フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月28日 (日)

Perfumeにしか描けないもの

 

9月8日のMJで、Perfumeの 「さりげなくスゴイ!」 一面が見られましたので振り返り。

 

芸術の秋にちなんで、MCチームとゲストチームに分かれて、「お絵かきリレー」 対決。

共通のお題を絵に描いて、1人づつリレーしていき、最後の人までうまく伝わるかどうかを競うゲーム。

 

   20140908mj000

Perfumeの並び順は、お決まりの立ち位置のままで、特に演出はされてないのでしょう。

お絵かきのお題は 「イルカ」、でスタート。

 

そしてその結果…

 

ゲストチームはこうなっちゃうわけですけど、

 

   20140908mj001

ま、普通はそうなりますよね。

他人どうし4人が集まれば、4人なりに絵心も違うし 受け取り方も違いますから、

結果、イルカが最後はサメに変わっちゃたりするわけです。

 

 

ところがPerfumeチームは…

こうなっちゃうのですよ!! 

 

   20140908mj003

もう驚くと同時に、感動さえ覚えます!

 

いや、

Perfumeの3人が元々絵心があったのかどうかは、過去のバラエティ番組等でも記憶にないし、

ワタシ的にはそれほど持っているイメージはなかったので、(ゴメンなさいね!)

思わずトリハダ立ちましたね。

 

で、 これを見ていて思ったのは、

まず、3人の絵心は結構あるのだなぁ、ということ。

誰が見てもイルカです。かわいい絵。

特に、のっちの観察眼と想像力の高さ。

どう見ても、ユースケさんのはかなりビミョーな絵ですが、

ひょっとしたら、のっちはこれを見て 「カワイルカ」 あたりを連想して、普通のイルカに軌道修正したのかもしれませんね。

やっぱ Perfumeってのは、

ものの造形を捉える能力や、

イメージしたものを、実際に身体で表現することに長けているのだなぁ… と、改めて感じました。

それは元々持っていた部分もあるでしょうし、

子供の頃からASHでのレッスンで習得してきた部分もあるのでしょうね。  イイね、Perfume!

 

そしてもう1つ思ったのは、

彼女らの 「伝える気持ち」 …。

 

3人のこの絵、驚くほど似ている。

イルカの頭の向きや背ビレの感じ、ポツンとある目、

あ~のちの間では、水しぶきのような表現まで一緒!

これがどういうことか…

 

この遊びの趣旨というのは、イルカを伝えていくことであって、

「誰が一番イルカを上手く描くか」 じゃないのですね。

だから、大切なことは、

前の人が描きたかったものを汲み取ってあげて、

さらに次の人が分かりやすいように描いてあげること… なんじゃないでしょうか。

つまり、

チームのメンバーのことを思いやること…

であって、

 

あ~ちゃんにこう伝えたい…

ゆかちゃんなら分かってくれるはず…

のっちとあ~ちゃんの目を見れば分かる…

 

Perfumeのメンバーの心に、これが常にあるからこそ、

ここまで見事に伝わっていくのじゃないでしょうか…。

 

そして、さらにダメ押しの仰天…

 

   20140908mj004

www! そう、後の絵にいくほどクォリティーが上がっているのよ!あり得ないよね、フツー。ww

 

これはそう…

いつも3人が一つになって、より良いものを創り上げていこう!… っていう、

心粋の現れなんじゃないかなぁ… ってオッサンは想うのですね…!

 

 

……

 

 

ついでにもう1つ、最近のイイ話題を…。

 

9月25日のあ~ちゃんラジオでのこと。

今回の放送では、あ~ちゃんへのサプライズで、

MIKIKO先生から、メジャーデビュー10年目のお祝いの言葉が寄せられました。

ASH時代の思い出話やらがあった後、

最後のメッセージに、ワタシもグッときました。

 

「これからも一生応援していきますので、何かあったらいつでも連絡してきてください…」

 

いやぁ…  凄い優しい…  暖かい…。信じられないぐらい。

だって、Perfumeを育てた先生ですよ!? しかも今や、Perfumeをプロデュースする側の人ですよ!

