フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 気持ちそろえて…! | トップページ | 新潟ライブビューイング参戦記~2~ »

2012年11月25日 (日)

新潟ライブビューイング参戦記~1~

 

イテテテ…  腰とモモのあたりに鈍い痛みが……

 

行って帰ってきました。わざわざ片道3時間かけて、

Perfumeのシンガポールライブを見届けるために。

 

今日はさっそく今回の結論から言っちゃいたいと思います。

 

新潟のライブビューイングに参戦してみての感想は…

 

 

Perfumeのライブビューイングは… あり! でした。

 

今ワタシが感じているこの心地良い疲労感と、

寝不足による気だるさと、

「あぁ… ライブが終わってしまった…」っていう何とも言えない淋しさと、

これは通常の生ライブ公演に参戦した後と変わらないですね。

 

 

新潟会場ではなんと!「スクリーン1」と「スクリーン2」と、2つのスクリーンが驕られました。

しかもこの2つは346席と247席という、同シアター9スクリーンの内、最大と2番目に大きなスクリーンなのでした。

そして改札口の案内板には2スクリーンとも「完売」の文字… もうこの時点で胸熱でしたね。

ワタシとワタシがブログを通じて知り合った2人のおじさんは、スクリーン2の方、前から1/3ぐらいの列のほぼ中央という席で、

視界の全視野に巨大なスクリーンが入ってそれでも少しはみ出るぐらいの、 …良い席をいただけました。 P.T.Aに感謝。

その席で、ワタシは参戦する前から 「普段どおりにライブする!」 っと決めていましたので、

入場して着席すると、すぐに自分の後ろと右隣の見知らぬ男子に、「立ち上がって見ても良いですか?」と声をかけ、

幸いにも「あぁ、ぜんぜんどうぞ!」と言ってもらえましたので、

1曲目からワタシらしいリズムの踏み方でノッていきました。

そして要所要所で手振りを合わせ、(さすがにフルコピは自粛ですよ。アリーナじゃないのでね。)

さらにエレワやedgeやDF…などではお決まりのコールで指突き上げました。

そうやっていると、特に正面から3人を映し出すアングルの時などは、

一瞬ワタシもシンガポールのライブハウスにワープしてしまったような…

不思議な感覚に陥りそうになりました。

そしてそのあと、やはりワタシらとは顔立ちの違う東南アジアのファンの顔々が映し出されると、ハッと現実に引き戻されるという…

一瞬気持ちが冷めるような時間帯があったのが、これが生ライブとの違いだったでしょうか?

 

音響もかなり良かったです。さすがに生ライブには及びませんでしたが。

映像も新潟では乱れることもなく、

誤解を恐れずに言えば、2010東京ドーム公演で、米粒大のような3人に目を凝らすより巨大スクリーンの映像の方を主体に見ていた時よりも、

今回の方がずっと見やすくて間近な迫力を感じることができて、

 

「これはこれで全然ありだなぁ!」 って思ったのでした。

 

これ、音と光と映像と、そして高度に創り込まれたパフォーマンスが融合した、

ビジュアルエンタテインメントであるPerfumeだからこそ、

こういう感じ方、楽しみ方もできるんじゃないだろうか… って思いました。

 

 

それから、新潟会場の様子ですが、

2月の「JPNツアー」の時もそうでしたが、

今回も圧倒的に若い女子率が高かった!

今回はさらに、おっさんはおろか若い男子率も下がっていたように感じました。

だって、

P.T.Aのコーナーで、「男子~っ!イェーイ!」 のコールの大きさと、

一般的に声の小さいであろう 「女子~っ!イェーイ!」 のコールがほぼ同じくらいの声量で響いてましたからっ!

ここ新潟ではそんな客層になっていました。

おじさんはというともはや風前の灯で、ワタシが見渡した限りでは1割いたかどうか…でしょうか。

そしてそれに比例するように、

LSG着用率の低さったらもう… 悲しくなるほどでしたよ。(あ、オッサンは勇気出しましたよ。)

でもオンナの子ならば、派手なTシャツよりもきれいにオシャレしたいもんですよね、それは当然です…。

 

そしてそんな客層を反映してか、

ノリ的には序盤から中盤までは割とおとなしめな感じがしました。

1曲目からオールスタンディングでしたが、

オンナの子達は基本、膝で軽くリズム刻んで手拍子、ってスタイルなので、

一部の男子とワタシらのようなキモいオッサンだけがよく動いていた感じに見えました。

でも全然ノリ悪いって感じじゃなくて、「雪国娘らしい控えめさ」といったところでしょうか。

 

そしてそんな空気が一気に解放されたのは…

やっぱし 「フェイキ」 でしたね!

(突き抜ける曲はもはやedgeではなくフェイキなのか…)

今回参戦した娘達は恐らく2月のJPNツアーも参戦したと思われ、フェイキの破壊力の味を知っているのでしょう、

この時は会場全体がジャンピンジャンピンで、JPNツアーを思い出させとても気持ち良かったですね。

そしてその後の 「ねぇ ⇒ チョコ ⇒ ポリ」 という定番曲の見事なたたみかけで、盛り上がりが持続しましたね。最高でした。

 

…いやねぇ、

女子率が上がることは、ワタシ的には良いと思います。

それはPerfumeが望んできたことだし、ガールズユニットが同年代同性の共感を得るのは良いことだと思います。

さらに、ライブビューイングにわざわざ足を運ぶような娘たちは、

ワタシらのように、Perfumeの人間性や生き方、心の持ち方にも共感しているんだと信じたいですね。

 

そしてオッサンはさらにアウェイ感が増してしまいましたが、ワタシの思いは、

 

「アウェイ上等じゃねぇか!」

 

オッサンも女子にけむたがられないような 「イケテルおやじ」 になれるよう、明日からまた人生精進じゃね!

 

……

 

というところで、今日はここまでとしますが、

 

感動のあ~ちゃんのMCはやはり書かなきゃならんです。

そして、キモいおじさんたちのアナザーストーリーも……

 

それはまた後日ということで…。

 

 

 

 

« 気持ちそろえて…! | トップページ | 新潟ライブビューイング参戦記~2~ »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

x68kです

いや~楽しかったですね~。
LVでもほとんど実際のライブ感覚でしたね。おととさんが感じていたように、音の破壊力は違いましたが時がたつにつれそんなことは感じなくなってきました。
実物と映像を見換えるライブと違って目が疲れないというか、目が落ち着いて一点集中出来たのもよかったと思います。

でも、飛び交うレーザー、ただようスモーク、アロマ的なカオリ、攻撃的な重低音。
実際のライブを浴びた感にはちょっと物足りませんでした。

PTAの抽選から外れた、一般発売からも外れた悔しい思いの人が、映画館でライブに参戦できる。
それもアリになるといいな~とも思いました。


今回、お2人に初めてお会いしましたが、自分が感じていたイメージとは少し違いました。

unacleさんはてきぱきと行動しバスの手配やホテルの手配、オフ会の会場探しなどすべて段取りよくこなされていました。お話もゆるゆるの僕なんかよりずっと思考深い方でした。ついていくだけで精一杯。ご迷惑かもしれませんが今後もついていきます。
このビシッとした行動と、時折見せる振りコピの行動のギャップが面白い方です。(^.^)

おととさんは、イメージ以上にお父さんとは思えないほどお若い方でした。
ブログではいつも「オッサンは・・・」とかいっておられますが、そんなことはありません。
カレンダーをUPしてもらっているお礼も言いました。
カラオケ店で完璧な振りコピも見せていただきました。感動---------(T_T)!

次回参戦会場でお会いできる日を楽しみに待っています。生きててよかった~。(^^♪

uncleです。

強行日程お疲れさまでした。

女房の話だと、金沢はおっさん率が高く、見た目では7割くらいだったと、、。
残念ながら余ったチケットは売ることができず、ただ、子供たちも連れて行ったので、
そのまますごすご帰るしかなく、こんなことなら、一人で行って、試しに観てくればよかった、
と嘆いておりました(実は、そうなることも若干想定していたのですが、今一歩でした)。

さて、スタンディングの是非ですが、いろいろなブロガーさんの記事を読む限り、
ある種、若者のノリでないところで、たまには座ってしっかり観るのもいいかな、というのもあり、
ライブビューイングというものに対し、どのように接するか、手探りのファンの皆様といった
感じもしました。

座っても、ある程度は、「ディスコォ!」も「Say Yeah!」も「よこぉ、よこぉ、ぐるぐるぐるパンパン」もできますが、スクリーンの向こうにいる3人の想いを全身で受け止めるには、やはり自然に
立ってしまうわけで、新潟はいい環境で、良かったですね。でも、周りの皆様が立たないと、
迷惑になると思って、我慢して座っているパフュファンって、いいなぁ、とも思います。

もうひとつ、あるブロガーさんの記事で「ライブ中に、観客の皆さんの顔が見えるのが新鮮で
舞台の上の3人と同じ目線なのだ」というのが、なるほどな、と思ったのです。

確かに、ライブ中にお客様の顔が見えるというのはライブビューングならではで、それが、
おととさんのおっしゃる「現実に引き戻される」というのも、非常にわかるのですが、
多分日本の3万人は、みんなが、シンガポールのお客様の顔を見て、「楽しんで欲しいな」と
思っていただろうし、その笑顔や涙を見て「みんないい顔しとる」と思っただろうし、
これって、正に舞台上の3人の目線ですよね。

なんかそんなことをつらつら考えていると、Perfumeを通しての仲間意識といいますか、
心のつながりといいますか、交際交流といいますか、そんなことがちょっと感じ
られたような気がして、でも、そんなことを思わせてくれるのは、みんな、あの3人のファンだから
こそなのだろうな、と。

今回「参戦期~1~」となっていらっしゃったので、まだまだ書きたいことは、次回また!

x68kさん

なんか、あっち、こっちと、生意気に指示させていただいて、すみません。
「ギャップ」、その言葉、いいですね。最大の褒めことばと、頂戴しておきます。

「迷惑」なんてあるはずもないので、今度はどんな機会になりますかね。
楽しみにしております。

x68kさん、コメントありがとうございます。


リアルワールドはあっという間に終わってしまい、いつものネットワールドに戻っちゃいましたね。


ただようスモーク、アロマ的なカオリ… なるほどねぇ…! そこも生とは決定的に違うところですね。

でもディズニーランドのアトラクションのように、将来は香りとかスモークなんかもバーチャルで体験できちゃうかもしれませんよ。

そうそう、ホログラフィだってやっちゃったんですからね。

で、アロマの香りしました?! 城ホールで?!

朱鷺メッセでは感じませんでしたけど、それPerfumeからの演出だとしたらスゴイ!

はたまた、彼女達の香水の香りが漂ってたのかも??! それもタマラン!


そしてワタシも、今回のような海外公演となるとまず行けないので、LVはそんな日本のファンには有効な参加方法だと思いました。同感です。


…という感じで、リアルワールドでもこのくらいお話しできればよかったですね。

時間があっという間に過ぎてゆっくり語れませんでしたね。また次の機会を楽しみにしています。


ええっと… それとうれしいお言葉いただきまして、あ、あでぃがとうございます!

そうなんです、ワタシ、話すより書く方が得意かも。ヾ(´ε`*)ゝ 結構会話はもっさりなんです。自覚してます。

ワタシ実際の会話は、のっちに近いタイプかもしれません。ポンポンうまいこと話せないんですよね。


あ、あと振りコピですが… しょんな感動的なものじゃないでしょ? キモいだけじゃぁ…。

それにカラオケでの踊りは、お褒めいただいたのに申し訳ありませんが… ワタシ的にはかなり手を抜いてたんです!

だって、あそこで全力で踊ってたら、夜のライブ本番までもたないじゃないですか!

Perfumeの振付けは、素人が全力で踊るとしたら… 3曲ぐらいでヘロヘロになりますよ。

それよりもワタシも、カラオケでのあなたにもちょっと驚きました。

次回書いちゃってよいですか?(「それだけはやめてくれ~」という場合はご連絡を… )

uncleさん、コメントありがとうございます。


ネットワールドに戻っちゃいましたね。なんか不思議…。


地域によって客層もだいぶ違うんですね。金沢はおやじ天国でしたか!

ワタシ自分の記事書き終えるまではあまり他は読まないようにしてるんですが、ちょっと横目で見た感じですと、

都会ほどおやじ率が高いような…。

都会の若者は遊ぶ場所や機会があふれているので、わざわざLV行くのはよっぽどコアなファン層なのかな…?

地方ほど機会に飢えていますからね。(ウチの県なんてLVすらなかったし!)


あ~!、確かに。客席の笑顔を見てなんか安心しましたね。 泣いちゃってる人を見てもらいそうになったりね。

ま、ワタシ流にうがった見方をすれば、あの会場に行った人はそれこそシンガポールいちのコア層でしょうから、当然と言えなくもないですが…


ともあれ、とうとう英語圏(シングリッシュでしたけどね。)にまでPerfumeの輪が広がりましたね。

もうアメリカだろうとイギリスだろうと No problem! だと思いません?!

いやぁねぇ…  現地に媚びることなく普段と全く変わらないライブで、世界に幸せを伝えていく姿…

これはひょっとして、モノ凄いことをユルユル~っとやってのけちゃうかもしれませんよ!


x68kです

ぼくも、しゃべるより書いたほうが何倍も思いが伝えられる気がします。
高校卒業して就職して1年ぐらい経ってから同じ職場のちょっとお姉さんに恋をして、告白したことがあります。返事は・・・・・・「彼氏がいるんです。」・・・・・「そうですか・・・・」・・・ガックリ・・・
でも思いだけは伝えたくて、とっても分厚いラブレターを書いて受け取ってもらったことがあります。

カラオケで何か発見したんですか?なんでしょう?
何でも書いてくださって結構ですよ。

アロマ的なカオリですが・・・
確信はないのですが、スモークにカオリはついてないですよね。ホールのにおい?
思い込みかもしれませんが、Perfumeだからてっきりそれも演出かと思っていました。


>現地に媚びることなく普段と全く変わらないライブで、世界に幸せを伝えていく姿

ほんといつもと変わらないライブでした。Perfume大好き----------------------!!!!!

x68kさま。


今では肉筆で手紙を書く機会はほとんどなくなってしまい、

キーボードで画面に書き込む時代になりましたが、

「文を書く」 ことに変わりはないように思います。

文を書いた方が、気持ちを素直に伝えられることってありますよね。

書くこと、大事にしたいと思います…。

皆様、ご無沙汰いたしております。直前になって行けなくなったヤンでございます。色々な事情があって、正直Perfumeのこともしばらく考えられないような状況だったのですが、やっとおととさんのブログを拝見する事ができました。

よかったぁ。新潟、スタンディングで盛り上がったんですね。やっぱり、さすがPerfumeですよ。あ〜ちゃんの「思いと言うものは、伝わるんです。伝わると言う事を信じていれば、伝わるんです。どうやって伝えるか、なんて事は関係ないんです。そんなこと、考えている時点で、ダメなんです」という、就職で悩む若者への、有名なありがたいお話しがありましたが、何千キロも隔てたシンガポールからでも、インターネット回線を通じてであっても、Perfumeの思いは伝わったんですね。本当に良かった。
おととさんのレポートを見て、私もLVを間接体験させていただきました。ありがとうございます。第2弾、楽しみにしております。

ヤンさん、コメントありがとうございます。


今回は残念でしたね。またの機会にまたどこかでご一緒できるといいですね。


開演前の新潟の会場内の雰囲気はかなり落ち着いていて、

暗転して中継が始まって、シンガポールのPerfume登場前のステージが映し出されてもまだこちらは着席で、

一瞬「これはひょっとして着席ライブか?!」という思いもよぎりましたが、

オープニングのグローバルサイトの曲が始まるや否や、誰かが煽るまでもなく皆一斉に立ちましたね。

すごく自然に盛り上がろうというみなさんだったようで良かったですよ。

このあたりは朱鷺メッセの時と似た雰囲気で、新潟に集まるファンは控えめだけど温かい人ばかりですね。

やはり、スクリーンに映し出される映像とはいえ、今まさに海の向こうで行われているライブ中継ですから、

映画とは全然意識は違うものと感じました。

そんなところをヤンさんにも(下手っくそな記事ですけど)読んでいただいて少しでも感じていただけたら… と思います。

なんか、行った気持ちになれるでしょ!?

ちなみに… 各曲の詳細なレポは、いつものごとく記憶がボヤ~っとしてしまっていますので書けないのでした… あしからず。

おととさま
お久しぶりです。

凄く盛りあがったみたいですね。
そちらも2スクリーンでしたか。
こちら池袋も2スクリーンでした。
PTA枠の会場は凄く盛りあがったようですが
一般枠の会場は座ったままの方が結構いたようです。
府中会場は観客があまりに飛び跳ねるので映画館の方が止めに来たらしいです。

ただしどの会場も音が小さかったようで、不満の声が上がってますね。
大音量で飛び跳ねたら他の映画を見る人影響が出るので仕方ないでしょう。

こちらも女子率多かったですよ。
前席の女子4人組が黄色い声援でうるさいこと。
こっちもクタクタになるぐらい弾けましたわ。
そちらに行けませんでしたが同じライブを場所は違えど
同じ時間で共有化できることが何より凄いことだと思います。


>Perfumeのライブビューイングは… あり! でした。

正しくそうですね。絶対にアリですよ。
今後のライブやTourラストはやってもらいたい。
現場の会場とそれが叶わなかった人も一緒に共有化できる。

JPNTourの最終公演「海パン」なんか絶対に満席だったでしょう。

neccoさん、どうもどうも!


あ、24日は電話気づかずにすみませんでした。(爆音運転中だったかも?)

池袋行かれたんですね。P.T.A枠と一般枠と分かれていたのですか!?

面白っ! あ、追加発売された会場が一般のみ、ってことでしょうか。


府中のように、他のスクリーンの迷惑を考慮してとか、

別の所では、映画館の建物構造上の問題で規制がかけられた所もあったかもしれませんね。

それほどPerfumeライブは熱いのですね。なんかそれも凄いエピソード。各地の映画館もビックリでしたでしょうね。!

でもまぁ、確かに音量は仕方ないですね。そこは割り切らないと、って思いますね。

そしてneccoさんも黄色い声援に負けじと弾けたなんて、さすがじゃ! 


そうですよ、同じ時間で共有化できることが何より凄いこと…

そこですよね、今回のライブで一番の意義だと思います。

おっしゃるとおり、特にツアーなどでは最初の公演とか千秋楽とか追加公演では、明らかに何かが違うじゃないですか。

でもそこにはなかなか行けない人がほとんどですから、ライブビューイングは凄く良い方法だと思いますね。

これからも期待したいと思います。

お話ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/47973501

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟ライブビューイング参戦記~1~:

« 気持ちそろえて…! | トップページ | 新潟ライブビューイング参戦記~2~ »