フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 泣けるライブだったね!(オジキャッチ~ミニ<Spending all my time>編!) | トップページ | ハイセンスなオッサンには… »

2012年9月28日 (金)

On your mark! (前編)

 

急に風が秋色に変わって、あんだけ暑くてしんどかった夏が、なんか懐かしく感じますね。

今年の夏は、連日のメダルラッシュに沸いたロンドンオリンピックに目が釘付けでしたが、

オッサンは昔々自分もやっていたこともあり、陸上短距離が好きでして、

特に、「On your mark! 」の掛け声でスタートラインに着いてクラウチング姿勢をとり、

息を止めるあの一瞬の緊張感、集中力、筋肉がピーンと張り詰める瞬間に、

スポーツの醍醐味を感じるんですよね。人間が挑む姿の美しさ… みたいな。

 

 

Perfumeが魅せてくれる音楽の世界は、振付けにウェイトを置いた、ひとつのストーリーであり精彩に創り込まれた作品なので、

音が鳴り始め踊り出せば、それはもう、めくるめく3~4分間の「演技」が繰り広げられるわけです。

 

さらにその創り込みは、音が鳴り始める前の一瞬にまで及んでいて、

つまり、Perfumeのほとんどの楽曲には、個性的で美しい「スターティングポーズ」が与えられています。

(多分、正しい英単語ではないと思いますが、ファンの方なら何のことかお分かりかと思います。)

それはあたかも、スタートラインで構えるアスリートの緊張感と肉体が醸し出す美と相通ずるものが感じられて…、

 

ドキドキワクワクするのです。

 

…ってそんなことを、アルバム「LOVE THE WORLD」のこのジャケットを見ていて想ったのでした。

 

 

   81zu2ahcfpl__aa1500__2

このポーズはご存じ「Love the world」の手の形を変えたのものですが、

でもちょっと確認してみたら、

このポーズはスタートではなくてエンドでした。ヾ(´ε`*)ゝ

 

   Photo_3

 

 

この曲のスタートはこうでしたね!   

   Bdk

Perfumeとしては意外と普通な形ですね。

 

ってなことを思っていたら…

 

他の曲もいろいろ集めてみたくなり……

 

 

…というわけで、(前置き長っ!)

 

 

今日はこれやりますっ!

 

 

題して、

 

オッサンの独断と偏見による、「Perfume スターティングポーズ Awards!!」  ドンドンパフパフ~ッ!

 

 

まず始めに、今回の曲のセレクトにあたり次のようにルール決めました。(そうしないととんでもないエントリー数になってしまうので。( ̄Д ̄;;)

 

①あくまでも、イントロや歌い出しで動き始める前の、静止状態での「形」を見ることとします。動き出してからの振りは対象となりません。

②ただし、歌い出してもそのままの「形」でしばらく静止し続けるものはオッケーとします。

③3人が直立しているだけのような、単純な構成のものは除外とします。

 例えば…、

 

   Voicehey

このように手足のポジショニングに特徴のない「VOICE」は、ギリアウト~!とします。

 

 

ハイ!それではいよいよ、エントリー曲の発表です!

 

年代が古い順にエントリーしていきましょう!

 

 

 

エントリー№1 「リニアモーターガール」

 

   Bitter

前1人、後2人の三角形。手の形はイントロの振付けの準備、ってところでしょうか。あまり凝った形ではありませんが、

1人がひざ立ち という、Perfumeでもっとも多く見られるパターンです。

 

 

 

 

エントリー№2 「コンピューターシティ」

 

   Photo_4

ワタシがPerfumeにどっぷりハマっていくきっかけとなった武道館ライブのオープニング曲。

初めて見たとき、

このポーズのまませり上がってくる様に、「何だなんだっ!!!ゾゾゾーーーっ…」ってなったことを思い出します。

 

前1人、後2人の三角形。前1人がひざ立ちする基本形。ただし前1人は右向きで全体としては左右非対称。さりげないクールさを感じます。

しかも見てくださいっ!

