フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« JPNさん ありがとう! | トップページ | Sleeping しかけた Beauty… zzz »

2013年9月20日 (金)

Perfumeはこれからだっ!…って思う人! ⇒ ハ~イ!!!

 

 

Perfumeのっちさんの、24歳の1年間はどうだったでしょうか…

 

オッサンが想うに、やはり、初の海外単独ライブ 「WORLD TOUR 1st」 に始まり、

そして 「WT 2nd」 へ… このことがなんといっても一番だったのじゃないでしょうか…

 

気付いてみれば、もう7か国も巡ってきたんですよね。

ワタシもライブビューングでその様子を見届けながら、

明らかに日本の建築様式とは違う造りの会場で歌い踊る姿に、

あぁ、ホントに世界へ飛び立ったんだなぁ…、と実感しましたね…。

 

でも、行く前は不安と緊張で一杯だったでしょうね。

 

あ~ちゃんは元々自分に自信が持てないところがあり、

だから 「できれば海外に行きたくない」 って一方で思っているところがある…。

 

かしゆかは努力家で目標に向かって冷静に取り組んでいくけれど、

それは不安の裏返しであって、それゆえ積極的にリードしていくタイプじゃない…。

 

そんな中…

いや、そんな中だったからこそ、あえてそうしたのかもしれませんが…、

 

のっちの頼もしさ、「しっかり感」 が印象的でした。

 

以前はのっちも自信が持てない子だったし、内心は不安もあったでしょうけれど、

それをグッと呑み込んで、

努めて、前向きに攻めていこうとする気持ちを表した言葉がたくさんありました。

 

例えば振り返ってみれば…

 

まず、1年前のパフュロクで話してた、

24歳の誕生日の抱負は 「一緒に勝つ」 でした。

以前のような、まぁどっちかというと 「生活改善」 的目標とは違う (それも大事だけどね!)ww

これはWT1を目前に控えての、大きな挑戦に対する決意の表れだったのですね。

 

そしてその後、海外ツアーをこなしていく中でも、

 

「最近、自分で言うのも変ですけど、ちょっと欲が出てきたかもしれないです。

 もっとこうしたい、自分はこうなりたい、こうなりたいからこうしよう、って。」 (音人2013.04)

とか、

「ドイツはテクノの聖地だから、ずっと行きたいと思っていた…

 そういう目で見られるのか、ジャパニーズカルチャーの一つとして捉えられるのかが楽しみ…」

 

「中田さんの中に、はっきりとしたビジョンがある… 

 そういう時って私すごく燃えるんですよ、絶対にこれを形にしてやるって…」 (音人2013.06)

とか、

かしゆか : 「LVした国にも行きたいな、と思った。」

のっち : 「いや、本当に行くでしょ!」 (音人2013.09)

 

…というように、

 

とても力強い、ズシッとくる言葉で語るようになってきて、

のっちの24歳は…、

すごく実りある、いい歳になったなぁ…って感じました。

 

改めてDVD 「WORLD TOUR 1st」 を見てみても、

のっちの超カッケーところ、楽しんでる姿、随所に見られますね…。

 

  Uvs130918002

 

  Uvs130918003

 

  Uvs130918004

 

そしてライブ終了間際、

ハッキリ言ってワタシには、あ~かしは会場のムシ暑さと緊張感で、

かなりキツイ状況になっているように見えるシーンでも、

のっちが率先して2人にハイタッチを差し伸べて盛り上げていて、

 

  Uvs130918005
   (これは予定の演出のようには見えないですね。)

こんなシーンは今までなかったから、

のっちぃ~…… ゜゜(´□`。)°゜  ジ~ンときてしまいましたよ…。

 

……

 

さぁそして、のっち25歳ですよ!

 

お誕生日おめでとうございます!

 

25歳ではWORLD TOURも次のステップに進むのでしょうが、

24歳で培った自信としっかリ感をもって挑めば、

きっとまたうまくいくに違いありませんね。

 

そして歳を重ねるにつれ、音楽に…楽曲も振付けもライブパフォーマンスも…

さらに磨きがかかり、美しくなって、しなやかに、懐の深い…、

 

…オトナの音楽へ…

 

ますますオッサンは、Perfumeから目が離せないのです……!

 

 

 

 

 

    Uvs130918001

 

    のっちに聞いてみたいこと…

    「スウェットが目にインして、痛くなること ないんですか?」

 

 

« JPNさん ありがとう! | トップページ | Sleeping しかけた Beauty… zzz »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。

はや25歳なんですね。

もうアイドルとは言えないし、かといって、大御所的な位置でもないし、
(当たり前ですが、LOCKS!ではすでにお姉さまキャラですもんね)、
どの客層をターゲットにすればいいのか、戦略的にはむずかしいところだと思うし、
このあたりの年代ををうまく乗り切れなくて消えていった女性アーティストも
いっぱいいるんじゃないかと思ったりもするのですが

唯一無二の「Perfume」というジャンルにはそんなこと関係なく、
本人たちもいたって自然体でエンジョイしている感じが頼もしい限りです。

そしてその「自然体」を一番感じさせるのが、のっちだと思います。

確か昨年は、のっちのイイとこは、良い意味での鈍感力、だと書かせていただいた
記憶があるのですが、それが今年は「自然体」に成長したといいますか、、、。

時に、No Planな、精神の空洞感を感じることもありますが、
そこがまたのっちのどっしり感の源泉でもあると思います。

そして、多分一般的には、3人の中で一番かわいい娘、という評価だと思うので、
その美しさに磨きをかけて、女子力磨いて、健康的なフェロモンを、
その大量の汗から、漂わせてほしいものだと思います。

uncleさん、コメントありがとうございます。


今思うと、2010~2011年の頃は、まだPerfumeチームとしてキャラクターの見せ方について、

過渡期的な感じが少しあったように思います。(それは迷いとかじゃなく、自然的な成りゆきとして。)

ただ、中田さんの提供してくる楽曲については、一貫してマーケットやターゲットというものを全く想定しない、

Perfume本人のキャラクターを膨らませつつ、彼自身の創りたい音楽、聴かせたいサウンド、(あくまでもPerfumeの楽曲として。)

というポリシーで提供されてきていると思いますね。

そしてこれが、去年あたりから変わってきたなぁ、と感じるのは、

それ以前は、3人と楽曲の「背伸び感」とのギャップがあって、そこがかえって面白いところだったのが、

今は彼女らのキャラクターが、楽曲の持つ質感…といいましょうか、なかなか言葉で表現しづらいのですが…

要するに「レベル」が追いついちゃった、って思うのですね。

で、だからと言って面白くなくなったかというと、ワタシは全然そうじゃなく、

ワタシのような、最初からPerfumeを(狭義の)アイドルと捉えてなんかいないファンとしては、

むしろ最近の方が本物指向がよりフィットしてきたので、なので「これからだよ!」って思うのですね…。


ということで、uncleさんの前半のお話に触発されてしまいまして、

また持論を綴ってしまいました。ごめんなさい。m( _ _ )m


ではまた、uncleさんならではのお話をお聞かせくださいね。


あっ、のっちの話でした!

えぇ、ワタシも客観的にみればのっちさんが一番美人だなと思いますね。

でね、性格がかわいい! ほっとけない娘、って感じ。

去年の のち誕の記事でも書きましたが、ワタシ世代からみれば「ボーイッシュ」なんてのは表面的な見方であって、

内面の奥はちゃんと女子ですよ、のっちは。そこがかわいい…!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/53320740

この記事へのトラックバック一覧です: Perfumeはこれからだっ!…って思う人! ⇒ ハ~イ!!!:

« JPNさん ありがとう! | トップページ | Sleeping しかけた Beauty… zzz »