フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« BBQ in つま恋 ライブレポ! | トップページ | 光り輝く人、輝かせる人 »

2013年7月18日 (木)

Perfumeファンのレベル

 

 

 

LEVEL1… 取っ掛かりとして、3人のうち誰か1人が お気に入りになる…

 

<解説>

大体Perfumeファンっていうのは、きっかけは音楽やライブパフォーマンスの良さにビビビッときてハマり始めるのでしょうが、

とはいえ、一人のオトコとしては、彼女らの顔や髪型とかスタイルといった外見的要素にも意識がいっているはずで、

3人のうち誰かが気になっているはずなんだと思います…。 

 

三者三様のルックスですから、それはごく自然なことだと思います。

 

 

 

LEVEL2… 誰が一番好きとか、思わなくなる…

 

<解説>

その後、過去の映像とか雑誌とか、ファンブログなどを読み漁っていくうちに、

3人は三様のパーソナリティの持ち主であり、1人1人はそれぞれ 今いち残念なところ もある女子であって、

その独特な音楽表現においても、タレント人生の上でも、

3人が絶妙のバランスで役割分担し、補い合ってきたことで成立しているということ…

つまり、「3人合わせてPerfumeです!」 のあいさつに込められた深い意味が解ってくると、

もう3人全員が愛おしくなってきて、誰が一番とかいう意識が薄れていく… のだと思います…。

 

そして、3人それぞれが、決してカンペキなルックスの持ち主でないことも、

外見優先で盲目にさせられることがない要因の一つであると思います。

 

 

LEVEL3… それでもなお、3人のうち誰か1人への思い入れが強くなる…

 

<解説> 

3人それぞれの人となりを深く知るようになった結果、

3人それぞれが三様に、人間的な魅力を持った人物であり、

1つの道をずっとあきらめずに歩み続け 願いをかなえてきた経験から発せられる、

老若男女を問わず心に響く言動に、

人として、魅かれるようになるのですね。

 

そしてその言動も、3人それぞれ違うから、

いつしか、その中の誰かに…、

つまり、最も私自身の人生観と共感できる、自分もこうありたいな、という憧憬の対象として…、

もっと軟らかく言えば、

自分の心に最も居心地の良い、と感じる1人に、より強く魅かれていくのではないかなぁ…

…と思うのです。

 

そしてなおかつ、カンペキではないルックスであるとはいえ、

女性タレント、アーティストにとって、ルックスが良いことは、言わば当然兼ね備えているべき条件であり、

そんじょそこらの普通の女の子の比ではないことは、Perfumeだってそうだと思います。

はっきり言って、3人それぞれが可愛いし綺麗ですよ! 

 

だから、

そういう観点からも、3人のうちの誰かにより魅かれていくということは、

ワタシら、10代20代の若造の熱情とは違う、成熟した大人のオトコなんですから、

それはそれで、ごく自然な感情なんじゃないかなぁ… って思います。

 

……

 

というわけで、

 

なんだ…

Perfumeのファンレベルが上がっていくと、

結局はそう、

またLEVEL1に戻ってしまい、

また繰り返す、無限ル~プ…

 

…じゃんか…!?

 

っていうことに気付いたのでした。

 

« BBQ in つま恋 ライブレポ! | トップページ | 光り輝く人、輝かせる人 »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

x68kです。

LEVEL1 ゆかちゃんでした。

       のっちは顔もスタイルも好きではありませんでした。
       多分スカートをはいていないからだと思います。
       でも、bitterのは好きなんです。

LEVEL2 みんなになりました。
       
        それぞれ面白いところが見えてきて
        なんだかいとおしくなってきました。

LEVEL3 のっちよりの時々ゆかちゃん、笑顔があ~ちゃん。

         LV新潟で「のっち」担当ということになりちょっと気になりだし、
         他の人でのっちが好きという意見を聞かなかったから。
         それと「武道館のライブ公演をします。」という発表のときの
         のっちの「はい!できます!」迷いのない返事の潔さが気に入っていました。
         

LEVEL4 やっぱりみんな。チームPerfume。→いや、のっち、ゆかちゃん、あ~ちゃん・・・
         堂々巡り・・・。おととさんのオッシャルトオリです。

x68kさん、コメントありがとうございます。


x68kさんのLEVEL1、うん 分かる分かる!

ワタシもそうでした。

ワタシはサイドパートの髪形の方が好きなんですよねぇ…

本人はお気に入りなようなので別にいいんですけどね。


x68kさんのLEVEL2、でしょでしょ!

3人ともラジオとかライブのMCでは全く気取らず、作らずに話すでしょ。

それで人間性がそれぞれ分かって、その調和に魅き込まれるんですよねぇ。


x68kさんのLEVEL3、うぉーーっ!

>武道館の発表のときの「はい!できます!」迷いのない返事の潔さ…!

そこきましたかーっ!!

いや~、そうですね~…! のっちのホントにカッコいいところ、真っ直ぐなところ!

またお父さん的には、娘が何かに挑戦する時のような、ホント胸がキュンキュンしますね。


そしてそう、結局 堂々巡り… 

あははは… それそれ!その言葉! 

全くそのとおりですね!

uncleです。

>きっかけは音楽やライブパフォーマンスの良さにビビビッときて

正にその通り!

でも、私の場合、最初の遭遇時は「LOOKSは3人ともイマイチ」という印象でして、
逆にそこが魅力だったような気がします。

自分の場合は、変にアイドル的に入らなかったので、
それが深くハマっていくことになったのかもしれません。

今回のブログを拝読しながら、

「いや、でも、途中でみんなを等しくいとおしくなってさぁ~」
と思ったら、すぐにそう書いていただいていて、

「でも、キャラクターがわかればわかるほど、誰かを推すようになってさぁ~」って
思ったら、そう書いていただいていて、

「でも、結局はそう、3人ともの良さがわかりすぎて、誰とは言えなくなるんだよね~」
というオチまで、先回りされておりました。

私の周りでも、必ず「誰推しですか?」と聞かれると書きましたが、
「一応、おやじファンの仲間内では、ゆかちゃん推し、ということになってますがね、、」
と答えています(あえて、「ゆかちゃん」と言い切ることで、キモさを演出しています)。

「あ~、あの髪のストレートでロングの、、、」と返答されますが、
心の中では、みんなそれぞれとっても愛おしい存在なので、AKB的な推しメンとは違うんだけどな、
とつぶやいています。


今のところ、大阪と東京に分かれそうで残念ですが、今回は仕方ないですね。
あれこれ考えても仕方ないですが、どっちがとりやすいんだろう、とか、ファンクラブ先行でも
取れない人がでてくるんだろうか、とか、思い悩んでおります。

uncleさん、コメントありがとうございます。


前コメントからヒントをいただいて、

前々から思っていたことを綴ってみました。ありがとうございます。

そして同じように思われていたようで、嬉しいな~! みんな一緒だな~ww

そして、職場の方にも正々堂々と話してらっしゃるのですから、

「ゆかちゃん推し」じゃなくて、きっちりと「かっしかしです!」と回答してください!



12月はご一緒できないかもしれませんね。

仕事と家庭のバランスを取って調整が必要ですから、どうしてもしょうがない時もありますね。

また次の機会がありますから! 

取りやすいだろうとか、激戦だろうとか、心配を始めたらいろんなことを妄想してしまってキリがないですね。

だからもう、ワタシは、「行きたい場所時間で、行ける場所時間1本に賭ける」しかない、と思うようにしていますよ!

では、お互い行けるといいですね…


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/52508491

この記事へのトラックバック一覧です: Perfumeファンのレベル:

« BBQ in つま恋 ライブレポ! | トップページ | 光り輝く人、輝かせる人 »