フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月30日 (日)

2012>2013 カウントダウン!

 

年末年始の休暇に入りました。

嫁と娘は映画「妖怪人間ベム」を観に行きましたが、

ワタシは明日は午後からPerfume祭ですからゆっくりしたかったので、

今日はせっせと家の大掃除などをしておりました。(BGMはcapsule、きゃりぱみゅ、そしてPerfumeね。)

 

そして夕方からは、何気なくテレビは「CDJ2012-13」をチラ見してました。

生放送ということで基本LIVE映像と思っていましたので、

Perfumeは28日Day1の出演でしたから全く放送は期待してませんでしたが…

20:00頃でしょうか!? 突然28日のPerfumeの映像が流れまして…!!!

「オワワ~ッ!!!」っと大慌てで録画しました!

 

   

   CDJ2012 NF 投稿者 mousouPFF

  
出だしの数秒はザンネンながら切れましたが、

ワタシ史上2つ目の、貴重な「NIGHT FLIGHT」の映像がなんとか捕獲できました!ワ~イワ~イ!

(なお、2月に再度ダイジェスト放送が予定されているようですので、その時はしっかり録りたいと思います。)

 

今回は薄いライムグリーンの爽やかな衣装でしたね。

胸のあたりにはシルバーの切り返しの模様があしらわれていますね。

最近こういうパターン多いですね。カワイイです。

しかしあ~さまのスカ~ト丈は今やもう、ゆかちゃんの変態丈と数センチしか違わない短さで…! (*´v゚*)ゞ

凄く自分に自信に出てきたようで、嬉しいことですね。

 

3人の踊りのキレ、アグレッシブさもかなりキテますね! やっぱライブだと突き抜けますわ。

Perfume曲中随一の 「小芝居系」、「歌詞世界観描写系」 の振付けが堪能できました。

客もキレキレだし、ペットボトルは飛ぶわ、もう怖い怖い!www

でも行きたかったなぁ… でも28日じゃぁ無理なんだよなぁ… 

 

で、何気なく来年のカレンダーを見てみたら…

 

なんと2013年12月28日は、土曜日じゃないか~っ!!!

 

 

…来年のことを言うと鬼が笑うね、あはは…。

 

 

 

そして昨日のNHK「夢の紅白2012名勝負」では、2008年初出場時のポリの様子も流れました!

2008年当時、ワタシはまだハマり始めでしたし、デジタル放送じゃなかったので、

今回キレイな映像を初めてゲットできましたっ! 超うれしいっすっ! ヤッターヤッター!www

 

   Uvs121230001_2

そしてポリル~プやったんですね!初出場で! 

さすがPerfumeを見出したNHKさんだけある…。

ならばぜひ、今年のSoLも間奏付きでオネガイシマス!。

 

そして、2008年時の3人じゃね… ハタチじゃ~。

なんか、ちまたで見かけるいろんな動画とか静止画とか、この頃の印象が一番強い感じがします。

(横分けで今よりもショートヘアーなのっちとか…)

 

オッサンまたひとつ、Perfumeの過去を埋めることができました…

 

……

 

ということで、2012年の暮れ、良いものが見れて良かったですねぇ。

なんか、今年は引き続きPerfumeの活動も大きく飛躍して、充実してホント良かったねぇ。大きなアクシデントとかトラブルとかもなくて。

嫌な話題もなくて…

 

やっぱさ、 人柄だよ… あ~ちゃん、かしゆか、のっちの…… ねっ!

 

 

 

そして、

オッサンの2012年Perfume活動も良かったな~。

まず出だしの「JPN Tour」で夢のような体験をしましたからねぇ…

しみじみ思い出そうとしましたが…

ザンネンながらあの日の記憶ももう大部分が喪失しておりまする…。゜゜(´□`。)°゜。

 

 

さぁ!気を取り直して、明日はいよいよ2012年Perfume 最後の大一 番ですね!!!

明るい2013年がやってくるのを祈って、明日は目一杯楽しみましょう!

 

それでは、良いお年を~っ!!!

