フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月27日 (日)

I will cling to Perfume!!! ~第二幕~

 

ウィンドオーケストラの世界では、全日本吹奏楽コンクールが始まっています。

ウチの娘の所属する吹部も、土日返上で練習してきた甲斐があってか、

先週末に行われた地区大会を突破し、念願の県大会に来週末出場することになりました!

ワタシもまた楽器搬送のお手伝いに精を出したいと思っています。(^^;)

 

そんなブラスバンドの演奏に酔いしれる感覚を、

Perfumeを聴いている時も同じように感じます…。

 

……

 

今回のシングルでは、コーラスも全部自分たちで歌った… ということで、

そこらへんはワタシも興味津々でしたが、

実際聴いてみた感じでは、それほど大きな変化は感じませんね。

やっぱPerfumeだな、って感じます。

 

優しくて心温まる (でもシリアスなテーマでもある…) ドラマの主題歌であり、

Perfumeとしてはかなりオーソドックスソングの部類であって、

CDを聴くまでは、3人のボーカルが前に出ているイメージを抱いていた Hold Your Hand であってもそう感じます。

いくら3人の生ハーモニーをレコーディングしたとはいえ、

そのボーカルを単純にそのまま聴かせることは、中田ヤスタカさんはしないのですね。

それは Instrumental Ver. と合わせて繰り返し聴いていると分かります。

例えば一般的な日本のポップソングを聴いていると、

ワタシにはこんなイメージであるように思います。 (極めて端的に表すと…です。)

 

Photo_2

 
ピンクがボーカル、青が演奏・サウンド(っていうか伴奏。)の領域幅や割合を表してみました。

 

 

対してPerfumeの楽曲を聴いていると感じるイメージはこうです。  

Perfume2

同じようにピンクがボーカル、青が演奏・サウンドの領域を表します。

 

それ どゆこと?! っていいますと要は、

Perfumeの楽曲は、サウンドとボーカルが混然一体であって、

さらに1曲の中で、それらのさじ加減、アレンジに緻密な変化をつけて創られている、ということです。

 

そして今回のHYHのことで言えば、

一見ボーカルそのものを前に出したように聴こえますが、

Instrumental Ver. の多くのフレーズにはきちんとメロディラインの演奏が入っているので、

あえてフラットに、無機的な声で唄う3人のボーカルに裏打ちをすることで、

楽器のサウンドに溶け込ませて、奥行きや彩りを加えているのだと想います。

しかも、セクションやフレーズによって主メロでつけたり、裏メロでつけたりと目まぐるしく変えていて、

例えばAメロ部 「♪自分も知らない 秘密は言えない…」 では裏メロで添えるが、

Bメロ部 「♪ねぇ Friend Darling…」 では主メロで通したり、

あるいはサビ部の中でも、

第1フレーズ 「♪絶対 割れない キミの…」 では主メロをしっかりと付けるが、

直後の第2フレーズ 「♪ガラスの心を伝う…」 では逆にメロディラインを全く付けずに、シンプルな伴奏を鳴らすにとどめて、

あ~かしの、少し拙いボイスを浮き立たせ、温もりを聴かせてくる…!

 

つまりこれって、

HYHの歌詞のフレーズごとの意味合いや語気、伝えたい気持ちの強さみたいなのを、

サウンドアレンジに変化をつけることで表現している、のだと感じますね…。

そういうのがまさに音楽であって、そういうところが良い音楽だな、って感じさせる所以であり、

だから好きなんですよ、Perfume!

 

そして何といってもこの曲の最大の魅せ場は、

2:43からの大サビ、「♪絶対 割れない キミの…~  思わず声が出ちゃうよ」 のところ!

ここでは演奏は、軽やかなリズムセッションだけにとどめることで、

思いを込めて何度もレコーディングしたという、あ~ちゃんとかしゆかの、キュ~ンと甘く切ない歌声と、

それを優しく支えるのっちの、芯の強さが感じられるバックコーラスが手に取るように聴こえて…!!!

