フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 覚悟できてるからっ! | トップページ | 「粋」 の国から世界へ… 第2幕! »

2013年4月 8日 (月)

スベる話…

 

 

ワタシの2年目の 「ワンルーム・ディスコ」 生活が始まりました。

去年の今頃は、独りの時間が増えて、さぞかし夜長のパフュ活動も充実するかな、と期待をしていたんですが、

現実はそんな甘いものではなく、仕事量が増えて帰宅が遅くなる日が多く、

かえって単身生活する以前よりも、ネットワールドで遊ぶ時間は少なくなっているように思いますね…。

 

まぁでも、Perfume本人たちの活動も、しっかりと休みながら詰め込みすぎることなく歩んでいますので、

ワタシもあと1年(の予定です)、マイペースで活動していきたいと思っています。

 


その 「ワンルーム・ディスコ」 ですが、Perfumeの春ソングとして定番になりましたね。

その位置づけ自体はワタシもなんら異論はないんですが、

世間一般向けのキャッチコピーが 「新生活への応援歌」 って感じなんですが、

パフュファンからすると、

そんなに 「前途洋々」 「希望にあふれた」 って感じの楽曲じゃないですよね ww。

少なくとも進学や就職で上京した嬉しさや初々しさ、じゃないと思いますね。

 

どっちかというとワタシ的には…

「3月まで一緒に住んでいた彼氏と、卒業・就職を機に別々の生活を始めた」 的なシーンが思い浮かんで、

不安や淋しさの方が大きくて、ちょっと憂鬱な感じ…

そんなアンニュイさを振り払おうとあえて行動してみる、わざと踊ってみる… みたいな ww。

 

やっぱりね、

中田さんがPerfumeの3人にあてるソングって、そういうのが多いですよね。

不特定多数の人々に対するメッセージソングじゃなく、

Perfume World的女の子の、内面心情をうたった歌… なんだと思います。

 

だから、「誰かを鼓舞する応援歌」 じゃなくて、「共感することで自分を慰められる… 自分応援歌」 なんでしょうね。

 

……… フッ! かしゆか曲かな?!

 

 

そして、

 

先週のMJでのワンコ披露を見て、

振付け執着オヤジこと、ワタシが 「うぅ~ん…」 と唸ってしまったことがありました。

 

 

この 「だけど 荷物は」  の、左右あ~かしが三角形中心に向かってステップするところ、

 

   
      20130404mjwanko 投稿者 mousouPFF

かしゆかの前へのステップに注目! 凄いよねっ!!

 

前に踏み出した足にブレーキを掛ける瞬間、

 

つま先を「ギューッ」、と滑らせてるっ!!!

 

 

ワタシ以前から、Perfumeがハイヒールで踊ることの驚嘆、不思議さについて書いていますが、

謎のひとつとして、

「なぜPerfumeは、ハイヒールのパンプスで速いステップを踏んでも転ばないのか?…」

ということがあります。

 

Perfumeって、転んだことありますぅ?!

 

古くからの先輩ファンならば、ライブでそんなハプニングも知っているのかもしれませんが、

少なくともワタシがファンになって以降、ライブ映像や投稿動画で、

「あっ! 滑って転んじゃった!」 ってシーン、見たことないです。

(そりゃぁプロだもの、当たり前じゃん!って言われちゃうとそれまでなんですけどネ…)

 

ワタシの妄想では、靴のソールに滑り止めの仕掛けがしてあるのでは…?、 なにか貼ったり塗ったりしているのでは…?

と思ったり、

あるいは、ステージの床に滑り止めが施しているのでは…?、

と思ったりしてたのですが、

 

今回のMJを見て、全然逆の事実が見て取れました。

 

 

鏡のようにピカピカのステージ上で踊るかしゆかは、

「滑り止めなんてしていなくて、むしろ滑らせている!」んですよ。

 

つまり、

「滑って転ぶ」 ということは、

足が不意に、思ってもいない時に滑動してしまうことにより、重心バランスが崩れることによって発生するのだから、

それならば、あたかもスケート選手やスキー選手のように、

常に滑っている状態を想定して運動し、能動的にバランスを取っていれば、

身体の重心と意識のズレが生じることがなく、そうそう転ばない。(転んでしまう限界点はかなり上げることができる。)

…そうなんだと思います。

 

そしてそれは、子供のころからの鍛錬と経験と、本人のセンス… が成せる技なんでしょうね。

だとしたら かしゆか… 凄いわぁ!!  …感嘆しちゃいました。

 

見た目の姿からはとても想像できないんですが、これまでのいろんな楽曲の振付けでも、

「かしゆかを飛ばす」 振り付けやフォーメイションチェンジって多いじゃないですか。

 

つまり、そういうことなんですよね。

 

MIKIKO先生が絶大な信頼を寄せているところ… なんだと思います……。

 

 

 

 

« 覚悟できてるからっ! | トップページ | 「粋」 の国から世界へ… 第2幕! »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。

さすが、「ハイヒールの魔術師」こと、おととさん、今回も深い洞察に、
何度も映像を観させていただきました。

多分、振り付けのマニュアル的には、滑らせることは必須ではないのかもしれませんが、
ある日、なんとはなしにヒールがスーッと滑って、それが心地よく、それ以来、
自分しか知らない、ゆかちゃんだけの、密かな工夫というか、楽しみというか、
そんな感じかも、と思いました。

おっしゃる通り、「ワンコ」は、そんな単純な応援歌ではないですよね。

一人になった孤独感と寂しさと、でもその反面、自由な空気とこれからの期待感と、
そんなこんなが入り混じった、複雑な心境の曲なのだと思います。
私も、32年前、一人で関東の大学に進学して、宿舎で過ごした最初の夜のことを
この曲を聴くたびに強烈に思い出します。

そういう私も、来週から一人暮らしです。
確かに、自宅に帰る時以外は仕事漬けにできちゃうんで、逆に自由な時間は
少なくなるかも、と思います。

PCを開くのも、毎日夜だけ、ということになりそうなので、今までのように、
変な時間に返信はできなくなるかもしれませんが、
毎日楽しみにチェックさせていただきますので、ゆる~い、お付き合いを
今後ともよろしくお願い申し上げます。

uncleさん、コメントありがとうございます。


>ゆかちゃんだけの、密かな工夫というか、楽しみというか…

あ~、分かるわ~!その妄想! あり得るあり得る!ゆかちゃんならあり得る。

まぁ、ここのステップは前へ出て後へ戻ってが速いので、実際は楽しむほどの余裕はないのでしょうけど、

滑るゆかなら滑るなりの動き方で対応してそうですよね、ゆかちゃんは。

逆境を楽しんじゃうところはあると思います。同感です。


uncleさんも新生活ですか! お互い家族のためにまだまだがんばらにゃあいけん、ですね。

食生活とか十分気を付けて、Perfumeでビタミン補給をしながら、

いろんなことを乗り切っていきましょうよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/51145858

この記事へのトラックバック一覧です: スベる話…:

« 覚悟できてるからっ! | トップページ | 「粋」 の国から世界へ… 第2幕! »