけてましたけど、

最近はあまりそういうキモい発信をされる方が減っていてちょっと寂しいですね…。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/57666075

この記事へのトラックバック一覧です: To that far,far, way beyond place…:

« 3年越しの夢だった… | トップページ | Perfumeが主婦ュームになっても、ずっと聴いていきたい… »