それなのに、全く偉そうにしないどころか、

1人のファン目線でもあり、親戚のお姉さん的目線でもあるような言葉… 

近年のポップミュージックの世界で、こんな素晴らしい師弟関係って、あったでしょうか…?

ほんと、「この先生ありて、この教え子たちあり」 …ですよね。

(70~80年代までの歌手・アイドルには、そういう関係、あったと思います。)

そして、世の中の様々なガールポップグループを見ると、

とかく、プロデュースする側の男の野心だとか、下心だとかに翻弄されている女の子たちがいるように想える中、

メンバーに一番近い位置に、同じ女性である恩師がいて、

時に家族のように、また一人の女性として、ずっと変わらずに見守り続けているPerfumeっていうのは、

誰にもそう簡単には真似のできない 希有なグループだし、

MIKIKO先生とのこの関係性がある限り、

Perfumeがこれから先、女性として様々な節目で活動の岐路に立たされるような時期が来ても、

メンバー自身も、携わる多くのチームスタッフも、そしてファンも、

みんなが納得して、笑顔で拍手を送れるような選択をしてくれるのだろうな… って想うのです…。

 

 

 

 

      Ptatv_iruka

 

 

 

2014年9月20日 (土)

一つまた歴史を刻んで…

 

 

5th Tour 2014 「ぐるんぐるん」 もいよいよ明日でフィナーレですね!

1日早いですが、

いいライブで魅せてくれたPerfumeのお3方、そしてチームPerfumeの方々に 改めて大拍手と、心より感謝です…。

 

8/19大阪城ホールの記憶は日に日に薄れてまして、

MCのおしゃべりの内容なんかもほとんど忘れてしまっている中、

一つ印象に残っていることがあります…

 

中盤のMCの時、センターステージで客イジリがあったのですが、

その日はコスプレ女子が目立っていたこともあって、

スタンドをぐるんぐるん見回しながら、コスの女の子たちにPerfumeは、

「わ~!**の衣装がおる~。 誰役ですか~?」 みたいな話し掛けをしていたのですが、

1組目、2組目… なぜかあ~ちゃん役とかしゆか役のペアばかりで、

のっち役の子が見つからないのです。

3組目、

 (ここまで来て、ひょっとしたらあ~ちゃんは、

  あえてのっち役がいなさそうなグループを選び始めたのかもしれません…ww)

やっぱりこのグループも あ~かしのペア! なのでした…ww

会場客席のあちこちから、温かい苦笑が漏れてきます。

そしてその時、のっちは、少しザンネンそうな口調で、

 

の、のっちは…?」 ってボソッとひとこと…

 

もうねぇ、のっちのこの、

自分のキャラ、Perfumeでの立ち位置を分かりきっていて、

それを楽しんじゃおう、っていう振舞いがね…

 

たまらなく可愛かった!! エヘヘ…

 

キュンキュンしてしまいました…。 (*´v`*)

 

 

コス探しはさらに続き、ステージに対し一番遠い側のスタンドにいた、

「DISPLAY」 コスで来ていた4組目の子たちに移っていくと…

ついに…!

 

の : 「え~!誰役ですか~?」

客 : 「のっちです~~!!…」

その女の子はそう叫んで、その後は涙が止まらず… (p´□`q)゜o。。

 

もう会場全体も、ほっこりした空気に包まれましたね。

ワタシはセンターステージを振り返って見ていましたので、

その時の のっちの表情は見えませんでしたが、

多分、やっと見つけたのっちコスの女子に、

満面の笑みだったのではないでしょうか…。

そしてその直後、その子たちに向けてのっちは、

両手の親指と人差し指で四角を作った 「DISPLAYサイン」 を送ったんですよね。

ほとんど無言で…。ww 

ほんで、それを見ていたあ~ちゃんが、

「えっ?、何今の?… DISPLAY??」

「あんたねぇ、いつもそうなんじゃけど、

 そういうの、ちゃんと話さんと分からんじゃろう!」 的なツッコミを入れ、

会場もまた笑いに包まれたのでした… ww。

 

 

……

 

 

「好きな人に好きって伝えること」

26歳の抱負を、のっちさんはそう決意しましたが、

うん、そうだよね、それも大人の女性として必要なことだよ。 がんばれがんばれ!

