フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今日も澄んだ空気の元、お送りしております…。 | トップページ | 「オジキャッチ~ランキング! ♪18 <Clockwork 編>」 »

2014年4月13日 (日)

Perfumeは 「サンダーバード」 なんて知らないだろうなぁ…

 

 

CD屋さんとかアスマートとかP.T.Aから、次々とPerfumeのコンテンツが届いています。

が…、

 

観るのがれんれん追いつきましぇ~ん…・゚゚・(≧д≦)・゚゚・

 

 

テレビ的には、今はPerfume端境期といった状況なので、

世間一般的には 「お休みか?」 状態でしょうが、

なんのなんの、対バンライブも絶賛進行中だし、新たな活動も始まっているし、

そして韓国ライブ後には何やら 「超重大発表!?」 もあるかも?!しれないようで、

ファンにとっては追いつけないほど意欲的に活動していますね!

 

っていうか、ワタシの住む所なんてね、

TX系 「YOUは何しに日本へ?」 ですら、今頃まだ昨年末の時期の回をやってまして、

あの、はるばるアメリカからドームツアーに参戦してきたおじさんのお話もまだ放映されてません!www って遅すぎじゃろっ!www

…なので、さすがにこれは動画投稿サイトで観てしまいましたが…。ww

 

…っていうこの頃なのですが、

BD 「4th Tour in DOME LEVEL3」、やっと昨日今日で1回目を見終わりました。

 

全体的なファーストインプレッションとしては、

やはり、過去最高の素晴らしいライブ映像、がまた更新されました! …って感じでしょうか!

 

そして思ったのは、

 

Perfumeの音楽は、

1. CDを聴く。

 ⇒2. 振付けと合わせて見る。

  ⇒3. ライブで感じる!

…ことで昇華して完成していく! …というのが定説になっていますが、

今回はさらに、

   ⇒4. BD&DVDのライブ映像で補完して最終形となる!

と付け加えても良いのではないか、って思いました。

 

つまり、

アルバムLEVEL3のイメージ世界は、ドームライブを想定して創られたとのことで、

楽曲に呼応するように踊る、大がかりなセットとそれに映し出される映像、照明&レーザー光を駆使した演出がなされ、

まさにドームの巨大空間をそのまんま音楽空間として魅せる…! 

というライブでありましたので、

今回のBD&DVDの映像も、その全体像を魅せることを重視したものである、と感じました。

スタンドの客席との距離感をなるべく感じさせないようにと、

3人はこれまで以上に出島浮島に分散して歌う曲が多かったので、

3人一糸乱れぬ振付け、フォーメイションをじっくり見る感じではないですが、

それは今回のドームライブ、LEVEL3のコンセプトではないのであり、

そこはドーム仕様として振り切ってきたのだな、と感じました。

その分、3人の姿がセットと映像と光と融合した、素晴らしいシーンがたくさん映し出されていて、

やはりPerfumeは、1つの場所にとどまらないなと、改めて思いました。

 

 

ということで、

今日はここまでとしまして、

さらに具体的な印象、曲ごとのお気に入りシーンなどは、

またの機会としたいと思いますが、

ひとつだけ、

オープニングから序盤の登場シーン、

M01 「Enter the Sphere」、 M02 「Spring of Life」、 M03 「Magic of Love」 で、

あちらへこちらへ高速移動しての、3曲3様の登場の仕方がなされ、

それぞれアメイジングでファンタスティックでカッコいいですが、

ワタシのイチバンは MoL のこの登場シーンですね!

 

 

   Level3_dome_tour_001

この巨大なスフィアが曲に合わせてゆっくりと開いていく様、

そして現れたのはあの、3部作の世界を思わせる光景…

 

鳥肌ゾワゾワ~~~~ッ!

 

…ですね…。

 

 

« 今日も澄んだ空気の元、お送りしております…。 | トップページ | 「オジキャッチ~ランキング! ♪18 <Clockwork 編>」 »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。

ようやく1/3を観終わりました。

ライブに行ったはずなのに、ほとんど「初めまして」の感覚です。
今見ている映像と、昨年12月25日の私の体験が結びつかないといいますか、、、。

いつも言いますが、「本当にあの日あの時あの場所にいたのだろうか?」的感覚なので
無理もないのですが、広い会場で詳細まで見えなかったこともあるでしょうし、
今回はおととさんのプレライブ聖地巡礼と、熱いファンの皆様のオフ会が印象の半分を
占めていることもあるのでしょう。

球体のてっぺんからの登場、MoLの登場、「かっこえぇ~」とつぶやきながら、すでに
目頭ウルウルです。

そして私は久しぶりに力強く心の中で叫んだのです。

俺は、やっぱり、Perfumeのことが大好きだぁぁぁ!!!!

残りを観るのが楽しみです。


x68kです。

私は2回見ましたが、こともあろうに、いつも途中で寝てしまいます。
部屋で一人で見ているといつもこんな感じです。
昨日は部屋を暗くして、ライブ会場に来てるんだぞ!という意気込みで見ましたが・・・・

やはり途中の記憶がありません。疲れてるのかな~・・・とか言ったりして。

音楽を聴くときはどうも昔からこんな状態のようです。大好きなPINK FLOYDのアルバムでさえも途中で寝てしまいます。
映画はちゃんと見るんですけどね。


金沢のライブがあまりに近くて、Perfumeメンバーに現実味を感じて、今までの夢の世界を見ている感じ方から、また違った気分にさせられました。

ライブの映像を見始めるといつも思うのですが・・・
たった女の子3人が一体どれだけのパワーを私たちファンに与えてくれるのか。
そして、これほどまでに育ってきても天狗にならず、初心を忘れず、ライブの最後には必ずファンの人たちに感謝の言葉。
完璧なパフォーマンスを見せつける努力、センス、体調管理。素晴らしいと思います。

また、そのパフォーマンスが、心づかいが、大人のブロガーの方々をも感動させる。

ほんとに明るい気さくな天使のような存在です。


ところで「サンダーバード」とのつながりは・・・どこ?

>この巨大なスフィアが曲に合わせてゆっくりと開いていく様、

>そして現れたのはあの、3部作の世界を思わせる光景…

この辺ですか?

それとも・・・・

これ?

>オープニングから序盤の登場シーン、

>M01 「Enter the Sphere」、 M02 「Spring of Life」、 M03 「Magic of Love」 で、

>あちらへこちらへ高速移動しての、3曲3様の登場の仕方がなされ、

x68kです。
2回目ですが、「Clockwork」の振りに最近注目しています。

MJで見てからなおさらひかれるようになりました。

歌詞も耳で聞いていたのとは違いました。

カチッとした動きで切れのあるダンス?時計の動きをまねた動作に新しさを感じます。

振り子のように腕を下にしてカチカチするのも面白い!

歌詞と連動しているのがよくわかるパフォーマンスです。

uncleさん、コメントありがとうございます。

レス遅くなりましてスミマセン。


うんうん、ワタシもビデオを見て改めて「こんなんだったんだ!」って知ることがたくさんありますね。

特にワタシらはスタンド席だったこともありますし、詳細な部分はやはりライブビデオで補完ですよね。

あの日確かにあの場所にいたことは覚えているのですが、どんな光景だったかは記憶がどんどん薄れていく。

それって残念でもあるのですが、それがライブなんだと思いますね。

記憶には残っていないのですが、でも確かにあの日あの時間は、とてつもない夢空間に包まれて、

いい音楽に酔いしれていたことだけは確かですよね。 それがライブなんだと思います。

ライブはライブが終わってしまえばもう、それでおしまい… なのかもしれません。

なので、そういう意味では、ライブとライブビデオは別の時間軸上にあるのでしょうね…。

x68kさん、コメントありがとうございます。

レス遅くなりましてごめんなさい。


眠くなること、ありますよね ww。 やっぱ家のテレビで見るには家族が寝静まった後に、ってことが多いですからね。

捉えようによっては、眠くなるほどその音楽によってリラックスさせられているからで、

それって、人が音楽を楽しむことの理由の一つではないでしょうか?!


金沢ではすぐそばに3人がいる体験をされたようで、ほんと良かったですね!

ワタシはJPNと2013東京ドーム(ワンコ&未来ミュの時)でかなり近くで見ることができましたが、

彼女らは実在するんですよねぇ~ 確かに。 でもあまりにテレビやビデオで見る姿とおんなじなので、

逆に映像を見ているようで、現実感がない感じもしました。


そしてそう… Perfumeが、ワタシたちオトナをも魅了させる理由、まさにおっしゃるとおり!

3人が発するパワー、音楽への思い、人としての姿勢…。

天使とは、そういうことですよね。 アイドル性というよりは、カリスマ性だとワタシは思います。


ん? サンダーバードですか?!

う~ん、 思いつきでしょうかね!?ww

表題だけで一つの記事、言いたいこと、なのかもしれませんし、(ツイッター風にね。)

深いところで本文の内容とつながっているのかもしれませんね。ww

そこはあいまいみ~じゃね… テヘッ!


ちなみにワタシは子供の頃、サンダーバード1号と2号のダイキャストモデルを持っていましたよ。ww


そして、ウワッ!!

ヤバイよx68kさん!

今からワタシ、「Clockwork」について書き始めようとしてたんですからっ!

もう~~ 先に言わないで~~~! www

(でもおんなじこと書かせていただきますよ~…!)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/55767147

この記事へのトラックバック一覧です: Perfumeは 「サンダーバード」 なんて知らないだろうなぁ…:

« 今日も澄んだ空気の元、お送りしております…。 | トップページ | 「オジキャッチ~ランキング! ♪18 <Clockwork 編>」 »