かしゆかの右手とのっちの左手、あ~ちゃんの右手の角度がおっそろしいぐらい平行で、

これはもう、人体が創り出す幾何学的アート! むぅぅ……。

 

 

 

 

エントリー№3 「ポリリズム」

 

 

   Photo_6

Perfumeの代表曲は、スターティングポーズも代表作ですね。

前1人、後2人の三角形。1人がひざ立ち、1人が中腰、これぞPerfumeポジション!といえるもの。

手のひらを相手の頬に寄せるところが斬新ですよね。

今日は2012年最新形のポリリズムで飾ってみました。

 

 

 

 

エントリー№3 「SEVENTH HEAVEN」

 

   7

Perfume史上燦然と輝く、可愛くて切ない、そして優し~い恋歌のスターティングポーズは、

 

キミのことを想い焦がれて夢見ている女の子の姿でしょうか…

 

前2、後1の逆三角形。1人が座り、1人が中腰、黄金のトライアングル…。

そして、こうやってジッと見つめると、のっちの座り方がもう……!!!

 

ところで、画像が暗いですけど、

ワンマンライブって、曲間は暗転したりすることが多いので、次の曲が始まる瞬間って意外とまだ照明が当たりきってない場合が多く、

せっかくの魅惑の「スターティングポーズ」が実は見えてないことが多いんですね。

あるいは、見えていても「引き」のアングルだったりして識別不能だったり…

今回集めてみて改めて気が付きました。

だから、この企画を始めてみたものの、思うような「その瞬間」がなかなかキャッチできなくて、もうタイヘ~ン!(^-^;

 

なので、ワタシの持っている7天の映像の中では、この代々木のものがベストでした…。

 

 

 

 

エントリー№4 「Baby cruising Love」

 

   Bcl

指をさすその先にあるのは、二人の航海の道しるべとなる南十字星でしょうか…

この曲を聴いてワタシの目に想い浮かぶ情景は、南の海の夜空です…。

前1人、後2人の三角形。1人がひざ立ちする定番形。

3人は同じ方向を向いて、右手で同じ方向を指す。

そしてこれも、角度がそろった腕が……美しいよねぇ。

 

あとね、

あ~ちゃんのマイク持つ左手が、なんか可愛い……(*´v゚*)ゞ

 

 

 

 

エントリー№5 「セラミックガール」

 

   Game_2

3人は一直線に並びますが、ステージ前縁に対して微妙に斜がついています。

(足元が映っていないですが、他のビデオで確認しています。)

ポーズは3人一緒ですが、斜をつけて並んでいるので立体感が感じられるんですね。

そしてこれも、3人の等間隔さといい、腕の角度の揃いっぷりが凄いね!

特にのっちとかしゆかは身長、骨格が近いせいか、機械のように揃ってますね。

手の形は、一瞬「セラミックのSか!?」と思いましたが、セラミックは「Ceramic」でCでしたね!ヾ(´ε`*)ゝ

 

 

 

 

エントリー№6 「plastic smile」

 

   Photo_7

これは超絶なポーズ!

3人はマリオネットに扮して…

等間隔で一直線に並ぶも、左右の2人は外向きで対称。

 

抑えきれない、弾けそうな僕の想いを、糸が切れたマリオネットに例えているんだと思います。

 

 

蛇足ですが、

ワタシこの曲、振りコピッてますが、1曲踊るだけで真冬でも汗ダラダラかけますっ! かなりキツイです。

…なので、ダイエットトレーニングにぜひどうぞ!

 

 

 

 

エントリー№7 「シークレットシークレット」

 

   Photo_8

この曲の振付けも前曲と同様の「ドール系」。ただしこちらは糸のない「からくり人形」でしょうか。

そのスターティングポーズはホントにもう、ドールになりきっていて、

気持ち悪いぐらいに完璧なパフォーマンス。

 

3人の隊列は横一直線で、みな違う方向を向いていて、

この感じが、ライブ空間を一気に「人形の館」にいざなっている……と思いませんか?

 

 

 

 

エントリー№8 「Dream Fighter」

 

   Dfjpn

前2人、後1人の逆三角形ですが、かしゆかとあ~ちゃんは若干前後にずれています。

1人が片ひざ立ち、1人が中腰なのはポリリズムと同じ。こうやって高低差をつけることによって、

次に動き出して手の振りが入った時に、全体としてより広がりのある、大きな造形に見える効果をもたらすんだと思います。

 

そして、このポーズの3人の指の形はなんでしょうか。

 

一般的には「少し」を意味するジェスチャーのようですが(ラブワの「すこしの意地と…」のところでも見られますね。)

少ないこと…… 狭いところ…… 頂点…… つまり、「最高を求めること」を象徴しているのかもしれません…。

 

 

 

 

エントリー№9 「ワンルーム・ディスコ」

 

   Mj2

ライブの序盤で一気にアガる曲。そのスターティングポーズの隊形は、前1人、後2人の三角形。

突き上げた一本指は「ワン」を意味するもの。

いちばん背の高いのっちをトップに置くことで、キレーな「山」が形成され、

このポーズがすでに「上がっていく」空気感を演出しているのかもしれませんね。

なのに3人は横を向いていて、ちょっと斜に構えて直球勝負じゃないところが、Perfumeらしいところ。

 

 

……

 

とうことで、ここまでで、用意したエントリーの約半分が終わりましたが…

 

なかなかキツイっ!!!(笑)

 

くたびれたっ!

(めっちゃ楽しいんですけどね。)

 

 

ので、

 

 

後半へ続く!

 

……

 

 

« 泣けるライブだったね!(オジキャッチ~ミニ<Spending all my time>編!) | トップページ | ハイセンスなオッサンには… »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。

またまた、とっても楽しい、新しいニクイ企画じゃないですかぁ!!

今まで、振り付けに関しては散々あ~だ、こ~だ、と言ってきましたが、
そういえば、そのスタートの形についてはあまり考えたことのなかったですね。
でも、Perfumeを考える上で、とても貴重な考察ですね。

そうですか、おととさんは、陸上のアスリートとしての肉体が、今の踊れるオヤジへと
つながっている訳ですね。

時々私も引き合いにださせていただいておりますアメリカンフットボールも、
すべては静止から始まるスポーツなんです。

ディフェンスチームは、ちょこちょこ動いても構わんのですが、オフェンスチームは
セットして1秒間は完全に静止しないといけないのです。その間、筋肉がピクッと動いても
反則になるのです。

その静止から、次の瞬間肉体と肉体のぶつかり合いが始まるのですが、
その瞬間というのは、陸上のスタートとも相通ずるものがあるような気がしますし、
そして、あ~さまが、今でも下積み時代の癖で「Perfumeで、~~」と
曲名を言ったあとの静止からのブレイクにも共通する、緊張感というか、躍動というか、
爆発というか、感情のほとばしりというか、そんなものを感じます。

今回のエントリーでの、私の一票は、
やっぱり「コンピューターシティ」ですかね。シルエットが美しいですし、このポーズのあと、
イントロなしで、いきなり曲に入るので、なおさら印象的なのかもしれません。

次点は「セラガ」かなぁ。Pefumeの基本形でないところが逆にキュートだと思ったの
ですが、そうですか、一直線ではないのですね。その斜めのラインの美しさより、
それを発見するおととさんが素敵すぎます。

そして意外だったのは「7天」でした。
全く意識になかったです。きれいなスタートなんですね。
このキャプチャー画像を発掘してくるおととさん、GOOD JOB!!すぎます。

という訳で、後編、楽しみにしています!!

っていうか、この観察レポートを、MIKIKO先生に観ていただきたいと思うのは
私だけではあるまい。

x68kです

ホントにおととさん面白いこと思いつきましたね。
いつもながらその着眼点に感心します。
そういえば、その一瞬の緊張感は、息も止まりますし、目を見張るものがあります。

僕は高校時代3年間フェンシングをやっていました。
「エゾプレイ?」(準備はいいか?) 「アレ!」(はじめ!)の号令で試合が始まります。
気持ち集中の極限です。

ぼくもuncleさんと同じく「コンピューターシティ」が好きです。
あのポーズのままで歌いだすのは、ちょっと異様な雰囲気がします。
そして、のっちの横顔も素敵です。

次点も同じです。「セラミックガール」。
3位「plastic smile」。

どうやら不自然な形が好きみたいです・・・
って、もしかしたらこの曲もあるのかな?

後半に期待。

後半も期待しています。

uncleさん、コメントありがとうございます。レス遅れてすみません。


いつもノッていただいてありがたいです! いやぁでも、そんな考察って程の事は考えてないのでユルユルな感じで!

アメフトのお話、そう言えばキックオフ(って言いますか?)の時って片方のチームだけ動いていた記憶がありましたが、

オフェンスチームだけ静止するルールだったのですね。すごい面白いですね! 

何でじゃろぅ? やっぱり、攻める側ってのは「抜け駆け」をしちゃいかんよ! 正々堂々とね! っていうことでしょうかね?!

もしそうなら、サッカーでいうオフサイドと精神は一緒ですね。


あ~ちゃん今でも「Perfumeで……」って言いますね。

駆け出しの頃の「名前だけでも覚えていってください!」っていう気持ちをずっと持ち続けたいからなんでしょうね。

そしてその気持ちを思い出すと、uncleさんのおっしゃるとおり、身が引き締まるというか、いい緊張感が出て全力のパフォーマンスができるのかもしれませんね。


シティのポーズはホント美しいですねぇ。なんかね、なんかの紋章みたいに見えるんですよね。

そしてテーマから少し脱線してしまいますが、シティのこのポーズでさらに良いのは、ライブでの前曲からのつながりですよね。

前曲のエンドのポーズからうま~く引き継いでシティのポーズにつながることってあるじゃないですか! あれがまた感動ものですよね!

いやいや、そこまで考えちゃうととんでもないスケールの企画になってしまいますのでここだけにしときます(笑)。


7天でしょ! これもマジマジとみると綺麗でしょ! もうPerfume最高!、MIKIKOセンセー万歳! ですよね。よくもまぁ、こんな振付けを…!

で、これまたテーマから少し外れますが、このポーズの後の歌い出しのところ、右手を水平に伸ばしていく形がまた良いんですわ!


いやぁ、お褒めいただいて…、

まだ薄暗い代々木の7天のスタートシーンをね、0.01秒づつコマ送りして確認していくという、気の遠くなるようなキモい仕事をした甲斐があったってもんです。(アホでしょ!?)

ありがとうございます。

x68kさん、コメントありがとうございます。 レス遅れてすみません。


出たぁ! x68kさんはなんとフェンシングですか! 太田選手の活躍で、今やもう超旬なスポーツじゃないですか!

えぇっ?! 超失礼ですが、そんな頃からあったんですね! その頃なら競技人口もそんなじゃなかったのではないですか?!

フェンシングならばそれこそ、「アレ!」からコンマ何秒の一瞬で得点したりするじゃないですか!

これも究極の集中と緊張の一瞬ですよね。


おっ! プラスマ一票ですか!? あまり話題になることのない不遇の曲(笑)ですが、

ワタシ実は好きなんですねぇ。ポップでダンサブルで!

そして楽しそうに踊るあ~ちゃんがね……!


そうですか、不自然な形がお好きですか?!

なら後半のエントリーからシティを逆転する曲が出るぅ?!…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/47235035

この記事へのトラックバック一覧です: On your mark! (前編):

« 泣けるライブだったね!(オジキャッチ~ミニ<Spending all my time>編!) | トップページ | ハイセンスなオッサンには… »