 

………

 

 

2012年12月27日 (木)

ドSな番組…

 

NHK「MJ presents Perfume ドキュメント 今 世界へ」 の感想記事は延期じゃっ!www

 

 

 

なにも夜中に新閣僚記者会見せんでもええんちゃうの?!って思いますが、

まぁしょうがないね、政権交代ですからね。

要は、誰がやるかよりも何をやるかなんでしょうけどね

 

で、ワタシも昨日夜に備えて万全の態勢を整えていたんですけどね…

 

…っていうのは、

今、ワタシ平日は仮の住まいなのですが、ビデオレコーダーがなかったんですよね。

お金ないのもありますし、どうせ2年間の仮住まいなので、本宅で撮り貯めたのを週末まとめて見りゃいいや、って思っていたんですね。

なんですが、今回の「ドキュメント 今 世界へ」は平日のど真ん中だし、当然大感動の番組でしょうから、

多分記事を書きたくなってたまらなくなって、とても週末まで待てないと思ったんですよね。

でもなんせいいオッサンですから、1回見ただけでスラスラ記事書けるほどの記憶力はないですし、

 

んで、何したかっていうと…

 

先月分の生活費を切り詰めて、今月~来月分の生活費も切り詰めることを前提に(お正月休暇が入りますからね!その間本宅では生活費使わなくていいのですっ! ( ̄ー ̄)ニヤリ)

おととい思い切ってレコーダー買っちゃったんですよ!昨日のために!!(型落ちの最安バーゲン品ですけどね…)

あ~ぁ…  でも、31日に延期になるんなら… いらんかったかも…(T_T)

 

でもまぁいっか。 

これからも平日の番組あるだろうし、あと1年以上もありますからね、仮住まいも。

いつか「あって良かった~!」ってなるでしょ…。

 

 

 

…というわけで、

今日はビッグな話題もなくなっちゃったし、とりとめのない話でもしよっかな…ww

 

 

え~、こないだのMJのこと。

 

 

まずは、ハイ登場~! クリスマスっぽい赤のお洋服、シックだね~!  

     Mj20121231

 

はいそして、国民的アイドルさんとのトーク。

     Mj20121223_2
  

いやねぇ… 実はワタシ、 みぃちゃん結構好きですよ! そう言うとウチの子供らは「ゲーッ!」って言いますけど、

すごく芯が強くて、いい子ですよね。 だからPerfumeとも気が合うんじゃないか?

 

 

それからPerfumeさんの座り方がキレイキレイ! レディのたしなみです。 …ごめんね右のお二人さん…。

 

でねぇ… このシーンを見てて思うのは、

 

今回はお二人しか来ていませんでしたが、それでも、

やっぱ芸能人オーラっていうか、華やかさは右のお二人さんの方が全然あるよね! って思いますねぇ。

 

それに比べると左のお三方は、「どこのOLさん?」wwwみたいな、 もし一人ならば「ん?女子アナ?」と見まがうような…ww。

 

話しぶりも右のお二人の方がなんか、「前へ前へ!」みたいなパワーが感じられますし。

いや、Perfumeさんは司会だから控えめに振る舞っているのもあるでしょうし、シックな衣装のせいもあるのでしょうけど、

でもこのコーナーの企画的には、お互い紅白出演アーティストとしての立場だと思うのですが…。

 

想えば、この3人はこの番組に限らないんですよねぇ…。いつもそうで、

もう、絶~~っ体に他人より前に出てやろうとか、目立ってやろうとかいう意識がない娘たちだぁねぇ。

 

それは時として芸能人としてはマイナスなのかもしれませんが、

 

いいよいいよ~!それで! そゆとこオッサン大好きなのだよっ。

 

 

ステージでは圧巻の音楽表現があって、躍動する姿があって、

 

 

でも一方で、  

    Mj20121223_3

こんなホンワカ~っとした姿もあって…

 

    Mj20121223_4

 

………

 

 

 

しかし… それにしても 「ドキュメント 今 世界へ」放送延期になりましたけど、

大みそかの真っ昼間っから、デンと座ってテレビ見てられるんじゃろか?

 

明らかに嫁受けは良くないと思われ、

 

やっぱりどっちにしろ放送時間が、Perfumeらしく ドSな番組 …デシュ……!。

 

2012年12月23日 (日)

あるおじさんの手記…「樫野様」

 

日本人男性の平均寿命は約80歳とのことですから、

気が付けばオッサンももう、人生の折り返し点を過ぎているわけで、

時々ふと、今後の人生をどう生きていきたいか… なんてことを考えたりすることがあります。

そして思うのは、社会の一員として仕事ももちろん頑張らにゃぁならんし、

人生最期の日に傍にいてくれるのは、やっぱり家族であってほしい…。

そしてもう一つ。

人生は一度きり、自分をHappyにしてくれる趣味娯楽にも、できる限り熱中していきたいなぁ、って思ってます。

仕事と家庭・家族、そして趣味娯楽…

この三角形が程よいバランスを保ちながら歳とっていければ最高なんですけどね…。

 

で…、

目下、絶賛開催中のワタシの趣味は言うまでもなく「Perfume」。

 

Perfumeの音楽をずっと感じていたいし、

これからもPerfumeの3人の言動に、癒されたり、元気や感動をもらったりしたい。

 

そして…

親とか、妻とか、子供たちとか、友人に対する親愛とはまた違う、

なんだかよく分からない、このドキドキする感情を……  Perfumeに抱いています。

「これって親心?」って思った時もありますが、 う~ん… それともちょっと違う、って最近感じています。

かと言って若者のように、

あ~ちゃんと付き合いたいだとか、結婚したいだとか、夢みているわけではもちろんないですし。

 

 

遠い昔にも成し得なかったことへの憧れ…

 

 

うぅ~ん…… ちょっと近づいてきたかな?…

 

 

そんな、今もってよく分からない、3人への感情を抱きながら、

人生の最期を迎えるまでに、たった1度でいいから叶えたい夢って何だろう… と自問すれば、

 

それは、

 

「3人と、直接会って話がしてみたい!…」 でしょうか…。

 

会って話をして、いろんなことを確認してみたい。

でも、ファンとして会いたいのか、人として会ってみたいのか… その辺は自分でもよく分かりません。

 

そして次に掲載させていただくこの方も、そんな 「死ぬまでに一度でいいからPerfumeに会ってみたい」 妄想を抱いているおじさんの一人のようです。

 

では、今日は、uさんから届いた妄想スト~リ~を……

 

 

                         ※※※

 

 

 

私は日本海側にある某市に住む56歳の男性。

先日末期ガンが見つかり、余命3カ月を宣告された。

 

少々早い人生のThe  Endを迎えることになってしまったが、子供たちも社会に巣立ち、ギリギリセーフ、ギリギリアウト、ってとこかな。

でも、最期の10年は、Perfumeの3人に出会うことができ、とっても充実した人生を送れたと感謝している。

 

そういえば、メンバーは3人とも広島出身ということになっているが、

かしゆかは、正確には生まれは私と同じ市であり、生後3カ月まで
ここにいた、とライブで語っていたことを思い出す。

さらには、私の女房の職場の同僚の方のお向かいさんが、かしゆかのおばあちゃんの家(つまりはかしゆかの生家)なのだ。

そんな御縁(と、勝手に私が思っているだけだが)もあって、私は、仲間内では、かしゆか推しということで知られている。

 

                         ※※※

 

今日も、病室の窓の外には、荒涼とした冬の日本海。

「冷たい風に、思い出をつないで、懐かしい歌、なんとなく口ずさんでる」

頭の中を駆け巡るのは、いつも、Perfumeの曲ばかり。

 

そんな時、病室をノックする音。

女房が面会にくる時間だが、女房はいつもノックなどしないし、誰だろう?

 

「どうそ、お入り下さい」

 

「シツレイシマシュ。uサン、グアイハ、イカガデシュカ?」

 

と、そこに立っているのは、

スレンダーな体躯、美しすぎる足、キューティクルぴっかぴかの長いストレートヘアー、ぱっつんの前髪、餃子型の目、、、、

 

 

 

             Uvs121222009

「ゆ・か・ちゃ・ん!!!???」

 

あ~、なるほどね、俺はもう、Seventh  Heavenに行ってしまった訳かぁ、、、

 

                         ※※※

 

って、これは、天国でも夢でもなく、現実だった。

それが証拠に、ドアの陰で、女房がドヤ顔をしてこちらをニヤニヤして見ている。

それが余命幾ばくもない旦那への顔か!いや、でも、そういうことか!女房、でかしたぞ!!よくやった!!

 

「ジツハ、ユカ、マエカラ、ミナサンノブログ、タノシミニ、ヨンデイタンデシュ。 ソレデ、uサンニモ、アイタイナ、ッテ、オモッテイタンデシュヨ」

 

棺桶に片足を突っ込んだこの状態で、またもや、というより、いや、今まだかつてない究極のかっしかし(というより、仮死仮死か!?)状態にされてしまい、

完全に常軌を逸してしまった私は、何をトチ狂ったのか、この期に及んで、アホみたいな、キモイことを口走ってしまったのだ!

 

「かっ、樫野さん、おっ、お願いしたいことがあるんです」

 

「ナンデシュカ? uサンノ、タノミナラ、ナンデモ、キイチャイマシュヨ」

 

「あのぉ、親指2本、ダブルサムダウンの形にしていただいて、『なのっ♪』 と言いながら、舌をペロッと出して、ほっ、欲しいんです!」

 

「エーッ、チョットダケ、テレチャウケド、イイデスヨ。ツイデニ、ホッペタ、プクッ、モ、ヤッチャイマショウカ?」

 

 

   Uvs121222001

 

   Uvs121222002

 

 

   Uvs121222004

 

                       ※※※

 

3ヶ月後、

東京国立競技場のスタンド席で、もうかれこれ8年以上の付き合いの、なじみのオヤジたちに交じって、

ありったけの声を振り絞って、「ゆかちゃゃぁぁぁん!!!」と叫んでいる、

奇跡的な全快を果たしてしまった私の姿があったのは、言うまでもない。

 

 

                       ※※※

 

 

樫野 有香 さん

お誕生日おめでとう。

あなたと、そしてあなたたちに出会えて、ほんとうに、よかった、、、デシュ。

 

 

 

 

     Uvs121222003

 

 

2012年12月19日 (水)

「間奏だって歌なんですよ!」

 

今からでも全然遅くないので、

キモNHKさんもキモテレ朝さんに負けないよう、

Perfume「エレベーター」を、「みんなのうた」1月の曲に採用してくれんかのぅ…

きっと感性豊かなお子ちゃまたちの、心を大きく伸ばしてくれると思いますよ…。

 

……

 

さて、年末の激務を乗り切るために、えんとこつけ…じゃなくて、景気づけにはやっぱりPerfumeの音楽は欠かせないっすね。

オッサンは朝出がけ前、歯を磨きながら1曲聴いたりしています。

んで、今は最近の曲をまるで中毒になったかのように聴いていますが…

 

ん~~~、それで……

 

 

「Hurly Burly」の間奏がたまらないっ!!!

 

 

   

pfmhlblsoro 投稿者 mousouPFF

もぅねぇ… この間奏だけでご飯3杯はイケますわ!

それぐらい大好物のご飯のお供、生活のお供です。

間奏だけず~っとリピートして聴いていたいくらいですね。

特に、間奏の始まりを告げる03:07あたりのシンセ、「デ~デ~デデンデン」 がシビレるし、

そして続いていくシンセのコード進行もめっちゃ気持ちいい!

さらにフレーズの頭に鳴る、「コォ~ン コォ~ン」 っていうティンパニ系のサウンドが、

これがまた切なさ、もの淋しさを感じさせて、

 

ん~~~… 中田さん天才! 

 

 

それからもう1つ…

「Spring of Life 」の間奏も相変わらずやめられない止まらない!

 

   

pfmsol間奏 投稿者 mousouPFF

これも間奏だけ延々と聴いて陶酔したいっすねぇ。

前半のこのダークなエレクトロがカッコ良すぎなんっすよ。ん~~。

 

しかしさぁ、

Perfumeファンに悪い人はいない、って言いますけど、(ありがたいことですね!)

 

でもさぁ、

 

サウンドはちょっとワルっぽいのが大好きですよね?! みんなそうでしょ!?

 

これがなんか面白いね。ファンも意外性ありますよね。

仕事場なんかで、「**さんてさぁ、意外と○○なんですね!」なんて言われたりしませんか?

オッサンは結構ありますよ、そういうこと。ww

 

 

 

っていうことで、

 

ここでいきなり 「オッサンの好きな、Perfume間奏ランキング~っ!」 ドンドンドン パフパフ~~!

(まぁ、特に初期曲なんかは、どこが間奏なのかすら曖昧な楽曲が多いのでかなり強引なセレクトもあるかと思いますが…www)

 

さぁ、さっそく発表~! (間奏の感想をひとことで表現してみました~。ww)

 

第10位 : ねぇ (ポップ!ポップ!)

 

第9位 : コンピュータードライビング (ドライブ感が良~い)

 

第8位 : 不自然なガール (ドラマチ~ック!)

 

第7位 : エレクトロ・ワールド (Rock!Rock!)

 

第6位 : GAME (極悪~っ!w)

 

第5位 : I still love U (切な~い、美し~い!)

 

第4位 : Spring of Life

 

第3位 : MY COLOR (お琴の音が気持ちいい~)

 

第2位 : 微かなカオリ (メランコリ~、涙出る~ぅ!)

 

第1位 : Hurly Burly (!!!) ヒューヒュー!

 

 

ってなわけで、

 

さぁ、Perfume聴いて、明日からもうひと踏ん張りじゃ!!www ……

 

 

2012年12月 9日 (日)

<妄想企画>Perfumeファンフェスタ!への道 vol.14

 

寒くなりましたね~。いつの間にかもう冬、12月になってました。ww

Perfumeらしい季節に入ってきました。

え?、何でって?

いやぁ、何となくなんですけどねっ!

今日はその辺をテーマにする予定ではないので、深く考えたくはないのですがww、

特に冬にリリースが集中してるわけでもないんでしょうけど、

明快な季節感があまりないPerfumeの楽曲たちの中にあって、冬をイメージさせる曲だけは結構あるからでしょうか。

マカロニとかTSPSとか、BcLとかチョコディスとかねぇとか…

それから、ライブ演出を含めたパフォーマンスが、文字どおり「Cool」なものが多いこともあるし、

それと、衣装が割と冬っぽい感じが多いからかな。ブーツとか、レザーっぽい感じとか、あとファーとか。

 

…ってなことを想いつつ、今日は毎月恒例x氏の提供による、

Perfumeカレンダーを貼りたいと思いますのでどうぞ。

 

   12

12月号は「GLITTER」でいただきました!

これスゴイわ~…! イイでしょう!

このシーンはシングルMVのイントロ中の、0:29あたりの瞬間を捕えたものですよね。

 

いやぁ… 美しいねぇ…

 

このMVは3人のダンスと1人1人のイメージシーンのみで構成されていますが、

のっちのイメージシーンは元気で明るい表情ばかりだと思っていたんですが、

こんなやわらかな、女性らしい表情も見せていたんですねぇ… 気付きませんでした。xさんお見事です。

 

そして聖母のまなざしのようにも感じます。悩める民を深い慈悲の心で包み込むような…

うん、そうなんですよね…。

この人はいつも自分や世の中と深~いところで対話しているように思いますね。

Perfumeとしてアーティストとして、自分はどうあるべきか、ずっと考えてきたから、

ふわふわしたところがなく、どっしりとしている…。

そういうメンタリティが、この一瞬の表情にも表れているように感じます…。

 

思えば、少女のころから親元を離れて、自分と闘ってきたんだもんなぁ…

 

最近、ある方の熱い想いで、BEEカメの動画がまたたくさん上がっています。

その中の、今から約9年前のちょうど今頃の、のっちの姿を思い出しました。

まだ見たことがない方は、ぜひどうぞ。 この娘のメンタリティには、大の大人でさえ唸ってしまいます。

思わずドキーッとする発言は、5:00過ぎあたりからです。

 

 

 

15歳ですよ、15歳!! 

自分の胸に手を当ててみると、15歳の時こんな深いことなんて考えてなかったよなぁ… って思います。

やっぱり、抜け出ていく人ってのは、子供の頃から心の持ち方が違うのだなぁ、って感じます。

 

そして、このカレンダーを見ていたら、無性にMVが見たくなってリピートしてしまいました。

 

振付けを主体的に、踊る3人の美しさをシンプルに見せてくれる、ワタシ的には何度見ても飽きない大好きな映像ですね。

その中で特に好きなポイントがあって、

 

まずはここの振り。

Bメロ 「こ~ろ~ぶのは~ 簡単で~……」 のところ、

この攻撃と防御のスタイル。    

  Uvs111119006


そして2つ目が、

サビ 「キラキ~ラ~の~夢~の~」 の ところ、

  Uvs1111130020

この左~右~ ルンバルンバ ですね。www

 

で、このどちらの振付けも、速いスピードで左へ右へと小気味よくステップするのですが、

今日は手の振りがカッケーとか、ステップのキレとか、そういう話じゃなくて、

この振りをオッサンが我流で真似てみると、どうも動きがモッサリとして 「ラジオ体操~」 みたいになっちゃうんですけど、ww

Perfumeが踊るとなんでこんなにエレガントで、かつ「カッチリ感」が出せるのかなぁ、とリピートして見てみると、

この2つの振りどちらにも共通する、ポイントがあって、

 

あたまの動き… いや間違えた。 あたまが動かないから、なんでしょうね。

 

あたまの頂点の辺りを中心として、その点だけはほぼピタッと止まっていて、

大きく左右に振れたりしないんですよね。

 

Bメロ 「こ~ろ~ぶのは~ 簡単で~……」 では、

まず左へ行って~  

  20121209gl3

「シュッ!」  

  Uvs121209026

その後すぐ右へ~  

  20121209gl4

というように、一連の動作の中で、あ~ちゃんの脳天の位置はほとんど動かない。

 

 

同様に、サビ 「キラキ~ラ~の~夢~の~」 のところでは、

まず左へ~  

  20121209gl1

そして右へ~  

  20121209gj2

で、やっぱりのっちのおつむのてっぺんは同じ位置に残っている…。

 

そしてあたまの頂点を中心として、あごから首筋のラインに大きく角度をつけて、

肩やその先につながる腕や腰は遠心力を利用して大胆に振っていくから、

動きが大きくてもキレのある、素早い振りになる。

 

これがカッコよく踊るコツなんでしょうね。

 

さらに、速く動かせるから、リズムに遅れることなく次のパートに移る時一瞬静止できるし、

タメを作った、ゆっくり滑らかな動きとの対照が生まれるんでしょうね。

これが見栄えをさらに良く感じさせるんだと思います。

 

しかしこれ、頭の頂点を残そうとすると、首の横筋とか背骨の辺りに意識的に神経を集中しなければならなくて、

やってみるとものスゴく大変…。

Perfume凄いなぁ~、ってつくづく感じます。

 

基礎のダンスレッスンを習得できている人は、こういうところが違うんだなぁ…、って思いました。

 

 

ってなわけで、

ダンスの心得のある方ならば、何てことないフツーのことなのかもしれませんが、

要はですね、

こういう 「本物から醸し出される美しさ」 が感じられるところに、オッサンは魅かれるのですよ…!

 

 

 

最後に、x氏の撮ったシーンで、ワタシも1枚撮ってみました…。

 

 

 

     Uvs121209001

 

 

2012年12月 5日 (水)

タイムマシーン

 

人気がある今のうちに一気に!って発想で、矢継ぎ早に毎月のようにシングルをリリースして、

寝る間も惜しんでテレビにもバンバン出演しているようなアーティストさんだと、

たまたまふと何かの理由でちょっとの間メディア露出が途絶えただけで、

すわ「過労でダウン?」とか、酷いと「人気に陰りが?」なんてささやかれたりする…。

だから走り出したら止まれないんでしょうね。

 

新しいものを生み出すことは、世の中や人々を転生させる営みであり、それはそれで必要なことだと思いますが、

でも早すぎる営みの後には、足跡はつかない。何も残らない…。 

 

ただ時代を駆け抜けただけの存在。

 

 

しっかりと自分の立ち位置、アイデンティティを確かめながら、ある程度ゆっくりと、

自分たちにしか表現できない、できる限り良いものを!っていう発想で活動していくアーティストは、

華々しい人気は得られないかもしれないが、固定ファンを獲得して、結局長い間活動していけるのではないか…?

 

時代を越えて聴かれていく存在…。

 

PerfumeシンガポールライブのP.T.Aのコーナーで、Queenの 「We Will Rock You」 を日本全国のみんなと歌いました。

このロックは1977年の作品。ワタシが洋ロックを貪っていた時期はもう数年後の時代で、

Queenでは「Radio Ga Ga」や「I Want to Break Free」の頃でした。

この頃多用し始めた、シンセサイザーとエレキギターの融合と美しいメロディーが、幻想的空間へと誘いとても好きでした。

一時期、朝目覚めの一曲としてヘビロテ(その頃そんな言い方なんてありませんでしたがww…)してた時期があったと記憶しています。

 

だから、

あ~ちゃんがライブの声出しにこのロックバンドの曲を使ってくれたことに、少々驚きつつも、もう感激でしたね…。

この娘たちは、お父さんお母さんの影響でしょうか、ちゃんと聴き継がれている、いい音楽に触れて育ってきたんだなと想像します。

(いや、単にもっさんの影響か?!)

 

そして、

Perfume自身の楽曲も、ずっと聴かれていく存在になってほしいと思っています。ゆっくり確実に…。

長く活動してもらいたい…、そう思います。

そういった意味では、話はだいぶ飛躍しますが、

むしろ早めに、20代後半ぐらいで「3人同時に」パッと結婚して子供産んで、母を経験して、

より深みを増した女性になって、また活動再開してほしいな…、って思います。

 

さて…、

そんなこんなで、2012年のPerfumeは4月に「SoL/コミュニケーション」、8月に「Samt/ポイント/ハリバリ」の2枚のリリースでしたが、

ワタシ的にはこれぐらいのペースで良いですね。3枚だとちょっと慌ただしいかな。とことん聴き倒せない感じがします。

それではもったいないと思います。

 

そして今度の「未来のミュージアム」まではまだ数か月あるでしょうか。

「Samt」からは半年以上空きますね、多分。 でもホントこれぐらいのペースでいいですよ!

より期待感、渇望感がある方が愛されるんですっ!

 

で、その「ドラえもんの歌」www、なんですけどね、

LVの会場でサプライズ発表を聞いたときは、てっきりもっとBigな発表を期待していたので(勝手言ってゴメンね)、

「なんだ…、ドラえもんか…」って正直テンション下がったんですけど、

なんか今これじ~っと見てるとさぁ、

 

 

   Photo_2

なんか合ってるよね?! 全然不自然なガールじゃないよね!

この衣装、未来のミュージアムのアテンダントさん、って感じじゃん?!

