フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 時空を超えていく感動 | トップページ | 魔法よ解けないで! »

2013年5月22日 (水)

アラビアン☆ないと

 

ワタシ、PerfumeのCDを2枚づつ買うようになってからは、

「店頭予約特典」に備えて通常盤は店頭で買うようにしています。

今回も仕事帰りに某所TSUTAYAに行きましたけれど、

その行動にももうすっかり慣れてきまして、以前のように恥ずかしさもほとんど感じなくなってきましたね。 エヘッ!

で、スタスタ歩いて、何の躊躇もなくカウンターで予約カードを提示すると、

店員のお兄さんは背後の棚に品物を取りに行くわけですが、

そうした時に、スーツ着てメガネかけたフツーの(リッパな)オッサンが何買うのかと思えば… 

Perfume買うわけですよね! ( ̄◆ ̄;)

そうすると、CD持ってきたお兄さんは逆にちょっとアタフタしちゃうようで、オッサンの意外な趣味に動揺を隠しきれない様子で、

店 : 「つ、つーじょーばんでよろひかったでひゅか…?」 (^-^; 

> お : 「ハイッ!(初回盤はネットで早々とキープしてますから。 ( ̄ヘ ̄) ) 」 みたいな、

そしてそのお兄さんの 「……(うわ~キモっ、このオッサンとは目合わせないでおこ…!) 」  みたいな心の声が聞こえてくるようで、

…そんな 「東北人の声なき会話」 が、それもまた楽しい… みたいな! フフッ

 

そんなテイストは、ただいま絶賛放映中の朝ドラ 『あまちゃん』 でも随所に感じられますから、

西の人も南の人も、ぜひご覧になってみてください!

 

…というわけで、

『Magic of Love』 ですが、

 

第一印象としては…

うんうん… これは…、

 

2013年版 『Spring of Life』 みたいやな~、って感じました。

 

A、A'メロの落ち着いた感じ…からの!サビの抑揚の感じとか、

サウンドは洗練された都会的な エレクトロ・ダンスポップで…。 中田サウンド的にはとてもオーソドックスに感じますね。

 

なるほど…

そういった感じが 「王道、どなんまか」 って言うんですかねぇ…?!

 

…確かにそうかもしれない。

今のPerfumeの年齢、雰囲気に相応な感じ。

 

いやね、CD聴く前は何となく 「王道、ド真ん中」 っていうコメントに違和感あったんですよ、実は。

 

でもね、CD聴きながら考えてみれば、

ワタシらって、今でもほとんどの楽曲をいつも並行して聴いているわけですよ。 じゃないですか?

ハリバリもDFも、ポリもPSPSも、水道夏までも!同じ時に聴いたりしますよね。

ワタシなんてウォークマンで 「All Perfume」 をシャッフルモードで聴いていたりするわけです。

 

つまり だから、

 

これまでの全部の楽曲、変遷を、ぶっとい一束にして聴いていたりするとういうことであって、

なので、意外と自分好みの楽曲の感じが「王道」 って思いがちだったりするし、

あるいは、「こういうのが王道」 っていうものが実は曖昧で、分からなかったりするのかもしれませんね。

 

でも、Perfume本人たちにとっては、

これまでの60数曲っていうのは、1曲1曲が歴史の積み重ねであり、長い長い変遷であって、

Perfumeの成長過程、人生そのものであったわけです。

 

だから、

今を生きる今の本人たちにとっては、

最近のこの感じが 「王道、ド真ん中」 って感じるんでしょうね。

だって、「(ずっと前の)あの頃のあの感じが王道だ(だった。)。」なんて、ふつう思わないじゃないですか!

 

……

 

というわけで、

なんか、王道ってなんだ?!って話になってしまいましたが、 (;´Д`A ```

それとMoLでもう一つビビビッ と感じたこと…

 

のっちボイスですねぇ…

 

「恋の調味料を~…」  のパート、

ここまでナチュラル加工はこれまであまりなかったれすかねぇ…?

話し言葉の低音ボイスの感じがそのまま出てますよねぇ。

中田さんのナチュラル回帰がまた一歩進んだのでしょうか。

 

…っていうか??!

 

のっち、ひょっとして…

中田さんのそういう変化を感じ取って、

 

自分の歌い方を…

いわゆるPerfumeっぽい発声、あ~かしのベイビーハイトーンに…

合わせないようになってきたの…?! でしょうか。

 

のっちボイスにはのっちボイスに合う歌詞や音をあてれば良いのだ…!

 

そんな、中田+Perfumeの進化、深化が聴けたようで…

またこれからの音楽の幅が広がっていくようで…

 

うれしいっ!

 

 

 

…んでだ…、

 

「Handy Man」 だ…

 

 

これ、めちゃめちゃ良いじゃないですかっ!!!

 

 

やっぱねぇ…

オレは昭和生まれなオヤジなのさ… フッ

 

哀愁感漂うメロディ、

リズミカルなシンセサウンドは

FAKE IT に似た感じ。

 

そして印象的な アラビアン風のサウンドが、

神秘的でMagicalで、気味悪くて… いいなぁ!

 

それから、

浅草演芸のテンポの良い漫談のような歌詞

でもその内容はかなり屈折していて…

「ぜんぜん やる気がおきないない」

「あら おもしろくない」

「なんでも なんでもこい って言いたいな」

「恋が 重いとか ね 言えてみたい」

とか言って、

 

「おねがい!便利屋さ~ん…」   って嘆いているのは…

 

のっちだ!  ナハハ…すまぬ!

 

早くこの曲のステージングを見てみたい… ですね。

 

…… 

 

あ~っと、それから! ジャケットジャケット!!

ジャケ写いいわ~! みな違う写真でいい表情ばっかで!

 

ワタシ的には、

特にこれとこれがお気に入りっ!

    Dsc_0259_2

          Dsc_0258

 

そしてこれが動いちゃったらもうどうなっちゃうんでしょう!?…

 

っていうことで、

 

MVはこれからゆっくりと観ましょうかね……

 

« 時空を超えていく感動 | トップページ | 魔法よ解けないで! »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

x68kです

今日昼ちょっと前に届いたので家内が「ライブDVDみたい」って言うので
3曲ほど観ましたら「笑っていいとも」の時間に少し食い込んだので、
あとは家に帰ってからのお楽しみ!となりまして、テレビに切り替えたら
なんと!今日はPerfumeじゃないですか!知らなかった~!
でも見れて良かった~。笑った~!衣装着てた~!

新曲のPVの話の中で逆再生をするので、その振りがとっても難しかったとの事。
PV観てみたら確かに髪の動きが変なところがありました。

それと、人間ドックの話も出てました。
あいかわらずPerfumeはマイペースでした。あ~ちゃん笑いすぎ!

新曲の感想はまだピンと来てませんが、音楽だけ聴いていたときより
よくなっています。
きゃりーとは違ってお姉さんらしく、Perfumeっぽいな、上品だな、と思いました。

カップリングは、う~ん・・・・・
きゃりーっぽいかな?と思っているところです。
何回か聴いているとまた変わってくると思います。

x68kさん、コメントありがとうございます。


いいとも、楽しかったですね。 あ~ちゃんちょっと飛ばし過ぎ感はありましたけど。ww


新曲、x68kさん的にはイマイチっぽいですね。ww いや、そういう感じも分かりますよ!

ちょっとおとなし目のと、ちょっと変わったのが来ましたからね。

今後の、>振付けを見る>ライブで体感する… でどう変わるかが楽しみですね。


ワタシ的には、きゃりぱみゅとは違うと感じますね。

根底にある中田さんのマインド(根っこ)は基本的に変わらないですが、

アウトプットの表現は違いますね。

延長線上にあるのではなくて、幹の根元から枝分かれしているもの、と思います。

uncleです。

Magic of love、ですが、私はすんごく好きですね。

確かに王道回帰ではありますが、なんといいますか、大人の女性感とかファッショナブル感
とか、洗練感とかが、もう一段高いところに行った感じを持っています。

あ~かしの声の判別はつきにくいと思うのですが、おっしゃる通り、のっちの生声が際立っていて、
PVネタは次回とのことですが、そのPVも、のっちがセンター始まりだし、途中、いっぱい3人が
出てくるところでも、一瞬のっちだけになるところがあるそうですし、髪は73分けだし、
いろいろな意味で、のっちが印象に残る曲ですね。


Handy Man、ですが、なるほど!イスラムテイストなのですね。

Fake it や だいじょばない、ほど、ダークサイドに吹っ切れてなく、なんか中途半端な
印象も受けたのですが、でも、このインスト、秀逸すぎませんか?

イントロ聴きながら、ほうほう、とつぶやきながら、ニヤニヤしてしまいました。

これまた、おととさんご指摘のとおり、怠惰な(ゴメンナサイ!)のっちの日常を歌った曲
っぽいですが、同じ歌詞を、「願い」のようなサウンドに乗せたら、アンニュイな
かしゆかの曲になるようにも思います。


蛇足を一つ。

我が愚妻が、クドカンのファンなもので、つられて、あまちゃん観ています。

私が大好きな映画、「桐島、部活~」で強烈な印象を受けた、橋本愛ちゃんが出ているのも
うれしいですが、なんたって、Girls Locks!で、能年玲奈ちゃんは、昔っから知ってるもんね!
ってところが、誇らしい感じもあります。


uncleさん、コメントありがとうございます。


MoLのようなふわふわ~系はuncleさんはお好きですよね。

そんでもって、そうですね、大人の女性感とかファッショナブル感 とか、洗練感とかが、

レベルアップして、ホントそう思います。美しいですよね。アーティスティックで良いですね。

おっ! のっちだけになるところがあるのですか?! これはキャプチャ魂がうずいてきました。探してみます!


Handy Man、インスツルメンタル、いや良いですわ~!

凄いのがまた来ました。これはこれだけで十分気持ちいい(気味悪い音もありw)音楽です。

Perfumeのシングルって、毎回間違いなくどちらかの曲のインストが秀逸ですね。

両方素晴らしい時もあり、それが楽しみの一つですね。


あ、あまちゃん見てますね。ワタシも目が離せません。

BGMが80年代してるんですよね。先週はYMOもかかりました。

キョン2の役どころといい、セリフといい、ワタシ世代の郷愁をビンビン突いてきますよ。

そしてヒロインと親友の笑顔、初々しさ、ですね! 眩しいです。

uncleさんも守備範囲が広いっすね~! 広い視野が大事っすね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/51734599

この記事へのトラックバック一覧です: アラビアン☆ないと:

« 時空を超えていく感動 | トップページ | 魔法よ解けないで! »