オッサンも、微笑ましくその言葉を聴いていましたよ。

 

だけど、

言葉に上手く出せなくたって、

あなたのその豊かな表情、

 

 

   Uvs140920001

 

ハの字眉とか、

 

   Uvs140920003

 

眼力で、

 

   Uvs140920002

 

 

   Uvs140920004

 

ちゃんと気持ちは伝わっていますよ…。

大丈夫大丈夫。

 

 

   Uvs140920006_2

 

 

…ということで、

 

 

のっちさん、26歳のお誕生日おめでとう!!!

 

        Uvs140920005

 

2014年9月15日 (月)

オジキャッチ~ランキング! ♪19 <コンピューター ドライビング 編>

 

ほいじゃ今日は、

なんの前ぶれもなくある日突然やってくる、

Perfumeの楽曲の中で、オッサンも思わず唸ってしまうシーンを切り取ってしまおうという企画、

「オジキャッチ~ランキング! ♪19 <コンピューター ドライビング 編>」 どえ~す!。

 

……

 

さてコンピューター ドライビング…

この曲は2005.09.21リリース、メジャーデビューシングル 「リニアモーターガール」 のM03収録曲。

近未来型テクノポップユニットとしてリスタートした最初の1枚として、

そのキャッチコピーのイメージに沿った曲タイトルですよね。

 

サウンドは文字どおりテクノでポップで、

またビートの疾走感がまさに “ドライビン” で、シンプルなノリの良さがワタシ大好きです。

まず、イントロ出だしの、

「ピポパポ」 の音色が透明感があって綺麗で、

この瞬間からすでに脳内が気持ちよくなります。

 

歌い出し直後の間奏(0:14~)や後半の間奏(3:14~)の、

「タタタタタタタタ タタッタ…」 のリズミカルなシンセは、

8ビット時代のテレビゲームのサウンドっぽくて、

まさに、未来の機械だった頃のコンピューターを象徴するような音色で、ワクワクしますね。

 

そして、

テクノと言いつつ、それとは対称的なアコースティックなサウンドも結構メインに弾かれていて、

例えば主旋の歌の後ろで追っかけてくる、軽やかに響くマリンバ的サウンドが心地良いし、

フレーズ終わりの所々に鳴る、ピアノのグリッサンドが疾走感を一層煽る。

中田さんが創るPerfumeサウンドは、エレベースやシンセドラムが 「いかにも」 主張しつつも、

こういった楽器の音色をそこかしこに入れ込んでいるから、

これが全体として 「どこか暖かい…」、 「懐かしい」 感じを抱かせるのでしょうね。

そこが良いです!

 

 

続いてこの楽曲の歌詞について…

 

メロディやサウンドのポップさ、躍動感に対して、

木の子さんの歌詞は、

いつ聴いても、シリアスで重い… 正直 「大丈夫か?」 って思うほど暗い…。 これはポップスなのか…。

でもそれは、決して悲観や絶望ではなくて、

繰り返し聴いたり、歌詞を読んでいるうちに、

この歌詞は凄くリアルで、誰もが抱いている心の葛藤を映し出していて、

人間の本質を突いている、深い歌詞だなぁ… って思えてくる。

基本的には、女の子の恋愛を指南する歌なのですが、

オッサンが聴くとまた違った共感が得られるのです。

 

「♪基本体力がないと 勝負時に力が無くなっちゃって 諦めるの…」

ほんとそう… ww。 それはおじさん世代には切実に感じる。

 

「♪何かと否定的で 自信がなくて初めから諦めて 変わらないの…」

いやはや… 心にグサッと刺ささりますね。 

世の中理屈っぽい人ほどジッとして動かない、ってこと、よくありますよね。

 

「♪本音 痛み 次は 地上戦でしょう…」

一歩前へ踏み出すのはそんなに容易なことじゃない… けど、

頭で考えてばかりじゃぁ、しょうがない。

弱くて、嫌な自分を認めてやることからまず始めて、

この次は動き出してみよう…! って、

最後は前向きなメッセージが聴こえてきますね…。

 

世の中に、「がんばれ、がんばれ!」 って、外から応援してくれる歌はたくさんあるけど、

言われたからといって、簡単にがんばれるものでもない。

本当にがんばる時ってのは、自分自身の内側から思うものだ。

そう自分に、がんばろうって思わせてくれる歌は、

それほどない… って思います。

 

コンピューター ドライビング… って、

コンピューターのように、何もかもプログラミングされたままに進む… 

のは いけないよね!

っていう歌だったんだなってことに、 今さら気付きました…。ww

(しかし「近未来型…」って謳っていながら、

 タイトルの意を否定する歌を、しかもデビューシングルで…  なんとまぁPerfumeってのは……  )

 

っていうことで、そんな、歌詞が深いコンドラですが…

 

その踊りが、   

 

 

   揺れて~~~!  

   Uvs140915001_4

ですからね!ww (^_^;)

 

GAMEツアーまでの盛り上がりナンバーの1つなんですから、

Perfumeの音楽は、マジで世界を元気にするよ!

 

他にもオッサンお気に入りの振付けとして、

「♪複雑すぎるの…」 のところの、

 

   Uvs140915002_2

小気味よいステップ。

 

それから、

「♪ドライビ~ン…」 のここもキュートだぁね。

 

   Uvs140915006_2

 

 

それから、

「♪信じていよう…」「♪あの子の次じゃ…」 のところ、

 

   Uvs140915007_2  

         Uvs140915008_2

この左脚を、ま~え うしろ! の振りも好きだなぁ。

 

 

そして最後は、

この曲の振付けのメインテーマとも言うべき、

 

   Uvs140915005_2

キーをピピピピ… って打つしぐさがイイね!

 

すでにこの曲の頃から、空間上のタッチパネルに触れるような振付けイメージが出来てたんだなぁ…

これがその後、エレワのMVにつながって、

ひいてはedgeのボックスとか、東京ドームの掟とか、氷結NIGHTとか… 

Perfumeに連綿と流れる共通の世界観… ですね。

 

 

……

 

ということで、

このコンピューター ドライビングも、世に出てから間もなく9年ですが、

今も全然色あせることのない、輝き続ける逸品… ですよね…!

 

以上、

「オジキャッチ~ランキング! ♪19 <コンピューター ドライビング 編>」 でした。

 

2014年9月 8日 (月)

⊿ Airline Take off !!

 

 

エアライナーが販促キャンペーンのCMキャラクターとして、

音楽系アーティストの本人を起用することは、それほどなかったように思いますが、

記憶に新しいところでは、嵐さんなどがありましたね。

 

   Jalarscm

 

そして今回のニュース、

『 「 Perfume WORLD TOUR 3rd 」のオフィシャル・エアライン・スポンサーとしてデルタ航空が決定! 』

ということですが、

オフィシャル・エアライン・スポンサー… 聞き慣れないワードですが、

デルタ航空では、昨年から今話題のテニスプレーヤー、錦織選手のオフィシャル・スポンサー契約も行っているようで、

その関連記事を抜粋しますと、

 

「アメリカフロリダ州在住の錦織選手の移動を、同社の路線網を生かしてしてサポートします。

 また、フライトは国際線とアメリカ大陸横断路線では 「ビジネスエリート」、米国内線ではファーストクラスを提供します。

 錦織選手は、公式ウェブサイトやフェイスブック、ツイッターにデルタ航空のロゴを掲示するほか、

 デルタ航空主催のイベントや日本語機内誌などにも登場する予定です。…」 とあります。

 

へぇ~ そうなんだ~!! って思いましたが、

販促CMキャラクターのイメージよりも、もう少し濃密なビジネスパートナーって扱いのような感じがしますね。

スポーツ選手と用品スポンサー企業との関係性に近い感じでしょうか?

いかにもアメリカっぽい感じですが、

Perfumeもそういう契約内容になるのかは分かりませんが、

 

いやぁ… なんかエライことになったなぁ…  

Perfumeついにここまで来たんだねぇ…。 (´Д`。)

アメリカさんからもウェルカムじゃないですか…!!(≧∇≦)

 

って思いますね。 まずは嬉しいことですね!

