フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« さぁ行くよ! 東京ドームへ! | トップページ | パフュ初め! »

2013年12月28日 (土)

4th Tour in DOME 『LEVEL3』 12.25 東京ドーム参戦後記

 

 

年末のバタバタの中でPerfumeライブに行って、その余韻に包まれたまま次の日帰還して 午後からまた仕事して、

仕事中PCに向かいながらも、なぜか突然前夜のライブのことがフラッシュバックしてきて 涙が溢れそうになって…

そしてそんな感覚のまま、年末のお休みを迎えました…

 

…こんな経験も初めてですね。 こんな年末の迎え方も新鮮…。

 

オッサンにとっても2010年以来、2回目の東京ドームライブ。

でもあの時のライブと今回は、全く違う感じがします。

今回は、巨大なスタジアムライブであったにもかかわらず、前回よりもずっとPerfumeに 「近かった」 感じがしました。

 

Perfumeにとって初めてのドームライブは、実はオッサンにとっても初めてのPerfumeライブで、

ファンであることを自覚してからその日を迎えるまでの約1年半、

DVDや動画サイトを見まくって、振りコピもしてみたりして、必至に 「準備」 して臨んだのですが、

実際のライブ中はもう 「ついに来てしまった、やっと会えた」 思いで胸が一杯になっちゃって、

感激と興奮の極限状態で、どこを見たら良いのか、何をしたら良いのかが頭から飛んでしまったまま、

フワフワフワ~っとした精神状態で終わっちゃったような気がします。

 

そしてPerfume自身も、初めての東京ドーム、10周年・5周年のメモリアルということで、

極限の緊張感と気負いの中でのステージだったでしょうから、

今思えば、どこか 「よそ行き感」 があったのではないでしょうか。

 

そして今回のライブ。

ワタシに関しては、今も ツアー全通できるほどの境遇にはないのですが、

それでも少しづつライブ経験値を上げてきて、Perfumeライブへの心の持ってき方、みたいなものも分かってきているし、

ドキドキワクワク感はありつつ、踊りながらもちゃんと見て聴ける、

気持ちの落着きも出てきたように思います。

なので、今回の 4th Tour in DOME 『LEVEL3』 はかなり堪能できたかなぁ、って思うし、

ワタシ自身が、Perfumeライブに近づけたのかな… って思います。

(とはいうものの、ほとんどは鮮明な記憶としては残っていないんですけどね。それは相変わらず…ww。)

 

Perfumeとチームが創り上げた LEVEL3 World も、格段に進化した素晴らしいものでしたね。

ワタシとuさん、nさんの3人のおじさんが P.T.Aからの指令で座った席は、スタンド1階バックネット裏やや1塁寄り、ということで、

美しい球体をセンターに据えたメインステージや、有機的な弧を描いた出島まではかなり距離があり、

3人の生身の姿は、残念ながら前回2010年の時と同様のミニチュアサイズでしたが、

でもこの距離がかえって…

…というか、今回のステージ演出の全体像を体感することができて、

そのまばゆい煌き、色彩の美しさ、幻想感に、身体全体が包み込まれるようで!、

…とても素晴らしいものでした。

 

レーザーの色彩って、これまでは緑や赤のイメージが強かったのですが、今回は白や黄色もあったり、

その帯が何本も重なり合って、単にリズムに合わせて線が飛び交うだけじゃない、音楽の立体空間を形作っているような風に見えました。

それからステージ背面からのライティングについても、

とりわけ、強い白い光が、

LEVEL3が伝えたい、Perfumeの清廉さ、潔さをイメージしているようで、とても印象的でした。

 

そしてスクリーンに映し出される映像、

SoLの例の間奏の、3連映像処理に代表されるように、

今回のステージは、ドームの巨大空間ならではの距離的な問題をむしろ逆手にとって、

「遠くからの視点でも楽しめるように」 ではなく、

ドームだからこその 「遠くからの視点で楽しむための」 映像や光の演出で魅せてくれたように感じました。

その演出のおかげで、スタンド席でもほんとに一体感が感じられました。

ここまでスタンドのオーディエンスのことを考えて創られたステージングって… 他にありましたか?

 

物理的距離がいくら遠くたって、Perfumeとファンの心の距離は決して離れない…  すごく近くに感じられました。

 

さらに、

Perfume自身ももう初めてのドームじゃない、ワタシが参戦した25日で言えばもう5回目のことだし、過酷な世界ツアーも経験してきた。

すごく成長してここにやってきた。

だから良い意味で、アウェー感や変な気負いのない、

ライブハウスやホールツアーのような、生温かい雰囲気そのまんまをドームで魅せてくれたように思います。

のっちもまさにその感じを、MCで言っていました。

 

「ドームがホームになったと思います…」 

 

スタンドのワタシも本当に、深~くうなずきましたよ…。 ありがとう、のっち…。 ゚゚(´O`)°゚

 

また、そのこととおんなじの意味のことを あ~ちゃんは、

「感謝!感激!ポリ荒らし!…」 広島公演でのスタジオライブのエピソードを話してくれました。

 

「スタジオに組んだステージでもライブができる…、場所じゃないよね…」

 

場所も大事、でも場所よりも大切なものがある… 本当にそう思います。

またPerfumeに人生で大切なこと、気持ち… 教えられました。 ありがとう、あ~ちゃん…。 ゚゚(´O`)°゚

 

そして かしゆかの言葉…

もう多くを書かなくていいですよね…

 

「この3人でやってこれて良かった…、のっちも声をかけてくれた…」

「本当に楽しむことができました…」

 

このひとことで、ワタシも胸の奥がスーッと晴れ渡って、

「あぁ、良かった…!」 って心から思いました。 ありがとう、かしゆか!!! ゚゚(´O`)°゚

 

 

4th Tour in DOME『LEVEL3』12月25日東京ドーム…

たった1日の参戦でしたけど、ワタシにとってかけがえのない、素敵なクリスマス・プレゼントになりました…。

 

 

 

あ~~ でも、まだ書きたいことが止まらな~い!ww もっとありますぅ!

ということで、ここからはも少しフニャフニャなお話を…

まず一つ目、

MCでのお客イジリのこと。

今回の東京ドームは、ワタシの席の周りを見渡した限りでは、

Perfumeライブらしく、オーディエンスは老若男女入り混じっていましたが、

ボリュームゾーンはやはり20代の男女、という感じがしました。

そんな中、今回Perfumeの客イジリのターゲットとなったのは、

MoLのっちコスの小っちゃい女の子…(…男の子って噂もありますが!?) と、

あと、「この中で一番年上の人… 53歳のおばさま」 と 「黄色Tは気に入ってますか?… のおっさん」 でした。

いや~… なんか嬉しかった!そんな方たちがイジられて。ww

いや多分ね、Perfumeの3人は賢い娘たちですからね、

意識してか無意識かは分かりませんが、

中高年世代は定期的に絡んでおけばね、どこまでも付いてきてくれるんよ、なんだと思いますよ。ww

でもそれでもいいのさ、ワタシらそれを承知でね、

えぇ、喜んで付いて逝きますともっ!

…ということで。エヘヘ…。

 

そしてもう一つ、

先ほどのとおり、今回のワタシたちの座席は スタンド1階バックネット裏やや1塁寄り と言いましたが、

列数はですね、8列だったんですね…。

つ、つまりそこは… 言い換えると…

「サンタステージの目の前!」 だったわけです!

(しかも今回はありがたいことに、バックネットが撤去されていました。)

JPNツアー新潟公演の朱鷺 時に頂いた、オッサンたちには全く不似合いな至近席には及びませんでしたが、

今回も、もう先の長くないジジィたちのメイド 冥途の土産に ということか、すぐ近くで (D=15mほどか?)

サンタPerfumeと のちエモン の姿を見させていただきました。 P.T.A様、ありがとうございました。

もうね、ワンコ披露の時は踊ってる場合じゃなかったですね。ガン見してましたよ!

 

       News_large_perfume_domesub
         (画像はキモリーからの拝借ですよ。)

いやぁ… 綺麗でしたね!3人。 地デジ放送やブルーレイで見るのとおんなじですね。 美しかったです。

そしてしばし、目の前で繰り広げられるgdgdなのちエモンの放置プレイに、オッサンの目尻は下がりっぱなしでした。

夢のPerfumeカーも、2010年の時のあのちょっとザンネンな感じから見事にLEVELアップして、

ディズニーランドさんにも引けを取らないカワイさで、

ワンコを歌った後、gdgdなのちエモンを乗せて目の前を通り過ぎていきました…。

 

ありがたい体験をさせていただきました…。

 

 

……

 

ということで、

原稿用紙が切れてしまいました。ww

4th Tour in DOME 『LEVEL3』 12.25 東京ドーム参戦後記、

今日はこのへんで…!

 

« さぁ行くよ! 東京ドームへ! | トップページ | パフュ初め! »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。

また長くなること必死なので、手短に。
私は3回泣きました。

①SoLで、間奏のあ~ちゃんを助ける振り付けのところ。
 3人離れ離れなのにどうするんじゃろ、振り付けをここだけ変えるのか?
 と、思っていたところ、いつも通りやって、「あっ、そっか、位置は離れていても、しっかり心で
 手を差し伸べて、起こしてあげるんだ!」って、勝手に思ったところ。

 (3分割のビジョンでは、離れていても、しっかりシンクロしていたのですね。覚えていない、、、)

②Party Maker、SAMT、と立て続けにこられて、もう、興奮状態の極みにあった時の、
 突然の、前置きなしの、シティ。大好きな曲だからでもありますが、なぜか、涙が止まらず。

③最後のMCの、涙をこらえる、ゆかちゃん。今回は終わってから、自己嫌悪で泣いたりしないよね、
 って、思って。

なんといいますか、確実に、LEVELを一段階上げた3人がいました。
近くで観たい、とか、豆粒だったとか、もうそんなことは関係ないと思わせるライブでした。
明日あるなら、また観たい、と思う(いつもですが)ライブでした。

終了後、あ~ちゃんから、来年はツアーがあるような思わせぶりな発言もあり(反則のPTAネタで
ゴメンナサイ)、期待はさらに高まります。

ケネディさんがいらしていたというのも、うれしくも誇らしくもあり。

帰ってきてから、まず、LEVEL3を聴いて、それぞれの場面を思い返し、また涙し、
なぜか、次に、久しぶりにコンベスを聴きたくなり、シティとエレワで、心が震え、

ん~、そろそろ、頭の中を社会復帰させないかん、、、、、。

x68kです

私は泣きはしませんでしたが、「コンピュータシティ」「エレクトロワールド」は感動しました。
その前までのエレクトロ光攻撃、キラキラした眩いステージにちょっと違和感を感じていたのです。
Perfumeのライブなのになんだかそれっぽくない!テレビで見ているステージを見ているような・・・
などと思い始めていたところへいきなり!「あのシルエット」 コンピュータシティ。 ぞくっとしました。

やっぱライブはこれでなくちゃ!
それからはコール三昧!

なんだかやっぱり昔のライブの雰囲気が好きな私でした。
確かにマッピングも凄かったんですが、アリーナから隙間越しに見た感じではそう思いました。
DVDではまた違う感動があるかもしれません

終わってしまえばやっぱり心暖かいステージでした。
オフ会も楽しかったし!
今度はみんなでお会いしたいです。

shirakataさんいお会いできたんですね。良かったですね。
またお話聞かせてください。

おととさま

お疲れ様でした。
僕は3戦観戦でしたがやはり最終公演は特別ですね。
全ての面で濃厚に感じます。
4公演同じ事をするのではなく深化させています。

セットリストもかなり考えたようですね。
最新曲から旧曲までギュウと上手いことブレンドして
幅広いファン層を満足させる神セットリストと感じました。

私達に与えられた席ですがどういう訳か彼女達が近づいてくる。
朱鷺メッセの時も今回も不思議ですね。
これだけ大きいと全てを見逃さないようにするのは不可能ですが
全体を見渡せるかなりの良席でしたよ。
ありがとうございました。

最後に、
涙と言えば「かしゆかの涙」ですが前回は悔し涙、今回はうれし涙で
全て成就させたようです。

来年も何処かで絶対に皆でお会いしましょう

uncleさんコメントありがとうございます。


手短かにしなくてもよろしくてよ。どうぞ思いの丈を。w

①発想は無限大… そう思いますよね。

3人のダンスはシンクロが見せ所… だから3人は近くなくてはならない…

っていう常識、既成概念を発想の転換で自ら覆してきた! 「離れていても、どうやったら近づいて見えるのか…!?」

そこを追求した結果、ああいう見せ方もありなんだと… 鳥肌もんでした。

…でもそう言えば、2010年のドームの時、センターステージ(盆)の両端に離れてのっちとかしゆかが踊っているとき、

超望遠カメラが、かしゆかの肩越しに向こうにいるのっちの姿を捉えていたんですよね。

それって、映像上は並んで見えるんですよ! そういう前回得た(偶然?の)経験をヒントに今回の演出の進化に繋がったのかもしれませんね。


②間髪入れずのシティのスターティングポース、バックライトに浮かび上がって… もの凄く美しかった! カッコ良かった! 鳥肌立ちましたね。


③かしゆかは3人の中では、一番普通の感覚でいる娘だと思います。だから、泣いちゃう時と泣かない時がある。

そして、泣いちゃう時はワタシらが泣きたい感覚の時と一緒なんですよ。だからワタシらも一緒に泣けてしまう… のでしょうか。

対してあ~ちゃんは、普通の人よりも感情、感性のレベルが数段高い。だから、ワタシらはその思いの強さに否応なく泣かされる… のだと思います。

のっちは… 25日の夜もお話しましたが…。 この娘は2人が泣いちゃうから、あたしは泣けない、泣かないっ!って決めてるんだと思います。ステージ上では。

Perfumeの音楽スタイルにとって、3人とも泣いちゃうことは… ダメなんですよ!

それとワタシが想うもう一つの理由…

のっちにとって、ステージ上で一番大事なことは、自分が満足のいくパフォーマンスができたかどうか、そしてファンに満足してもらえたかどうか…

なんだと思うのです。そのこと一心なんですよ多分。だから感傷には浸らないのだと思います。

…って想っているんですが、なんと今回突然、久しぶりに泣いちゃいましたね!(そのぐらいの情報は書いても良いと思います。)

ステージを降りた後、ふと我に返りいろんな周りの人のことを思い出した時、一気に感情が溢れるんでしょうね。

も~ぅ、ライブが終わってもまだ泣かされる… この娘らには…


x68kさん、コメントありがとうございます。


そうそう、どこか、昨年の紅白歌合戦の画面を生で見ているような感覚… 確かにありました。

今回はメインステージの映像演出が顕著でしたからそう感じたのかもしれませんね。

今回はドームのための、最新進化形の、こういうライブだったということです。

でもこれからこれ一辺倒になるわけではないでしょうし、今度はまた規模の違うライブで違う見せ方をしてくれる機会もありますよ! 必ず。

大阪、お祭りだったそうじゃないですか!(今パフュロク聴きながらこれ書いてます!ww)ええな~!


今度はどこかでまたご一緒できるといいですね!


neccoさま、コメントありがとうございます。


3回とも違いましたか!? すごいね、Perfume。ツアーやりながらまだ深化していくんですものね。

今回ワタシも初めて千秋楽に参戦させていただきました。期待していたサプライズ発表はなかったですが、

最後の言葉はやはり万感迫るものがありましたね。


彼女たちが近づいてくる…なんて、よくそんなおこがましいことを… necco節炸裂しましたね。ww

たまたまかもしれませんが、たまたまじゃない気もする。

P.T.A枠って、全くフルオープンの抽選ではない気がしますよね。「心遣い」が加味されているかも…?


なんか来年もツアーあり、との予想を皆さんおっしゃいますから、なんかワタシもその気になってしまいますが、

まずはアメリカツアーの成功を!(これも憶測ですが。)というのが第一で、でも国内ツアーもあればバンザイですね。

いずれにせよ、あまり急ぎ過ぎずに着実に進んでいってほしいと思います。


それから、改めまして今回は楽しいオフ会に導いてくださいまして、本当にありがとうございました。

neccoさんのバイタリティのおかげで輪が広まっていますね。 これからも楽しみです!


オフ会にてご一緒させてもらった者です。お世話になりました。
最高のライブを体験し、その後に素敵な仲間と会うことができ、とても嬉しかったです。
無理して遠征して良かった~。と、しみじみです(^^)

ブログの方も今回初めて拝見させてもらいました。
読ませて頂き、25日の思い出が蘇りニヤニヤしちゃいました。

またお邪魔させて頂きます。どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

手書きしゃちょう様

オフ会の際、1次会はお向かいに、2次会ではお隣に座らせていただきました、
uncleと申します。

本来、ブログ主ではない者が、コメントにコメントするのは反則だとは思うのですが、
おととさんが、お心広く許して下さるので、お言葉に甘えています。

当日は楽しいお話をたくさん聞かせていただき、誠にありがとうございました。

私はブログはやっておりませんが、こうして、おととさんのところで、自称常任コメンテーターとして、
アホみたいな長いコメントを書かせて頂き、おととさんを困らせております。

北海道軍団の熱さに負けないように、我々日本海側おやじ軍団もさらにヒートアップしていきます。

また、いつかの機会にお会いできますことを楽しみにしております。


手書きしゃちょうさん、 ↑ 以下同文でございます…


…ってな訳にゃいかないですよね、コメントありがとうございます!

あのかっしかしな方ですよね?。 25日はお世話になりました。ありがとうございます。

北海道軍団のアツ苦しさに(褒め言葉でございます。)、我々日本海同盟はたじたじでした。

でもなんか、初対面ながら同じ北国同士という親近感からか、

ついつい夜更けまでパフュ談義に花が咲いてしまいましたね。

uncleさんもかっしかしなお友だちができたということで、さらにパワーアップしそうで怖いです。ww


ここでは、みなさん言いたいこと、キモいことしゃべってもらって全然かまいませんので、

どうぞお気軽にお立ち寄りください。 えぇ、ワタシ輪をかけてキモく応戦いたしますからっ!


ではまた。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/54411069

この記事へのトラックバック一覧です: 4th Tour in DOME 『LEVEL3』 12.25 東京ドーム参戦後記:

« さぁ行くよ! 東京ドームへ! | トップページ | パフュ初め! »