…これにはもう、Perfumeファンは涙腺大崩壊…。゜゜(´O`)°゜ ですよね…。

 

さらに、涙あふれるといえば、

「今までどうしたら良いのか知らずに 傷を深くした刃を溶かして…」 の詞ですよねぇ…

 

あぁ… 何というか、

もう、これを聴いたワタシの心も全て融解、和解していくようです…。

 

ついに不戦憲法の解釈を歪めてしまったり、

 

民間旅客機を誤って撃ち落としたり?とか…

 

もうそうゆうこと、ほんとにやめようよ! …って、思わずにいられないですよ…。

 

……

 

Hold Your Handのような、一見何てことないポップスのように聞こえる曲であっても、

じっくりと聴けば、その音楽家の楽曲に対する細やかなこだわりが感じられ、

聴くほどに深みが増していく… そんな良ソングですよね……

 

……

 

なんか、この曲も凄い好きになってきたので、振付けのお話も少し…。

 

 

この楽曲の振付けは、曲のテーマに沿って、ハンドタットによって詞を表現するところが多いですね。

そしてPerfume3人の、ずっと変わらないつながり、絆、が感じられる踊りですね…。

 

まずワタシのお気に入りはこのあたりかな…。

 

   Uvs140727001

こういうところ、「あぁ、Perfumeだなぁ…」 って感じますね。 Perfumeの美しさ、アイデンティティ…

かしゆかの反り具合が超絶綺麗だしね。

のっちがセンターってところも、なんか泣ける…。

 

 

それから気になるところ、  

   Uvs140727002

ここの面白い振りはどういう意味なんだろう…?

 

 

 

あぁっ!

「固く閉じられたその心に、手を差し伸べて 優しく撫でてあげる… !」 …かな!? 

うん、ワタシはそれでいこう!ww

 

 

あと最後に、

 

   Uvs140727003

ここの、のっちが手を差し伸べる振付けは、

ぐるんぐるんライブでもぜひ一緒に踊りたいポイントですよね。 そしてPerfumeと心つながりましょ!

(でも曲のリズムと単純に合ってないから結構難しいよ!?)

 

(あ… それと、 8/19大阪ライブ後、ワタシと一緒に飲んでも良いよ、って方はぜひこちらまで⇒ https://twitter.com/yswototo43 )

 

いやぁ…  この曲ね、

中田さんの音楽はあ~かしイメージなんですけど、

こういう優しいメッセージソングは、

実はのっちちゃんが大好きなんじゃなかろうか? …と。

この振付けも合わせて聴いていると、そう感じますね。

 

そのへんは、MIKIKO先生としてはそういう思いがあるのかもしれませんね…。

 

 

……

 

ということで、

今日もまた書き過ぎました…。ww

 

 

 

 

2014年7月16日 (水)

I will cling to Perfume!!! ~第一幕~

 

 

♪かごめ かごめ…

   籠の中の 鳥は…

 

    Cliclimst_001

  ♪Cling Cling おてて つないでる…

 

♪いつ いつ 出やる…

   夜明けの 晩に…

     鶴と亀と滑った…

 

    Cliclimst_003_2

  ♪Cling Cling 夢で 踊りましょ…

 

 

 

♪後ろの正面…

 

    Cliclimst_0021

 

 

 

だ~あぁれ~~~…!!  

    Cliclimst_004

 

怖い怖い怖い怖い! ヤスタカさん怖ッ!!!

 

 

 

怖い怖い怖い怖い! MIKIKOセンセー恐ろしッ!!!

 

 

 

……

 

 

 

ワタシが幼かった頃はまだ、「大きなショッピングセンター」 なんてものはなかったけど、

地方の小っちゃな街の駅前には、必ず地元経営によるデパートがあって、(××屋なんて名前のね。)

月に1回、日曜日に親に連れて行ってもらうのがなによりの楽しみで、

お昼には階上の食堂で、お子様ランチとクリームソーダを注文してくれた…

そんな時のデパート内は、今と違って人で溢れていて、

人混みの中、親の背中を見失いやしないかと、

 

いつもドキドキしていたような気がする…  楽しいけどちょっと怖かった…。

 

幼い頃の記憶というのは、楽しかった思い出よりもむしろ、

そんな、ちょっと怖かった光景や、痛かったような体験の気持ちの方を、

よく憶えているような気がします…。

子どもは怖がる生き物だし、一方で怖いものを見たがる存在でもある。

そしてそんな子どものことを、母親はいつも高いところから見ていてくれて、

危なくないように、守ってくれていた…

 

人はそうやって育み、育まれていく生き物ですよ……。

 

 

……

 

レコーディングの度に一緒に食事に行くという、きゃりぱみゅさんほどではないにしろ、 (ロキノンJAPAN 8月号より。)

中田さんはこれまで、節目節目の時にはPerfumeとも食事会をして、音楽について話をするという。

そしてその会話の中から、次の楽曲のヒントを得たりすることもあるといいます。

成長して大人になった頃から特に、Perfumeの内面を映したような楽曲が増えているように思います。

 

今回の Cling Cling を聴いて想うに、

あ~ちゃんの優しいお母さまのことや、いつか西脇幼稚園を開くのが夢… なんて話も、

中田さんの耳に入っているのかもしれませんね。

もしかしたら 「♪咲いた~ 咲いた~ チューリップの花が~」 の歌声も、東京ドームのどこかで聞いていたのかも…?

Cling Clingについて、「迷子になった子どもの気持ちを作ってみた…」 と、

中田さんはいつものようにひょうひょうと言ってのけたそうですが、(音人 8月号より。)

オッサンがジ~ッと耳を傾けて聴いていて脳裏に甦るのは、

遠い昔の、ちょっと怖かった体験の記憶であり…

それと同時に、優しかった若かりし頃の母の面影…。

 

    Cliclimst_005

 

そこからさらに想いを馳せれば、

人の生きる道とは、常に迷い彷徨うものであるけれど、

それをどこかで見守り、支えていてくれる存在があるからこそ、 

一歩踏み出すことができるし、成長していけるものなのだよ… 

 

    Cliclimst_0051

 

Cling Cling… から、そんなメッセージを受け取りました…。

 

 

そして、そんな郷愁感や好奇心を今曲は、

摩訶不思議な、霊幻道士のような世界観をイメージさせるサウンドとビジュアルにのせた… のかな… と感じましたね。

そこでPerfumeが演じるのは、子どもを育む母の存在であり、

また、それを覗き見る小さな女の子は、遠い記憶の中の 「自分」 そのもの、なのではないか… と。

 

 

……

 

 

ほんとPerfumeって何なんだろう?…

 

Perfumeの音楽とは…、

 

人生そのものなんじゃないか… って、

 

最近想い始めています……

 

……

 

    Uvs140715001

    I will cling to your chest…

 

 

……

 

とにかく今回のニューシングル 8曲+5ビデオは極上!至高!

もうどれもこれも圧巻!傑作で、書きたいことであふれていますが、

今日はここまで……

 

Perfume world 114-8-8 よりお送りしました… ww

 

 

2014年7月12日 (土)

昨日Mステを見た。

 

1回、2回、3回、4回、5回… Perfume 「Cling Cling」 を何度も見返した。

 

もの凄い いろんな感情が、想いが、ワタシの胸の中を渦巻き始めた。

 

その後でふと何気なく…、

 

いきものがかり 「ラブソングはとまらないよ」 から、

  ⇒ Perfume 「Cling Cling」

    ⇒ 吉田山田 「日々」 と、通して聴いてみた。

 

なぜか、

 

ブルブルッと震えた…

 

そして1回、2回、3回… 3曲を通して聴いてみた…

 

そしたら、

 

涙が溢れて溢れて、もうどうしようもなかった!!

 

この3曲がまるで… 

 

ひとつながりの、大きな愛のうたに聴こえた!!!……

 

 

J-POPって サイコ―じゃん!!!

 

 

 

……

 

 

クリクリの感情の渦はまだ全然治まらない… 全然まとまらない…

もうちょっと時間がかかりそうです……

 

2014年7月 6日 (日)

「のっちの生活習慣を(マジで)案ずる会」 ww

 

 

…の会員としましては、

この件につきましては、やっぱ書かせて頂かないわけにはいかないでしょう!ww

ということで、

まぁ~なんと今回も突っ込みどころだらけの結果で、ww

 

   Dsc_0374

   衝(笑)撃的でした!!www

 

しかしのちお大先生は、これ、ネタで書いたんでしょうか?

いや、そんなにネタを作り込んでくる人ではなさそうだし、ある程度思いつきのリアルなのかもしれませんね。

ちなみに前回の調査は 2010年11月、ねぇリリースの頃でしたが、

そん時はこうでした…

 

      Dsc_0375
      (こん時も爆笑でしたが…)

 

そしてそれから3年8ヶ月後の今回ですが、

まずね、この人の時計はAM3:00から始まるところが笑撃で、

もう世の中の常識にはとらわれない、マイペースタイプ、天性の自由人を感じさせます。ww (ホントにA型ですか?!)

