フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 辰年の女 | トップページ | The Opening! »

2012年1月 9日 (月)

Perfumeをフォーカスするおじさん2態

 

1/7の晩ですが、「奥田民生スペシャルライブ in 嚴島神社」、NHK地上波でも放映がありましたね。

ワタシ12月のBS放送の時見逃していたので、見られて良かったです。

一応上げときます。

 

    

    otrb120109ksnxirnbo 投稿者 mousouPFF

   

奥田民夫大先生、粋ですな~! いいですな~!

アコギ1本とハモニカも吹いての「レーザービーム」弾き語り、もうあのテクノポップが見事に70年代フォークに大変身でした。

「レザビ」の前に歌ったのが吉田拓郎の「今日までそして明日から」だったので、その流れで余計そう感じたのだと思います。

これはこれでまた違う「らぁぶび~むぅ」が聴けて、音楽の妙、奥深さを感じました。

かように「歌謡」にしてみると、完全に「フォーク歌謡」!

中田ヤスタカさんというのは改めて、実は歌謡曲のセンスも抜群なんだということが分かりますね。

ハードなクラブ系エレクトロがあったり、麻薬的陶酔感の得られるハウス系テクノがあったり、

そして「レザビ」のような歌謡調テクノもあるわけですよ……!

 

奥田民夫さんがユニコーンの時代は、ワタシは洋楽ロックか、国内バンドでもサウンド的にもっと骨太な方が好きだったたので、

ほとんど聴いていなかったんですけど、その独特のグルーブ感のあるメロディや、ファンタジックな詞の世界は、

やはり他にはない、スゴいアーティストなんだと改めて思いました。

 

そんな奥田さんが、自分のことをさて置いて、吉田拓郎とPerfumeを、「広島を代表する2組のアーティスト」とまでコメントしてくれて、

ワタシは広島県人ではありませんが、Perfumeファンとしては感謝感激ポリ荒らしなのでした。

広島県って、ジャンルを問わず、ホント凄いアーティストを多数輩出しているんですよね。

中国地方最大の県ですけれど、決して大都会ではないのに、

浜省に、原田真二、YAZAWAに世良、西城秀樹、吉川、もんた、髙橋真梨子といったビッグネームから、

今をときめくポルノにJUJUも…、もう書ききれないほどいます。この輩出率は相当高いですね。

そんな中から、Perfumeをフォーカスしてくれた奥田さん、ホント良い人っ!

やっぱり、「レザビ」の独創的なメロディと歌詞に、自分の世界と相通ずるものを感じたんでしょうね。

 

そして、このライブの観客の反応も面白かった。

拓郎の曲の時は静かに聴き入る、って感じだったんですけど、

次の曲が「レザビ」と分かった時は、笑い混じりのどよめき!ともいえる歓声(笑)、

やがて手拍子が混じり出し、スタンディングする人も!、

そして曲終わりの瞬間、大喝采!!!

おそらく、地元広島の人たちが多数を占めたと思われますが、Perfumeもしっかりと地元に受け入れられているんだな、と感じました。

(まぁ、笑いが起こったことは、まだまだ「アイドルソング」的な印象しか持っていない人もいる、という見方もあるでしょうが…)

 

愛する地元があって、また地元に愛される存在であること、息の長いアーティスト活動をするには必要ですよね。

観客へのインタビューの中で、「自分が生まれたときから、カープと奥田の歌が当たり前のようにあった。」

という言葉がとても印象的でした。

 

ワールドワイドな活動を夢見ながらも、昨年は夢であった地元イベントのステージにも立ったPerfume。

そして「JPN Tour」でも、「広島グリーンアリーナのステージに立てることが夢のよう。」と語る3人。

いつの日か、地元広島の人たちが、「当たり前のように」歌ってくれる…

そんな存在までになれたなら、それもまた3人の本望でしょうね。

 

………

 

~今日のもうひと言~

朝日新聞1/5の「声」のコーナーに載ったこの方、

   De41a984379211e1abb01231381b65e3_7  

素晴らしいっ!!! その勇気とキモさに大拍手を送ります!

ワタシも勇気をもらいました。

しかし防音室に110インチ画面とは、なんとも羨ましい限り。

でもそのことを書いてくださったことが、素晴らしいのです!

 

そういうことなのです!

« 辰年の女 | トップページ | The Opening! »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

uncleです。

いやぁ、いいものを見せていただきました。ありがとうございます!!

「男と女のラブゲーム」じゃなかった「虹色のラブビーム」、正に昭和歌謡ですね。

昔勤めていたホテルに奥田さんが宿泊されたことがあって、そのおっかけの女の子が
代金支払わずに無銭宿泊したことがあって、結局数ヵ月後に仙台で逮捕されたのですが、
そのイメージがあって、奥田さんにいい印象を持っていなかったのですが(って、本人に
全く関係ないっし、、、)、一気に親近感がわいてきました。

これを見てそう言えば、前から気になっていたことを思い出しました。

http://www.youtube.com/watch?v=po97_5FzEeU

KUREVAの「575」です。さすがにラップの本家、こちらは完全に自分の曲にアレンジして
ますが、味があります。

と、そうこうしている内に、神戸の初日まであと5日。
新潟はもう少しかかりますが、なんかそわそわして来ました。
いいライブレポートがありましたら、また教えて下さいませ。

x68kです
奥田民夫さんのこの動画UPされていたのは知っていたのですが、観てなかったです。
曲はオリジナルを知っているのでイマイチ、ピンときませんが、歌い終わった後のコメントは
すばらしかった。感動です。

朝日新聞は会社でも取っているのですが、気がつきませんでした。
こんな環境うらやましすぎます!奥さんも、設備も!
ぼくは、夜中にこっそりPerfumeを作っています。

おととさま


奥田民生は広島県人だったですね。知りませんでした。
しかし、広島のアーティストはビッグアーティストが多いですね。ロック系が結構いますね。
perfumeがブレークした年の何かの番組で、面識もないのに奥田民生が会いたいと言ってきたようなことを
あ~ちゃんが語っていた事を思い出しました。
たぶん彼にとって拓郎は影響を受けたアーティストで、perfumeは感銘を受けたアーティストかもしれませんね。

5日の新聞僕も見ました。
この人、私とほぼ同じ世代なのでなにか親近感が涌いてきますね。

uncleさん、コメントありがとうございます。

>奥田さん…そのおっかけの女の子が代金支払わずに無銭宿泊…

いやぁ、スゴイことあったんですね。

追っかけている女の子って、もう盲目になって後先が考えられなくなってしまうんでしょうかね

とにかくついて行くことが先になってしまったんでしょうね。


KREVAの「575」も良いですな~。

小室哲哉も「10年前に出ていたら100万枚売れた」なんて言っていましたし、

一昨年の夏、この曲がケータイのCMで流れたとき、ワタシ超絶に感動したのですが、

結局、売上枚数的にはいつもとさほど変わらなかったので、「なんで世間は分からないかな~っ!」

とがっかりしたものです。

でも、プロのミュージシャンから高い評価を得ているのはワタシたちも気持ち良いものです。

そしてこの映像を見ると、生歌でもここまでエフェクト掛けられることが分かりますね。


なんかワタシも落ち着かなくなってきましたが、

Perfumeはすでにリハーサルを終了したそうで、あとはゆっくりして、14日神戸を待つばかりなんでしょうか。

エライですね~。きっちりと余裕で準備してくるんですね。

ワタシらも応えられるよう、しっかりと準備を整えたいですね。落ち着いて落ち着いて……。

x68kさん、コメントありがとうございます。

朝日新聞に投稿された方、羨ましすぎですよね。ワタシもこんなの夢のまた夢ですが、

こういう、ちょっと余裕のある方でPerfumeファンの人って、確かにいるようです。

そしてワタシが言いたかったのは、

110インチの画面に大音量で見たくなる映像(パフォーマンス)だってことを、この方が全国紙で知らせてくれた、ということなんですね。

neccoさま、コメントありがとうございます。

おぉ~!、Perfumeブレイクの頃から奥田さんは気になっていたのですか!

奥田さんもガチですね(笑)。だと、3~4年越しの思いで歌ったんですね。キモ素晴らしいです。

こうしてみると、プロのミュージシャンでも、Perfumeのことを評価している方って、

皆さん個性的ですね。独自の音楽性を持っていて、唯一無二の世界を繰り広げている方ばかり。

中田ヤスタカ&Perfumeもそうですからね。

やっぱり、分かる人には分かるんだなぁ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/43677313

この記事へのトラックバック一覧です: Perfumeをフォーカスするおじさん2態:

« 辰年の女 | トップページ | The Opening! »