フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

スパイス・ガール

 

Spice1_2

 

Spice2_2

 

キミらの方がスパイシーやっちゅうねん!

 

いいですね~~!、おっとな~~!

オシャレでキュート&セクシー、

現代のジャパニーズスパイス・ガールズって呼びたいぐらい!

本家本元のスパイス・ガールズの方は、エレクトロの要素はなかったですが、

ダンスポップであったところや心地良いハーモニーは、Perfumeと共通する部分もなくもなく、

将来的にはPerfumeはこんな路線もありかも、ってちょこっと思いましたが、

まぁ、「スパイス」からのかなり強引な連想でした。

 

公式によるアナウンスでは、「ハウス」に振った曲調とのことですね。

 

「ハウス」、ワタシゃ夜な夜なクラブに通うようなことはなかったので、

(というか、昔は「クラブ」じゃなく「ディスコ」だったし。)

「ハウス」の概念はよく分からんのですが、広義においては「テクノ」の範疇であり、

その中でよりクラブ用に振った、リズムを強く出したホントに踊るための音楽、ってとこですかね。

中田氏がより得意とするところでしょうから、タイトルどおり刺激の強い感じになるかもしれませんね。

今までの曲の中でも、「リニア」や「Tbt」なんかはハウスっぽいのかなぁ、って思ってましたけど、

音的にはもっと少なくて、「オトナな」「夜のネオン」を想像させるような感じになるのかもね。

 

そう、「金ドラ」のテーマソングだそうですから! そうなんですよ多分。

 

TBS「金ドラ」、現クールでは「美男ですね」ですか。ウチの嫁と子供らは夢中になってますけど、私は見とらんです。

いつから「金ドラ」はガキの甘酸っぱい恋愛ドラマになったんだっ、て!

「金ドラ」といえば、以前は「ドラマのTBS」を象徴する看板枠だったですよね。

「金曜日の妻たちへ」や「ふぞろいの林檎たち」はあまりにも有名。

オッサンがハマって見てたのは90年代、「ずっとあなたが好きだった(=冬彦さん)」や「高校教師(=桜井幸子のセーラー服)」、「人間・失格(=壮絶なイジメ)」

などでしたが、どれもこれもその時代時代の社会現象を映し出した「問題作」、深く考えさせられるようなものが多かったように思います。

オトナのためのドラマだったですよ……。ちょっと嘆きが入ってしまいましたが、

今度Perfumeが主題歌を歌うことになった金ドラ「専業主婦探偵~私はシャドウ」は、

「何の取り柄もないドジで不器用な主婦が、愛する夫のために奮闘する姿を通して、主婦から働く女性まで、「観てすっきりした!」と、思っていただける爽快なドラマ」

だそうなので、少しオトナ路線へ回帰でしょうか。 主演の深田恭子、フカキョンももう28歳ですか。しっとりとしたオトナの女性を演じられる年頃になったんですね。

 

そのドラマのイメージに合わせたのがこのCDジャケットでしょうか!?

いやはや、何度も言いますが、オトナないい女になりましたなぁ~!

前作「レーザービーム」のジャケも綺麗でドッキリさせられましたけど、

たった4、5カ月でまた一段と艶っぽくなって、

それ以上になってきましたよ!!!

 

かしゆかぁ~! そのお肩っ!

あ~ちゃん!(って呼べないかもねもう。)その首筋っ! そしてあ~ちゃんも、もはや変態丈!

おまけに2人で「円いところ跨がないでっ!」って、もうやられましたわ!

そしてのっちさんはねぇ………、胸元! あと、最近ちょっとウェービーにしている髪もね、いいね。

 

はぁ~、もう完全に脱皮しましたね。独走してます!

 

新曲のテレビ披露が待ち遠しいですわ…!

2011年9月27日 (火)

ときめいて、いきまっせーっ!!!

 

ちくしょーっ! 残業で更新遅れたけどもーーーっ!

 

改めていっちゃうよーーーっ!

 

  

 

ヒャッホーーーッ!

 

「JPN Tour」発表、おめでとうーーーっ!!!

 

 

ヒャーどうしよどうしよ、マジどうしよ、

来るよ来るよ、来ちゃうよ、来ちゃうよ!

 

お隣の県にーーーーっ!

