フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ぐるんぐるん大阪8/19参戦記!~その2~ | トップページ | ぐるんぐるん大阪8/19参戦記!~その3~ »

2014年8月29日 (金)

“蛇スープ屋”を創り出したおじさんたち…

 

そのMVの企画会議に集まった面々…

今回のシングルは 「かなり力を入れて制作したい…」 とのことだったようですが、  

 

   Purofessyonaru_clcl_000_2


意外にもそこに集まったのは、「いかにも」 なおじさんたちばかりで、

Perfumeの3人や水野先生の姿はない…。 

企画制作段階ではこのように、外部のクリエイター陣に一任することもあるのですね。

Perfumeという存在、アーティストのキャラクターが確立されているから、

表現、魅せ方の可能性が広がって、

創造するコンテンツに関しては、「どんな風に料理してもらってもかまいませんよ」 っていう、

割り切り方もできるのでしょうね。

そして、こういう我々のような世代の人たちがPerfume Worldの創造に関わっていることが、

誇らしくもあり、人生の励みになったりしますね。

 

 

今回のCling Cling MVの監督は、「あの」 スパイス MVを手掛けた島田大介さん。

そっか、島田さんは監督だから、美術製作はまた別の方に依頼するものなのですね。

イメージ世界を創造する人と、それを具現化する人…

Perfumeをきっかけに、こういう業界の裏側を覗き見ることで、

未知の世界を知ることは楽しいものですね。 ヾ( ̄∇ ̄

 

 

そしてその美術製作を担った方、アートディレクター種田陽平さん、

失礼ですが、この一見どこにでもいそうな50代半ばの、物腰の柔らかいおっさんが、

 

   Purofessyonaru_clcl_001

実は世界が認めるキレキレの方だったのですね。

 

   Purofessyonaru_clcl_002  

 

そしてこの島田さんも…  

   Purofessyonaru_clcl_003

かなりヤバイ人…。

 

この方のセンス、やはり 「スパイス」 にも通じますね…。

 

 

 

「どこまでもディテールを攻めていく」 姿勢…

 

   Purofessyonaru_clcl_004

 

「カメラに映るかどうかギリギリの場所にも、手の込んだ看板数センチの精度で仕込んでいく」

 

   Purofessyonaru_clcl_005

 

それはなぜかと言うと、

 

「見るものはセットに特別な注意を払うわけではない。

 だが妥協無く細部を詰めたとき、なぜか印象に残る独特な世界が立ち上がる…」

…から、だからだそうだ…。

 

   Purofessyonaru_clcl_007

 

 

おんなじだ…

 

中田ヤスタカさんの楽曲や…

MIKIKO先生の振付け…

そしてPerfumeのステージへのこだわりも…

それら、みんなおんなじマインドでつながっている… って思いますね。

ワタシもそういう世界が大好きです…。

 

 

 

Perfumeが、いつも製作スタッフに対して感謝や尊敬の意を表するのは、

掛け値なしに本当に凄い人たちなんだ、ということを知ってもらいたいから、 ということを、

今回のテレビ番組を見て、改めて想いましたね。

 

そして、

記念すべき20枚目のシングルのMVに、これを持ってきたPerfumeのこの攻め… 

安住とか、無難とか全くない、

 

やっぱただ者じゃないですよね……

 

 

 

……

 

 

それから、

いつもカレンダーを創ってくださるx氏のように、

Perfumeファンもまた、ただ者じゃぁない…

 

201408_clcl

(左右が間違い探しになっています。)

 

« ぐるんぐるん大阪8/19参戦記!~その2~ | トップページ | ぐるんぐるん大阪8/19参戦記!~その3~ »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

x68kです。

いつもありがとうございます。

種田さんは全く知らなかったのですが、こういう機会にいろいろな人を知りえたことはよかったと思います。

仕事に対する情熱。「常軌を逸するエネルギーをつぎ込まなければ人には伝わらない」

いつものVCとは、けた違いに手の込んだセットにびっくりしました。

映画の美術さんですから、完璧に一つの世界を造ってしまいましたね。


こういう監督さんに仕事を任される職人さんもそれに応えなきゃいけない。

大変だとは思いますが、応えていくたびに確実にレベルアップしていけると思います。

Perfumeのメンバーもまた同じで、新しいことに挑戦してどんどんレベルアップしてきました。

彼女たちの裏での努力も相当なものだと思います。

このClingClingは相当動きがきついらしく、テレビでも曲の終わりのMCでは、あ~ちゃんが息切らしてますね。

今更ながら思ったのですが、Perfumeの振り付けって女性らしくかわいく美しく見せるように、ひざを曲げた姿勢がかなり多い気がします。こういう姿勢って結構しんどいですよね。

x68kさん、コメント&カレンダーいつもありがとうございます。


ほんとにそうですね。 もう映画のセットのような凝ったものでしたね。

今回は20枚目のシングルということでしたが、

間違いのない関さんのシンプルでグラフィカルな路線をあえて持ってこずに、

新たな世界へ挑戦してくるところがニクイですね。

ここまでレベルアップを続けるアーティストはいないですね。


そして「ひざを曲げた姿勢…」、いやぁホントそうなんですよね!

ワタシも同じように思ってました。

女性らしいしぐさなんですよね! そしてそれって、日本舞踊をモチーフにしているものと想像します。

ひざの折り曲げ具合と合わせて、首の角度や目線の「伏せ感」など、日舞の美しさを感じますね。

そしてさらに、その姿形のまま静止したり動き続けたり、しますよね。

だからPerfumeはほんとにしんどいのではと思いますね。上ももがプルプルきてるはずです。

それだから3人の、あのピーンと筋肉が張った美しい太ももが形成されたのでしょうね…。
 
 


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/57215065

この記事へのトラックバック一覧です: “蛇スープ屋”を創り出したおじさんたち…:

« ぐるんぐるん大阪8/19参戦記!~その2~ | トップページ | ぐるんぐるん大阪8/19参戦記!~その3~ »