それに何たって 「(元)近未来テクノポップユニット」 ですからねっ!

 

う~ん…Perfumeには未来が合ってるんだなぁ…(若干イミフ。)

 

Perfume未来の博物館に展示される足跡を、これからも一つ一つ創り上げていくんですよねっ、のっち!(アホか)

 

 

それに、

実はオッサン…

ドラえもんに、結構詳しいことを思い出しました!

 

子供の頃、アニメ版は第一期(日テレ系列)と第二期(テレ朝系列、現在に至る)のちょうど狭間に育ったんですけど、

その代わり、マンガの方をかなり読み込んでました。妹が単行本を集めていて、確か第1巻から30数巻までは集めていたと思います。

それを借りて何度も読み返していましたので、普通レベルの子供よりも知っていたと思います。

 

ドラえもんの秘密道具の中でワタシが特に好きだったのはこれ、

 

     Img_content3
    「ガリバートンネル~ゥ! (大山のぶ代風にね)

 

これを使って自分を小人化してね、プラモデルに乗って操縦したり、「インスタントミニチュアせいぞうカメラ」で庭に作った街で、

子供たちだけで思いっきり遊ぶわけですよ! もうこれが羨ましくって、ホント夢の世界でしたねぇ…。

 

そういうわけで…

 

ドラえもんを読んで未来の世界を空想していた少年が、

今じゃ(元)近未来テクノポップユニットPerfumeの夢を追っかけていて…

 

多感な年頃に海の向こうのロックに刺激を受けた青年が、

今じゃPerfumeにロックを感じて感涙しているわけで…

 

 

何だろう…

 

Perfumeとワタシというパーソナリティーは、

 

くり返す いつかみたいな

あの光景が 甦るの

 

巡り巡って、タイムマシーンでつながっていたのかもしれないねぇ…

 

2012年12月 2日 (日)

新潟ライブビューイング参戦記~23:30~(アナザーストーリー)

 

「うわっ! あ~ちゃんまた一段と細くなっちゃった?!」

って、一瞬クリビツでしたが、

なんだ、P.T.Aスタッフさん動画のアスペクト比間違えてるよ!www

ちゃんと修正してね~っ! ってここで言ってもしょうがないんですけどね。

…あ、 あ~ちゃんブログのことでした。

 

そしてかしゆかものっちも更新しましたね。

特に世界のブロガーのちお先生はなんだなんだ? 

早くもワールドファンクラブのサイトでブログが翻訳されるのを想定して、

簡潔で優しい文章にしてきたかっ?!

でも最後の行はのっち丸出しですよ! 翻訳できんじゃろ。ww

 

ほんで3人ともWorld Tour 1stを「無事終えました報告」でしたが、

表現が3人それぞれ「らしく」て、モニターの向こうの表情が目に浮かぶようです。

ファンとの距離を縮めてくれる、この良いサイトを外国のファンの方にも見ていただけるようになるんですから、めでたいことですね。

メンバーブログとDVDはP.T.Aの2大おいしいポイントですから、これだけでも入会する価値があるってもんです。

ただしDVDなどはワールド会員さんは別売だということで、

その辺は発送業務とかセキュリティー上の問題を回避するためでしょうかね。

 

そして昨日、更新特典がワタシにも届きまして…、

まず 「このパッケージで郵送するんかいっ!ww」 みたいな、

しかも「取り扱い注意」ってあーた… 「そんなにエラいモノなのか?!」 って期待しつつ

で開けてみて 「ズコーッ」 みたいな…

このユルユルさ、さすがです… P.T.Aの企画力は。

相変わらず、正直オッサンが使用するには耐えられん品でしたが、www

デザインのモチーフが、やっぱりPerfumeのコンテンツってこういう世界観なんだなぁ、って感じで妙に納得してしまいました。ワタシ好きです。

 

ということで、P.T.A関連はこれくらいで口にチャック、しまして。

 

……

さて、

話題は先日のライブビューイングに戻しまして、今日はオッサンたちのオフ会の様子を…。(体調のすぐれない方はご遠慮ください。)

 

 

交通機関の制約や、悪天候等不測の事態を想定して、かなり早めの時間帯に新潟に集結した3人のパフュおじさん。

夜の開演までさぁどうしましょ?ということで、

まずは、プチ聖地巡りとして、新潟LOTSを見に行くことにしました。

 

ライブハウス新潟LOTSは、「2008GAMEツアー」 や 「2010ファンクラブトゥワー」 の会場となった場所。

ワタシら3人は皆初見参です。

まぁ、ネットで見たのとおんなじ、なんてことないライブハウスでしたけど、

外観や、ドアを開けてチラッと中を覗いた感じで想像するに、かなり奥行きの短いフロアのようで、

最後列でもかなり近くでPerfumeの姿を見れたものと思われ、

今後はこんな小さな場所ではまずライブは行われないだろうと思うと、

気付くのがもう少し早ければねぇ… って後悔の念も少し湧きましたが、

なによりも、

「ここにあの3人が来たんだっ!」 って想うと、ホッと心が暖かくなって、

 

Perfumeの足跡を辿るのって楽しいな… って思いました。

 

 

そして、時間はまだまだありましたので、

次にしたことは、

 

「カラオケでPerfumeを思いっきり歌って踊ろう!」 ということでした。

 

明るいうちから、おじさんグループがカラオケ…

店員の女の子のけげんな視線をビシバシ感じましたが、

覚悟決めてきてるおじさんたちに何も怖いものはないのです!www

そしてボクらに用意されたステージは、思いっきりはしゃげるパーティルームでした。

 

そこでワタシは、

当たり前にカラオケの曲をエントリーするのではなく、

持ってきたライブDVDを再生したのでした。

ワタシはどちらかというと、歌うのではなくDVDを見ながら語り合ったりして気持ちを揃えようと思ったからです。

選んだのは 「直角二等辺三角形ツアー」 としました。何でかというと…

何となく夜のライブ本番の予行演習になると思ったからです。 (セトリ大体知ってましたから。)

 

ところが『Take off』が始まり、次の『NIGHT FLIGHT』が流れ出すと…

なんと、弾丸トークを展開すると踏んでいたuさんが、何のためらいもなく、立ち上がってゆかちゃんパートを歌い出し…

つられたワタシはあ~ちゃんパートを、xさんはのっちパートを歌い…、

そして『エレクトロ・ワールド』になるとuさんはロボット歩きの振りを繰り出したもんだから、

そこからはもうワタシも一気にスイッチが入ってしまい振付けを…、 もう止まらん…。

その後の曲もず~っと歌い、踊り… すっかりライブモードになってしまいました。

ワタシもお2人に煽られたりしながら、憶えている曲はフルで踊っちゃったもんですから、

中盤には結構息が上がってきて、汗ダクダクになりそうだったので、

「マズイ…、このペースでいっちゃうと夜の本番、足が立たなくなる!」

と思い、かなり休み休み続けたのですが…

驚いたのがxさん!

この方、リアル世界では今回初対面だったのですけれど、

ワタシよりも年上で、もうお孫さんがいるほどなのに、

ほとんどず~っと立って歌ってました!! 

しかも、DVDなので当然歌詞字幕なんてないわけなのに、ほとんどしっかりと歌っておりました…!

「どんだけ聴き込んでるんだ… このおっさん…」

Perfumeおやじのパワーたるや…、 恐ろしい…ww

「しかしxさん、そのペースで夜大丈夫か?!」と内心思いましたが、

なんとなんと、この後の夜のライブでもスタンディングで通されたのです!

いやぁ… ほんとビックリでした。気合入ってました。

ワタシも西脇あやかりたい、って思いました…。

 

それから、

途中ひと休みした時に、試しにポリリズムを普通にカラオケでリクエストして歌ってみたんですが、

 

うぅ~ん……

いまいち!

 

まずサウンドが本物とは全然違い、「テクノ調歌謡」 になっちゃってるし、

映像がね、フツーに男女の恋愛シーンが映し出されて生々しいわけです。 イメージが違い過ぎる…

これアカンわ… って思い、ワタシは歌いませんでしたが、

ここでもxさんは真面目に最後まで歌われました。ピュアなお方でした。

 

そしてその後はまたDVDに合わせて歌い続け、

結局、直角二等辺三角形ツアーまるまる1本分(MCはないですが)をライブしてしまったのでした…。wwwww

ウォーミングアップには十分すぎるほど楽しんでしまいました。

 

 

というわけで、

今回みなさんと遊んでみて分かったこと…

 

Perfumeファンは、カラオケでは ライブDVDを持参して、それに合わせて楽しむのが良し!

 

めっちゃ楽しいですよ! (ただし歌詞は憶えていかないといけません!)

 

 

そして、

夜のライブビューイング本番は前々回の記事のとおり盛り上がって、

その後は夜の街へと繰り出し、日本海の美味い肴を堪能しながら、

閉店時間までPerfume談義に花を咲かせたのでした…。

 

大マジメにPerfumeのことだけを延々と語り合うことの…

何と楽しいこと!!!

 

……

 

また次の機会を夢みて、

明日から現実世界を生きてゆきたいと思います…。

 

 

 

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »