フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 祝!3rd Tour 「JPN」開幕 | トップページ | 3rd Tourは 2ndステージへ! »

2012年1月19日 (木)

もしもハイヒールを履いたなら…

 

アルバム「JPN」への収録で、改めてその存在感が増した2010年発表のシングル群。

どれも甲乙つけ難い逸品ぞろいですが、MVとかテレビ番組を見ていて、

ワタシ的に、「こんなのオレもやってみたいなぁ!」 と思わせる振付けの筆頭は、

「ねぇ」のイントロ、間奏でコミカルに小気味よく踏まれる、いわゆる「ねぇステップ」 ですねぇ。

 

ワタシが思うに、

Perfumeの振付けの独創性は、主に手や腕、そしてそれに連動する上体の動きに表れていて、

足の運びについては、その大半が目まぐるしいフォーメイションチェンジに費やされるために、

この「ねぇステップ」のように、足のステップのみに「魅せポイント」を置いた振付けって、そんなにないように思います。

珍しいですね。

他にも足重視の振付けとして、「PSPS」 の 「後もどりなんて できな~い」 のところのカワイ~いステップも、じーっと足を見てしまいます。(^-^;

 

そんな「ねぇステップ」、一見すると刻みが細かくて、とても複雑にクロスしているように見えますけれど、

3人の発言によれば、「全然難しくない」、「とても基礎的なステップ」なので、

「良い!って言ってもらえるとむしろ恥ずかしい」 のだそうだ。

う~ん、そんなものなのか?!オッサンには凄く難しそうに見えるけどね。

でもそう言えば、この曲が発売されてけっこう間もない内に、素人さんの振りコピ動画が上がってたし…。

 

ホントに意外と易しかったりして?! んじゃぁ、ワタシにもできる…?!

 

っていうことで、いつものようにグダグダやってみたのでした。  

    

   
   NEe STEP LESSON 投稿者 mousouPFF

 

やってみたところ、

うんうん、確かに! 動き自体は決して高度すぎる技ではない。

特に前後に弾むようなステップを踏むときは、後ろ側の足に体重を掛けて「クンッ」って蹴ってやればいい。

そうするとリズミカルに運べる。

あと、この部分は歌詞がないから、頭の中で「1、2、3、4」とカウントしてやるといい。だとノリやすい。

ただし、実はこの「1、2」の間に、さらに細かく「1,2,3,4」って刻まなければならないところもあるので、

スピードについていこうとすると、細かい動きや角度に正確さがなくなって、結果タコ踊りになる……!゚゚(´O`)°゚

やっぱりPerfumeの振付けはそんなに簡単ではなく、ド素人のオッサンが見よう見まねでやってみても全くサマにならないのであります。

凄いな~っ!プロは、って思います。憧れるわ……。

 

でもいいんですっ!

オッサンはただ単に、やってみたいから、やっていると楽しいからやってるんですっ!!!(あとダイエットも兼ねてね!)

 

それから、やってみて思ったんですけど、(実はここからが本題なんですけどね、)

 

この「ねぇステップ」のように、高速で細かく刻んで、なおかつ足首にひねりを入れたりする場合、

ほとんどつま先立ちしてないとできないんですよ。つま先だけで動いていく感じになるんです。

そうすると当然、後半はグラついたり、安定しないわけです。

 

で、思ったんですけど…、

 

  

 

 

  

ひょっとして、ハイヒールはいた方がむしろ上手く踊れるんじゃなかろうか!?

 

(あっ、ワタシがそっちの趣味があるってことではなくて、あくまでも、「Perfumeの振付けに関する一考察」としてのお話です!)

こんなこと気安く言うと、Perfumeから「ウチらどれだけ苦労して踊ってるか知っとる?!」って叱られそうですが…。

 

最近はPerfume以外にもハイヒールで踊るアイドルグループはちらほら出てきているので、

ややもすると、当たり前のように思ってしまいますが、

ハイヒールのパンプスで激しく踊るスタイルは、Perfumeがパイオニアですよね。

安室奈美恵さんやMAXさんもヒールは高かったけど、あれは基本「厚底ブーツ」なのでヒールは結構太いし、足首も固定されていましたしね。

 

Perfumeの場合は、シングルのMVを振り返っていくと、「ltw」から細いハイヒールのパンプスを履き出してますね。この辺が最初だと思います。

音楽性に合わせた、他の誰もやっていないカッコよさ、クールさを目指してのことなんだと思います。

そして、ワタシがPerfumeにハマりだしたのは、(これまで散々書いていますが)その後の「DF」&「BUDOUKaN」だったので、

最初から、その「ハイヒールで踊る」姿に、驚愕したのを思い出します。

「鍛練すれば人間ここまで踊れるんだ、よく転ばないな。」と感嘆したものです。(ちなみに、Perfumeになかなか理解を示さないウチの妻も「ハイヒールで踊るところは凄い。」と言ってくれます。)

 

だから、ハイヒールで踊ることはPerfumeの特殊技能であり、おいそれと真似できるものではない、と思っていたんですが、

今回この「ねぇステップ」をやってみると、ひょっとするとハイヒールだからこそ踊れるんじゃないのか、と思ったのです。

 

つまり、ハイヒールは基本常につま先立ちを強いられるが、その分速くて細かい動きに対応できるし、

そして細くて高いヒールは、ガッチリと体重を支えるには不向きであるが、つま先で素早く動いているときに、

「軽く床に付いて一瞬支える」ことができているのではないか。

だからギリギリのところでふらつかずにいられるのではないか、と思ったのです…。

 

難しい振付けを、あえてハイヒールで踊って見せているだけではなく、ハイヒールだからこそ踊れている部分もあるではないか、と……。

 

いやね、もちろん3人が元々育んできたダンスセンスと、長い長いトレーニング経験があったからこそ、というのは当然なんですけどね。

 

もしもワタシが、Perfumeに質問できる機会に恵まれたなら、このことについて意見を聞いてみたい気がします。

 

そして、あのハイヒールに巻いている透明の「脱げ防止テープ」はどういう風に取り付けてあるのか、

また、滑らないようにソールには何か細工をほどこしてるのか、とか。

一度でいいから見てみたいなぁ……。

« 祝!3rd Tour 「JPN」開幕 | トップページ | 3rd Tourは 2ndステージへ! »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。

さすが、「踊れるオヤジ」こと、おととさんの渾身の分析、楽しませていただきました。
貼っていただいた動画見て改めて思ったのですが、「ねぇ」のタイツより、いつもの
ミニスカートの方が、ステップにキレがあるように見えますね。

私も、何かひとつ位はと思ってちょっとやってみたりするのですが、そのたびに
「自分にはダンスはむりだ、、、」と実感してしまい、おととさんが羨ましい限りです。

私は平日が休みなのですが、今はちょうど女房が長期の休暇で家にいるので、
さっすがに、練習できません。次の休みは女房も仕事なので、そぉっと、「ねぇ」の
ステップを練習してみようかな。でも、おっしゃる通り、スニーカーでステップ踏んでも、
様にならないような感じがしますね。

おととさん、足のサイズは何センチですか?
いや、ちょっと聞いてみただけです。新潟に、私がハイヒール持っていく、とか、
会場でそれを無理やりはいてもらってステップ踏んでもらうとか、
そうやって、おととさんに、新しい扉を開いてもらうとか、
そんなことは全く考えてはおりませんので、、、、。

そう言えば、いよいよ、今日か明日にはチケットが届くはずです。
また皆さんにはメールでご連絡しますね。

uncleさん、コメントありがとうございます。


そんなそんな、とっても「踊れる」なんてレベルじゃなく、

お恥ずかしい限りですのでヨイショしないでください ヾ(´ε`*)ゝ


>タイツより、いつものミニスカートの方が、ステップにキレが…

そう言われると何となく、そんな感じがしますね。カラータイツだとなんか鈍重に見えますね。

これ多分、見た目のイメージでしょうかね。普通にストッキングだと肌が透けて、筋肉の動きとか

スジが浮くのが見えたりして躍動的に感じるのかもしれません。

おっと、また変な方向に話が行っちゃいそうなので、もとい!


そうですよね、おじさんが家でPerfumeを練習する姿なんて、とっても人に見せられないですよね(笑)。

幸いウチの場合は、家族は知っているのでまだいいですが、でもさすがにあからさまに居る前ではしないですね。

やっぱり皆が寝静まってからですね(笑)。テレビも独占しなければならないので。


足のサイズは25.5か26.0ですね。

…いやいや、その世界の扉は開かなくていいですよ!

あのですね、普通の街の靴屋さんには男の足型に合うようなパンプスは売ってないです。

えっ? なんで知ってるかって? ……フフッ、秘密です。

おととさま

着眼点が鋭いですね。
実は、僕もこの事に関してほぼ同じ事を感じていて、書こうと思ったことがありますがおととさんに乗りますよ。(*^.^*)

>ひょっとして、ハイヒールはいた方がむしろ上手く踊れるんじゃなかろうか!?

正しく踊ってみた本人が言うのだから説得力がりあすね。(僕は踊ろうなんて気を持ったことはありません)
僕は逆に、ハイヒールを履いているが故のこのステップだったんじゃないかと思っています。
この頃は、全員ピンヒールですからそんなに大袈裟なステップはかえって危険なので敢えて
小刻みなステップを巧みに使ってつま先重心のステップをミキコ先生は考えたじゃないかなと。

>そして、ワタシがPerfumeにハマりだしたのは、(これまで散々書いていますが)その後の「DF」&「BUDOUKaN」だっ>たので、最初から、その「ハイヒールで踊る」姿に、驚愕したのを思い出します。

、実は僕はあまりこの時期意識したことがありませんでした。
このハイヒールですが、2009年頃までは統一感が感じられませんね。
おととさん渾身の「DF」はカシはブーツですし、ビターからこの時期は結構ブーツスタイルが見られますね。
二等辺はあ~ちゃんサンダルタイプを履いているし、確か代々木だったかのっちのヒールだけ若干太い物を履いていたように思います。安定感を求めたのかもしれませんね。(今も若干太いかもしれません)

>そして、あのハイヒールに巻いている透明の「脱げ防止テープ」はどういう風に取り付けてあるのか・・・・・

現在ヒールに統一感がありPTAレポートに「スパイス」のヒールが紹介されていましたが微妙に違いがあるようで、あ~ちゃんのヒールは、つま先部分が若干厚くなってますね。その分ヒールも高くなってるようです。
たぶん、背の高さを統一する為の厚底ではないでしょうか。シークレットヒールですね。
これは撮影用のヒールですから参考にはならないでしょうが、実際踊りに使うヒールはどのような仕様になっているのか私も見てみたい物です。

しかしヒールでドンダケ踊るんだて感じです。
やっぱプロは違いますね。

neccoさま、コメントありがとうございます。


>小刻みなステップを巧みに使ってつま先重心のステップを…

そう、そう思いますね。そしてそうすることで女の子らしいしぐさを演出しているように感じます。

「近未来テクノユニット」時代のブーツによるステップとはやはり違った趣があるように思います。


それから、ワタシさらにまた一つ想像したことがありまして、

ねぇステップの中にもあるし、最新の「GLITTER」の中の例のコンテスト課題部分の中にもあるんですが、

足首を左右にひねって足を中央に寄せてくるようなステップがあるのですが、

これひょっとして、ピンヒールの先端を中心軸にして、つま先を回すように動かしているからスムーズに

いくのじゃないかって思ってます。

いろいろ考えていくと、振付け、ダンスって、実は「物理の法則」も頭に入れながらやってたりして…!

なんてことまで思いますが、言い過ぎですかね? neccoさんならそう思いませんか?


>二等辺はあ~ちゃんサンダルタイプを履いているし…

そうでしたね。あれは確かツアー序盤であ~ちゃん、足だったか腰だったか?痛めたんですよね。

なので負担の軽いと思われるサンダルタイプにしたんじゃなかったでしたっけ?

それに、ドーム前にあ~ちゃん、巻き爪の手術したじゃないですか、

今思うと、実は二等辺ツアーのころから爪の具合悪さに悩んでいたんじゃないかと、

だからつま先の開いたサンダルだったんじゃないかなぁ、って思っています。


>たぶん、背の高さを統一する為の厚底ではないでしょうか…

それもありますよね。ねぇ以降、レザビの時もブランドを揃えると振付けもキレイに見えるからって、そうしてきたようですが、

スパイスではあ~ちゃんだけ違うブランドになりましたね。

以前の全くブランドを揃えていなかった頃は身長差を埋めるためにヒール丈で調整していたとのことですが、

スパイスでも再び身長差調整を重視したのでしょうかね。なんたってのっちの成長ぶりが激しいですからね!


いやはや、女性のハイヒールっていうのは、オトコにとっては永遠のテーマなのであります…。

x68kです
みなさんのヒールの分析ものすごいですね!
おととさんもさすが師匠!って感じです。

水をさすようですが、じつは私、パンプス好きじゃなかったんです。どちらかと言うとブーツ派です。
高校のときは足首からヒザの半分の丈(?)の一本ライン入りのソックスがはやってて、今で言う「萌え」を感じていました。
社会にでて働くようになると、女性の多い職場だったので、まわりはパンプスだらけ。どうも素足にパンプスという組み合わせが好きになれませんでした。それ以降ずっとその感覚でしたが、どの辺から好きになったかはわからないのですが、ブーツに萌えを感じるようになり、今に至ります。
DFやbitterの頃のブーツが好きです。

Perfumeをはじめて見たときはパフォーマンスのすごさに感動で、気にしませんでしたが、そのうち「この子達あんなヒールで踊ってる!」とさらに驚愕しました。
パンプスは普通に歩く姿が美しくないと魅力を感じない靴ですが、それを通り越して踊るなんて!
神業だ~!信じられな~い!と・・・。

最近はPerfumeのおかげでパンプスに違和感を感じることがなくなりました。

x68kさん、コメントありがとうございます。


「師匠」なんてやめてくださいよ~!ワタシなんて全然ペーペーなんですから!

古参やポリ古参の方に笑われますっ(笑)。 ま、いつからのファンだろうと関係ないんですけどね!


あ、ワタシもブーツも良いですよ! (なんか、女性の靴で何が良いか、みたいな話になってしまってますが…!)

neccoさん、x68kさんのおっしゃられるとおり、「DF」ではまだかしゆかはブーツでしたね。

「BUDOUKaN」の他の曲の印象が強くて、ワタシちょっと記憶がごっちゃになってました。(^-^;

しかも、かしゆかのそのブーツが「ニーハイ」という、オトコ心を刺激する最強のアイテムで、打ちのめされてしまいましたよ。

そのブーツも結構ヒールは細くて高いですから、どっちにしてもPerfumeは、

「およそ踊るための靴ではない」靴で踊るパフォーマーの先駆者ですよね。

追伸

>ねぇステップの中にもあるし、最新の「GLITTER」の中の例のコンテスト課題部分の中にもあるんでが、
>足首を左右にひねって足を中央に寄せてくるようなステップがあるのですが、
>なんてことまで思いますが、言い過ぎですかね? neccoさんならそう思いませんか?

ゲ~~。なんかどこのステップなのか解りません。(^^;)
でも、おととさんの言われるとおり、ピンヒールでどのような動きが出来るか考えながら創られていることは確かだと思います。

二等辺のあ~ちゃんのトラブルは知りませんでした。
彼女、結構身体的なトラブルを抱えていてそれだけ健康にも神経質なんですね。
「NHK武道館」はその辺がレポされていますので必見です。

しかしです。
おととさんがこれに着目したのはperfumeのダンスを考察する上で非常に重要だと思います。

なんかこの頃はおととさん任せになってますneccoでした。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/43805043

この記事へのトラックバック一覧です: もしもハイヒールを履いたなら…:

« 祝!3rd Tour 「JPN」開幕 | トップページ | 3rd Tourは 2ndステージへ! »