フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Perfume RECORDS! | トップページ | 鉄っちゃんが見る、マカロニMV。 »

2014年2月23日 (日)

台湾 お疲れさま。

 

 

「第9回 KKBOX MUSIC AWARDS」出演、 チョコチョコとアクシデントがありましたが、

ライブ形式のテレビ中継でのアクシデントは、前々回のNHK紅白歌合戦のSoL以来でしょうか?

割と久しぶりでしたので、結構ドキドキしましたね。

まぁでも、こういうちょっとしたアクシデントはPerfumeには何度もありましたし、

今回もうまく踏み留まってまとめましたよね。 さすがベテラン選手ですね。ww

 

それでもなお 今回の1曲目 MoL では、のっちの 「らしくない」 動きがちょっと多かった。

エンドの決めポーズで、大きく体勢が崩れた以外にも、

間奏明け、2フレーズ目の 「♪キミのことトリコにするの…」 でも軽くフラッとしたし、

立ち位置を修正するために、大きくステップする場面もありました。

 

「ちょっと多過ぎる、おかしい… 」 って思いましたので、何度か見返してみましたら、

うん…、 やっぱ今回のステージは難しい条件だったようです。 (あくまでもワタシの推測です。)

 

今回MoLを踊ったステージですが、

 

    2014_kkbox_music_award12

Perfumeの、1 : 0 : 1 の立ち位置に ちょうど 「せり」 があり、

 

    2014_kkbox_music_award13

その境界 =フチに、終始気を取られながらのパフォーマンスを強いられたようです。

立ち位置の目まぐるしいフォーメイションチェンジや、3人の間隔を狭めたり離れたりとか、

その動きの変化により魅せる造形美、しかもそれをハイヒールのパンプスで踊って魅せるのがPerfumeの真骨頂ですが、

そういった動きの中で、今回は 「せり」 のフチを飛び越えなきゃならなかったり、  

 

    2014_kkbox_music_award10_2

 

この会場はアリーナでしたから、このステージ設備も常設じゃない可能性もあり、

ひょっとしたら、足元が多少不安定な感じがある中で踊っていたのかもしれません。

で、3人の中でも一きわ身体の重心位置が高いのっちさんですから、

MoLのような速い動きの中で、さすがに耐え切れなかったのかもしれませんね。

エンドの決めポーズで、ふらついてしまう直前の瞬間もこのような位置にいて、

 

    2014_kkbox_music_award11

多分のっち、フチの隙間にヒールが挟まらないように、つま先立ちでいたのかもしれません。

そしてそこから クルッと反転するわけですからね…   そりゃぁ大変だよ…。

 

……

 

海外でステージを披露するということは、

ワタシらの想像するよりも、遥かに難しいことなのかもしれません。

特に、世界でも例を見ない、音声コントロールや踊りに精密さが要求されるステージングをするPerfumeにとっては。

カラオケ1本持って、身一つ行けば披露できるものじゃないんですね、Perfumeは。

国によって、会場によって、設備なんかはホントに千差万別でしょうから、

ほとんど一発勝負なところで、その会場のその設備に合わせて、

でき得る最高のパフォーマンスを見せなければならないわけですから、

いやはや、海外に出ていくことの大変さを改めて感じますし、

 

そして、それでもなおPerfumeの、変わらぬこの笑顔ですから…  。゜゜(´□`。)°゜。

 

 

    2014_kkbox_music_award14

 

 

 

 

 

    12673497004_4c0a2e82ee_o

 

 

« Perfume RECORDS! | トップページ | 鉄っちゃんが見る、マカロニMV。 »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncle、DETH!

いやいや、やっとゆっくりPCを見られます。

台湾の映像もようやく観ることができました。

でも、引きの絵から3人に近づいていくカメラワークが何回も繰り返され、ちょっとストレスを
感じました。もっと近づいて3人を撮ってよ!

こんなところからも、Mステさんでもなく、MJさんでもなく、台湾のスタッフさんなのだ、という
アウェイ感を感じた私でした。

でも、生歌の件にまったく触れないのはさすがおととさん!!

私もどうでもいいのですが、ただ、ゆかちゃんの、寄り添うようなヴォーカルを聴いて、
ちょっと、聴いてはいけないものを耳にしてしまった、というドキドキ感はなんなんだろう?
シンガーなんだから声をきいてはいけないはずはなかろうに、、、、。

でも、某男性アイドル事務所のエースクラスの5人組の、いつやったの音楽祭か何かの時の
ような、放送事故的な感じにならなくてよかった~、って、ちょっと安心したのでした。

uncleさん、コメントありがとうございます。

そして、お仕事お疲れさま DEATH!(って やらせないでください!)

ワタシも年度末で平日はヒ~フ~DEATH!(だからっ!)


やっぱ、ワンマンライブじゃないのでアウェイ感ありましたよねぇ。親日の台湾でさえ。

そして、なんかやっぱ放送が雑というか。

日本の放送技術や構成の優秀さが改めて分かりましたよね。


歌の件はまぁ…、

「やっぱ そうなるよね…」って感じでしょうか。

そしてPerfumeの苦悩とか… いろいろな意味で、「Perfumeって、難しいなぁ…」って思いましたね。

音楽、歌とは何なのか…? 根源のお話にまた巡り巡っていくんですよねぇ…

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/55100706

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾 お疲れさま。:

« Perfume RECORDS! | トップページ | 鉄っちゃんが見る、マカロニMV。 »