 

PerfumeのWT3、アメリカまでの長旅、特に乗り物にあまり強くないというあ~ちゃんのためにも、

デルタさん、ぜひファーストクラスでお送りしてください! (でも3人はお断りするかもね…)

また、スタッフさんやステージ機材の移動なんかも専属でサポートするんでしょうかね。 カッケー!

 

そしてその際は、

ぜひこんなラッピング機で飛んでもらったら、 

 

   Pfmwt3dltalb777_2
   (加工クオリティーが低くてゴメンナサイね。ww)

 

エアライナーファンでもあるオッサンも、成田まで撮影に行きますよ!

(残念ながら、アメリカまで渡航する資金も休暇もありませんのでね。)

 

 

それから例えば…

Perfume WT3の期間中限定で、

CAさんの制服は、これ ⇓ にしてもらうとか!

 

 

   Pfmpinoalcm001

 

 

いっそのこと、機体のカラーリングはこれ ⇓ にして頂いても良いですね!

 

   Pfmpinoalcm002

 

さらに、機内エンターテイメントのチャンネルには、

当然Perfumeの音楽、Perfumeのライブ映像を入れてもらい、

世界中から飛んでくる参戦者たちの気分を否応なく盛り上げるとともに、

他の乗客さんをも魅了してしまいましょう!

 

それから機内食には、

のっち推奨、おいしいカレーやおにぎりが提供され、ジャパニーズソウルフードをアピール!

機内誌には、Perfume特集記事 「泣ける!広島県」 の英訳版を掲載! (ワタシは日本語版すら読めてないのですけれどね。)

 

 

…いやぁ~ こんな楽しい企画、いかがでしょうか…? ね、デルタさん!

 

 

……

 

 

2014年9月 2日 (火)

ぐるんぐるん大阪8/19参戦記!~その3~

 

ぐるんぐるんツアーはこれからが終盤戦ですが、

オッサンは一足お先に参戦を終えましたので、今回で参戦記も一応締めたいと思います。

 

 

……

 

そうなんですよ…

確かに8/19の大阪城に集まった人のほとんどが、10代~20代の若者だったと思います…

コスプレする女の子の数も相当だったし。

uさんがいて下さったから良かったものの、

ワタシ単騎での参戦だったら、とても身の置き場に困ってしまっただろうな、って思います。

 

でも思い起こしてみれば、ワタシが初めてPerfumeライブに参戦した2010年の頃から、

すでにそういう傾向にはなっていたんですね。

そうそう… ワタシがいたジャガイモスタンドエリアはそうだった。

 

ですが、

ライブ中の多くの人の様子は、その頃と比べても結構様変わりしていると思います…

特に前回のドームツアーでは、もう 「なんでっ?」 って思うぐらい変わったと感じたのですが、

ということはつまり、

同じ若い世代のファンであっても、人の入れ替わりが起こっているってことなんでしょうね。

で…、

「以前は、思い思い自由に踊る人がそこらじゅうにいましたよねぇ…」 とか、

「確かに定番の曲ではみんな一様に盛り上がるんですけどねぇ…」 とかいう話を、

ライブ後の居酒屋で、人生とPerfumeファン歴の先輩であるuさんに管巻いたりしてしまったのですが、

(…若者から見ればウザいオッサンですよね。)

それに対し、知的で紳士なuさんは、

「人が増えれば、だんだん血は薄まっていくものですよ。」

という、至極見識のある意見を述べられて、

いたく納得させられたのでした。

そして、

「大事なのは、私(自分)とPerfumeの関係性ですよ…。」

ともおっしゃられ、ハッとさせられました。

 

そうですよね…  そういうことだと思います。

 

今はもう以前とは違う捉え方、楽しみ方が好きなファン層が主体になったのであり、

それも含めてPerfumeの変化であり、ただそうなっただけのこと、なのでしょうね。

とやかく論じたってしょうがない。

大事なのはワタシ自身のこと…

 

ワタシはどうなのかと問い直してみれば、

相変わらず、ますますPerfumeの音楽に魅かれているし、

最近3人が、どんどんワタシの年代に近づいているような感じがして、楽しくてしょうがない。

なので、次のライブ参戦の機会はいつになるか分かりませんが、

またその時は、ワタシの本能のままに “ライブしに” 行きたいな、って思っています…。

 

ということで、

See you Next …

 

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »