フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月25日 (日)

ジャケットに思わず見とれてしまう…

 

これは…  CDとは明らかに違う、

「正にアナログサウンドだ!」 …って感じましたね。

 

   Dsc_0361 

 

       Dsc_0362

      (CDと同じような 「帯」 もほら、こんなに大っきい…)

       (昔のレコードの 「帯」 は、ぐるっと巻いてありましたよね。)

 

 

針を落として Enter the Sphere が始まりまず感じるのは、 ボリュームレベルが小さい! ということ。

アンプのダイヤルを5、6ポイントぐらい上げてやっとCD音源と同等の音量になる。

専門的なことはよく分からないのですが、 これがレコード盤の録音レベルってことなんでしょうか。

 

再生ボリュームをCDと同等に合わせて、レコード盤を聴いてみました…。

 

全体的な印象としては、 サウンドのクリア感は、CDには遠く及ばない。やっぱり。

CDで聴こえたはずの音色やハーモニーが、よく聴こえないところもある。

例えば、 Dream Land の終盤クライマックス、

「♪Dream Land Dream Land …」 の繰り返しのところ、

CDの場合、「キミは~ 偽りの世界で~」 と歌った直後、

左の奥の方で、あ~ちゃんと思われる声で 

「…偽りの世界で~…」 ってバックコーラスが入るんですけど、

それがレコード盤ではほとんど聴こえない。

ワタシと演奏の間に、パラフィン紙を1枚挟んでいる感じがある。

最初はその若干の 「こもり感」 に、リアル感が乏しい、なんか物足りないと感じたのですが…

何度か聴いて耳が慣れてくると、印象、感覚が変わっていきましたね。

 

まず低音の音圧は十分ある。 これは中田サウンドには欠かせない要素なので良いです。

でも響き方がCDと違う感じ。

レコード盤の方が、全域を通して芳醇な響き、余韻の空気感がスゴイある!って感じます。

演奏と自分に少し距離感があり、比較的小さなライブハウスで、すぐそばでバンドが演奏していて、

演奏者と自分との間にある空間ごと、響きが伝わってくる感じがあります。

特にベースやドラムの響きのライブ感、アナログ感が際立っていて、

これホントに楽器弾いてるでしょ!?って感がハンパない! マシーンで創ってる感がしない。

 

それから、中高音域のエレクトリックサウンドは、 キンキンと角が立っていない、とてもマイルドな音色。

これもレコード録音の特性ということなのでしょうか。

3人のボーカルは一歩後ろにいる感じ。

なので、ずっと聴いていても耳が疲れない。 聴き終った後で耳鳴りがしない。

 

…ってこんな感じでした。

 

このレコード盤の録音にあたって、どういう方法でどういう意図をもって音作りをしたのかは、

ワタシには知る由もありませんが、

CDで感じる、音楽空間に自分の意識が入り込んで浮遊している感覚、

脳の髄の方から音楽が湧き出てくる感覚、とは一味違う、

レコード盤のこのライブ感、響き方、前から伝わってくる感…

これもまた良いもんだね… って思いました。

 

 

   Dsc_0360

   そして、 この 「回ってる感」 が超カッコいいんだよね~…!(この感覚、分っかるかな~…?)

 

 

2014年5月23日 (金)

巫女さん?

 

う~~ん……

かなり意味ありげな、今度のシングルですねぇ…

 

   Clcl_asya001

いいぞいいぞ!、Perfume。 そうこなくっちゃ。

 

メジャーデビューから数えてちょうど20曲目の節目ということで、力入ってる感じですね。

この舞台設定、香港の地下組織のアジトに潜む、何か訳知りな謎の女たち…  って感じ。

これはどの曲のMVになるのでしょうかね。

Hold Your Hand は楽しい Lyric Video になって、まさかの2番曲だったので、

だとすると DISPLAY のMVのシチュエイションでしょうか…

いや、チョコラBBのCMソング 1mm の時は、MVとCMの映像イメージに関連性がなかったから、

これが Cling Cling のMVの舞台なのかもしれない…

ちょっとタイトルイメージからは想像できませんが。

 

そして衣装の 「ふさ」 がとっても気になりますねぇ…。

「ふさ」 って神道で用いられるアイテムだから、これがまた神秘性を助長して、

さらに謎が深まります…。

 

何はともあれ、いつもながら斜め上からやってきて、想像力をかき立たせるPerfumeですね。ワクワクします!

 

それから今回の衣装を見て、パッと頭をよぎったのはこのイメージで、

 

   Uvs140522001

このメジャーデビュー曲へのオマージュかとも思いましたが、

比べてみればそうでもないようですね。 (;´Д` ``

 

でも、当時相当気合を入れて 「血迷っていた」 この衣装も、

むしろ今のPerfumeが纏ってもカッコいいんじゃないかな、とも思いますね。

 

x氏から頂きましたPerfumeカレンダー5月号では、

耳にかけたアイテムをヘッドフォンとしたらカッコいいよね、と妄想してくださいました。

 

   5

 

…ウン! これはぜひ 「Perfumeファンフェスタ」 で販売してもらいたいアイテムですね…!

 

2014年5月18日 (日)

Perfumeの歌は きっとキミの心を救うよ…

 

 

 

   20140512_p01

   …優しいのっち

 

優しくてお茶目なのっちは、リリース前にはこうして意味深な伏線を投下してきますが、

 

 自分も知らない 秘密は言えない

 キミには分かるの この不思議のこと

 ねぇFriend  Darling  今日も眠れない

 ずっときっと 不安で どうしよう ねぇ

 絶対割れないキミの ガラスの心を伝う

 涙色の振動に 思わず声が出ちゃうよ…

 

この、深くせつな過ぎるワンコーラス部分は、

シリアスなドラマのテーマに沿ったものと感じ取れますが、

のっちが言うように、なぜ 「ボクらの歌」 なのかちょっと想像できない感じ…。

ひょっとしたら、ツーコーラス部分には、

もうボクらが大号泣してしまうような展開の歌詞が流れるのかもしれませんね…  楽しみじゃね。

 

のっちは…  Perfumeは…、

ボクらのことをいつも 「優しい」 と言ってくれる…

風船の事とか、ゴミを拾って帰る事とか…

そんなアーティスト…  

 

他にいない!

 

ボクらが優しくなれるのは、

Perfumeが優しいからであることを、

大人になった彼女らは分かっているはずだけど、

彼女らは自分たちのことを、決してそんな風には言ったりしない。

 

だから、ボクらもただ応えたい。

優しいと言ってくれる人には、

優しさで応えてあげたい… と、思いますね…

 

……

 

先週のパフュロクHPの3人は一段と綺麗でしたね。

 

   20140512_p07

       20140512_p09

           20140512_p05

 

ノーブルだけど割と濃い目のメイク。 3人とも同じ感じ…

装いも3人ともモノトーンで落ち着いていて、

これは何かの撮影があったかな…?

新曲リリースに向けて、始まっているのかもしれませんね。

3人とも明るい薄いピンクのルージュで、

これが今度のイメージカラーかな…?  …いいね。

 

曲のイメージとか、季節とか、ステージによって、

いろんなスタイルが見れるのも、今のPerfumeの魅力。

そしてそういう姿を、ドキドキワクワクしながらも、安心して見ていられるのは、

人としての芯の部分が、ずっと変わらないから… ですよね……

 

2014年5月10日 (土)

LEVEL3の録音レベルがどこまで保たれるのかが興味津々…

 

ニュースがどんどん更新されていきますので、

最近はほとんど話題に上がっていないように思いますが、

いつの間にか 「LEVEL3 LP盤」 のリリース間近ですよ!

 

ま、若い人たちのほとんどはレコードなんていらないだろうし、

そもそもPerfume本人たちですら温度低いですからね。ww

けどここのオッサンは、レコードを聴くための準備、進めてますよ~!。

 

まずは実家に行って、昔使ってたターンテーブルを探してみましたよ。

確か、高校を卒業して実家を離れたとき、これからはCDの時代になるからって

ターンテーブルだけ持っていかなかったんだよね。 で、物置に押し込んじゃった。

それを探そうと物置を見てみたのですが、

あれから30年近い月日が経って、その間、親がいろんな家電やら便利器具なんかを買っては使わなくなったりして、

そのダンボールやら何やらで一杯になっていて…

薄い箱に入れたはずのワタシのレコードプレーヤーさんは、もう捜索不能… でした…。 (´Д`。)

 

しょうがないので、

このたびプレーヤーを新たに買いました。 (アホやな~!)

ワタシの寂しいお小遣いでは本格的な良いやつは到底買えませんので、

国内メーカーのベーシックなものにしました。

パーツの素材一つ一つは安っぽい (失礼お許しを。) ですけどね、ちゃんと再生してくれますよ。 (当たり前じゃ!。)

そして、実家からついでにYMOを何枚か持ってきたので

久しぶりにレコードを聴いてみました…。

 

          Dsc_0349

 

CD版は持ってませんので、聴き比べてのことではありませんが、

久しぶりのアナログサウンドを聴いてみますと、

音に深みがあるなぁ… って感じました。

低音の響きが豊かで、 ヴォ~ン って中耳の辺りが震える感じですね。

中音から高音にかけてはそれほどクリアな感じはなく、カンカンしてないまろやかな音色。 

そして自分との距離感がある感じがしますね。 演奏者と自分との間に少し空間があるような。

このあたりが、 その音楽空間の最前列に入り込むような感覚のあるCD音楽とは違う感じがしましたね。

 

それと改めて気付かされたのが、「曲飛ばしができない!」 ってこと。ww

なので必然的に1面を通して聴かなきゃならないし、片面終われば裏っ返さなければならないから、

じっと座って聴く態勢になりますね。 

手のひらに収まるほどの機械に何千曲も録音できて、自由自在に選曲できる現代のプレーヤーと比べると、

時代は変わったなぁ… って、ホントつくづく思いました…。

でもかえって、レコードのそういう時代の方が、

1枚のアルバムにじっくりと耳を傾けれたのかなぁ… なんて思いますね。

 

 

…というわけで、

Perfume 「LEVEL3」 LP盤を聴く態勢も整いましたので、

CD盤とどう違う音色なのか、 

聴き比べてみるのがとても楽しみです…。

 

2014年5月 3日 (土)

ロボのっち、その飛び方じゃぁ… 

 

 

 

 

   Dsc_0340

 

前作も今作も、どちらもアートディレクターは関さんだから、

パッケージやカバーのグラフィックはなんとなく共通性がありますよね…

 

そして、中身の写真を撮ったフォトグラファーの方々は、

2010年の時が、 主にこういったミュージックシーンを被写体として活躍する、

写真家の橋本塁さん、古渓一道さん、三吉ツカサさん、それとアミューズ社内の方がお一人。

対して、今回2013年版を撮った方々は、

三吉ツカサさん、柴田恵理さん、橋本塁さん…

ということで、実は三吉さんと橋本さんは2010年に引き続きなのでした。

前回とほぼ同じフォトグラファー陣であるということは、実は何回か見終わった後改めて確認してみて知ったのですが、

写真集を見ている限り、まさかおんなじ写真家さんであるとは全く思いませんでした…。

それぐらい前作と今作の写真が、ワタシにはかなり違って見えました。 全体の印象として。

 

 

2010年版の写真集の印象は、

まさに 「Perfume LIVE @東京ドーム 123…」 のライブそのもの、といった感じ…。

 

つまり、そこにある数々の美しい写真を見ると、

あの東京ドームライブの、歌が頭の中に甦るような、音が聴こえてくるような感じ…。

もう少し例えると…、

ビデオ映像の中の一番いい瞬間を切り取って、その画像を繋ぎ合わせたような感じ… とでも言いましょうか…。

 

そう感じるのは何でだろうと想像すると、

まず、踊る3人が一緒に写っている写真が多いということ。

そしてそれは、歌って踊って躍動している姿全体であり、

さらにそのシーンは、ワタシらファンならば 「あの曲だね!」 ってすぐ分かるような、

特徴的な振付けの瞬間を押さえている写真が多い。

捕えられている3人の表情も、

楽曲を演じながら陶酔している、「Perfume」 としての表情が多いように感じました…。

 

なのでこの時の写真集は、まさにPerfumeライブを忠実に、写実的に再現したようなものだ、と感じるのだと思います…。

 

 

対して、今回2013年ドームツアーの写真集はどうかというと…

もちろんあの、光と映像と3人のパフォーマンスが融合した、

アーティスティックな空間を切り取った写真もありますが、そういうのはむしろ少なく、

また、Perfumeの振付けに特徴的な 「キメポーズ」 みたいな瞬間を写したものもほとんどない。

なので、一瞬見ただけでは 「あれ、これ何の曲だっけ?」 って思ってしまうような感じ…。

 

つまりそういう、「風景画」 的な感じではなく、

じゃぁ、どんな感想を抱いたかというと…、

 

数々の写真から感じるのは、

 

3人の息づかい…

 

あ~ちゃんの体温…、 かしゆかの憂い、 のっちの思い…

 

「そこまで寄っちゃっていいの?!」  ってぐらいアップの写真から感じる、

ちょっとドキドキしてしまうぐらいの、3人の生々しさ。

人間としてのPerfume、あ~ちゃん、かしゆか、のっちの人間性…。

踊るPerfumeの一瞬ではなく、あくまでも3人それぞれの、

心が浮き出た瞬間の表情を捕えることに重きを置いた…

 

まるで 「ポートレート(肖像画)」 のような…

 

…そんな感じがしました。

 

 

そして今作では、

リハーサルや楽屋裏での様子を写したモノクロ写真もあり、

こちらは関さんが撮ったようですが、

関さんのカメラの前だからこそ見せてくれる、3人のリラックスした表情が見て取れ、

これも良かったですね。 F.C限定品ならではの計らいが嬉しいですね。

 

   Dsc_0344

(ワタシ、このページの右上のあ~ちゃんの写真が一番好きです…)

 

 

写真集の最後には、前作と同様ファンとの座談会の模様も掲載。

ワタシが見た感じでは、今回も 「おっさん枠」 はわずか1名(?)だったようですが、

逆に、若いファンの方々も我々世代と同じぐらい… ってかそれ以上のキモさだってことが知れてww、

とっても安心しましたね…。  パフュヲタはそんでいいんだよ… ??

 

ということで、

2010年と2013年、

同じ場所、同じPerfumeライブの写真集、

しかも同じ写真家が2人いるのに、

こうも違った印象の2冊…

 

写真家さん達の技量の素晴らしさを感じるとともに、

制作陣の、これも一つ一つが作品であるという気概が感じられ、

やっぱPerfumeだよなぁ… って思いました。

    (しかも、1冊たったの 3,900円 って信じられますぅ?!)

 

 

……

 

 

さて…

4/29、重大発表がありましたね。

ワタシの予想はハズレましたね ww。

ま、大体いつもPerfumeの重大発表は、ファンが容易に想像できるようなことではないですね ww。

もうすっかり飼い慣らされております…!ww

 

えぇえぇ!行きますともぉ! 遠征じゃ遠征じゃ!

わたしゃいつだって遠征じゃよ!

 

 

そして…

 

2010年の東京ドーム以降、 「次はもう飛ぶしかないでしょ!」 と想い続けてるのに未だ実現していませんが…

 

 

「ぐるんぐるん」 ではついに飛ぶのかぁっ!?!?…  乞うご期待っ!!!www

 

 

    Pfmtobu000_3

         ……!

 

    (全国のアリーナで飛ぶのはムリか…)

 

 

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »