フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« オッサンのサマソニ東京2011参戦記 ~パート1~ | トップページ | コーデネートはこ~でね~と! »

2011年8月15日 (月)

オッサンのサマソニ東京2011参戦記 ~パート2~

(前記事から続く)

それでも3人が全開で踊ってますから、私もがんばりましたよ!

今年のこれまでの夏フェスの傾向からオープニングの「FAKE IT」の心の準備はできていましたので、

音が鳴った瞬間から右手突き上げました!

私の周りでは、緑Tの方は皆無。若者の方が圧倒的に多く、私は完全アウェイ状態で、

しかも左右の若者と前のカップルはあまり動かずで一瞬気が引けましたが、

幸い、前の前の男子がもの凄い独特のノリで、体をくねらせながら踊りまくっていたので、

こっちもその勢いに便乗して、体力と相談しながら跳びました!

何たって約9か月ぶりの生Perfumeライブでしたので、もう冷静でなんかいられないですよね。

Aメロでは少し緩めたりしながら、サビに来るとまたガンガン跳ねたり、

でもあまりに密集していましたので、振付けは右手だけ、たま~に軽~くしかできませんでした。

しっかり振りコピして楽しむなら、ホールでのワンマンライブなんでしょうね。

 

あっ、肝心のPerfumeのパフォーマンスですが、

「FAKE IT」フルバージョンは……、見ましたけど……、

憶えてません!!(残念!!!)

だって、最初からもう逝っちゃってましたもん。

(だから今回の記事のタイトルは「ライブレポ」ではなくて「参戦記」なんですぅ…、悪しからず。)

それに、居た場所が会場中盤でしたので、東京ドームの時の米粒大のPerfumeよりは大きかったですが、

それでもソラマメ大ぐらいでしたから、良く見えませんでした。

左右の映像モニターも、割と3人の上半身アップの映像が多くて全体像はよく分からなかった、というのが正直なところです。

パフォーマンスに関しては、私も後日予定されているWOWOWの放送で確かめたいと思います。

いやでもね、遠目でも、3人の動きが全開だったのは伝わってきたし、

特にのっち、例の口を半開きにして、めちゃめちゃ恍惚というか、妖艶さも加わった表情を見せていましたので、

のっち覚醒と言えたんじゃないかと私は思っています。ゾクゾクッときました!

 

そして、曲の中では、4.「Baby cruising Love」も特筆点でしたね。

あ~ちゃんも「久しぶりに古い曲をやります!」と紹介してました。

私も生BcL、初体験でした。

でしたが、まぶたの裏に残像は……ないです。重ねて残念。

「ベイビ クル~ジンラ~」のとこだけ右手で振付けしました……。

 

そして、何といっても、

5.「微かなカオリ」来た――ッ!!!ですよ。

私、以前の記事で、有り得ない妄想セットリスト予想の中に「カオリ」を入れましたが、なんとホントにきてしまいました!

最新曲ってこともあるでしょうが、やっぱり2008年の事のようにならないよう、

優しい曲も入れて…落ち着かせて…、という配慮があったんではないでしょうか…。

なお、「カオリ」フルバージョンは今回初披露でしたが、

後半の振付けがどんなだったか………、

 

私もぜひもう一度見てみたいです!

だってわたし、「カオリ」でも縦乗りしてましたもん……!ゴメンナサイ。

例の2段踏み台は使ってなかったと思います。それだけです。

 

それから、後半前の「PTAのコーナー」では、

新たなバージョン、「渚のはいから人魚」が登場ーーーっ!!!

いやいや、あ~ちゃんが「夏といえばこの曲ですよね!」って紹介したもんだから、

てっきりRIJで登場した「夏夏夏夏>ココナッツ」かと一瞬思ったのですが、

なんと「キュートなヒップに>ズッキン、ドッキン!」できましたよ~!

 

いや私ね、思い出しましたよ。私が高校生の頃でしたよ。

私の住む街に、当時人気絶頂のアイドル小泉今日子がコンサートに来たんですよ!

それは私の人生でのライブ初体験でした。

でね、この曲も歌ったんですよ、当然。

でもね、当時の田舎の人たちなんて、スタンディングでライブする、なんてこと全く経験したことなかったわけです。

それで、キョンキョンがこの曲に合わせて一生懸命客にスタンディングを煽るんですが、

なのにね、会場は……全く反応なし……。

 

私、あの時、心の中で「キョンキョンが“立って”って叫んでる。立たなきゃ!」

って思いつつも、周りがシーン、だったので立てなかったわけです。

凄い寂しかったというか、キョンキョンに申し訳ないような気持ちでいっぱいになったのを、今でも覚えてるんです……。

その後もしばらく、あん時立って声援送るべきだったなと思っていたんです。

 

だから今回、あ~ちゃんが、あのあ~ちゃんがこの曲で声出しを叫んだので、

もうなんの迷いもなく、デッカイ声で

「ズッキン、ドッキン!」叫びました!!! ちょっとウルウルしながら……

周りの若者は「キョトン状態」でしたが(笑)

 

チームPerfumeが新たな(若い)ファン層獲得路線へと歩み始めていると言われて久しいですが、

どっこい、オッサン世代のこともちゃんと気にしてくれているんじゃないでしょうか!

だとしたら、ほんとに嬉しいことです。

 

こんなところでしょうか、Perfumeのステージで印象的だったところ。

なんか全くPerfume情報が少なくて申し訳ないですし、自分でも残念ですが、

とにかく、「ライブしてきたよ!」と胸張って言えるのでそこだけで勘弁してください。

 

それからもうちょっと書きたいことがあります。

 

緑のウサT着てた人ですが、

会場ではポツポツいらっしゃいました。そんなに頻繁には出会いませんでした。

率的には、200~300人の内1人見かける程度だったと思います。

でですね、自分のこと思いっきり棚の上にあげますが、

「オッサンばっか」

というのが正直なところでした。それはそれで私も嬉しいのですが、

若いファンはそろいのTシャツなんて着たくないのかな~? なんて思いました。ちょっと寂しい気がしました。

 

そしてですね、

Perfumeのステージ後だったんですけれど、

会場には残念ながらゴミが散乱してまして、酷かったです。

ゴミ捨てていく若者なんざぁ、当然Perfumeファンじゃないやつらだと信じますが、

おい若者たちよ、Perfumeファンの印象悪くすんなよな!って思いながら、

私、5月の広島FFでの緑の戦士たちの行動のことを思い出し、

ゴミ集めしてきました。ほんの5、6分でしたけどね。

 

私、今回初めてPTATシャツ着て参戦したんですが、

去年、ピンクTを堂々と着てらっしゃった諸先輩方の気持ち、少し分かったような気がしました……。

 

………

そんなわけで、以上私のサマソニ参戦記でした。

グダグダ書きましたが、ひとことで言ってしまえば、

「やっぱりPerfumeライブは楽しかった!!!」ということです。

そして早くも、次のライブ参戦に向け、妻子をどう説得しようか思案する私がいるのでした……!

 

Dsc_0043_2

 

Dsc_0040_2

« オッサンのサマソニ東京2011参戦記 ~パート1~ | トップページ | コーデネートはこ~でね~と! »

Perfume」カテゴリの記事

コメント

おととさん、お疲れさまでした!というか、うらやましいっす!
9ヶ月ぶりのPerfumeライブ、熱いですよね。今年はフェスに賭けてるみたいで、一回一回フルパワーでやってるみたいですね。
Perfumeの時だけエアコンを強くするって、どんだけの熱さなんすか。他のミュージシャンも、ロックの、結構すごい人たちだったんですよね?そんな中で、エアコン設定を変えさせるPerfume。恐るべきパワーです。自分も、体感したかった!

私が関わってる、ささやかなイベントの方も実施日が迫ってきました。今年のイベントのことを入れてブログを更新しましたので、よろしかったら見て下さい。

おととさん、久しぶりです。neccoです。お互いにお疲れ(ホント疲れた)でした。
本来なら、サマソニ参戦する前にエール交換しなければならなかったのですが、プライベートの事情でブログ更新もままならずの状態で、誠にすみませんでした。
perfumeのイベントライブは余り気乗りしなかったのですが、今度体験して改めて自分が間違っていることに気づきました。まじこの子達凄すぎる。しか何ですかあのバカ広い会場を埋め尽くす客の入りは。後ろを振り向いて怖くなりましたよ。
ワンマンとは違いperfumeファンだけでは無いのですが、体験エピソードをひとつ。
前にいた若い二人組が「perfumeはポリとチョコしか知らねえよ」、fake itが始まると「何じゃこれ」。それから跳ねる跳ねる。オッサン見られないよ(>_<)
あの状況下では、観ると言うより体感するて感じですかね。
おととさんと同じく、超楽しい一日でした。

uncleです。

ヤンさんもお久しぶりでございます。

参戦記読ませていただきました。
う~ん、ただ、ただ、ひたすら羨ましいとしか言いようがありません。

私も、ワンマン以外のライブには、いろいろ逡巡する理由があり、
行こうという気になれなかったのですが、これだけのセットリストなら
十分行く価値ありですね。

ましてや、「モテキ」効果で、「BcL」ですか、、、、。
そんなに古い曲だとは思わないのですが、3人がスタート位置についた瞬間、
「あっ!BcLだ」で、あたしゃ昇天ですね。

でも夏は仕事が忙しくってムリだな、、、、。

でもこの感動は、女房の説得、休みの取得、へそくりの貯蓄、夏フェスに参戦しようという体力、
緑Tを着る勇気、それらすべてをクリアしたものだけに与えられるものですね。

キョンキョン、って彼女たちはリアルタイムで知っているんですかね。

あたしら、カラオケBOXで歌う女子の横で「キュートなヒップに、ズッコン・バッコン!!」と
合いの手を入れて、随分ひんしゅくを買ったものです(下品でスンマセン)。

やっぱ、35歳以上のアダルトファンを相当意識していると見た。
音楽もわかっているし、はやりものに浮気しないし、一応お金も持っているし、
マーケティング的には重要な層なのです。

大勢のおっさんファンを抱えるテクノポップアイドルユニットというのも、痛快で
いいじゃないですか。

ヤンさん、ご無沙汰してます。お元気そうで何よりです。


>Perfumeの時だけエアコンを強くするって、どんだけの熱さ…

これはちょっと今まで経験したことのない暑さ、いや「熱さ」でした。

屋外のカンカン照りの暑さとは質の違う熱さでした。

まるでサウナに入っているような、(私あまりサウナって入らないので多分ですが、)

それに加えて「酸素が足りない」感覚、と言ったらいいでしょうか。

だから、何とか気合で乗り切りましたが、あと2曲ぐらいあったなら……ヤバかったかもです。

背の低い女性にはキツイ状況だったと思います。倒れてしまった方、実際いました。


>他のミュージシャンも、ロックの、結構すごい人たちだったんですよね?

はい。私は13日の開演から夕方までしか見なかったんですが、その中でもかなりの大物も出ましたが、

あのですね、

Perfumeはその中で1番の集客だったと思います。(正確には分かりません。)

私はneccoさんのように冷静に辺りを見回す余裕がなかったんですが、幕張メッセ内の4つのステージの中で

最大のステージでしたが、ここを一杯にしたのはおそらくPerfumeだけだったものと思います。

RIP SLYME も多かったですが、後ろの方は結構ゆとりありました。

AVRIL LAVIGNE がどのくらいだったかですけどね。

「なんか、Perfumeってライブがスゴイらしいぞ! ちょっと見てみよう。」っていう普通のロックファンが

他会場からもわんさか集まったみたいです。

でもこんなアウェイな感じもロックフェスならではの体験でした。

……

いよいよ宇宙イベントですね!

長い準備期間、本当にお疲れさまです。本番ぜひ頑張ってください。Perfumeガンガンかけてください!

私は今週末はPTA行事(Perfumeとあなた、ではないほう。)で残念ながら行けないのですが、

それがなかったならば、本気で行くつもりだったんですよ、近いし。

なので、落ち着いてからで結構ですので、イベントレポよろしくです。

neccoさん、ホントにお久しぶりです。コメントどうもありがとうございます。


そうですね。私も初参戦だったので実は心細く、neccoさんと連絡取れたらなぁ、

って思っていたんですが、残念ながら叶わずでしたね。次の機会があればぜひ……。


私もneccoさんと同様、この娘達はとてつもない何かを持っていると改めて思ったのでした。

8曲、15,000円なんて、もうどうでもいいことのように思われませんでしたか?!

とにかくあの4、50分間の間に、どれほどの人に興奮と笑顔を与えたのでしょう。

いやほんとに凄い娘たちです。やられましたね。

そして終わった後、なんか我々まで誇らしい気分になりませんでしたか?

「どうだ、まいったか!」ってね。

(当の本人達は、誇らしげに驕ったりすることは全くないのですけどね。)

……

ところでneccoさんの記事、待ってますのでそろそろ……

決してプレッシャーかけるわけではありませんが、もちろんご無理をなさってはいけませんが、

私個人的には、「GAMEツアー」に参戦された方のお話、すごく知りたいのです。

今改めて「GAMEツアー」のお話をされている方って、ほとんどいらっしゃらないんです。

だから、楽しみにしているんです……!

uncleさん、コメントどうもありがとうございます。


>「あっ!BcLだ」で、あたしゃ昇天ですね。

そうなりますよね!

私も今回「BcL」の前に、あ~ちゃんが「次の曲は英語の(タイトル)曲ですね」って

言ったので、反応して「VOICEか!」とかひとりでつぶやいたり、

「微かなカオリ」のイントロ、チャンチャンチャンチャチャ… が聴こえた瞬間、

「カオリ来ちゃったよ~~!」って言ってしまったり、もう完全なオタク状態でした。

多分、周りのファンじゃない若者はドン引きだったと思います。(赤面coldsweats01

 
>キョンキョン、って彼女たちはリアルタイムで知っているんですかね。

知らないと思います。1984年の曲ですから、3人生まれる前です。

MIKIKO先生か、スタッフさんか、はたまたママさんたちからのブッコミネタでしょうか。

いずれにせよ、我々には嬉しいネタです。ありがたいことです。

……

uncleさんは世間が休みの時が忙しいご職業、なかなか参戦は難しいことなのでしょうね。

秋~冬にかけても、様々なイベント、フェスに出るでしょうから、条件が揃うようなものが

あればいいですね。

あっ、それよりもまずは「ツアー」ですよね。

信じて待ち続けましょ!

uncleです。

>あ~ちゃんが「次の曲は英語の(タイトル)曲ですね」って

そんな、Perfumeの曲の中で、純粋に日本語がタイトルの曲って、
「引力」「願い」「575」「ねぇ」「微かなカオリ」、ぐらいのもんでしょう。
ほとんどが英語がタイトルの曲でしょうに!

と、突っ込みを入れたくなって、再度書き込みをさせていただきました。

>反応して「VOICEか!」とかひとりでつぶやいたり

わかります、わかります。

私も武道館の時は、最初っから、
「うぁ、シクシクで来たかぁぁぁ!」とか
「おおっ、久しぶりのGAMEだぁ!」
とか、ほとんど遠山校長状態でしたから。

いつかライブにごいっしょさせていただいて、ひとりごとではなく、
「というこは、VOICEですかね?」
「いやぁ、昔の曲って言いましたから、BcLでしょう」
なんて、会話しながらいっしょに楽しみたいですね。


uncleさん、ありがとうございます。

>ほとんどが英語がタイトルの曲でしょうに !

(爆笑) 全くそうでした! 日本語の方がレアでしたよね。

私、あ~ちゃんの言葉になんも疑いも持ちませんでした!

「英語のタイトル? 何だろう?」ってマジメに考えてしまいました!

それだけ平常ではない精神状態だったということですね。

ツッコミ、ありがとうございます!

結構、あ~ちゃんも最近曲に日本語タイトルが多いので、天然ボケかましちゃったのかもしれませんね!

いつかライブ会場で、あ~ちゃんにツッコミを入れながら、

ご一緒に盛り上がれる日が来るといいですね

またまたneccoです。
ようやく観戦記書き上げました。
他のアーティストも書いたのでかなりの長文になりました。
ゲリラ写真付きです。
そう言えば、最後にゴミのこと書かれてますね。
おととさんの環境に対する気持ちが見えて思わす感激しました。
実は私も同じ気持ちを持ったのです。
こういったイベントではゴミ問題はついて回るのですが。
少女時代まで書いてありますから宜しく。
少女時代なんて、いい歳こいてすみません。

neccoさん、ありがとうございます。

ゴミのことは、私はただ単に、広島フラワーのステージ後の会場のゴミ拾いをした、緑のTシャツの方々の心意気を見習っただけであるのに、ありがたい言葉を頂き恐縮ですm(__)m。

neccoさんのレポ、大作のようですね。ジックリ読ませていただいてからそちらにおじゃまいたします!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1459735/41212281

この記事へのトラックバック一覧です: オッサンのサマソニ東京2011参戦記 ~パート2~:

« オッサンのサマソニ東京2011参戦記 ~パート1~ | トップページ | コーデネートはこ~でね~と! »