 

 

 

3人のーーーっ!

 

 

 

天使がーーーっ!

 

 

 

来ちゃうよーーーっ!

 

 

夢だ夢だ、これは夢だ!絶対夢だ!

あ、でも「GAME Tour」でも来たか。

そうか、Perfumeは2回目か。夢ではないのか。

いや、オッサンにとっては初Tourじゃ。

やっぱこれは夢じゃ!

夢が叶うんじゃ。(山形ならもっと良かったけど!それはおあずけ。)

 

とにかく、日本海側唯一じゃ。

それだけでもうジーンときちゃうよ!

しかもアリーナじゃ!

日本海荒波アリーナじゃ。

そうじゃなくて、

 

朱鷺メッセじゃーーーーっっっ………(逝)

 

 

逢いにゆきますぅーーーっ………!

3人の天使にーーーっ……!

 

踊りにゆきますぅーーーっ……!(40を過ぎたオッサンが…)

みんなとーーーっ……!

 

そして嫁さん説得かんりょーーーっ………(呆れてたよ……。でも感謝…!)

 

時は2月4日じゃ!

サラリーマンにはうれしい土曜日!!!

 

ん? まてよ、

 

いちばんやばい季節じゃん!!

2月上旬の日本海側はマジやばいよ!(「GAME Tour」の時の新潟は5月!)

 

Perfume来れるかなぁー?!

それが今から心配じゃ。

いやいや、オレも無事に着けるのか?!

 

とにかく、

来年2月4日、寒波来るなーーーっ!!!

お願いします…。

 

あ、その前に、チケットゲットが先だったね。

 

どうか取れますように………!

2011年9月23日 (金)

(妄想企画)Perfumeファンフェスタへの道! vol.1

 

Perfume、 今から11年前、広島の芸能スクールで出逢った、3人の夢見る少女たちが結成したユニット。

2007年に『ポリリズム』がヒットしてからは、メジャーへの階段を駆け上がってきましたけれど、

その音楽表現の独創性、特異性は、あくまでニッポン的ポップスの本流ではないから、

誰もが口ずさんだり、踊って真似たりするような、普遍的な存在じゃないですよね。

その音楽表現に開眼した人でないと良さが分からない、と言えるかもしれません。

 

だから、CDチャート上位の常連になったとはいえ、CDそのものが真っ当に売れない、音楽も使い捨てられるような今の時代だから、

この音楽をきちんと聴き込んで、このダンスパフォーマンスをまばたきもせずじっくりと見入っている人なんて、日本全国に10万人ほどしかいない。

 

なので、「Perfumeは良い!」っていうこの気持ちを、誰かと直接的に共有できる機会ってなかなかないのです。

ましてや、日常生活的には好きな音楽のことを話す隙間のない、私たちの世代なら、もっと数少ないのだと思います。

 

Perfumeについて、誰かと話したい!

話せなくてもいい、みんなと気持ちを、空気感を共有したい!

 

ライブに参戦することも一つの手段だと思いますが、

そこはあくまでライブをしに行くのが主であり、ファン交流の場はあくまでも個人レベルに限られる。

 

もっとファン同士が、広く直接的に交流できる機会がないものかなぁ……!

っていう思いが高じて思い浮かんだのが、

先日書いた、「Perfumeファンフェスタ」のイメージなのでした。

 

そうしたところ、

私の頭の中で、モヤ~ッとしていたものを、

x68kさんが、ご自分なりの妄想を付け加えて、目に見えるものとしてイメージを膨らませてくださいました。

では、どうぞ!

 

 

 

 

02    02_6

 

02_7

 

ご本人の説明では、「ブースの壁面」のイメージ画、とのことですが、

私は告知ポスターとしても良いんじゃないかと思いました。

3人の画像との色合いや、ロゴのイメージに統一感があり、きれいですねぇ、って思いました。

(なお、記載されている企業名、個人名、施設名等は全て架空のものであり、実在の企業、人物、施設とは一切関係ありません。)

 

  

という感じで、

「(妄想企画)Perfumeファンフェスタ」、いつか実際に開催されることを夢見て、

今後もゆるゆると妄想を膨らませていきましょうかねぇ~!

2011年9月20日 (火)

23

 

  

               今年の春の「笑劇の、もとい、衝撃の告白」には驚かされましたが、

 

 

Uvs110920001_3 

                 その無邪気さと、

              

 

 

 

Uvs110920002 

                内に秘めたる情熱、強さ、

 

 

 

 

Uvs1105010031

                優しさ、

 

 

  

  

Uvs1105290011

                気づかい、

 

 

 

 Uvs110921001

                その上、美しさまで…

 

                良いお23(にーさん)、いやもとい、良いおねーさんになりましたね。

 

                23歳誕生日おめでとう!

 

       

2011年9月17日 (土)

(妄想企画)Perfumeファンフェスタ!

 

8/13のサマソニ東京に参戦した日のことなのですが、

羽田から天王洲アイルまで出て、りんかい線に乗り換えて幕張まで行ったんですけれど、

天王洲で電車に乗ったら、車内は若い男女で結構混雑だったんです。

休日の午前なのに珍しいなぁ、

まさか、これ全部サマソニ行く人?!って一瞬ビビったのですけれど、

どうも「いでたち」がロックっぽくない。

ちょっと気恥ずかしい気持ちで見回しているうちに、「国際展示場」に着いたんです。

そしたら、その若い集団がそこで皆一斉に降りてしまったんです!

あわわ、どこ行くの?(えっ、オレもここで降りるんだっけ?)って窓の外を見たら、

どうやら、同日に東京ビッグサイトで開催されていた、「コミケ」に行く方たちだったのです。

いやぁ 田舎のオッサン、テレビのニュース等では見ていましたが、

実際にそちらの界隈の方たちを見たのは初めてでした……。

その後のりんかい線の車内は、新木場までガラ~ンとしていたのでした……。

 

そんな体験があったことを思いだして、

ちょっと妄想してみたのです。

 

「コミケ」って要するに、そちらの趣味の方々が一堂に会して、買い物したり、交流したりするイベントですよね。

近頃なら、オフ会なんてのも会場近辺で盛んに行われているのでしょうね。

 

ならば、

Perfumeファンの交流イベントだってあっていいんじゃないの?!

というわけで、思いつきで書いてみたのでした!

Img_0006_4   

クオリティ低っ! 子供の遊びかよっ! って言わないで!

アナログ半分な世代なんだから、許してっ!

(おまけに画像の大きさに制約があり、この解像度でしかUPできませんでしたので、見づらい場合はクリックしてファイルを開いてみてください。)

題して、『Perfumeファンフェスタ!』(ベタ!)

 

あくまで思いつきなので、どこでやるんだとか、主催は誰なんだとか、本人ゲストはあるのかとか、

細かい設定はな~んもございませんが、

こんなイベントがもし開催されたなら、

超楽しいだろうになぁ……!!!

2011年9月15日 (木)

踊ってみTER!

オッサンも大注目の、

Perfumeダンスコンテスト〜魅せよ、JPN!〜

いよいよエントリーが出始めましたね!

けど意外とまだ少ないですね。

やっぱり、ちとハードル高い?、からでしょうか。

リリース前の最新曲を課題とし、その上たった15秒とはいえ、後半の「オリジナル部分」をつくらなければならない、

ってところに苦心されているんでしょうか。

でも、ただ単に既存の曲のフリコピを競うだけなら、もうそれこそ応募者多数で、

しかもみんな上手いだろうからコンテストにならなくなるんでしょうね。

やるからには拘って、例えお遊びでもクオリティ高いものを、ってところがチームPerfumeらしいところでしょうか。

なので、私はこの審査方法を最初見たとき、「セミプロダンサーみたいな人が応募してくるんじゃないの?」って思いましたが、

現在エントリーされているのは、そのような方ではないようで、一般のパフュファンの方々(相当気合は入っていますが)のようですね。

その中で、女子大生風の3人組さん、

いいじゃないですか~!

Perfumeに劣らないハイヒールでかなりキレのあるダンス!

体の軸がグラつかない、相当踊り込まれている方々ですね。

と思って他も検索してみたら、

「ジャージで踊ってみた」の方々でした。以前からかなりフリコピを投稿されている方々ですね。

久しぶりに動画を見ましたが、Perfume本人たちと同様、以前と比べて大人っぽくキレイになっているし、踊りのクオリティもUPしてます!

そこまでコピーしています! スゴッ!(笑)

 

え~、そいでね、

オッサンも、やってみましたよ!

前半のコピー部分だけですが、

 

いちおーできたっ!(15秒の振りに1時間かかった!)

 

でもね~、やっぱりカッコよくリズムに乗るのは難しいね!

特に、出だしの「キラキ~ラ~の~」のところ、

単純に 左、右、左、左 と横ステップすればいいんじゃなくて、

「の~」のところ、

腰を「クイッ クイッ」って弾まなければならないのですよ!

デモムービーのおネーさんをよく見ると、瞬間的に蹴ってるんですよね~。

これができん! ムズい……。

 

あとそれと、「ぼくた~ち~は~」のところ、

右足を寄せてきながら、肩も上げ下げしつつ、同時に左手をポンポンポン、って叩かなきゃならないんですね!

ここが難関です。

 

いや~でもね、

カッコ悪くても、できると楽しいね!

汗かいて気持ちいいです! ハイ。

ここまでで十分満足です。

エントリーなんてとてもとても………

 

ところでその課題曲「GLITTER」、サビ30秒だけ聴いた印象ですが、

いいっすね~!

シンセベースの感じが「7天」を思わせ、跳躍感がありいいと思いました。

こういう、だんだん下がっていったあとに、いきなりポーンと上に上がるコード進行、好きです。

かなり期待です。

 

しかしこれでもBサイドなんですよね?!

Aサイドはこれ以上なんでしょうか?!相当期待です。

しかも大型タイアップとのこと。

改めてこう言っているということは、KIRIN氷結シリーズとは違うものだと想像されますが、

何だろな~?!

これまでのCMタイアップを遡ってみると、

キリン=お酒、 KDDI=ケータイ、 日産=クルマ、 サントリー=清涼飲料、 NBB=ファッション、 森永乳業=アイス、 コーセー=化粧品、 ソニー=パソコン

等があったわけですが、結構幅広く出てましたね。

基本的には、若い女性にアピールしたい商品だと思うのですが、

これらとは違う商品だと仮定すれば、

例えば妖怪キューティクル女、かしゆかをメインにするならシャンプー&コンディショナー」とか、

あ~ちゃんメインと想定すれば、ん~…、「チョコレイト」のCMとか、

のっちイメージならば…、「カレー」のコマーシャル!(マニアックか?)

なんて、これから秋から冬にかけてのCMっぽくていいんじゃないでしょうか!?

何かな~、楽しみだな~っ!

 

Glitter_3 

2011年9月12日 (月)

9月12日

 

昨日、遅ればせながら、「Cars2」を見てきました。

(「本買ってやるから一緒に行こう。」との誘いに娘がのってくれました。ニンマリ!

館内には小さな子供連れのファミリーもいたのですが、

後半になると飽きてしまい、グズリ出す子もいたのですが、

 

エンディングで「ポリリズム」が流れ出すと機嫌が良くなって、

そのうち、なんと、シートを叩いてリズムを刻み始めたのでした!

 

やっぱりこの曲は人の心を動かす何かを持っていると、

改めて思った出来事でした。

 

「ポリリズム」、Perfumeに大きなチャンスを与えてくれた楽曲。

Perfumeをメジャーアーティストへと大きく羽ばたかせた楽曲。

みんながPerfumeの存在を知った楽曲。

そして今もなお、Perfumeに新たな輝きを与えてくれる。

この楽曲との出会いがなかったならば、Perfume自身の人生は今とは違うものになっていただろうし、

もしそうであったなら、その後のDVD「BUDOUKAN」やCD「Dream Fighter」に続いていくことはなかったであろうから、

今のオッサンの生活も違っていたはず。

 

40を過ぎてから、世間一般的には「アイドル」というジャンルに入れられている、

この純粋で素朴でひたむきで、

優しいがゆえにちょっと危なっかしい3人の女の子たちが、

もう唸るしかないような音楽とダンスで表現する世界に感動し、

DVDやCDを集め始めたり、夜更けまでネットの投稿動画を貪ったり、

妻子のひんしゅくを買いながらもひとりでライブに参戦したり、

ファンクラブに入ったり、挙句の果てにブログまで始めたり……

 

オッサンも動かされているなぁ~!

 

こんな生活 (人生、とまでは言えないけど。) 絶対なかったよなぁ~。

 

それもこれも、この曲があったからこそ。

 

この生活の楽しさを、

この気持ちよさを、

このドキドキワクワクを、

 

この癒しを……

オッサンにもたらしてくれて、

 

この曲がこの世に生まれてくれたことに、

本当に感謝、感謝。

リリース4周年おめでとう!!!

 

Uvs110912001

Uvs110912002_2  

Uvs110912003_2

 

Uvs110912004_3 

2011年9月11日 (日)

今日も京都で、猛レ~ス!

今日は引き続き「4大発表関係」のことを書こうかと考えてたんですけれど、

急きょ「マリオカートネタ」に変更じゃーーーっ!

(PTAネタでございます。)

 

マリオカート、Wiiになった今でもあるんですね~。ゲーム界ではもう永遠の定番ですね。

オッサンは「スーパーマリオカート」の時代に一生懸命やっていましたが、今は全然ですね。

ウチには「Wii」もないし。

基本的に乗り物系が好きなので、「グランツーリスモ」シリーズとか、「電GO」シリーズとかよくやってましたよ。

でもPerfumeさんにお熱になってからは、ゲームは全くご無沙汰ですね。

 

そんなところに、「マリオカートWiiで遊ぼう!」というのっち企画でしたが、

いやいやいや、笑った笑った!笑い過ぎた。

マリオカートは見ているだけでも楽しいですね。興奮してきますね!

しかもお嬢さんたちがキャーキャー言いながらやってる姿がとっても微笑ましくて、デヘ~ってなってしまいました。

 

まずは今回の企画にあたり、任天堂のご厚意があったとのこと。

まさか、次の曲のタイアップ先とは任天堂のことか?!

コンピューターゲーム会社なら、イメージ的にPerfumeと合うかも?!

何とな~く、「Cars2起用」からの流れも感じるし…。(確かな根拠はないですよ。)

 

そしてゲームスタート。まずは練習モードで。

Wii初心者のあ~ちゃんの、「どのボタン押すの?」的な発言に、のっちが「やってみよ、やってみよ」

さすがPerfumeいちのゲーマー。「押すボタンなんてやってるうちに分かるよ」的な返答がいかにもゲーマーですね。

(ちなみにオッサンなら、最初は取説読んでボタンを確認してから始めます。)

さらに、飲み物を注いでいるうちに2レース目が始まり、

なんとのっち、ペットボトルの蓋を閉めながら肘でボタンを押すという荒ワザ!!(笑)

このゲーマー、家でもこんな感じで何かやりながら、グダグダとゲームやってるんだろね(笑)

しかし、のっちはゲーマーだけにいろんなアイテムを取る方に集中しすぎて、レース順位はいまいち。残念。

それに比べてかしゆかは、アイテムはあまり気にせず、ひたすらコースに合わせて走ることに集中、なので高順位!。

性格出てますよね。

 

そして3人によるガチンコ対決がスタート!

だんだん慣れてきたあ~ちゃんはノリノリになってきて、

「バナナ置いてくぜぇ~!」 「でっかくなったぜぇ~!」 「飛ばすぜぇ~~~!」(爆笑)

と、完全に 族キャラ憑依!!!

威嚇して蹴散らす蹴散らす! 面白すぎっ!

 

そんな大騒ぎレースでしたが、

最後のレースはのっちが逆転して1位。ゲーマーの面目躍如でしたが、

総合順位は、堅実な走りっぷりだったかしゆかが優勝となりました。

 

コンピューター系に限らず、トランプ系でもボード系でも、ほんとゲームって性格出ますよね! 

普段実直そうに見える人が、ゲームをやらせると意外と勝負師だったりしてね。 面白いです。

 

というわけで、のっちが「ただやりたいことをやらせて頂いた」今回の企画、最高に楽しませていただきました!

 

 

Imageca963zlz_2 

 

2011年9月 8日 (木)

タイトルは、『JPN』

 

めでたく11/30のリリースが発表されたNEW ALBUM。

今のところ、タイトルが『JPN』ということと、『不自然/ナチュ恋』から最新シングルまでを含んだ…

ということしか明らかになっていないのですが、

このタイトルに込められたPerfumeの思い、っちゅうのは、今後リリースが近くなった頃にいろんな媒体を通して語られるんでしょうね。

なのですが、オッサン的にはもうすでにこの『JPN』というタイトルだけで、思いがめぐるのです。

 

直近の話題としては、「Cars2」への「ポリリズム」採用のことが頭の中をよぎります。

ジョン・ラセター監督をして、たくさん聴いた日本の曲の中で「この曲だ!このシーンにピッタリだ」と言わしめた、

そう、Japan as Number One。

アジアの端っこのちっぽけな島国に、世界に2つとない素晴らしい音楽表現がある、と気づかせてくれた世界に向けて、

「改めて、自己紹介します! 日本からやってきました、かしゆかです、あ~ちゃんです、のっちです……!」

そんな気持ちが込められているのでしょうか……?

私、3人がラセター監督との対談で、監督に向けて例のあいさつをするシーンで、

あ~ちゃんが本当に純粋に目を輝かせて、監督の目を真っ直ぐ見て(少し上向き加減に)、

精一杯の 「Perfumeですっ!」 をしている姿が思い浮かびます。

思い浮かぶたびに目頭が熱くなります…。

 

そして、「HRS」から「JPN」へと大きく羽ばたいた今、更に世界へと発信する決意ともとれるのです。

 

視線を内側に転じれば、半年前のあの日以来、私たちはこれほど「日本」を意識したことはないのではないでしょうか。

日本が嫌になったりもしました。「何で?」って思うことがたくさんありました。

でも、こんな時だからこそ分かった日本人であるということ。

世界中からの称賛の声。何でもない当たり前と思っていたことなのに。

やっぱ私らは日本人なんだ。日本から逃げ出すわけにいかないし、日本人やめるわけにもいかない。

だから、もう一度日本のことを見つめ直し、日本人同士手を携えていこうよ……

 

もし、そんな思いも込められているならば、

『JPN』への新たな収録曲が、めちゃめちゃ期待されるのです。

 

………

 

~今日のもう一言~

『JPN』のあとに、あえて数字をつけるならば…

『JPN 』なんちゃって……

 

どうでもよかったね。

2011年9月 5日 (月)

た~まや~っ!

今夜は「氷結」で乾杯じゃ~っ!

 

いやいやいや、とにかく今は、

カツ丼2杯と牛丼とカレーを、頼んでもないのに「これでどうだっ!」

って目の前に“ドンッ(丼ッ)”って並べられた気分ですね。

いくら「待たせたねっ」っていっても、オッサンには一度にそんなに食えませんって!

それに「不整脈」とかちょっと気になりだしているお年頃なんだから、

あんまり驚かせないでくださいよ~! ね~っ。

 

はぁ~~~……(深呼吸)

 

………

 

今日は朝からソワソワ落ち着きませんでしたね~。

トイレに立つたびにAQUOS PHONE持ってったりして、今日は内業ばかりで良かったわ。

で結局、昼休みになって「よっしゃ―!」って車に駆け込んでアクセスしてみたら、

「ただいま混み合っております……。時間をおいてからもう一度……。」

PTA会員なのに見れないなんて……(泣)。まるでジャニーズファミリークラブかっ!?

どんだけの(丼だけの)会員が見にいってるんだっ、てね。

それだけみんな待ってたんだね~……。

仕方なく、オッサンはツイッター経由で「ナタリー」で速攻上がってることを知って、

まず第一報は「ナタリー」で知ったのでした。

そして発表されたのは、まさかの「尺玉4発同時打上げ」ですよ!

ひゃ~、もう何が何だかしばらく頭の中が整理できませんでした。

「えっ?、JPNだって?」「何々?アリーナツアー?!」「ダンスコンテストが何だって?!」

もうそんなポワ~ンとした状態で午後の始業を迎えたのでした……。

まずは帰宅してからじゃ……。

 

そんな「オッサンのいちばん長い日」でしたが、

まずは、

良かったね~!ホントに!!!

一安心です。

 

凄いね~、チームPerfumeは、またしてもファンの予想を遥かに超えて繰り出してきました。

嬉しいですな~、ありがたいです。

ドキドキ、ワクワクが止まらんですよ!

 

シングル、アルバム、ツアー、おまけにダンスコンテストと一気に発表されましたが、

でも、ちょっと冷静になってみると、ひとつひとつは結構良い感じで間隔を置いたペースなんじゃないでしょうかね?

間には韓国遠征や年末のイベント、TV番組もありますし、

ツアーの最終は2月にかかるんじゃないですかね? もしそうならばこれから半年もありますよ。

これならPerfumeも無理がないだろうし、そして私らも持続して楽しめますね。いいですね!

 

さあ、いよいよ2011年Perfumeの本番ですよ!

オッサンもがんばって追っかけていきますよ~っ!

 

………

 

~追伸~
 

あまりにも話題が盛りだくさんなので、

個々のお話はまたの機会で……

2011年9月 3日 (土)

明日は、はよぅふれひゃってにょ!

 

金曜の深夜~。

今週もお疲れっした~! ふぅ~っ。

8月後半から9月にかけてってのは上半期の追い込み時期ってことで、

オッサンも結構残業がんばらんといけんのですよ。

んでもって、週末は子供の行事やら大会やらでそんなにゆっくりとしてもいられんし。

ちょっとオッサンも夏の疲れが出て来始めの頃なんですが…、

 

今日はそんなくたびれたオッサンのことを知っていたかのような、PTAのPHOTO&MOVIEの更新があり、

 

ふにゃぁ~~~、ニヤニヤ~~~。

すっかり癒されまひは~~~。

 

まずはPHOTO、RIJフェスの写真集でしたね~。

その中の3枚目、楽屋裏でのリラックスショット、

扇風機の前で「アキレス腱伸ばし!」

ダハハハ……笑っちゃいました。

去年の『VOICE』のPV撮影舞台裏でもストレッチしながら遊んでましたよね。

こういうのって多分、のっちがやり始め、かしゆかノッてくる、ってパターンなんでしょうか。

楽しそうですね。

意外なほどストイックではないですけど、筋肉ほぐすためには気持ちもリラックス、って案外理にかなっているのかも。

人に笑顔を与えるお仕事ですからね。

 

次に5枚目、かしゆか~、サービス精神旺盛過ぎるショーット!

どっかのキャンギャル顔負けのポーズ。オトコのツボを押さえてますな~。

そしてオッサン個人的に、女性の「土ふまずがパンプスの底からちょっと浮いた状態」にドキッとするんですけど、

この写真のこれなんですよ~! もう言葉はいりまへん。 らーっす!

 

それと7枚目、開演直前の、いつものあ~ちゃんのお言葉に気持ちを合わせているショット。

この時かしゆかはあ~ちゃん見つめて、どこか「あ~ちゃんについて行くよ」っていう感じに見えます。

対照的にのっちは、ひとり違う方向をグッと見つめてふたりと目を合わせない。

もうこの瞬間から自分に集中してエネルギーをグワーって貯め込んでいる感じ。

ドームライブ開演直前のあのシーンを思い出しました。

 

そして思いっきりライブを楽しんでいるショットの数々…。

なかでも、21枚目(今回は多かったね!)、のっちの写真がカッコ良くていいです!

「レザビ」か「ワンコ」かなぁ?

髪がファサ~ってなってアーティスティックな写真でした。

 

MOVIEの更新は、「微かなカオリ」Video Clipの裏側 その5、

ロケバス中でのっちカメラマンによる休憩(?)の様子。

車内は3人だけでしょうか、素のリラックスぶりにもうニヤニヤ~の連続でした。

 

まずはあ~ちゃんの 「はよぅふれひゃってにょ!」

いつかのMステで言ってたネタですね。

オッサンのお国のことばでは、「はやぐふろさはいってねろ!」ってとこですかね。

広島弁の方が全然かわいいわ!

その後あ~ちゃんは春の陽気に誘われたか、横になってゴロゴロ。

でものっちの振りにはちゃんと反応で笑えます。

そしてまたオッサンの変態チックな好みの話でなんですけど、

「女性が薄い1枚をかけてお昼寝する姿」って、なんかいいと思いません?!

そしてなおかつ、足がちょっと覗いていたりしたらもう……coldsweats01

なので、あ~ちゃん足隠してて残念でしたが、

また足指のトラブルじゃなければ良いですが…。

 

かしゆかは足のペディキュアを見せてくれて、白い肌にこれまたドキッ!

のっちカメラマン、ナイス振りでした。

 

最後にのっちさん、

「こどものっち」、これ絶対ラジオよりもこっちの方が面白いよね~っ!

PTA MOVIE中ののっちって、間違いなく面白いんですけどね~。

惜しいね~、残念だなぁ~。

けど、最後はダメ押しの、

のっちさんルームミラー越しに投げキッスの嵐っ!

 

のっちさん、確かに以前「投げキッスしたい」って言ってましたけど、

ちょっと投げ過ぎじゃぁありませんか?! 減っちゃうよっ! 

 

というわけで、すっかりフニャフニャになってしまったオッサンでした………。

2011年9月 1日 (木)

私がジイさんになぁっても♪

(森高風に…)

 

今日は6月から思っていたことなんぞを、

もう、とうに旬の時期は過ぎていることを承知で……。

 

毎年6月中旬に行われる、株式会社アミューズの定期株主総会では、総会終了後のアミューズメントとして、

アミューズ所属タレントによるイベントが行われています。(芸能事務所やレコード会社の定番ですね。)

2008年のこのイベントには、ついにブレイクを果たしたPerfumeが出演し、「プレミアムミニライブ」を披露しています。

そして今年のイベントゲストとして登場したのは、「虎姫一座」という、申し訳ありませんが私は初めて聞く名前のグループ(劇団?)でした。

何となく興味を持って検索してみると、こんなコンセプトのグループでした。

以下HPから抜粋。

 

「日本のエンターテインメント発祥の地、浅草で古きよき昭和歌謡のリバイバルをコンセプトに練り上げたスペシャル・コンテンツを上演する為に、

アミューズミュージアムを拠点に活動する3組、チーム織り姫、織り姫Z、トラトラトラッドが合体し、特別に結成された総勢9名のユニット。

それぞれのユニットの個性を最大限に活かしつつ、合体した時の無限大の可能性を秘めた期待のスーパーユニット。

2010年12月より新たなライブパフォーマンス『ファミリーマートプレゼンツ 復活!昭和歌謡「エノケン、笠置のヒットソングレヴュー」』(昭和歌謡コシダカシアター)絶賛ロングラン公演中!」

  Torahime  

…とあります。

へぇ~! こんな芸能活動もやってるのね! と、ちょっと驚きました。

 

この興業を手掛けるのは、アミューズの子会社である「アミューズエデュテインメント」。

そして、このプロジェクトの設立のコンセプトを読んで、さらに感嘆したのでした。

以下、またHPから抜粋。

 

「長年、アミューズグループの牽引役としてのみならず、特に若者文化を中心とするエンターテインメントビジネス界を走り続けてきた大里洋吉が、

アミューズ総研での研究の結果、自分と同世代のアクティブシニア層を中心とするマーケットに向けて、

上質なエデュテインメント(エデュケイション+エンターテインメント)コンテンツの必要性を認識するようになりました。

シニアマーケットへのアプローチは、これまでのアミューズの事業を、今後さらに広げ、伸ばす大きなシナジー効果が見込めると考えております。」

 

…というものでした。

 

オッサン、これを見てなんだか心がホッとしました。

エンターテインメントビジネスを、単なる一過性のもの、流行を生み続けるだけのものとして捉えるのではなく、

過ぎ去ったものにも目を向け、良いものは良いものとして、

「若い頃を思い出してまた楽しみたい!」という大人のニーズに応えながら、

更に未来に引き継いでいく…。ちゃんと先の先を見据えている…。

 

改めて、Perfumeは良い会社に所属してて良かったなぁ、と思いました。

この会社に所属している限り、Perfumeは安泰だなぁ、と。

 

もちろん、Perfumeがこのままずっと続いていくことはないだろうし、3人だってひとりの女性として、人として新たな人生を歩みだす日が必ず来るはず。

 

それでも、この「アミューズエデュテインメント」の事業展開を知ってみると、

20年後の未来に、結婚、出産、子育てを終えたPerfumeが再結成し、

42歳になり円熟したPerfumeの3人のパフォーマンスを見て、

客席で微笑みながらゆったりと体を揺らしている、60ウン歳になったオッサン(>ジジイ)の姿が想像できて、

 

楽しいのであります………。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »