フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« LEVEL3… このすばらしき世界を! ~フォー!~ | トップページ | オッサンのライゾマ展 体感記! »

2013年10月20日 (日)

1mm 単位で… 

 

 

ちょっと今週は忙しかったので、

あっという間に月日が過ぎてしまい、もう10月後半突入ですね。

 

だいぶ遅れてしまいましたが、

「Perfumeカレンダー10月号」 です。どうぞ!

ご提供はx氏でございます。 いつもありがとうございます。

 

 

    1002

 

今月は、モード誌VOGUEのイメージと、2010.08.11リリース 「VOICE」 を掛け合わせていただきました。

バックの画像は初回盤の、例の脚だけ絡ませたジャケ写。

 

ワタシが思うに、この頃からでしょうかね、Perfume3人が三様の脚線美をチャームポイントとして意識し出したのは。

こういうジャケ写を打ち出してくるんですからそうなんだと思います。

 

あ~ちゃんのスカ~ト丈に変化が現れ始めたのは、その前作フシガの赤い衣装からで、

それは⊿から実に約9か月ぶりのCDリリースでしたが、

久しぶりのリリースと初のドームライブの発表に歓喜するファンの前に現れたあ~ちゃんは、

ごく自然にスッと、膝上5センチの防衛線を越えてきて、

その変化に更に湧き立ったのは、

ワタシだけではなかったのではないでしょうか。

 

そしてそのわずか4か月後のVOICEでは、膝上値は更に上昇し、

もう完全に自分に自信を持って、

(MIKIKO先生のアドバイスもあったようですが。)

堂々と、3人の新たな統一的イメージを獲得するに至ったのだと思います。

そしてそういった変化が、ラブワ以降明確になってきていた、ハイヒールで踊るという、

つまり、

コケティッシュでかつ美しいダンスを高いスキルで魅せる、という独創的スタイルを、

より明確にしたのだと思います。

 

そして、それは 「クールな」 パフォーマンスだから、

クールに振る舞ってこそカッコいいわけで、これまではほとんど語られてこなかったのですが、

ここ最近は、年齢を重ねて大人の余裕が出てきたからか、

メディアでもその内情が話されるようになってきましたね。

以前から、このパフォーマンスに関しては一方ならぬ興味を抱いて妄想してきたオッサンにとっては、

真実を知れるということは、胸のつっかえが取れるようなことなのですが、

結果、実際はやはり 「結構しんどい」 ことが分かると、逆にちょっと心配になってしまいますね。

 

先週放送された 「LIVE MONSTER」 でも、MCのドリカム中村さんでなくとも 「男子はもちろん魅了される」、

そんな 「ダンスにまつわる質問」 トークでしたね。

 

   131019_live_monster2_2

ズラズラっと並べられた質問。

 

この中で、今回は少し以前にどこかで語られていた (…しかしもう忘れてる!)

「靴の中敷き」 について、実際にブツが登場でしたね。

やっぱ、あ~ちゃんは特に大変な様子ですね。

「マイサイズなのに大きい」 とは、要は、若干幅広な足型だということでしょうね。

 

   131019_live_monster5

 

そして 「中敷き」 とは、ワタシが想像していたようなインソール的なモノではなく、

極めてピンポイントな 「中あて」 的なパーツでしたね。 (切って作っているようなものもありましたね。)

 

   131019_live_monster4

こりゃ大変だ!

 

そう言えば…、

ワタシの足も甲高かつ幅広で、スキーブーツのフィッティングには、いつも悩まされていたことを思い出しました。

 

いやぁ、あ~ちゃん、偉いっ! 無理し過ぎないように頑張って! って言いたいですね。

 

それから話題は、

「Q.振付けは誰がしていますか?」 とか、「Q.振付けを1曲、覚えるのにかかる時間は?」とか、

「Q.ライブで印象深い振り付けは? > ハイテク技術との融合」とか、

このあたりはもう既出のお話でしたね。 一般への再度アピールということで。

 

ところがですが…、

ワタシにとって、いや、一般へのアピールという意味でも、

一番知りたい質問、

 

「Q.なんでハイヒールで踊るの?」 について 答えていないやないですか!?

 

えっ? 放送上カットですか? もしかして、スタジオ観覧した方は聞いたのですか?

 

うぅぅ…  残念…。

 

仕方ないから、ワタシが知っている範囲から想像してみるか…

 

…なんでハイヒールで踊るのか?

…それは、誰もやったことがないようなカッコいいパフォーマンスを…

というPerfumeが貫いてきた姿勢の具現の1つなんだと思います。

 

そしてもう1つ、

「Q.一番、難しかった振り付けはどの曲?」

は、以前は 「とても細かい振り付け、音のないところにも振付けがある」 ラブワでしたが、

最近は、「3人が全く違う振りをしていく」 Samt、あたりでしょうか。

 

さらにもう1問、

「Q.ダンサーをサポートに入れることは?」

についての答えは、

Perfume3人だけで、精密に創り込まれた楽曲の世界観を表現するため、ダンサーさんは入っていただきません!

(例外として、フシガのMVがありますが。)

 

…と、こんなところでしょうか…

 

……

 

ということで、

遅まきながら、楽しい番組でしたね…。

 

 

    131019_live_monster3

 

« LEVEL3… このすばらしき世界を! ~フォー!~ | トップページ | オッサンのライゾマ展 体感記! »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

x68kです
私の薄っぺらなカレンダーコメントにいつも分厚く補強していただいて
感謝しております。

この番組見逃しましたのでYouTubeで見させていただきました。
ハイヒールの話題は、初見聞でした。いろいろ大変なんですね。

それと、MIKIKO先生がおっしゃっていた
「封印していたダンススキルを小出しにして楽しんでおります・・・」
のほうが意味深でした。
封印って!まだどれだけ凄いんだ!と改めて驚かされます。
振り付け、ダンスに精通なおととさんには、怒涛のオドロキだったんではないでしょうか?
などど想像しています。

何度も書きますがライブが楽しみです。

x68kさん、コメント&カレンダーありがとうございます。


…いろいろ大変なんだそうです。そりゃそうですよね。

普通に考えたら、激しく踊るための靴じゃないんですから。

Perfumeはプロとして涼しい顔をして踊って見せてくれていますし、

プロとしてこの話題についてはほとんど語ってこなかったから、

長くファンを続けていると、こういう、とかくPerfumeのもの凄い特殊性が

当たり前のことのように錯覚してしまうのですが、

実は裏では相当の苦労をしているようですね。年数を経るにつれ、辛くなってきているのかもしれません。

あ~ちゃんは以前、足指の手術も経験してるし、

将来、このパフォーマンスがたたって傷病になってしまわないことを祈るばかりですね。


そしてMIKIKO先生のメッセージも驚くものでしたね。

今やっと小出しにしてるんかい! ですよね。

ホント、これからどこまでLEVELが上がっていくんでしょうか!


あっ…、それとワタシ、ダンス精通者では決してありませんから!!! 未経験者ですから!

各方面に誤解を招きますので、過大表現はやめて~っ!… www

uncleです。

「VOGUE」と「VOICE」、なんと、ファッショナブルなダジャレなんだ!と感動しました。
そう来たかぁ、といつものように唸らせていただきました。
xさん、いつもいつもありがとうございます。

で、足の話ですが、多分元々、あ~ちゃんの足も、十分細かったのです。
ただ、O脚の癖があったのですね。

何かで、あ~ちゃん自身が、「つらい矯正を頑張って」みたいなことを言ってました。
そんな矯正があるのですね。
多分、2人に対する健全なコンプレックスをバネに、あ~ちゃんらしい頑張りで、
驚くほどの短期間で、美脚に変身させたのでしょうね。

でも、足フェチの私としましては、膝から下の長さや全体的な艶っぽい肉のつき方や、
更には、キュッと上がったヒップのラインまでを総合的に判断して、
やっぱ、かしゆかが1位なのであります。

最近ようやく観られた番組ということでは、一昨日、おうちに帰った際に、録画してあった、
「Perfumeとテクノロジー」をようやく観られました。

不勉強の私には非常にありがたい内容で、知らなかったことがいっぱい補完されました。
久しぶりに、ドヤ顔で、女房に見せたい番組でしたね(ということは、そうできなかったという
ことで、トホホ、ですね)。

しかも、メイクがばっちりだったのか、3人のコンディションが良かったのか、非常にきれいでした。
特に、ゆかちゃんは、メイクの仕方で毎回印象が変わるので、今回はかわいかったでしゅ。

で、そのゆかちゃんですが、中村正人さんの番組中、両ワキもあらわに、首の後ろで長い髪を
束ねた、その瞬間、ドキッとした(エーッ、言っちゃえ!)いや、ハニャーン、としてしまったのは、
どうやら、私だけではなかったようですな、フッ、フッ、フッ。

uncleさん、コメントありがとうございます。


えぇ?! 矯正したのですか? いや~知りませんでした。ありがとうございます。

う~ん… それを聞いたら、余計に切なくなっちゃいましたね。大変だ、ほんとに。


はいはいそして、えぇえぇ、もうおっしゃるとおりですね。

総合的には、間違いなく芸能界で(モデル系の方は除くとして)トップクラスでしょうね!

もう、普段はダンディで知的な振る舞いのuncleさんなのに、ひとたび暴走をし始めると、もう誰にも止められない…

参りました…!。ハイ。(でもみんなそうですよ。ホントはね。)


NHK「Perfume×Technology」は良かったですね。ファンとして誇らしいですよね。

だからああいう番組は、ぜひゴールデンタイムに放送してよ!って思うのですが、

そのへんが、やはりPerfumeっていうのは普遍的な存在ではないということであって、

そこが残念でもあり、嬉しくもあるんですね。


あっ! そしてやっぱり見てましたか! 髪を後ろへのしぐさ。

ああいう、狙っているようで狙っていない、狙ってないようで狙ってるしぐさが、

かっしかしにされちまうところなんでしょうね。 エヘヘッ…

Many thanks for taking the time to discuss this, I really feel strongly about it and adore understanding far more on this subject matter. If attainable, as you gain experience, would you mind updating your site with more details? It is extremely beneficial and advantageous to your viewers.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/53659431

この記事へのトラックバック一覧です: 1mm 単位で… :

« LEVEL3… このすばらしき世界を! ~フォー!~ | トップページ | オッサンのライゾマ展 体感記! »