前回も早寝ではなかったですが、それでも3:00前には就寝していたようですので、

つまり夜更かし具合が、以前より悪くなっている!ww (いかんな~ ww)

そして二度寝するのは以前と変わらずですが、

途中目が覚める時間は トイレと体温計測の時間であることが判明しています。w

(全体的にはザックリとしたスケジュールなのに、なぜかピンポイントで細かい…ww)

体温測るところは、おじさんにはちょっとドキッとするところですが、

大人の女性ってそうなの? (ウチの妻はそうはしないようだが…)

 

で、以前は朝はちゃんと起きてご飯食べてから掃除や散歩してと、普通にちゃんとしていて、(あくまで理想としては…ww)

睡眠時間の不足は昼寝で補っていて、これはこれでアリだと思いますが、

今回はもう、寝る時間を前に持ってきて掃除散歩は後回し! で、

睡眠時間トータルでは確保する! …と。ww

…その結果、起床はPM1:00と… www   まさに どっぷり芸能人やないかっ!…。

 

そして問題はご飯ですよ… ww

1日の内、ご飯は夕ご飯1回きり!のようで。

いやぁ、スタイルキープのため、こういう努力が必要なんでしょうかねぇ… 

だとしたら、ちょっとこれはせつないなぁ…。

でも以前のように朝ご飯1回だけの方が、まだ良いような気がしますけどね…。

 

さてそして、夕ご飯の後は 寝るまでラジオ聴く!…と。ww

どんだけ聴くん?!www

…まぁ、確かにあ~ちゃんラジオは 21:00~ とか 25:00~ じゃけぇね、だからね…。ww

 

 

…って、んなこたぁ 多分ないよね

 

 

まぁね、ここはね、下世話なことはあえて書きませんけど… 

25歳の女子ですから…  ね、いろいろあるでしょ!

 

…ということで。

 

 

って、お風呂忘れとるぞっ!!www

 

……

 

2014年7月 4日 (金)

ときめいたトゥナイト。

 

 

「あ~ちゃんのただただラジオが好きじゃけん」 では、

あ~ちゃんがその道のプロと呼ばれるような方をゲストに呼んで、

その職業ならではのこだわりみたいなものを聞いてみたい…

というのが当初のコンセプトであったはずですが、

今週のゲスト、Perfumeのかしゆかさんは さしずめ、

 

マンガを読むプロか、 もしくは 旅行の段取りのプロ、ってとこですかね…ww。

 

 

しかし、あんなにしゃべりまくったかしゆか、今まであんまりなかったように思いますね。 (o^-^o)

自ら持ち込んできたネタだけあって、好きなマンガの話が止まりませんでした。

MCのあ~ちゃんが受け応えする間もないほど。

「ジョジョ…」 もそうでしたが、意外にも 「ガラスの仮面」 とか 「ときめきトゥナイト」 なんてタイトルも出てきて、

これらはワタシらの少年時代に始まったマンガですから、良マンガは時代を超えていくのですね。 

 

そしてそのトーク中は、笑いも絶えず、

凄く楽しそうでした!

 

 

かしゆかという人は、3人合わせてのトークでは、

あ~ちゃんの飛び出しや、 のっちのタイミングのザンネンなシュートに、

瞬時に反応して切り込んで、上手~くパスをつなげていくことが多くて、

自ら前線へ切り込んでいくことは無い感じですが、

今回はあ~ちゃんとの1対1だし、もう、思う存分ドリブル突破!って感じでしたね。ww

いやぁ~ホントに、かしゆかの楽しそ~なトークが聴けて、ワタシも癒されましたよ…。

そして、何かに夢中になってる 「熱い」 かしゆかが感じられて、また新たな発見…。

 

 

しかしほんと、かしゆかって人は、Perfumeのオンオフを使い分ける人だなぁ… って思いますね。

Perfumeというグループとして出演する時と、そうでない時と、

きちんとわきまえて立ち振る舞う…。 

すごく賢い娘… 気配りをする娘…。 でもそれは実は、社会一般、普通の大人の振舞いであって、

こういう、いっちばん普通っぽい人が、普通~な言動を示してくれることが、

Perfumeらしさ、Perfumeが愛される理由の一端であって、

そういった意味では、

今週のゲストかしゆかさんは、言わば、

 

「Perfumeのプロ」  …なのかもしれませんね…。

 

そして、

かしゆかの別の一面を引き出したあ~ちゃんもまたプロ…  なのかも…。

 

 

さて、来週のゲスト 「噛みカミのプロ」 は、どんなシュートを放つのでしょうか…  てへへ……

 

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »